脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2008/7/19
今日から三連休ですな~(*´∀`*)フフフ

さて、まずはここ最近の一連のVAMPS表紙雑誌ですが、一応【CDデータ】【音楽と人】【PATiPATi】【WHAT's IN】と、出版系は全て買ってます。えぇもちろんですとも。

・・・あんまし、読み込めてないケド。

前々回の日記でぶっちゃけた通り、イマイチ鈴木はVAMPSちゃんにはまだ愛着が沸いてないっちゅーか、興奮を掻き立てられるほどの興味が抱けてないっちゅーか・・・・・・まぁ、そんなワケで、記事もサラッと読み流ししてる状態です。

そんなモヤモヤな胸中の鈴木に、突如閃光のごとく届いた【LE-CIEL】会報Vol.56。

(これだ、これを待ってたんだ・・・・・・)

とか思ってしまった(笑)。
自分ではそれほどラルクさんの3年間メンテナンス(←この表現、テツさんの表現だけどすごく良いね)の件に関してはショックを受けてないと思ってたんだけど、会報のハイディのインタビュー読んだらやっぱりすごく興奮したんですよね。興奮したのはアレ、

「自分は『ラルクアンシエル』ってバンドに作られたヴォーカリスト」

だと語っている部分。スゲーよな、この表現(笑)。もう何なんだろう『ラルク』って。
以前テツさんが「自分たちが思う道に思うように進めないのが『ラルク』というバンドの宿命」・・・みたいなことを何かで語ってたけど、これだけメンバー4人の『自らの意思』とは離れたところにありながら、常にドーム級の集客力を維持して、常に新曲を生み出し続けられるバンドって、『ラルク』以外ないよな、多分。
普通だったら、メンバーの意思を離れてしまった(名前なり存在なりが一人歩きをしてしまう状況)時点で休止なり解散なりするハズだもんね。今回のエルレの休止はまさにその典型だと思うし。
そういう状況に気付かず(または「見て見ぬフリをして」)、バンドがコントロール出来ない状況で続けたところで、それは必ず近い将来に破綻するだろうしさ。そうなってしまったと思われるバンドをいくつか知ってますが(プロ・アマ問わずね)、このパターンが一番『バンド』にとって悲劇的な結末を迎えると思う。

・・・ちょっと話が逸れちゃったな。
んで、そんな中で『ラルク』ってバンドは、メンバー全員がすでに『ラルク』を自分らの意思だけでどーこー出来るモノではない、と認めてる上で、しかしそこに確かな愛着を持って接してるんだろうね。
そりゃそうだ、なかなか思い通りになってくれないバンドとはいえ、それでももう17年も付き合ってきてるんだもんね。そう考えると、本当に誰も途中で降りようとしなかったのが奇跡に思えてくるな(笑)。

あー、なんか今すごい妙なことを思いついてしまった。一度、メンバー全員に、

ラルクのこと、好きですか?」って訊いてみたい。

何気に結構微妙な答えが返って来そうだな~(笑)。ハイディが最近よく言う「どうしてこのバンドがこんなに愛されてるのか分からない」って言葉は、恐らく・・・・・・そういうコトだろう。うん。

で、随分とっ散らかっちゃって結局何が言いたいのか分からなくなっちゃったけど、
やっぱり色んな意味を含めて、

ラルクアンシエルは唯一無二のバンドだなぁ。

と、会報を読んで改めて実感した鈴木でした。
以前の日記で「『鈴木が思う【VAMPS】と、【ハイディ】について』を語りたい」って言ったんですが、
それがまさにこの辺の話なんですよね。なので、ついでにこっちも語っておきます。

上記の日記や過去の日記、または独善コラムの方で、鈴木は散々「『ラルクアンシエル』というバンドは、『メンバー4人=【ラルク】そのもの』ではなく、『メンバー4人=【ラルク】という船に乗船することが出来る主要メンバー』という独特な在り方が面白い」みたいなことを言ってきたんだけど、実際の内情なんぞは鈴木の知るところではありませんが、本当にその・・・客観的に端(ハタ)から見た時の特異な関係性の上で成り立ってる【ラルクアンシエル】っつーバンドの、数々の軌跡がとても素晴らしいモノなわけで。
鈴木は、そんな彼らを見ているのがとっても面白いんです。

で、ハイディのソロについてなんですが、以前の『HYDE』としての【FAITH】までの活動は鈴木もすごーく好きだったんですよね。音も、展開も。が、今回新たに『VAMPS』として開始した一連の動きには、どうにもこうにも興味が向かない。この違いはなんじゃろな?と分析してみたところ、どうやら鈴木は・・・

枷をはめたハイディが好きなんじゃなかろうか?

という結論に至りました(笑)。
まずハイソロ第一期の【ROENTGEN】に関しては、言うまでもなくとんでもない縛りをハイディ自ら課して制作してましたよね。ロクに遊びもせずに、ひたすら制作に勤しんでたあの一年間に集約された集中力はスゲーと思います。完成後に、ハイディ自身が「しばらくはもうやりたくない」と言わしめたほど。
しかし、実際その【ROENTGEN】の音、映像、ライブ(教会アコースティック)における圧倒的な世界観は凄まじいものがあって、鈴木に至ってはあのアルバムを聴き狂い、結果この【RS】というサイトを立ち上げるに至ったほどです。

そして次の【666】から【FAITH】にかけてのハイソロ第二期は、ハイディがこれまた自ら『ハードロック』という縛りを課していたのは周知の話。その音は決してラルクでは聴けなかったであろうと納得させる、『HYDE』の音以外の何物でもなかった。【FAITH】の音と世界観なんて、「こ、こ、この人、一体どーしちゃったの?(((゚Д゚;)))」と、ファンを震撼させるほど確かな意思と達観した視点でもって描かれていたし。

そんなわけで、これまでのハイソロの活動およびラルクのhydeは、ある意味『何かしらの枷』をした状態で常に動いてたと思うんですよ。しかし今回、ハイディはそんな『HYDE』に対して「DEAD(死)」という形で枷と共に封印を施して、新たに『VAMPS』として!インディーズ・シーンで!ついに!ついに・・・っ!

