脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2008/5/30
うへぇー、またスゴイ間隔があいてしまった・・・。
先週・今週と、ちょっと仕事の方がトラブル続きでヒィヒィ言うてました。

そんな感じで鈴木がヒィヒィ言うてる間に、気付けばもう東京ドーム初日が明日に迫ってる!
ちょ、おま、早ッ!早過ぎるって、時間さん!!こうやって老いていくんだなぁ。(嫌な話してるなオイ)

明日の初日は、東京ドーム3daysの中でも恐らく一番良席であろう日なので、今からウッハウッハしております(*´∀`*)なんたってすでに下痢だぜ。前日から下痢しちゃってるぜ。(鈴木の 悲しい下痢ぐせ

で、ハイドマニアとしましては、目前に迫った【L'7】ツアーも大いに大事なんですが、それと同じくらい・・・いや、やっぱりむしろそれ以上に、

めざましTVに出てきた妖艶美人ハイディに釘付けなワケで。

VAMPSのハイディは、もうずっとあんな感じなのかしら・・・?だとしたら、それはもうなんて言うか、

2000%ドツボなんですが。

REAL期ハイディに萌えまくってしまう鈴木にとって、VAMPSのハイディは『REAL期ハイドの双子のお兄ちゃん』みたいな感じなんですけど(笑)。表情から言動から・・・何から何まで正反対なのに、醸し出すエロスだけはソックリ!なにこの双子!?みたいな。
でもって、あくまでもVAMPSハイディの方がお兄ちゃんね。あの・・・あらゆる世の中の仕組みを見知った上での子供染みた無邪気さ?みたいなモノが、逆に熟練した精神の余裕っぷりを感じさせる(笑)。
弟のREALハイディは、逆にまだ世の中のとある側面しか知らないからこその棘というか毒というか・・・を振り撒いてた感じ?まぁ確実に精神的な余裕は無かったよね。そんな不安定なハイディが好きなんだけど(*´∀`*)←鬼

えーと、ちょっと前に Yたん が日記で上司さんにフツーに「このhyde」と言ったら「このhydeってどういう意味?」と返されたって話をしてて、『hydeがたくさんいる事が当たり前の認識なんて、オタそのものだわ…。』って言ってたけど(笑)、

鈴木の脳内にはもうハイドファミリーが出来上がってるよ(´∀⊂ヽ

あれ、そういやジェニファー(REAL期ハイディ)の双子の弟にジェシー(G×Cハイディ)がいるから、
今回新たにVAMPSハイディがジャニファーのお兄ちゃんに加わったってことで・・・

三つ子になっちゃった(゚∀゚)アヒャ

その他にはクリス(ハイソロ666期辺りに多数出現、推定年齢16歳)や、ジルベール&ロル(ヒデキヘアー辺りのお貴族妖艶ハイディ)もいるし・・・・・・なんとパラダイスなファミリーなのかしら(*´Д`*)ハァハァ

なんだかもう最近「痛い」「ヲタク」とか、よく分からなくなってきました(笑)。

さて、そんなアイタタな鈴木は、今日はこれから 隣の椿さん と『鉄板つついてディープなお夜会 in お好み焼き屋』に行って来ます!ライブ前日の夜ですが、フライングでハイたんを愛でまくってやるわッ。

 

スポンサーサイト
2008/05/30 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2008/5/18
いや~、書き途中の日記を放ってすっかり飲んだくれてしまっておりました鈴木です、こんばんは。
では、どうしても言いたくて言いたくてしょーがなかった、「我ながら、神だな自分」と思ったラルクさんに関連する出来事について、その感想を書き殴りたいと思いま~す。

ファンサイト界隈をチラッと徘徊した感じ、どうやら例の『2011年』問題もずいぶん落ち着いたのかな?
【鹿野日記】 にて、ほぼ真相が語られていて、やっぱり「2011年までライブは無い」っちゅー方向で確定のようですね。元々鈴木自身はそれほど動揺は無かったので(やっぱり勿体無いとは思うけどね)、
「そうかそうか」という感じです。てか、【鹿野日記】のパリライブについての表記が素晴らしいな(笑)。

