脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2007/11/29
本当に【KISS】って変なアルバムだなぁ・・・。

なんかどこがどう変なのかは上手く言えないんだけど、とにかく「なんか変なんだよなぁ・・・」と思うと同時に「これがラルクなのか~」とも思う(笑)。ホント、こんなにメンバーの嗜好(思考)がバラバラで楽曲もバラバラなものが12曲も集まって・・・よくまぁ一枚のアルバムにまとまってるもんだなー。

なんてことをツラツラ考えながら、昨日偶然 UGAサイト にて発見したラルクさんインタビュー(鹿野さんの記事で既出記事部分もあり)にて、ハイディが【KISS】の「変!」の正体をサラッと明かしてました。

hyde : 「ある種、狂気じみている(笑)」

記事を読めば分かりますが、「狂気じみている」のは【KISS】というアルバムではなく【L'Arc-en-Ciel】というバンド自体のことを言ってるようで、「『どんな曲でも作れるバンド』が、今回ちょっと度を越して狂気じみた勢いでアルバム作っちゃいました(*´∀`*)テヘ」・・・だそうで。

素敵すぎるんですけどラルクさん(*´Д⊂ヽ

【KISS】な日々はまだまだ続きそうです。

さて、そんなキッスな日々の中、ラルクさんメディア露出ラッシュの総仕上げとして昨日カツンの番組にハイディ&ケンちゃんが出てましたね。すでに大変な話題になってますが、

さすが萌え職人!いい仕事してますねぇ~(*´∀`*)

ちょっと、なに、あの天然ちゃん(笑)。
以前、デストでハイディがあの収録時に「失敗しちゃった~」と言って、何気に本気凹みしてた原因がアレだったのかと思うと、そんなハイディに二重にウハウハしてしまうんですが。
そして、【ぷっすま】とは打って変わったテンションのアゲ♂アゲ♂っぷりに、改めて・・・

ホントこの子ってば可愛い男の子が好きなんだナァ・・・

と思ったとか思わなかったとか・・・・・・いや、ウソ、思いっきり思いました。
以前、どこぞのライブのMCで「2丁目のゲイバーの男の子がカぁワイィ~の!(笑顔)」という話を、嬉々として話していたハイディが蘇ってきましたよ、鈴木は(笑)。ほんに自由な子やのぅ(*´Д`*)

それと、今年はすでにリーダーの時から「誕生日」の「た」の字も触れていない状況が続いているので、えーい!もうこうなったら全員まとめて祝ったろうではないか!

リーダー、ユキピロ様、ケンちゃん、
生まれて来てくれてありがとう・・・
ラルクを創ってくれてありがとう・・・
ラルクを続けていてくれてありがとう・・・
ハイたんをめいっぱい甘やかしてくれてありがとう・・・


感謝しています。


本当に感謝してます(*´∀`*)



・・・と、書いて思ったんだけど、鈴木ってマトモにちゃんとした呼び名で呼んでるのってケンちゃんくらいなんだな(笑)。

 

スポンサーサイト
2007/11/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
2007/11/25
昨日は お隣の椿さん と「いいお肉食べながら【KISS】を語りたいね~」という、いかにも大人の道楽としか言い様のない集いをしてきました(*´∀`*)


別に完全予約制というわけではないらしいんですが、突発では絶対に入れないらしい、常に予約で満席のお店です。すげーお肉が美味しいの(*´∀`*)生牛肉の握りとかあるよ(*´∀`*)オススメです。

・・・で、このお店(新宿にあります)に行く前に、ツーさんが「渋谷のチュー広告が見たい」と言うので、さすがにアレを一人で見に行かせるのは酷であると判断した鈴木も同行しました(笑)。
実はこの前日、ゆきやちゃん やら アモさん やらもキス広告を見に渋谷に行ってまして、鈴木もそれに誘われてたんですが、その前日に・・・

白カビだらけの瓶詰めのおろしにんにく

を豚しゃぶと共にこんもり食っていた(白カビとにんにくってホント区別出来ないよ)鈴木は、有り得ない食中りをしちゃってて、泣く泣く見送ってたんだけど、まさかその翌日にやっぱり行くことになろうとは。
まぁ食中りしてなかったら、危うく「連日公然ワイセツ現場に通い詰め☆」状態だったわけで、それもどうかとは思うがな・・・。

