脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2007/9/29
ふぅ~、キスツアーのFC先行結果が出ましたね。皆さん、いかがでした?鈴木は・・・・・・

・・・うん、悪くないよ、多分(笑)

いや、あのね、とにかく鈴木のラルクさんチケに関する運の無さってのは、仲間内から「鈴木にだけは期待してないから」とか言われちゃうくらい、とにかくこの溢れる愛情に反比例した最悪ぶりで、どうにもこうにも望んだチケットが自力で取れたことなんてほぼ皆無なんですよ。(それに比べてデストではかなりの強運っぷりを発揮するんだが・・・やっぱ、愛情が一人に偏り過ぎなのが原因か?)

で、今回は合計5公演の申し込みをしてたんですが、そんな最凶チケ運を持つ鈴木が、その内・・・

2公演も取れただけで十分ミラクルだと思うわけだ。

今回さ、アリーナツアーなのにまるでホールツアー並の当選率で、色々なところで悲壮な声をお見かけするんですが、もともとのチケ運がイケてない人的には今回の当選率が特別悪いようにも感じず(笑)。ショックを受けなかった点については「良かったなぁ」と思うけど、皆が死にそうになってる当選率を「いや、結構取れた方じゃね?」とか思えちゃう自分を不憫に感じるのも事実です(笑)。

そんなわけで、その他お友達がもうひと公演を見事に当ててくれまして、現在のところ鈴木の参戦が確定しているのはこちら↓

○2008年2月6日(水) 代々木第一体育館
○2008年2月7日(木) 代々木第一体育館
○2008年2月9日(土) 代々木第一体育館

えーと、いまだチケが取れずに、しかし命を賭ける勢いで狙ってる箇所が「さいたまスーパーアリーナ初日」と「代々木最終日」。しかし奇しくも埼玉初日は『ツアー初日』でもあり、代々木最終日は言わずもがな『関東ファイナル』なので、どちらもチケ確保は容易ではないだろうなぁ・・・ふふふふ(遠目)。
とりあえず、鈴木が「マイ・ホームグラウンド」と自負する代々木だけは全通したいと思います。

人の庭で、人がいない間に勝手をさせるわけにはイカンのだ!(痛)

覚悟なさい、ラルク殿!

あぶね、危うく「お命頂戴する!」とかワケ分かんないこと言いそうになっちゃった(*´∀`*)テヘ
むしろ行けば行くほど懐毟り取られて死の淵に追いやられるのはこちらの方だと言うのに・・・。
まぁ・・・その、精神取り乱すくらい本気だということで!

さて、話は変わりまして。
昨日のスカパーチャンネルにて、いよいよ【DAYBREAK'S BELL】のPV初解禁~!
皆さん見ました?見ましたか?鈴木は以前、【マイドリ】PVが解禁された際に こんなコト を言っていたわけですが・・・

あぁもう期待してて良かったッ!!(*´Д⊂ヽ

キミはやれば出来る子なんだよ~(*´Д`*)磨けば磨くほど光る、無限の原石なんだよ~(*´Д`*)
えーと、ストーリとか何とかってのはよく分からないって言うか、まだそんなところにまで目を向けれるほど冷静じゃないって言うか、とにかくハイディが美人でステキで可愛くてたまらないって言うか・・・。

鈴木的にハイディは、愛らしくてブリッ子でいかにも『可愛い』姿よりも、「なにこの怖いくらい近付きがたい美人は!?」という姿の方がむしろ可愛く見えるので(不思議)、今回のPVはとてつもなく可愛いです・・・あぁ、ハイたんがのた打ち回っとる・・・(逝)。。黒フードをかぶってる姿なんて、まるでいつぞやの黒ミサ会場ライブか、もしくは懐かしの【hyde's selfportrait】を髣髴させる仕上がりで、それはもう鈴木のツボどストライクですよ。

あっはっはっはっは(壊)!!