今回、【L'7】ツアー・パリ公演の中継を観て、そしてその直後、『2011年』という数字が発表された時、
鈴木はまず真っ先に自分の過去日記を思い出したんですよ。それは、ラニバ直後・・・鈴木の魂が抜け切っていた頃 2006年12月3日 の日記。そこで、鈴木はこんなことをほざいてました。

-----
なんか以前は流氷の中、氷山を砕いて未開の地を突き進む砕氷船のような感じで、「止まったら最後」みたいな雰囲気があったけど、今は大海原を豪快に進む船として時には港に停泊してみたり、波に揺られてみたり、航路を変更してみたり、ある時は海賊船を装ってみたり・・・と、すごく自由度が増したなぁ~と思います。 それが素人くさい自由さでも、若さゆえの自由さでもなくて、プロとして確固たる実績と経験のある者としての自然と身に付く『余裕』みたいなものなんだろうなー。決して本人らは『余裕』なんていう風には感じてないと思うけど(笑)。

『余裕』ってのはさ、『リミット(制限)』がある中に生まれるものだと思うのね。
どこまで行けばいいのか、その最終地点が分からない人には、絶対に『余裕』は生まれないと思う。
だからラルクさんにはある程度の最終地点が見えてるんだろうな、と・・・って書くと、すげー印象悪いな。えーと、例えばその最終地点が「100年後」に見えていたらどうでしょうか。それこそハイディは腰が曲がってもまだまだ歌ってるわけですよ(笑)。もうそれは「リミット」というよりも「覚悟」という意味合いに近いと思うのですが。 そういう・・・限りなく前向きな『リミット』により生まれる『余裕』みたいなモノが、今回のライブで一番強く感じまして、それが鈴木は「あぁ、この人たち凄いな」と思ったのです。

-----

・・・・・・・・・・あれから二年後の、2008年のラルクアンシエルさん、

見事に航路を変更して、海賊船を装って、

どこぞの港に停泊なさろうとしてらっしゃる。


※「海賊船~」のくだりは、鈴木のパリ公演レポを読むと意味が分かると思います。

というわけでね、その後にまた暑苦しく「覚悟」だの何だのと語ってますが、本当に・・・あの人たちはもうだいぶ以前から、ファンからしたら想像もつかないくらいの超長期的な視野を持って、バンドを動かしている(活動している)のだと思うので、今回の『緩やかな停泊』も、彼らにとっては長~い航路の中の些細な一コマにしか過ぎないのかなぁ、と思ってます。鈴木はラルクさんの音楽も、ライブも、メンバーももちろん好きだけど、そんな全てをひっくるめて、奇想天外に満ちた彼らの航海をひたすら眺め続けるのが大好きです。だからこんな長いことファンをやってるのだろうし、こんなサイトをやってるんだよな(笑)。

三年後なんつったら、メンバーも○十台の大台に乗っちゃうし、ファンだって離れちゃうだろうし・・・と、
色々なマイナス要因を不安・不快に思うファンが多いのも分かるんだけど、実際何度も(というほどの回数ではないけど)止まっては動き~止まっては動き~を見てきた自分としては、もうホント、そういう状況も全~部ひっくるめて、

彼らがどう進んで行くのか、見たいんだよね。

うーん、やっぱり鈴木の『アレ』は、変態的な偏愛ぶりも含めて、もはや『ただのファン心理』からは大きくかけ離れたところにあるのかもしれません(笑)。

さて、重苦しい話はこの辺にして。
噂の【鹿野日記】読んで何が一番驚いたってアナタ!凱旋ライブとなる日本公演は、

これまでの海外公演とガラッと変えてくると言うではありませんかッ!!