んで、すでに一度見ていた鈴木でもやっぱりあそこに行くとテンションが上がるね(笑)。ひらすら二人で「かわいいねぇ・・・はぁ~・・・ハイたんかわいいねぇ・・・ホントかわいいねぇ・・・」と呟いてました。

そして相変わらず他の通行人ウォッチングが面白い!
明らかに東京の人ではない観光客一家(お父さん・お母さん・小学生くらいのリュックを背負った娘二人)が広告前を通過した時、お父さんがみんな携帯やデジカメをかざしてキス広告の写真を撮ってるのを見て、お母さんに「お前も撮っといたらどうだ?」とか言ってたのに大ウケ(笑)。お母さんは普通に「そんないいわよ~」と返してましたが、お父さん・・・

あんなアブノーマル広告を東京の名物だとか勘違いしないで(´∀⊂

なんだろう、一般の人の反応に関しては「ウゲェ~」とか「キモ~」ってのは特に無くて、「なんだこれ!?撮っとけ撮っとけ!オモシロー(゚∀゚)」って感じの方が圧倒的に多いみたいよ(笑)。またさ、意外なほど色んな外見の人たちが撮影してるから、さらに一般の通行人の目を引くんだろうなー。

そんな感じで一通り楽しんだ後、いよいよメインの「【KISS】を肴に肉を味わおうじゃない会」へ。
ここは是非ともガッツリ語りたかったところなんですが、偶然にも鈴木&ツーさんもアルバム【KISS】を入手したのが木曜日で、初聴きからまだ二日間しか経ってない状態だったんですよ。ロクに噛み砕けていない状態で語り合った内容は、案の定大変「大味」な内容でした(笑)。ああなるとね、ついつい意識が美味しいお肉の方ばかりにいっちゃってね、【KISS】を語った時間より「美味しい~(*´Д`*)ハフハフ」って言ってた時間の方が長いぞ多分。

そんな中で、お互いがよく言ってたのが、

「やっぱりケンちゃんは頭いいよね」

というコト。いや~本当に、今回の【KISS】はケンちゃんの頭の良さが光ってると思う。センスの良さ、というのももちろんあるんだろうけど、それ以上にやっぱりケンちゃんの曲は「頭がいい」と思いました。
特にそれを強く思うのが【ALONE~】なんだよね。4曲目テツさんの【砂時計】→5曲目ユキピロさんの【spiral】と続いてきて、6曲目の【ALONE~】と聴くと、本当にあの緻密な音の重ね合わせ方に脱帽するよ。また、そんな曲に乗せられた歌詞が秀逸でのぅ(*´Д⊂ヽケンちゃんが「こんなにイイ歌詞乗せてくれるの~!?」ってビックリしたらしいけど、あの歌詞はあの曲に乗るべくして乗ったんでしょうなぁ。そのくらい、相性とか相乗効果とかを含めた意味でハイディの歌詞が本当に素晴らしいです。

マんジ、素ん晴らしいです。

個人的にこの【ALONE~】って、【Anemone】の進化系・・・別に進化じゃないか。
なんか、あれから極自然に時が流れて生じた心の変化がそのまま曲になったような歌だな、と。

そんなことをウダウダ語りながら順調に肉は消費され(笑)、終了時間とともに今度は焼肉屋からレトロでゆっくりとした時間が流れる本格珈琲喫茶店へ。ここの珈琲が本当に美味しくて!!(新宿ガード下のション横にあります)

しかしそこでは多分ラルクさんの話は微塵もしてないな(笑)。
なんだかお互いの仕事の話とかを延々していた気がする。鈴木は、ツーさんが自分の環境を自力でゴソッと変えて頑張っていたのを薄っすらながら見聞きして知っていたので、今のキラキラ輝いているツーさんを見ると「スゴイね~良かったね~(´Д⊂ヽ」と思います。(決して上から見てるわけではない)
鈴木にも今の仕事とは全く違う分野で「本当はアレがやりたいんだよね~」みたいな事が無いわけではないんですが、色々とツーさんと話をしていた結果、「やっぱりそっちは趣味でやるべきだね」みたいになりました。ちなみに言うと、ソレを趣味として自室とかで本気で取り組んでいたら、

多分かなり頭がヤバイ人だと思われます(笑)。

あまりにも一般離れした趣味の人になってしまう!
全く生産性のない趣味な上に、多分お嫁に行けなくなる。

さて、そんなわけでアルバム【KISS】の感想は追々また書きたいと思うわけですが、まず聴いた印象を一言だけ。

おもしれぇアルバムだなオイ(*´∀`*)