あのハイディの仕上がりの前には、ストーリーなんてフッ飛ぶね。
途中で出てくる赤いワンピース着た外人モデルさんも、まるで故意にハイディの美貌を引き立たせる為に選ばれたかのような、女性にあるまじき『ケツ顎』をなさっていて、底知れぬ悪意すら感じる(笑)。

さぁ、もう一回見よ(*´∀`*)


※コメント返信は、鈴木が現実に帰って来るまでもう少々お待ちくださいm(_ _)m

 

スポンサーサイト
2007/09/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
2007/9/25
前回の日記に書いた『ラルくじカラ』への反響がなんかスゴイなぁ(笑)。
みんな大好きラルくじカラ☆彡・・・いつかそんな大会を開きたいもんですね。(どーん)
合言葉は「ニューヨークへ行きたいかー!?」ですよ。(それは『ア○リカ縦断ウル○ラクイズ』)

えーと、先週末にまたラニバDVD感想を少し書き進めまして、とりあえず【Disk1】終了までをアップしました~。なんせ今見ているのは鈴木が愛して止まないREALハイディ時代真っ只中。もうね、一曲見るのに一体お前は何分かかっているのか?と(笑)。

一曲につき1時間ペースですが、なにか問題でも?

みたいなね。今回は本気で4時間で4曲しか進められなかった・・・。
そんな 【15th L'Anniversary LIVE】DVD感想テキスト はこちらのリンクからどうぞ~。
一応au、ソフトバンク携帯も対応させてみたんですが、思いっきりドコモ用のページと共通なので、各機種で表示確認したところau携帯が一番表示が崩れますね(´Д⊂ヽ
auって一番メンドイんだよな・・・いずれ各機種に合わせた専用ページを用意したいと思います。

さて、話は変わりまして。
本日、デイブレに関するTV出演情報が解禁されましたが、ラルクさんってもしかして・・・

今後MJの公録に出る気はナイのかしら?

【マイドリ】の出演の時はツアー中だったから「たまたまかな?」とか思ってたんですけど、今回もNHKホールでの公録ではなくて、スタジオでの別撮りっぽいですね。まぁ・・・今の流れで考えると、通常のライブチケットで驚異のウン千円という金額を申し渡した彼らが、いつまでもタダで見れちゃうテレビ公録なんぞにチョロチョロ出てくれるわけは無いのかもしれん(笑)。これで本当に生公録で彼らの演奏姿を見ることが出来るのはMステだけってことになるのかなぁ・・・本当にあの人たちは昔から自身に希少性をつけて価値を高める術が上手いわねぇ(*´ー`*)MJ公録はせっかく皆勤賞ねらってたのな~(笑)。

では、『続きを読む』からコメント返信です~。
ブログでのコメントには、その日のブログコメント欄にて返信しておりますー。

 

[ 続きを読む ]

2007/09/25 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/9/23


昨日は トクちゃんまーさんYたん と、『ラルくじカラ』 in 市川(千葉県)に行って来ました~!
やっぱり「くじカラ」は面白いね(笑)。鈴木はラルクさんの曲で歌ったことない曲は多分もう無いと思うんですが、始める前までは、鈴木以外の三人が「歌ったことない曲いっぱいあるよ~!絶対ムリー!」とか言ってたのに、終ってみれば一人3回まで許されていた『パス権』を行使したのは鈴木ただ一人だった・・・という。しかも3回とも使い切っちゃったよ。いや!あれはね!鈴木のクジ運がなんかオカシな感じに神が降りてたんであって!ね!

だってさぁ、一番最初の一曲目くじ引きで鈴木が引いた曲が・・・



これってどうなのよ?

一応この曲はちゃんと歌いましたけど、もうすでに凶運の神の影が見えるよネ。
で、今回のこのクジを作ってきてくれたのがYたんだったんですが、あの人が作るクジが普通のクジなワケがありません(笑)。今回は10数本の「ハズレ」くじも入ってて、それが・・・



この絵柄なのに死ぬほど笑いました。

目ン玉剥き出してっつぁん(笑)!!やっぱ怖い!
今回このハズレくじを引いた場合は、それぞれ別の罰ゲームが用意されてまして、鈴木の罰ゲームは「次に引いた曲の一番を歌詞を見ないで歌う」というもの。で、このハズレくじを引いた次に引いたのが・・・



ハイたんだって歌詞ボロボロなこんな曲、歌えるかっボケェ!