ふが~ッ!!この情報にはちょっと本気で舞い上がっちゃったよ(笑)!
生で体感したわけではないとは言え、本当にね、あのパリ公演を見た後では、どうしても同じ構成のライブを日本でやっただけでは、あのライブは超えられないと思ってたんですよ。
もちろん、観るのが一回目と二回目のライブでは、鈴木自身の『新鮮味』も全然違うし、何より「初・生ラルク」を迎えたパリの観客と、「毎度お馴染み東京ドームのラルク」を迎える日本客では、テンションだって圧倒的に違うだろうし・・・贅沢な話だけどね、ホント。

そんなわけで、より一層東京ドーム&京セラドームが楽しみになりました(*´∀`*)

そして、そんな東京ドームチケが続々と到着してるようで。
今回鈴木達は東京3daysを三人で分担してチケを取りまして、鈴木の担当は31日の初日。
で、鈴木のところにもいよいよチケットが到着したんですが・・・

アリーナBのどセンターゲットォォォっ!!(*゚Д゚*)

別に最前とかじゃないし、「え?別に大したことなくね?」とか思われるかもしれませんがね、
本っ当~に鈴木のラルクさんチケの運の無さといったら、もはやお友達に疫病神扱いされちゃうくらい酷かったの(笑)!しかし今回、ドーム級で自力で初のアリーナ前方・・・頑張ったよ、自分(*´Д⊂ヽ

○そんな鈴木の【L'7】ツアー参戦予定はこちら↓
・ 5月31日(土) 東京ドーム
・ 6月1日(日) 東京ドーム
・ 6月3日(火) 東京ドーム
・ 6月8日(日) 京セラドーム大阪


それと、5月以降からのブログコメントに返信始めました。遅くなって申し訳ないです。。
そして5月以前にコメントを下さった方には、返信が追いつかず、さらに申し訳ないです。。。

はぁ~・・・ビクトリアマイル外したなぁ・・・・・・あ、競馬の話です。目指せ、一攫千金万馬券!!

 

2008/05/18 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
2008/5/16
ようやくパリ公演のライブ鑑賞レポが完成しました~(*´∀`*)
本宅の方の【MUSICtext】内にアップしてありますので、ネタバレOKな方は是非どうぞ♪

→ 直接レポを読む方は コチラ からどうぞ

今日の夜は 早水にゃんこ とラーメンディナー予定なので、帰って来たら日記の続きを書きます。
あのですねぇ、ホントにねぇ・・・

すんごく書きたいことがいっぱいあるのよ(笑)。

では、いざ、ラーメンパラダイスへ☆

 

2008/05/16 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2008/5/13
パリライブ鑑賞レポ、ようやく本編分までが終了~(*´∀`*)
・・・とか、思ってたら。

朝イチで例の衝撃ニュースのメールを受信。

急いで新聞を確認(我が家は読売)すると、そこには大々的に記された『凱旋ライブ』の文字と、
申し訳程度に記された『NEXT LIVE ▼ 2011 - 20th L'Anniversary』の文字。

次のライブが2011年てナニ?(゚∀゚)

ラニバが心底好きだった鈴木的には、20周年ライブの告知はとーっても嬉しいのですが、それと同時に沸く「んじゃ、それまでの3年間はどないするの?」という疑問はファンとしてまっとうな反応だよな(笑)。

確かに鈴木は以前の日記で こんなこと を言ってた人だけどねぇ、ここ数年は本当に安定したラルクさんの姿を目の当たりにしていただけにねぇ、今も当時と同じ気持ちで同じことを言えるかっつーたら、それはやっぱりちょっと無理っつーかなんつーか・・・う~ん・・・う~ん・・・