鈴木の中では「良いアルバム」というより「面白いアルバム」ですね。
常々鈴木は「『変!』曲スキー(´∀`)」と言ってますが、【KISS】はまさしく・・・

変!アルバム

じゃないかしら。
シリアスを極めたような、俗っぽい面白味を一切排した【AWAKE】というアルバムが戦争映画専門の単館系の映画館(館長hyde氏)だとしたら、この【KISS】というアルバムは、

4人の造形師が己の興味の元に造ったアトラクションを
一手に集めた一大テーマパークのようなものかねぇ。


もちろん【Hurry Xmas】は電飾キラキラのメリーゴーランドだよ(笑)。

 

2007/11/25 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
2007/11/21
もうダメ・・・次から次へと、まるで計算されたかのようなタイミングで沸き起こるラルクさんラッシュ!
まるで98~99年の怒涛のラルクバブルを髣髴させる忙しさですな(笑)。

※今日の日記は盛りだくさんです。(なんせ時は今こそラルクラッシュ)
本日のラインナップ : 【ぷっすま】【オンタマ】【渋谷109?壁面広告】【リーダーの人生晴れ舞台】


■待ちに待った【ぷっすま】祭・・・・・・・・・・まつり?
えーと、前回の『記憶力!お絵描きバトル』は、大変ラルクさんとも相性が良く、ミラクルなまでに盛り上がったんだけど、今回の【逆算フード刑事】(だっけ?)は初の企画ってのもあると思うけど、

ぶっちゃけ、微妙じゃなかった?(´∀`;)

ファンが「祭だ!祭だ!(゚∀゚)」っつーて心待ちにしてたテレビ番組で、その半分を一般人の料理コメント映像に費やされるとは・・・なんちゅーか、テレ朝クン、アンタ全く世間のニーズを分かってにゃいよ。

やっぱりギリギリマスターここイチ当てまSHOW
豪邸!宝探しツアーあたりが、ゲストを選ばずに
無難に盛り上がる企画だと我輩は思うのだよ、テレ朝クン。


新企画の初回のゲストは、大人しく勝俣に任せておけば良いのさ。
(勝俣州和は【ぷっすま】では『新企画請負人』と呼ばれ、上手い方向に新企画を仕上げてくれる)

しかし、千里子に対して「態度ワルっ!」なハイディは可愛かったな(笑)。
青木さやかの時といい、やっぱりバンドの華、お色気担当としては女性ゲストは邪魔なのか?
美人な女の人には態度良いのにな~(笑)。そんな、欲に忠実なハイディがステキです。
それに引き換え、ケンちゃんの素晴らしいまでの社交性!あれは・・・女は惚れるよなぁ(*´∀`*)
個人的には、あんな「テンション低ぅ~、態度ワルぅ~」なハイディを前に、一切怯むことなく果敢にコメントを引き出していた大熊アナの高感度がまたまたアップしてしまった。やっぱり前回の【ぷっすま】の時の好印象のおかげか?テレ朝さん、これに懲りずにどうかまた呼んでやってください。そしてラルクさん、これに懲りずにどうかまた出てください(笑)。


■怒涛の【オンタマ】週間
2分程度の超短い繋ぎ番組にもかかわらず、大変オイシイこの番組。
月曜日はハイディの素丸出しな「もう・・・残念!」に「ぐふっ(*゚Д゚*)」となり、火曜日は絵文字多用&平仮名多過ぎ!の携帯メールに「わひゃっ(*゚Д゚*)」となりました。

ごめんね

なんて・・・鈴木でも打たないよハイたん(笑)。
あんなメールを送られているマネージャー・FAに、ホント、ちょっと軽くどころではなく確かな殺意が湧き上がるんですが、どうしてくれましょう。別に取って替わりたいわけではないんですが、どうも幸せそうなFAを見るとモヤモヤしてしまうぞ。なんか、鈍器で殴りたくなる衝動に襲われちゃうわ(*´∀`*)ウフフ

さて、本日の【オンタマ】も楽しみですな!