というわけで、ここで鈴木のパス権行使です(笑)。本当に我ながら見事な引きっぷりでした。
そんなわけで、鈴木が上図のハズレくじ2枚によって歌詞を見ずに歌った曲は【ガラス玉】【ROUTE666】の2曲だったんですが、『REALマニア』を自称するだけあって【ROUTE~】は完璧でしたね~。あれは最後まで歌詞見ずにイケる(笑)。【ガラス玉】はサビで画面をチラ見して、みんなに怒られました(´Д⊂ヽ

その他、Yたんの罰ゲームが「次に引いた曲を一人でタンバリンを持って歌う」というもので。
内容を聞いただけでは「案外フツーじゃね?」とか思うかもしれないけど、もし引いた曲が【Anemone】や【静かの海で】とかでも、タンバリン持って盛り上がらなくてはならないという・・・案外過酷なシチュエーションです(笑)。まぁ実際は【DIVE TO BLUE】とか【Butterfly's Sleep】とか、それほど外した曲でもなかったんだけど・・・しかしYたん曰く、実際に過酷だったのは「利き手でタンバリン、NOT利き手でマイク」というコンビネーションの難しさだそうです。「これからはハイたんを『リズム感ねぇ~!ギャハハ!』とバカにするのはやめようと思った」と言ってました(笑)。

んで、トクちゃんの罰ゲームが「テツソロ曲を何か一曲歌う」というものでした。
そもそもはこれが全員共通の罰ゲームになるハズだったんだけど、まーさんにとっては罰でも何でもない(むしろ好き!みたいな)上に、鈴木&Yたんに至っては「いや、テツソロ曲とか知らないし」というわけで、みんな全くもって罰にならないため、テツソロ曲をほどほどに知っていたトクちゃんだけがこの罰ゲームを受けることに決まりました(笑)。そんなトクちゃんが一度だけ引いたハズレくじで歌ったテツ曲が【TIGHTROPE】(綴り合ってるか?)だったんですが、どっかで手拍子の合いの手が「パンパン、パンパン」と入るところがあるようなんですが、いきなりそこで・・・

何の前触れもなく手拍子に参加したYたんはテツファンだと思った。

隣にいた鈴木は、思わずYたんを見て「えぇ~~~!?(゚Д゚;)」とか言っちゃったよ(笑)。
なんで知ってるのこの人!?本人は「たまたまこれだけ知ってる」と言ってたけど、それでもビックリです。なんせね、この日のハズレくじの引きっぷりが見事に・・・

テツさんへの愛情と反比例してるっていうかね。

あんなハズレくじを作ったせいか、Yたんが3回、鈴木が2回。最後の方でようやくトクちゃんもハズレくじを一回引いちゃいましたが、まーさんに至ってはゼロ回ですよ!?さすが、愛情あるなぁ(´ー`)
でも次回こそはまーさんにもなんとかハズレくじを引いてもらって罰ゲームを受けてもらおう。まーさんの罰ゲームがイマイチはっきりしてなかったので(比較的、どれも罰にならない。さすがドMだ!)、次回までにとっておきのスペサル罰ゲームを考えておきましょう(笑)。

で、この日一番笑ったのが、トクちゃんが引いた【ROUND AND ROUND 2005】です。
最初は座って歌い始めたはずが、どうにもパンクver.のリズムが取りにくいらしく、立ち始めたかと思ったら、頭をブンブン足をダンダンしながらすんごい一生懸命歌ってる!!

てか、トクちゃんにテツさんが降臨してるーーーーっ(爆笑)!!

後になってトクちゃんが「なんでこんな一生懸命歌ってるのにみんな爆笑してるのかと思ってた」って言ってたけど、その一生懸命さが「これでもかっ!」ってくらい伝わってきてヤバかった(笑)。鈴木は壁をバンバン叩きながら涙流して(←マジ)笑ってたよ。いや~楽しかった楽しかった!笑い泣きしたのは久しぶりよホントに。