恐らく、初めてなんの枷も無い状態になろうとしている・・っ!!

そうやってドラマチックに結論付けると、VAMPSのハイディのあのネジが緩んだとしか思えないハジケっぷりにも大いに頷けます(笑)。もーどのプロモ展開(テレビ、ラジオ、雑誌)のハイディを見ても、「ワキャワキャ☆」してるもんね。まるで箸が転がるだけで笑えるギャルと化している(*´∀⊂ヽ

しかしその辺が、逆に鈴木がイマイチ興味を惹かれていない原因じゃないかな~と。
これだけ溺愛してるアーティストが初めて裸になろうとしてるのに、その姿に興味が沸かない自分がすごく残念な感じなんですが(笑)、まぁ今後の動き次第ではいくらでも変わってくるだろうと思います。
いつの間にか「あら、枷を外したハイディもいいじゃない!」と思うかもしれないし、逆にハイディがまた何らかの枷をはめることになるかもしれないし。

ホントに・・・枷をはめたハイディのあの起爆力というか、研ぎ澄まされた精神力と集中力は凄まじいからね~。上手く言えないんだけど、同じような事をラニバのレポコラム 【15th MiL'Arc】 の最後の総括でも、「『自由』こそが彼らを活かし、『束縛』こそが彼らを研ぎ澄ます。」という表現で書いてましたね。
実はこの一文、鈴木の中では『自由』が【ラニバ】を、『束縛』が【REAL】ライブを、それぞれ主な代表として暗に意味してます(笑)。この二つのライブは対極でありながら、しかし鈴木の中で燦然と輝く「過去体感した素晴らしいライブ」のツートップなんですよ。

ま、VAMPSは実際『ライブ』という生の空間で見てみないことには、まだまだ先は分からないのでね。
とりあえず鈴木は、VAMPSのサポートドラムとして発表されたアーリー(有松氏)が、この日の日記 で名前が登場してるBACK DROP BOMB(バックドロップボム)の元ドラマーだということを知って、これまた奇妙なご縁にビックリしてます(笑)。有松氏はBDBを二年前に脱退してるらしいんだけど、鈴木が所有してるアルバム【Micromaximum】は99年リリースなので、クレジットに確かに有松氏の名前がありました・・・。てか、鈴木の中でBDBってレゲエパンク寄りのミクスチャー系のバンドだと思ってたから、VAMPSとのあまりの音楽性の違いに驚くしかないんだけど(笑)。まぁ・・・脱退したってコトは、有松氏がBDBの音に方向性の違いを感じたとかって話なのかなぁ。

 

2008/07/19 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
この記事に対するコメント

こんにちは~^^
本日よりVAMPS怒涛のLIVE中毒TOUR始まりますね!!!

ラルクの方のメディア出演も決まり…

『音楽戦士ヤッターーーーーー!!!!
もちろんトークもちろんあるよね?!

Mステラルク生ナマーーーー!!!!!

MJ、2週??SHINEキタァ-----!!』

って感じで興奮冷めやらない感じです。
個人的にはトークはもちろん音戦ですが、MJの
SHINEが死ぬほど楽しみです^^

VAMPSは東京のみ参戦なのでまだ2ヶ月先になりますが
みんなの感想見ながら楽しみにしてたいと思います。

VAMPSでこんなにネット界が盛り上がっている中で
私8/2・3でRock in japan 2008に参戦してきます。
中でもマキシムザホルモン・ELLEGARDEN・鬼束ちひろを
見るのが楽しみ。。。

富士急から野外の気持ちよさを知ってしまったので、大空を
下に音楽を存分に満喫してきます♪

2008/08/01 19:29URL★ホシ★|#1qJCdU76 [編集]
コメント返信ー。
> ★ホシ★ さん
どうも~!こんばんは(*´∀`*)
ラルクさんのメディア出演情報が出ましたね~♪
あれ見て久しぶりに「よっしゃああぁぁぁぁッ!!」とか思ったんですけど、ここ最近はラルクさんのメディア出演が自分の中で当たり前になってて、いかに贅沢者になっていたか思い知らされました(笑)。
何事も全力で楽しむ為には、やっぱり『程好い飢え』って大事ですね。
いやーホント、一時期はもう【NEXUS4】【SHINE】リリース時は一切メディアにも出ないのかと思ったから・・・(´Д⊂ヽヨカッタ

そんなわけで【音楽戦士】のトークは、期待して裏切られると凹むし、期待してない望みが叶うとスゲェ嬉しいので、鈴木はトーク無しの演奏のみを覚悟しておきます。。(←小心者)

てててててーか!!
ロキオンフェスとか、超~~~~羨ましいんですけど(笑)!
鈴木もエルレ見たいー(´Д⊂ヽ9月ワンマンのチケが取れる気がしないー(´Д⊂ヽ
やっぱ、夏のライブは野外に限りますよね!!うぅ~羨ましいッ!
2008/08/03 00:09URL鈴木@彷徨いストライカー|#dAUqA4o2 [編集]
この記事に対するコメントの投稿












  管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realstriker.blog82.fc2.com/tb.php/1070-e58108cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。