■渋谷に突如出現した驚き壁面キス広告
え~、皆さんももうご存知かと思いますが、今渋谷の109?にとんでもない壁面広告が展開されております。「渋谷」といえば鈴木、鈴木といえば「渋谷」、というわけで、もちろん情報が解禁された昨日の仕事帰りにガッツリ見て来ましたよ!ホントにね~、鈴木は・・・

こういう時の為だけに、わざわざ渋谷で働いてる人だからね。

んで、まぁ驚愕のキッスな広告絵柄はスポーツ報知だかの新聞で見れるそうですが、実物を見た感想は・・・

スゲッ!マジすげぇ!なんじゃこれ(*゚Д゚*)

どのくらい「スゲェ」かと言いますと、その壁面広告前の歩道と、車道挟んだ反対側の歩道に携帯かざしてたかってる人達、その数ざっと

50人は居たかと。

鈴木が行ったほんの5分やそこらでその人数がたかってたわけだから、あの日、あの広告前で立ち止まって携帯をかざしてた人の人数たるや一体何人くらい居たんでしょうかね(笑)。ぶっちゃけ、ものすごーく通行の妨げになってますがね。ホント、なんかのイベントの出待ちみたいになってたもん。

んで、その群衆の中には見た目「いかにも!」なファンはもちろんのこと、一見フツーの渋谷ギャル&ギャル男のカップルから高校生らしき男の子達から50代は間違いなかろうオバちゃんから見るからに「Aボーイだよね?」みたいなメガメ男子まで・・・

ホント、ファンのバラエティが豊富過ぎるって(*´∀⊂ヽ

結構色んな人が「あんなホモくさい公然猥褻な広告を渋谷に出しちゃっていいの!?一般の人はドン引きじゃないのか!?」みたいな心配をしてる人を見かけますが、実際に行って見ると分かりますが、

実に程好く馴染んでると思うよ(笑)

もともと渋谷は非常に雑多なごった煮状態の街なわけで。
大まかに分けると、『ギャル&ギャル男』『サラリーマン&OL』『あらゆるオタク&マニア』の三階層の人種で構成されてる街だと思うんですが、なんつーか・・・それぞれちゃんと住み分けがされてるんですよね。その中で、あの109?周辺(ハチ公交差点)ってのは、渋谷の中でも最も年齢層が低いエリアなわけで。あの壁面広告が同じ109でも、もし本館の方に展開されていたらもうちょっと浮いてたかもしれんね。本館周辺の方は一気にサラリーマンが増えるエリアなので(笑)。

ま、そんなことはさて置き、それほど「ギョヘェ~(゚Д゚;)」となってない最たる理由は、

あの人たちのビジュアルに全く違和感が無いからだと思います。

なんか不思議と「ファッション広告」の範囲内に収まってるように見えるというか・・・ファンの欲目か?
むしろ、こういう若者向け(「腐女子」とも言う)の、大胆な構図を(有名になってから)今までやってなかったのが不思議なくらいじゃないかな(笑)。もともと男くさくない、ユニセックスな集団だからねぇ。
そんなわけで、最後に鈴木のお友達が写メった実際の109?壁面広告をチョロっと載せておきます。


とにかくデカイよ、この広告。


■リーダー、ご結婚おめでとう
鈴木ね・・・この知らせを聞いたとき、すんごくビックリしたんですよ。何故なら鈴木は、

彩名が好きだからだ!

酒井彩名のこと勝手に「彩名」と呼んでいるくらい好きなんです(笑)。
そもそも女性タレントには滅多に興味を惹かれない鈴木が、何故に彩名が好きかと言いますと、その昔・・・3~4年くらい前かな?テレ朝で【運命のダダダダーン】というクイズ番組がやってたんですよ。えぇもうタイトルからお分かりの通り、ものすんげぇローカルくさい番組なんですが(笑)。
んで、そのレギュラーが、

司会 → 三宅裕二(+テレ朝アナウンサー)
パネリスト → 伊東四郎 YOU 酒井彩名 照英


でして。これに毎週ゲストが一人加わるんだけど、これの何が面白かったって、レギュラー陣の人間関係がね!ホンットに面白かったの(笑)!!