その後、鈴木が【fonrbidden lover】(ハイパー高音曲)で死んだ直後、次のクジで【finale】(メガトン高音曲)を引いたり、よりにもよって一番歌えない【夜想花】を引くという神っぷりを披露して再びパス権を行使したり、なんだかずーっと微妙にハズレくさいクジを引いていたまーさんが最後に【Shout~】を引き当てて、ひたすら「羨ま死!(゚Д゚)」だったり、トクちゃんがずっと「引き当てたい!」と言ってた本命曲の【マイドリ】を見事に引き当てるも、あまりの難しさに悔し凹みしてたり、イマイチ曲とタイトルが一致してないYたんが【追憶の情景】を引いた時に「イヤー!知らないよ!パスー!」とか言ってたのに、イントロ流れた瞬間「これ私が好きな曲じゃん!」とか言って、一同「えぇ~(´Д`;)」みたいになったり・・・

あ、んでね、鈴木の本命はもちろん【REAL】曲で、ひたすら「リアル~!リアル曲こい~!」って言ってたんだけど、なかなか【REAL】曲のくじが引けなくて(引いたと思ったらよりによって【finale】とか・・・)、ラストに特別に【ALL YEAR~】を歌わせてくれました(*´∀`*)アリガトー
隣でYたんが「さすが、本人が歌いたがってた曲はヤル気が違うね」とか言ってたのが聞こえましたが、そりゃね、

【ALL YEAR~】と【a swell~】を同じテンションで歌うのは不可能デス。

この日一人あたり約20曲を歌い、結構(収録アルバム的に)バラけた選曲で進んでいたんですが、終ってみれば【AWAKE】がほぼ全曲制覇の、【Tierra】や【heavenly】が二曲しか出なかったという結果に。やっぱりくじカラって不思議なくらい偏るんだよね(笑)。面白いな~。

えー、とっても楽しい6時間半でした(笑)。ひたすら歌ってたね。
というか、フリータイム+飲み放題をつけて一人800円以下ってのは、さすが市川プライスだと思った。また近いうちに残りのラルくじカラを制覇すべく集まる予定です!残り曲はホントいい曲ばっか残ってんだよ~。(←くじカラによくある話)

みなさんも、そんなナイスなくじカラを是非お試しください(*´∀`*)ノ 楽しさは保障しますよ。
記念に『続きを読む』からこの日歌われた曲一覧を載せておこう。

 

[ 続きを読む ]

2007/09/23 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
2007/9/21
業務連絡的なお話。

先日アップしたラニバDVD感想なんですが、おかげ様で多くの方に楽しんで頂けているようで嬉しい限りです。んで、感想コメントなどを頂く際に皆さんがよくおっしゃってるのが、

「携帯で鈴木さんの感想レポを見ながら、同時にDVDを見てます」

ということ。
確かにブログを携帯から閲覧して、そのままリンク飛んで感想レポを見る方も多々いらっしゃるかと思うんですが、感想レポの方はご覧になった方はお分かりかと思いますが、思いっきり『パソコンのみ対応』で作ってるページなんですよね(笑)。なので、携帯から見るとすーんごく読みづらかったと思います。

そ・こ・で。

現在、鈴木の会社の仕事の方でもちょうどモバイルサイトを作ってたりする関係で、偶然カブる作業があったので、一緒に今回のラニバDVD感想レポのモバイル版ページを作りました。えーと・・・

とりあえず、ドコモのみ対応で(笑)。

au、ソフトバンクは追々作るとして、鈴木自身がドコモユーザーなので、とりあえずドコモ用ページを優先して用意しました。しかも、ドコモでも結構古い機種だと読めないことはないと思いますが、多少の表示不良を起こす可能性もあります(笑)。(「902」以前の機種とか)

今回はリンクをクリックすると、自動的にパソコンor携帯各機種のブラウザ判別をして、それぞれの対応ページに飛ばすシステムを挟んでいるんですが、au&ソフトバンクは現状通りパソコン用ページに飛ぶように設定されているので、今しばらく読みにくい感じでご容赦ください~(´Д⊂ヽ
一応またラニバDVD感想のリンクを置いておきます。(本サイトのトップページにも追加しました)

【15th L'Anniversary LIVE】DVD感想テキスト

さて。

引き続きサイトについてのお話なんですが、現在封鎖している本サイトの方を再開する際は、全テキストページをモバイル対応にして再開したいな~、リニューアルもしたいな~、新しいコラムもアップしたいな~・・・なんて、果てしなく壮大な構想を練っているので、もう少々時間をください(笑)。