やっぱり、勿体無ぇよバカッ!!(´Д⊂ヽ

しかしどうなんだろう・・・、確かにハイディがラニバの頃に言っていた「いつの間にか、アルバム作ってツアーやって・・・っていうのが決まった形になっちゃってた」という状況に、また今現在なっていなくもないよなぁ、と思う。もしソロやら何やらって形で、また『ラルク』っつーデッカイ船を停める時間が必要であるなら、鈴木は全然構わないんだけどね。まぁ、それはもちろん「しいては後々の『ラルク』の為に」という前提があった上での話しだけど(笑)。

それにしても本当に・・・

安定とか守りとかってのとは、無縁のバンドだねぇ(笑)。

動いては止まり動いては止まり~ってのを繰り返すバンドは数あれど(スピッツとかさ)、動く時にこれだけ盛大に動き、止まる時にこれだけ急停止するバンドはホント珍しいなぁオイ(´∀`;)


[ ※以下、私信 ]

> 表示不良のご報告を下さいました通りすがりさん
ご報告有難うございます!ちょっと今回インデックスの拡張子をいじったので、
その関係でブックマークがデッドリンクになってしまっていたようです・・・すみません!
現在は こんな感じ に正式なインデックスへの誘導リンク付きの『Not Found』ページを設置してます。
教えて頂けて本当に助かりました(*´∀`*)

> 石田さん
リニューアルを楽しみにして下さっていたとのこと、本当に嬉しいお言葉で・・・(*´Д⊂ヽアーン
そして、お礼が遅くなってしまってすみません~!リンク切れのご報告有難うございました♪
二度目に頂いた「サイトのTOPに戻る(はず?)のREAL STRIKERロゴ」のリンク切れは、
本気で気付いてなかった上に、何気に超迷惑な大失態だったので、教えて頂けて助かりました(笑)。


投稿フォームから、またはブログのコメント欄にてたくさんの有り難いコメントを頂いておりますので、
これからちょこちょこご返信していきたいと思います!毎度ありがとうございます(*´v`*)

 

2008/05/13 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2008/5/11
ハイ~、ガッツリ爆睡しまくりました鈴木です、こんばんは。
なんだか昨日の出来事がまるで夢幻だったような・・・どこか現実離れした体験だった気がする。
いやー本当に楽しかったです。楽しかったっていうか、満足感がスゲェです(笑)。


※以下、まずはライブのネタバレにはならない『中継イベント』自体のレポです。


ぶっちゃけ、当初はなんせ初めての形態のイベントだし、自分でもイマイチどうテンションを持っていったらいいのか分からなくて(笑)。さらに、有り難き余りチケだったので、ペアのお相手の方とも初めて一緒にライブを観るっていう状況で、不安尽くしだったんだけど・・・

そんな不安は全くの危惧でした(*´∀`*)

お相手のHちゃんとも、ライブの前にすっかり打ち解けて(トクちゃん、同席ありがとう!)、何故か鈴木が一人だけ酒を飲まされて、中継開始前にはイイ気分で座席で一緒にまったり出来る仲に。
Hちゃん、マジありがとう!超楽しかったよ~!!

でもって、この日の鈴木の座席は、なんと驚きの・・・

最前列でした(笑)

さすが、THE★余りチケ!いやいや、行けただけでも感謝感激です。
んで、本来なら言わずもがな、映画館の最前席なんて近過ぎて「観づらッ!!」なワケなんだけど、今回の会場だった『新宿シネマ9』って、最新の映画館だからか何なのか、結構スクリーンと最前列までに距離があるのね。だから、なんつーか・・・

視界に一切の邪魔な物体が入らない最前列は、
ある意味最強にオイシかったぞ。


途中で何度も自分もあのパリ会場に居る気分になったもん(笑)。

映像自体は、パリの会場のスクリーンに映ってた映像がそのままこっちのスクリーンにも流れてたんだけど、ああいう映像が特大スクリーンで目の前で展開されてるワケですよ。もうね、

目の前でハイたんが歌ってる感じ。

「うわーっ!ちょっ!こっち来た!」みたいな(笑)。
それを座り心地の良い椅子に半分寝そべったような体勢でまったり眺める、という・・・

なんという極楽イベント(*´Д`*)