三宅裕二 → 悪代官様
伊東四郎 → 一家を守るお父さん
YOU → お父さんを支える長女(時々裏切って悪代官側に寝返る)
酒井彩名 → お気楽天然次女(YOUお姉ちゃんに忠実)
照英 → よその子、アホの子


・・・という感じで、大概司会の三宅代官と伊東お父さん仲が悪くて、お代官様の機嫌を損ねるとヒントの一つも貰えず、回答時間もやたら短くなってしまうという、大変分かりやすい番組でした(笑)。
時々YOUの代わりに加賀まりこが出て来てたんだけど、彩名は年上の女の人に可愛がられるタイプなのか、加賀まりこさんにも可愛がられてた記憶があるなー。

んでね、彩名の何が好きだったって、あの子のミラクルな第六感と洞察力ね!
最近某クイズ番組から続々と珍回答を売りにするアイドルが出て来てますけど、彩名はスゲーんだよあの子(笑)。基本的に天然で若いからあんまり物を知らないんだけど、とにかく勘が素晴らしくて、よくよく聞いてみるとちゃんと出てきた映像とかを洞察して答えてたのね。何気に、あの番組では伊東四郎に次ぐくらいの勢いで正解率が高かった気がする。照英のバカと一緒にしちゃいかん。

えーと、すっかり【運命のダダダダーン】の思い出話になってしまいましたが、そんなわけで、

どうかテツさん、彩名を幸せにしたってください(*´∀`*)

しかしこうなると、和田ア○コが黙っちゃいないんじゃなかろうか。
(彩名はラルク嫌いで有名なア○コさんの事務所の後輩らしい・・・イジメられそ~)


■最後にご報告
おかげ様で、ローソンチケで代々木最終日のチケが確保できたようです(*´∀`*)
これでキスツアーの希望公演チケは一通り揃いました。ヤッタネ!

 

2007/11/21 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
2007/11/16
Mステ、MJと、積もり積もった『アレ』がついに爆発。暴発。とにかく・・・・・・


音戦ヤバ過ぎるッ!!


たたた大変です!
ハイたんのあまりのバカ可愛さについに鈴木の涙腺が壊れました!!
涙腺を破壊されるバカ可愛さッ!!なんたるデストロイヤーッ!!



しばらく涙腺を治療する旅に出ます!【ぷっすま】までに治さねば!
もう今からこんなんじゃ、来週末を生きて迎えられる気がしないよホント(*´Д⊂ヽ

 

2007/11/16 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/11/14
奇しくも【SEVENTH HEAVEN】の時と同様、今回もこちらの二枚が同日リリース。



今回は、どう見てもこれといった共通点は無さそうです(笑)。 → 前回の不思議な共通点

さて・・・それじゃ、まずはウーバーちゃんの【浮世CROSSING】からいきましょうか。
とりあえず新曲自体は、先日テレ朝にて放送された【音魂ライブ】を見て聴いているので、音源についてはちょっと置いといて。

毎度ながら、このバンドはカップリングが良過ぎるだろうよ(笑)。

【DISCORD】が個人的に大ッ大ッ大ッ好きなんで、今回のライブ収録バージョンの音源とかマジたまんないよ~これ~(*´Д⊂ヽしかも、オリジナルよりさらに増した『音のカオスぶり』と、それに反比例するかのようにさらにストレートになって威力を増してる『タクやんの泣かせる歌詞』のコンビネーションたるや・・・

こんなんライブでやられたらマジ泣くわッ!!ヽ(`Д´)ノ

・・・なんて、思わずキレちゃいそうになるくらい良い(*´∀`*)
【energy】に関しては、これってさ、すっごくウーバーちゃんっぽい音だよね。今さらだけど(笑)。
最近ウーバーちゃんの色というか、クセみたいなものが分かってきたんですが、この曲にはそれがめいっぱい詰め込まれてる感じがする。しかしなんせ鈴木的には【DISCORD】のインパクトが強過ぎて、ちょっとまだ自分の中では影が薄い感じです。【=】(イコール)とかの系統っちゅーんかね?【DISCORD】や【UNKNOWN~】のような「変!」曲ではないね。んで、ウーバーちゃんのシングルの何が嬉しいって、

そりゃ毎度初回特典に付いてるライブ映像DVDだよ!!

こういうのこそ、ラルクさんにやってほs(以下略)。
で、今回のライブ映像はまたスゴイね~。前回の【シャカビーチ】では、【Burst】【UNKNOWN~】っちゅー・・・言うなれば「ライブ好きコアファン向け」の映像だったけど、今回は「まるでシングルヒストリー!」と言わんばかりのメジャー選曲で、この思い切った振り分けがスゲェ(笑)。当然ながら、鈴木は前回のライブ映像の方が好みなんですが・・・まぁ、いいさ。(あの選曲は神だよホント)
でも、しっかりタクやんのボイス・スクラッチの映像とかも入ってて嬉しいね!てか、この子たちのライブ映像見てると、つくづくライブに行きたくなるな~。来年春のツアーが楽しみ(*´∀`*)