いずれはこの【REAL STRIKER】というサイトも、鈴木の本家サイト(黒いお家)のように『蔵』化して、テキスト展示スペースにしようと思っているので、今から土壌整備というかね、色々と作り込めるところは作り込んでいこうと思います。

 

2007/09/21 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
2007/9/20
前回の日記にてアップしたラニバDVD感想、共感を覚えて頂ける方が多くて嬉しい限りです。
中でも【White Feathesr】での「ラニバDVD映像<WOWOW映像」の主張は、結構な数のハイドマニアが感じているみたいですね(笑)。
幸いにも今週末が再び三連休というステキ週末になっているので、続きはまた週末に。

それと、キスツアーのFC先行チケットが絶賛申し込み受付中の件。
前回のホールツアーのチケ状況があんなんだっただけに、今回のアリーナツアーのチケ争奪戦状況ってのが全く読めないよ!どうなの?どうなんですの?みんな買いに走ったりしてる?
鈴木はもし申し込んだチケが全部取れてしまった場合、約17万円の出費となるわけですが・・・

ガク(((゚Д゚;)))ブルです。

・・・どうか、そこそこの金額で落ち着きますように。(祈)

お次は10月(だよね?)のニューシングル【DAYBREAK'S BELL】について。
また ラルコム の方で、新アー写の全体図が見れますが・・・なんだか妙に落ち着きましたね。
ぶっちゃけ、マイドリの真っ白アー写に若干の違和感を感じていた鈴木は、こっちの方が『ラルク』っちゅーバンドとしてはしっくりきます(笑)。どうもハイディの写りの評判が悪いようですね。確かにマイドリのアー写のハイディは白ネコちゃんだったからねぇ(*´∀`*)カワイー

で、つい最近、そんなデイブレがどっかのラジオで初O.A.されてたそうで。当然鈴木は聴き逃したわけですが、一応またハー火ツアーで計3回ほど聴いているので、曲についてはそこそこの記憶がある。

「全く歌詞が聴き取れねぇ~(´Д`;)」という記憶が。

あの曲って、ホントなんて言ってるか聴き取れなくないですか(笑)?
そして【Spiral】ほどじゃないとはいえ、それでも結構ドロってた気が。
そんな曲がテレビとかで歌われちゃった日にゃ、また鈴木の脳内で祭が沸き起こる予感(*´∀`*)

では、『続きを読む』からコメント返信です~。かーなり遅れたお返事になってしまってすみません。。
ブログコメントへの返信は、その日のコメント欄にて返信しております。

 

[ 続きを読む ]

2007/09/20 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/9/18
どもー。
この週末三連休中にサクッとラニバ感想テキストを上げようと思い、日曜夜の11時頃からDVDを眺めつつ感想を書きつつ・・・という作業をしていたら、

気付けば朝5時を過ぎてました。

窓の外に見える空がうっすら明るくなってきたのに気付き、焦って自分の進み具合を改めて確認してみたら、

いまだ10曲目【STAY AWAY】だったのにドン引きw(゚∀゚)wワヒャ

6時間かけて、たった10曲しか書けてねーのかよ!?(゚Д゚;)
普通にノンストップで見てたら、確か3時間くらいで終わるDVDなんだよね!?
てゆーか、一曲に時間かけ過ぎじゃね?・・・いや、だって、しょうがないじゃない。

REAL期ハイディを一曲見るのに一時間かかるんだもの(*´∀`*)

というわけで、なんだかラニバDVDのREAL期ハイディを見てたら鈴木の頭が若干イカレだしたので、とりあえず途中ではありますが【STAY AWAY】までの感想文をアップしました(笑)。脳小休止。

最近日記を含むテキストの更新頻度がめっきり減ってるワケは、愛情が薄れたとか、情熱が冷めたとか・・・そんなことではなくて、むしろまったく逆の理由だということに改めて気付いた週末。

語りだしたら自分でも止められんからだ。

だからよほど時間がある時じゃないと手を出さないのだな。
てゆーか、いよいよ『末期症状』を越えてしまったように感じるのは、果たして気のせいか。
そんな末期を越えた中毒患者の『デンジャラス★ラニバDVD感想テキスト』をお読みになる方は、下のリンクからどうぞ~。

【15th L'Anniversary LIVE】DVD感想テキスト

 

