FC2ブログ
脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
2008/1/5
いよいよ本宅の封鎖を完全解除しました~。
【またハー火】郡山のライブレポや、ラニバDVD鑑賞記録(前編)等も【MUSICtext】に追加済みです。

もう時間も経ったことだし・・・どうしていきなりサイトを封鎖したりしてたのかを少しお話しましょうか。



※以下、珍しくシリアスかつ鈴木の内情的なお話です。
  そういうのにアツく反応してしまう人は読まない方が良いですよ。




はじめにサイトを完全封鎖(ブログも携帯のみ閲覧可能状態)したのは、去年の5月でした。
その頃、【REAL STRIKER】というサイトは一日3000~4000PVくらいありまして、本当に多くの方々にご訪問頂いてました。その事自体は、とても有り難いことだと思います。しかし、鈴木も当時ポロポロ日記で呟いていましたが、なんだかだんだん【RS】というサイトが「自分が望む場所とは違う感じになってきてるなぁ・・・」という感覚が拭い切れなかったんです。

当時、よく匿名フォームからこんな言葉を頂いてました。

「鈴木さんのサイトは大きいので、ご自身の発言の影響力を考えてモノを言ってください」

みたいな。いや、「そんなアホな」と思われるかもしれませんが、本当によく言われてたの(笑)。
別に鈴木は【RS】というサイトに関しては、意図して集客に力を入れる(検索エンジン等のカテゴリに登録したり、【ラブログ】さんのようなファンのポータルサイトにも登録してません)ことはやっておりませんで、ちょっとね、「鈴木さんのサイトは大きいんだから」「【RS】は多くの人が見てるのだから」みたいな言葉を言われる度に、自分の中でどうも引っかかっちゃってたんです。
(あ、最強リンクにだけは登録してたな。まぁアレに登録するのがこのサイトの 目的だった からね)

よく友達にも「あんまりバカ正直に喋らなきゃいいんだよ」「マジメに反応しなきゃいいのに~」ってなことを言われてましたが、それは鈴木が【RS】というサイトでやりたいコトってのに反していて、そういうやり方(?)でやるなら【RS】というサイトを継続する意味はない、と思っていて。

一番「むぅー」と思ってしまったのが、【YouTube】の動画URL掲載の一件。
これだけ「ユーチューブまとめサイト」とかが存在する中で、また、アクセスの少ないサイトさんとかでは日常的にオモシロ動画URLの掲載が行われている中で、どうしてウチは「肖像権が!」「放映権が!」の議論(ラルク関連の動画ではなくても)が起こるんだろう?と。それが飛び火して、果ては『友達間での民放テレビ番組のダビ』までが「違法ですよ」とか言われた時には、さすがに【RS】というサイトの異常性を笑って済ませられなくなりました。

アクセスが集まるサイトほど、そういう「法律」や「権利」にしっかり配慮した態度が必要で、それが当然と言えば当然の反応なんでしょうけど、自分が意図して【RS】というサイトを大きくしたつもりは無かったので、なんか釈然としない想いってのが常にあってね。集まったアクセスを利用して鈴木自身が広告収入でも得てるなら、そういう状況も甘んじて受け入れるけど、別にそういう利益を得てるわけでもないし、なんだかただただ鈴木にとって息苦しい環境になる一方だな~、と。

そこで、もう一度「本当に自分の言いたいことが気兼ねなく発言できる場」を取り戻すべく、サイトの完全封鎖に踏み切りました。【RS】を閉鎖して、「鈴木」の名前も変えて、一からやり直しても良かったんだけど、さすがにそこまでのアツい情熱は無かった(笑)。一時的にサイトを非表示状態にして、「なんだ、閉鎖しちゃったんだ~」と思った方にはそれで良いと思ったし、「表示されるのに中が見れない!なんでだ?」と思って再開を待ってて下さった方には、本当に申し訳ないとは思いつつ、一切のお問い合わせにもお答えしませんでした。

(当時【RS】封鎖について、周りのお友達の方に問い合わせがいっちゃったりしてたんだけど、事情を理解して協力してくれた皆さん、ありがとう!)

そんなこんなで完全封鎖から一週間後、ブログのみを再開した時には、封鎖する前のアクセスのおよそ1/6にまでアクセスが落ちていて・・・「ふぅ、これでひと段落(´ー`)」みたいな。

もうさ、ネットの片隅でヒッソリと気兼ねなく【RS】を楽しんでくれる人たちとワイワイしてたいよね。
だから一方的にね、ハイディの「面白い事をしたいけど、有名になりたくない」っていう言葉に深く頷いてしまうところがあって(笑)。それでも突っ走り続けられるハイたんの精神力はスゲーよ、本当に。

というわけで、今後もいつなんとき、何が起こるか分かりません。(オイこら)
毎度年明けのご挨拶として「ユルく」という言葉を使ってますが、本当に、ユル~くいきたいものです。

それでは『続きを読む』からコメント返信です~。

 

[ 続きを読む ]

スポンサーサイト



2008/01/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)