さて、お次はラルクさん。
前回の日記で、逝ってしまった鈴木のDVDディスクの話をした時に「ハリクリPVをくれ~」ってなことを言ってましたが、初回特典に入ってたんだね。知らなかった(笑)。何故ならば、鈴木が今回初回盤を購入した目的は・・・

ただただパンクのPVが欲しかったから。

うん・・・鈴木は世間での評判ほどパンクの印象が悪くはないのね。てゆーか、過去に こんなこと を言ってたように、パンクの音的にはとても好きな類の音なのでね、さぞや映像も好みな感じに仕上げてくれてるんではないかとウキウキしてたわけですが・・・

どうも鈴木の頭から「パンクのボーカルはハイディではない」、
という事実がすっかり抜け去っていたみたいです。


そうかぁ・・・ボーカル以外のメンバーのファンの人って、毎度こんな気分なのかぁ・・・みたいな(´∀⊂ヽ
つくづく自分がボーカルフェチで良かったな~、と思った秋の夜長です。
あれはテツさんファンの人にはたまらん映像だろう(笑)。

しかし、どう足掻いてもハイドマニアな鈴木は、一瞬だけ見せたハイディの魔王顔に「ぎょへっY(*゚∀゚*)Y」ってなりました。あの~、顔歪ませながらあらぬ所を睨みつけてイッちゃってるトコね。超可愛いです。全体的にさ、音に合わせてああいう「ワケ分かんねーーーー!!!」みたいなカオスな映像を期待してたんだけど、大変に単純明快スイート☆セプテンバーな映像に仕上がっていたので、なんだか鈴木にとっては「予想を裏切られる」なんてモンじゃないくらい予想の範囲外のモノが出てきたので、もはやなんとコメントしたらいいのか分かりません(笑)。

で、そんな戸惑い感満載なパンクPVですが、あの映像を見て改めて強く思ったことが一つ。

鈴木はパンクのユキピロ様が恐ろしく好きだ。

これはもしや「ファン」と言えるレベルかもしれません(笑)。マジあの地獄のベーシストはヤベェよ。
パンクのライブ映像に限り、むしろユキピロ様フィーチャーでお願いしたいくらいだ。たまらん!

ついでに本日発売の【ワツイン】の感想もいっちゃおう。
まず店頭で「オイオイ・・・【PATiPATi】と全く同じ表紙かよ(゚Д゚;)」とか思ってビビり、実際に並べて見比べてみたら、

オイオイ、ハイディだけ動いてるじゃんかよΣ((゚Д゚;))

と、さらにビビる・・・という、二段階の驚きがありましたね(笑)。
いやマジでハイディ以外は「ほぼ」というか、「全く」と言って差し支えないほどの違いの無さ!テツさん&ケンちゃんにはナチュラルに動いている様子が見受けられますが、ユキピロ様に至っては、全く同じカットを使い回したようにしか見えない。グラビア撮影中、微動だにしないんだろうかこの人は(笑)。

そして今回のインタビューは、「さすがはソニマガ様!」としか言いようの無い、

完璧なるライター配置でございますな。

恐らくメンバーの中では最もインタビューが難しいと思われるテツ様には、ワツインでは毎度お馴染みの長谷川さん。鈴木も 大好きなライターさん です。で、これまた何気にインタビューするにはある程度の経験を要すと思われる、ラルクのメインコンポーザー・ケンちゃんのお相手も長谷川さん。相性バッチリです。で、有難くも一番当たりの柔らか~いユキヒロさんには、当たり障りないところで森朋之さんを配し、そしてそして!

我らがハイディに平山さんを配したソニマガに拍手!!

平山さんといえば、ちょっと前のHYDEソロなんかで度々登場し、その妙なテンションと独特の口調で オモシロ記事 を連発していたライターさんですよ。そんでもって、今回も例に漏れずやっぱり面白かった~!ラニバライブでお目見えした、あの神ハイディに対して、

「ニコニコしてたもんな(笑)」とか言えちゃう平山さん素敵(*´∀`*)

極めつけが最後の質問ね。

― 「Hurry Xmas」は、ファンのために書いたんですか?って聞かれたらどういうふうに答える?

いや、今、実際にアナタが聞いちゃってるし(笑)!!みたいな。
なんだこの高度な質問テクは・・・。読者としても、やたら興味を惹かれる聞き方をするのう。(感嘆)
今後も平山さんの記事は必見ですよ!