2007/09/18 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
2007/9/13
昨日はこちら↓の会合に行って来ました~。



えぇ、えぇ、毎度ライブDVDリリース恒例の『ハイバカによるハイバカの為のハイド鑑賞会』です(笑)。
今回も上の素敵んぐ☆インビテーションは Yたん からで、そもそものきっかけはYたんからの「そろそろですね、ラニバDVD」という一言から始まり、平日ど真ん中の真っ昼間からの集まりだというのに、実に毎度お馴染みなメンツ・・・ぽっちゃんツートクちゃんまーさんゆきやん、Yたん、鈴木という総勢7名のハイバカが集まりました。みんなちゃんと仕事してる社会人のハズなんだがなぁ(´ー`)
唯一都合がつかずに参加出来んかった カマハティ の為に、近々また集まる予定です。

さて、そんなハイバカ達と揃って大画面で見たラニバDVD。

美女オーラが止まらぬハイディに死角ナシ!!

とにもかくにもハイディが美人過ぎて泣けるよ・・・(´Д⊂ヽ
なんだろう、なんだろうね、heavenly期のハイディをこよなく愛し、ラニバ初日のモコモコフワフワ萌え萌えハイディを心から待ち望んでいたheavenly組は、かーなりテンション落ちてたんだけど(笑)、REAL期の無機質な美人モンスターハイディをこよなく愛するREAL組は、大変なほどにテンションが上がってました。だって、なんかあのラニバのハイディって・・・まるで・・・

REAL期のハイたんの顔してんだもん!!。゚(゚´Д`゚)゚。アイタカッタヨー

まぁ、『REAL期のハイたん』ってのは、イコール『アイラインばっちりな美女メイクハイディ』ってことなんだけど、いやーホントにまるで2000年頃のハイディフェイスがラニバDVDには満載だね。たまらんね。
ちゅーても、顔があの頃のハイディっぽいってだけで、発するオーラは全く別物なんだけどさ。(ラニバDVDのハイディには、「この人、ナニしでかしちゃうんだろう・・・ガク((((゚Д゚;)))ブル」というような危うさというか、張り詰めた緊張感ってのは微塵も無いですなぁ。あの顔で、オーラは全体的に温かい)

そんな中で、鈴木と ソウルシスター が勝手に「このDVDのメイン」と思ってたのが【I'm in pain】で。
もうね、鈴木なんかは【I'm in pain】さえ入れてくれたら、さほどモコモコフワフワ萌え萌えハイディ(Yたんが勢い余って、あの衣装のハイディのことを「モエモエハイたん」と、えらい省略した呼び名で呼んでいた・・・いや、分かるけど、いきなり会話の中で「モエモエハイたん」とだけ言われたら分からんよ!)が一切収録されていないことは「しょうがないね~」程度で済むんだよな(笑)。

が、しかし・・・その【I'm in pain】にて・・・・・・・

一番やってはならぬ編集をしくさった奴、マジちょっと出て来いよ。

あのね、間奏に入ったところでハイディが両腕広げて、観客の方を向きながらステージの際に立ってるじゃないですか?その後、ケンちゃん→テツさん→ハイディの手とアングルが移って、次にハイディの姿が映るシーンでは、ハイディが上半身を思いっきりに横下に傾けてるところ。あそこがさぁ・・・

なんで、切るの?

あん時のハイディの動き、相当スゴかったんだよ(´Д⊂ヽ
今はちょっと諸事情で見れない状態になってる鈴木のラニバライブレポでも切々と語ってたけど(笑)、両腕を水平に持ち上げた状態で、顔は正面を向きながらゆ~っくり上半身を90度傾けていくというか倒していくというか・・・鈴木はこの日の座席がサブステージからはちょっと離れた位置だったんで、このアクションは肉眼で見てたんだけど、あの時の表情までは見えなかったわけさ。それをさ、このDVDに超期待してたのね。あの尋常ではない動きをしてるハイディがですよ?

普通の表情してるワケないじゃない!!!