9000円のライブがあの環境で5000円で観れるってのは、結果的に決して高くなかったと思う。

ちなみに、鈴木はこの『新宿シネマ9』(9つの部屋がある)の内の『5番ルーム』に居たんですが、5番部屋は立つ人と座ったままの人がちょうど半々くらいでしたね。もちろん鈴木は前述の通り最前列だったワケで、むしろ椅子から腰をずり落として、なるべく仰向けになるような体勢で観戦してた人ですが。

で、この「立つ人」「座る人」、「ライブさながらのテンションで動く&叫ぶ人」「まったり映像鑑賞する人」ってのは、各会場(部屋)によって様々だったそうで。ほぼ全員総立ちだった部屋もあれば、逆にほぼ全員が座ってまったり~だった部屋もあったりして、結構その部屋によってテンションが違ったみたいなんで、自分のテンションと合うか合わないかで『楽しめ度』も違ったっぽいです。
座って観たい人の前の席の人が立っちゃったら、嫌でも自分も立たなきゃならなくなったりね。
鈴木の5番ルームは本当に「ほどほど」な感じで、鈴木的にはちょうど良いテンションでした(*´∀`*)


※以下、引き続きライブのネタバレにはならない『パリライブ』全体の感想です。


ラルクさん史上初のヨーロッパ、パリ公演。これホント、

大成功だったと思うよ。

鈴木、パリ公演の会場があんなに大規模な会場だとは思ってませんでした・・・ナメとったね。
ラルクさんのステージ自体は、良く言えば「本領発揮」、悪く言えば「いつも通り」だったと思うんだけど、
何が良かったってさ、

パリの観客達のノリがハンパねぇのな(笑)

ラルクさんのステージ映像ももちろんスッゲェ良かったけど、中継映像を観てる身としては、やっぱりライブステージのみに集中するよりも、会場の様子とかを客観的に観ながら総合的に楽しみたいわけで、そういう意味で本当にパリ公演の中継映像は楽しかった!満足した!

映像で見てた感じ、フランスって元々移民の国だから色んな人種の人達が居て、しかも男性客が多い!最近は日本でも昔に比べたら「男客増えたな~」と思うけど、パリ公演はホント『女6:男4』か、それ以上だったんではないか?と。で、そんなフロアの観客達を見た鈴木&Hちゃんの第一声。

「全く黒くないね」

当たり前かもしれないけど、服装のフランクさが素敵でした(笑)。
あと、グッズのポスターを丸めた筒を持ってる客の多さにビックリ。向こうはクロークとかが日本ほど充実してないのかね。で、冗談で開始前にHちゃんと「ライブ始まったら、あのポスターの筒を振り回したりするのかな~」とか言ってたら、本当にライブ中にスパークした客達が振り回してて大爆笑しました(*´∀⊂ヽ

で、やっぱり印象的だったのが向こうの国の観客達のノリ。
日本と同じように待ち時間中にウェーブが沸き起こったり、拍手と一緒に足を踏み鳴らして「地鳴り」させたり、いきなりQUEENの【We Will Rock You】イントロのあの「ドン・ドン・パン」っていう足踏み&拍手のリズムをやり出したり、ラルクさんの【Feeling Fine】の手拍子リズムをやったり、ケンちゃんのギターソロでワンフレーズ響いて途切れる毎に歓声が上がったり、バラード演奏中に何故か手拍子が沸き起こったり(笑)、めちゃくちゃ盛り上がってる割にメンバーの名前をコールする声はあんまり無かったり(純粋にライブの音を楽しんでる感じで鈴木的に好感度高し)、

いや~大変に見応えのある映像でした!(*´∀`*)