こうして、日々アルバム【KISS】への期待は高まっていく・・・。あぁもう楽しみ過ぎる(*´Д⊂ヽ
本日、アマゾン改め Sony Music Shop で初回盤の予約完了!特にアマゾンとかで値引きされてない新盤の場合、ソニーのオンラインショップが結構使えるよ。【ハリクリ】も発売日前日に届いたし、何より、

梱包がコンパクトかつエコ的で、ゴミが少なくて済む!

アマゾンのあのボール紙&ビニールでのガッチガチ梱包がどうにも好かんのよ。

 

2007/11/14 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/11/12
えぇい、今日はもう箇条書き日記だぜ!ひゃほー!

○【PATiPATi】のハイディがまるで妊婦さんのよう(笑)。そこにおわすのは誰の子ですかホンマ。
○【PATiPATi】の最後のアンケートのハイディが一人ズバ抜けてアフォで可愛過ぎる(´Д⊂ヽ
○鈴木のDVDデッキの機嫌が直ったのと引き換えに、ここ最近・・・【セブンス】辺りからの映像をひたすら撮り溜めていた最新ラルクさんディスクが一枚逝ってしまわれた。とりあえず、誰か【セブンス音楽戦士(物忘れが激しいハイたんのアレ)】と【セブンスMステ(アイパッチ着用の方)】と【セブンスMJ(ステキなS字ラインのアレ)】と【デイブレ音楽戦士(足ふらっふらのアレ)】と【デイブレPV】と【ハリクリPV】の映像を分けてください・・・マジ凹む。泣きそう。吐きそう。ハゲちゃいそう。
○ヤプーのラルクさん特設ページのハイディ動画がキャワイイのぅ。ハリクリのアー写のハイディにはどうも 人見知りしちゃってた んだけど、あの動画見て一瞬にして「いつものハイたんじゃ~(*´Д`*)」ってなったよアハハハ。何故にあの、前髪をピンで留めたままのハイディでアー写を撮らなかったんだ?あっちの方がよっぽどハイディっぽくて可愛いじゃないか。

やたらキマっちゃってるハイディなんぞ、真のハイディに非ず!!!

○おかげ様で、ようようキスツアー初日の埼玉SPアリーナチケを確保。これで年内ラルクさんライブが一個確定したかな?残るは代々木最終日。もうLE-CIELに期待するのはやめましょうねホント。
○ちなみに テツさんの『ラルク検定』 の正解率は50%でした。「あ~!これなんだっけ?」の連発だった鈴木は、当時の情報にはマニア的にタッチしてたんだなぁと思った。ほとんどスッポ抜けてるけど。
○カトゥーンの番組出演情報も出たね。11月28日(水)だそうで。確かケンちゃんバースディだべ?てゆーか、ハイディ&ケンちゃんとカトゥーンの年齢差とかを考えると末恐ろしいものがありますな。

コメント返信はもうちょいお待ちくださいm(_ _)m

 

2007/11/12 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/11/8
鈴木がかれこれ3年くらいずーっと見てる音楽ニュースのサイトがありまして。
タクヤって人がやってる ミュージックマシーン てなサイトなんですが、このタクヤって人が一年くらい前からYahooミュージックの MUST BUY! っていう、「これ押さえとけば流行はオッケー!」みたいな新盤レビューのコンテンツを担当するようになってて、鈴木は毎度それを見ておるんですよ。

んで、いよいよ今回、ラルクさんのニューアルバム【KISS】がこのコーナーに登場してます。

・・・どういうわけか、絶賛されている(笑)

「このアルバムで、日本のロックの至宝とかそんなレベルに到達したんじゃないかね。」なんて、とても他人事のような口ぶりですが(笑)、それでも最上級の賛辞じゃないかなこれ。

結構長いことこの人の記事見ててさ、ぶっちゃけこの人ってアンチなんだよね。「ハァ?ラルクぅ?」みたいな。一時期(今もか?)この人が中島美嘉が大好きだったようで、HYDEが楽曲提供した時とかもそれはそれは大変冷ややか~な反応をしてたのを覚えてるんだけど、どういう風の吹き回しなんだろう。Yahooでキスツアーのチケ先行とかやってるのから見るに、ヤプーさんに「なるべくラルクをアゲアゲでお願いします」とか言われたんだろうか・・・・・・などと、うがった見方をしてしまう自分は本当にファンなんだろうか(笑)。年間200本のライブとかに足を運んで、色んなアーティストの音を聴いているこういう人が、もし純粋にラルクの音を評価してるのだとしたら、それはファンとしては嬉しいなぁ。