そのイッちゃってる表情を映さないでナニを映すというんだねキミは!?あん!?
ちなみに、当時のラニバライブレポで鈴木はこう書いてました。

間奏中、円形ステージの端っこ(あの目の前に居たファンが本気で妬ましかった)でピタッと止まって、
両腕を横に水平に開いて、そのままゆっくり90度上体を反転させてたんだけど・・・
あぁもう上手く言えないッ!!とにかく!とにかく、だ!
鈴木はこの一曲だけに余裕で8,000円払えるね。


はぁ~・・・くそぅ・・・過ぎたこと言うてもしゃーないのでアレですが、あのシーンを逃してはいても、もう全体的に【I'm in pain】は素晴らしい。このラニバDVDの中で、ハイディが一番イッちゃってるね(笑)。

このDVDは是非とも一曲ずつのDVD感想をあげたいです。
・・・って、最近こんなことばっか言って、言いっ放しになってますけど、幸いにも今週末は三連休で予定ナシ!状態なので、週末はラニバ漬けになりたいと思います。たまには有言実行しよう自分。

しかしまぁ、返す返すも鈴木は本当に『REAL期のイッちゃってるhyde』が好きだなぁ(*´∀`*)

その他、デイブレのジャケ写とか、新アー写の編み込みというかドレッドというかとにかくスゲー頭しちゃってる上にまるでラックススーパーリッチのCMに出てる外人モデルと見間違うばかりのゴージャス顔になってるハイたんとか、キスツアーの驚愕のチケットお値段などなど・・・ネタには困らないラルクさんですが、全くもって鈴木の時間が追いつかないので、それはまた後日(笑)。

 

2007/09/13 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
2007/9/9


前回の日記を見た 隣の奥さん から『しろくろ』というタイトルと共に送られてきたこの画像。
いつぞやかに、あまりの肌の色の違いが面白くて思わず写メってたんですが、ホントに、

見事なまでにシロクロだなぁ。

ペディキュアまでシロクロじゃないか。・・・さて、どちらがどちらの足かは言わずもがな。
ツーさんは自分のことを「インドの子供みたいだ」と言ってました(笑)。

昨日は偶然チャンネルを回した【CDTV】にて、偶然にもハイディを目撃。(←ほんとにファンかお前)
いや~全然忘れてたよ!!あぶねーあぶねー。相変わらず可愛くてイイ子やのぅ(*´ω`*)
でもって、昨日の【CDTV】の演奏を見れば見るほど、先週の【音楽戦士】の演奏が口パクだったように思えてならんのですが。むしろ、あれは口パクだったと確信しておるのですが(笑)。でも、誰もそう言ってる人がいない(みんな「歌が上手かった!なぜあれをMステで発揮せんのだ・・・」と言ってるね)上に、CDを死ぬほど聴いたという某友人からは「口パクにしてはCD音源と全然違ったよ」と言われて、ますます謎は深まるばかりです。だがしかし、【音楽戦士】の演奏シーンには、一箇所確実に動きと音がズレちゃってる部分があると思うんだよなー。それに、【CDTV】ではラストの方の「♪夢を描くよ~」のリピート部分でテッケンコンビのコーラスを掻き消さんばかりの勢いで、一緒に歌っちゃってたハイディの声が入ってたけど、【音楽戦士】ん時は同じようにハイディもめいっぱい歌ってる動きしてたけど、肝心の歌声が全く聴こえてこなかったように思うところも謎。

ま、いずれにせよハイディが可愛いことには違いない。

では『続きを読む』からコメント返信です~。
ブログへのコメントは、その日のブログコメント欄にてご返信しております。

 

[ 続きを読む ]

2007/09/09 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/9/4
どうもお久しぶりです。
沖縄から帰って来て、恐らく10個はホクロが増えてるであろう鈴木ですこんばんわ。
鈴木は絶対に日焼けなんぞしない人なんですが、それは焼けにくい体質(赤くなるだけ)というのもありますが、この・・・・・・

過剰なまでのメラニン色素反応

こそが、理由だったりします。子供の頃(思春期)は、日々増えていく身体中のホクロを見て「あぁ・・・きっとこのまま身体中がホクロに埋め尽くされて『妖怪ホクラー』になるんだ・・・(´Д⊂ヽエグエグ」と本気で思ってました。そのくらい多いんです。どうしてハイたんはおデキはおろか、ホクロすら無いんだろう・・・あっ、でも、確かハイディも皮膚と唇の境目みたいなところに薄いホクロがあったような気がする。