やっぱりあの空間のテンションって、本当にラルクさん達の影の努力も大きかったと思うんだよね(笑)。
前にハイディが「MCはなるべくその国の言葉でしたい。自分が外タレのライブ行って、分からない言葉で話されるとムカツクから」って言ってたけど(笑)、MCから煽りから全てフランス語で頑張ってたよ。
MCは今までのアジア各国でも毎度その国の言葉で頑張ってるけど、昨日のライブは初めてのヨーロッパってこともあってか、いつもの海外ライブより演奏中のハイディの「煽りの言葉」が多かった気がする。
なんつってたのかはフランス語だから分からんけど、「飛べ!」とか「歌え!」とかかな?
だから、ラスト曲で観客が日本語の歌詞を大合唱しだした時はマジ驚いたしね~。


※それでは、いよいよ『続きを読む』からネタバレオンパレードなライブレポです。

・・・と、追記でライブレポを予定してましたが、書き進めてるうちに膨大な量になってきたので、
こちらのライブレポは本宅の方の【MUSICtext】内『独善レポ』コンテンツに近々直接アップします。
どうぞお楽しみに~(*´∀`*)


ライブ内容は知りたくないけど、ハイディの様子だけ知りたい!って方にはコチラをどうぞ↓


なんていうか・・・今回のハイディはちんまいドット絵に起こしずらい(笑)。
髪型はフワフワしたウェーブのかかった髪を、サイドから編み込んでアップにして、
後ろでまとめてました。最初、ステージにかかってる幕にシルエットで登場したんだけど、
シルエットだけ見た時点では小さい帽子(あれ名前なんていうの?)を頭に乗っけてるの
かと思って、「オオオォォォィイイ!?ちょっ、待て!」とか言ってました。
でもって、前髪はポンパっぽく横に流してフワッと留めてましたね。
ライブ中にハラハラと留めてた前髪が落ちてきて、恐ろしく可愛いことになってました。
で、上半身は例の『レ○プされたお貴族様ブラウス』で、登場時はその上にロングのジャケット (多分ハイソロでも着てたやつ) を羽織ってましたが、2曲目で早々に脱いでました。
で、下はタイトなシーンズを膝丈のロングブーツにイン★足細過ぎるよハイたん!!
あ、ジーンズは股間が網紐になってるアレね(*´∀`*)
でもって、何がヤバかったってアナタ・・・ハイディハイドが・・・

これ以上ないほどの完全フルメイク(*´Д⊂ヽカワイー

濃いめのゴールドシャドウと、がっつりアイメイクが恐ろしいほどの迫力美ッ!!
でもって、照明の関係かなんなのか、いつもにも増してすんげぇ肌が真っ白でした。
普段ならさ、「肌が白い」→「ライブ後半にもなると口周りが青くなる」と思うんだけど、
この日のハイディは『青ヒゲ』とは無縁な子だったわ(笑)。もう、お人形のようだったよ。


もー、この子のビジュアル完成度は本当に何なんだろうな(*´∀⊂ヽ
これが天然モノだなんて恐ろしい・・・。

 

2008/05/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
2008/5/10
直前で、一枚だけ余ってるというチケが鈴木んトコに回って来まして、

実はパリ公演シネコン中継 in 新宿に行って来ました(笑)。

レポは寝て起きてから、また改めて書きますが、取り急ぎ感想をば携帯から。

マっジ、パリ公演&シネコン中継が最高過ぎる~ッ!!(*´Д⊂ヽ

ライブも、映画館の鑑賞心地もふんごい良かった!てゆーか、ハイたんが可愛過ぎた!!
ここぞという時にどういうわけか外してしまう(例:もんぺ)事が多いハイたんですが、
いや~パリ公演は全てが『当たり』だったよ(*´∀`*)

じゃ、そんなわけでとりあえずオヤスミ。

 

2008/05/10 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2008/5/4
ゼェ~ハァ~・・・・・・とりあえず、リニューアル完了(仮)しました。
何故に「(仮)」かと言いますと、データアップし始めてから、まだ作ってなかったページが複数あることに気付いたからです(凹)。

デッドリンク、表示不良等がありましたらご連絡くださ~い!