そんな感じで、日々ニューアルバム【KISS】への期待が高まる今日この頃。
鈴木はいまだに肝心なその【KISS】を予約してなかったことを思い出し、アマゾンさんで予約しようとするも、さっきからサインインするとエラーが起こって一向に買えまへん(´Д⊂ヽ・・・なんでやねん。

てか、ようやくアマゾンの商品【KISS】に「Limited Edition」の表示が出ましたね。確か、前に予約しようと思って見た時にはこの「初回限定盤」の表記が無くて、予約するのを見送ったんだよね(そしてそのまま今日まで忘れていた)。てゆーか、これ・・・初回限定盤だよ、ね?今回は初回盤も通常盤も値段が一緒だから、区別がつかん~!やっぱタワレコに直接買いに行った方がいいかしら。フラゲ出来るし。

 

2007/11/08 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
2007/11/6
とってもご無沙汰しております、鈴木です。生きてます。ピンピンしてます。

目下、鈴木の悩みといえば・・・・・・来週金曜日放送予定の【音楽戦士】。

ラルクとウーバーちゃんが同時出演とな?

えー、どっちも好きで、それぞれ専用の別ディスクに録画なんかしちゃってて、ハードドライブ内蔵などという最先端録画機器を有していない鈴木は、一体どのディスクでどのように録画すればいいやら。

そんな感じで、いよいよ来週からテレビラッシュが始まりますね。
ここ最近鈴木のDVDが「おっ前、マジで酷使し過ぎなんだよウゼーよいい加減にしろよ!」とボヤきながら、一向にディスクを読み込んでくれないというストライキを起こしていたので、今週末に業者さんを呼んで機嫌を直してもらうつもりです。いや、本当にね、2年前(購入して一年ちょっと)にも全く同じ症状に陥って修理に出したら、「とても購入されて一年ちょっとしか経ってないとは信じられない消耗具合なんですが・・・(汗)」と言われた子(デッキ)なんですよ。ドSな持ち主を持った家電ちゃんは可哀相だな。

それと本日、タワレコにあるアルバム【KISS】の宣伝ボードを見て来ました~!
Yahoo!の先行チケのページ に載ってるアー写の別バージョンで、まっ白&ヘッドフォ~ンなメンバーが、横一列(縦一列って言うのかアレは?)に並んでて、全員のヘッドフォ~ンが一本のコードで繋がれている・・・という、近年稀に見る

素ん晴らしいアー写ですな(*゚Д゚*)

なんだろう、ここ最近の「ただのメンバー主体のアーティスト写真」ではなくて、なんか・・・ちょっとしたストーリー性というか、意味深なシチュエーション写真な感じがとてもグーです(*´∀`*)b
ちょっと上を見上げてるハイディが、こねくり回したいくらいキャワイイよ~食べちゃいたいよ~。

そして昨晩、一足先にそのビルボードを見て来ていた 隣の椿さん とまたもや恐ろしきシンクロをしてしまったんですが、あの写真の構図って『ラルク』というバンドなりの、

キス行為の表現なんじゃないかと思うんです。

雑誌【MUSICA】のハイディインタビューで、ハイディが「キス」について「キスって血が流れて繋がるような深い感覚の行為だと思う」みたいな事を言ってたけど、それを言い換えれば「音が流れて繋がるような感覚」は、音を媒介としたバンドにおける「キス」行為そのものではないかと思う。
前に、ケンちゃんが「メンバーとは、音でベタベタしたい」と言ってたのもそれに通じると思うし。
そんな事を悶々と考えてたら、

【KISS】というアルバムが恐ろしく楽しみになってきました(*´∀`*)

いや、元々すごく期待してるし楽しみなんだけど、さらにね。料理自体はすでに知ってるんだけど、そこに思わぬスパイスが加わって、一層想像できない味になってそうな感じっちゅーか。
本当にね、すげー思いっきり『繋がれてる』んだよ、メンバーが(笑)。是非見てみてください。

あ~、その他にも色々書きたい事があったはずなんだけど、すっかり忙殺されてる間にスッぽ抜けてしまったので、週末にまたゆっくりお会いしましょう(笑)。そいでは。

 

2007/11/06 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。