※ブログプロフ欄の「こんな大人」のキャラミル研究所へのリンクが切れている、
  とのご連絡を下さいました方、どうも有難うございます!
  確認してみたところ、どうやらキャラミル研究所のホームページが無くなったくさい?
  どうもあのアドレスに飛ぶとSSLのサイトになってしまうのは何なんだろう・・・。
  近いうちに別の何か(テキトーだなオイ)を探しておきます(笑)。


ちょっと話は変わりまして。

今日の天皇賞、当てましたよ(*´∀`*)

今年の春競馬は荒れ荒れで、桜花賞、皐月賞とエライ配当が連発したんですが、
今回はあんまり荒れなかったねー。当てたところで11倍でした。(三連複)
ちなみに、先々週の皐月賞はウチの兄上が奇跡的に当てやがりまして、1000円が11万円に化けましたよ。ん~、今年の競馬は面白いね!本命馬がイマイチいないからのぅ。

そんなゴールデンウィークですが、どうやらハイディハイドちゃんは色んなアーティストのライブ(イベント)に出没してるようで。今は国内に居るみたいだし、話は色々と聞くんですが、どうにもこうにも・・・

ハイディが遠いなぁ。

ツアー中だっていう実感もイマイチ沸きません(笑)。
あ、そうだそうだ、例のパリライブ・シネコン生中継のチケ争奪戦の結果ですが、

電話で取れるワケがねーんだよ。

鈴木はAWAKE前夜祭の前例がありますが、今回は大人しくスルーする方向で。

 

2008/05/04 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
2008/5/3
はいど部屋からの謎メールの数々にいちいち動揺してしまう鈴木です、こんにちは。
なんスか、あの『THE究極★はいどの本気でどーでもいい話』みたいなメールは(笑)。
いや、素のハイディが垣間見れて嬉しいけどさ、嬉しいけど・・・

(´ー`;) ←こういう気持ちになるのはナゼ?

なんだろう・・・なんて言うんだ・・・実際の鈴木は大変アナログな昔気質なところがある人間なので、メールとかネット上での人間関係も、実際に顔を会わせた上での関係の上に成り立ってるというか、会ったことがある人へと、そうでない人への気持ちには大幅に差が出来てしまうというか、どうにも顔が見えない相手には馴染めないところがあるんだけど、多分その延長で、

はいどメールに対する距離感が掴めないんだよな。

素直に「へーそうなんだ~アハハ」と言えずに、「はぁ、そ、そうですか・・・ハハ・・ハ」ってなる(笑)。
なんだこれ、今さらながらハイディに人見知りしてんのか!?

------

○業務連絡的お知らせ

【RS】リニューアルも、いよいよ残すはブログテンプレ変更のみとなりました。
しばらくの間(予定では5/3~4)、ブログの表示がオカシなことになる事が度々あると思いますが、
どうぞ気にしないでください~。


○ちょっと小話

なんか久しぶりに夢にハイディが出て来ました。
でもって、お寺みたいな100畳くらいある和室の中で、剥き出しの指輪をくれました(笑)。
「ちょっ!シチュエーションは謎だが、珍しくイイ夢なんじゃね!?」とか思ったら・・・・・・

その指輪が入らねぇ(゚∀゚)

夢の中で鈴木はハイたんにこんなこと言うてましたよ。

「鈴木の指はメグたんの指プラス3号で見繕ってください」

結果、中指にするハズだった指輪がピンキーリングとなって小指にはまっていたという。
しかもそれがプラチナゴールドだったのは良いとして、1cm幅くらいあって、細かな彫り装飾が施された、
今の時代こんな指輪してる若い女の子なんて見ませんが?みたいな指輪だったのが泣ける(笑)。
ま、そんなチグハグな夢の中でも『苦笑するハイディ』が見れたので良しとする(*´∀`*)

さーて、リニュリニュ♪

 

2008/05/03 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。