ハイたんも人の子なのね(*´v`*)

そんな話はどーでも良くて。

えーと、沖縄に行って来ました~!!
当初は29日の初日のみ参戦予定(そっちのチケしか持ってなかった)だったんですが、沖縄に行った周りのお友達が全員しっかり二日目も参戦するってことで、鈴木達(主に ゆきやちゃん )も「みんな行くなら行きたいね、せっかくだし」みたいな事になって、急遽当日券に並んで無事に二日間とも参戦してきましたー。この神が降臨しまくった当日券争奪戦の模様につきましては、ゆきやちゃんや ぽっちゃん のブログで詳細が語られてますが、本当にね~・・・・・・・・・・

神様ってやつは居るのかもしれないねぇ。

ゆきやちゃんは富士急ライブの時に体調を崩してしまって、現地にも来てるし、チケも持ってるのにライブに参加出来なかったという事があって、本当にこの沖縄ファイナルの当日券を心底欲しがってたのね。それは横で見ててすっごく分かってたんですよ。んで、ぽっちゃんもファイナル参戦予定のお友達どもの中で唯一『立ち見席チケ』だってことで、『指定座席チケ』が出るこの当日券を欲しがってたのね。それも横で見ててすっごく分かったの。

んで、じゃあ鈴木はどうだったかと言えば、間違いなく二人よりは当日券への願いが薄かったのね。
前日のライブで今ツアー初の【さようなら】が聴けたし、まぁこれで終わりでもそれはそれで全然イイよな~・・・くらいの。みんなライブ行ってる間、駐車場に停めてある車でラルクさんでも聴いて待ってるわ~・・・くらいの。そしたらさ、やっぱり、

ゆきやとぽっちゃんの二人が当日券当たったからね(笑)

そして鈴木はぽっちゃんが所持していた立ち見チケを譲ってもらって、二階最後方から無事にファイナルにも参加することが出来ましたー。いや~やっぱり『祈る、願う』って大事だね。おかげ様で、今回のツアーもファイナルにして、鈴木参戦も7公演目にして、ようやくBパターンのセトリとご対面出来まして、しかと【砂時計】と【雪の足跡】を聴くことが出来ましたよ(*´∀`*)

ただ、ファイナルの方は鈴木がかなり(ある意味)ミラクルなポジションでスタンディングで見ていたせいで、『思いっきり見るだけ』のライブで終ってしまって、なんだかな~(笑)。
どういうわけか、開演間際になって鈴木が陣取ってたところに警備の最高責任者的な人(すげぇ怖い)が来て、「ここは立ち見エリアには入ってないスペースなんで移動してください~」とか言われて、移動した先は当然のごとくすでに他の立ち見客がズラ~っと陣取ってて入れないワケですよ。お兄さん、何故にどかすならもっと早く言ってくれんのだ!てゆーか、最後列座席の後ろの通路は全部立ち見スペースじゃないの!?なに、その「この一角だけはダメなんです~」とかいう、理解しがたい主張は!えぇい、それなら最初からロープで囲うかコーンでも置いとけっての!

というわけで、しぶしぶポジションを探して鈴木が移動した先は・・・・・・・・・・

二階最後列通路ハイディ正面どセンター

・・・ここがね、人が誰もおらんかったのよ(笑)。マジで。
位置的に階段通路から人が上がってくる位置っていうの?前が座席の切れ目に位置する階段通路で、そういうところって警備のお兄さんが立ってるじゃないですか。ちょうどああいう所。確かにお兄さんに目の前に立たれると全く見えなくなるんだけど、逆を言えば、お兄さんさえズレてくれれば『真っ直ぐ階段通路の先にあるステージが障害物なく見下ろせる』という、素晴らしき位置で。そして偶然にもこの位置についていたお兄さんがどう見ても現地調達アルバイト君で、鈴木がそのポジションに行ったら少~しずつズレてくれて、ステージが見えるようにしてくれるの(笑)。おかげで「おぉ!こりゃなんとナイスポジション!(*゚Д゚*)」と思いました。

思いました、が。

いや~、その通路がまぁーカメラマンやらスタッフやらが来るわ通るわ(笑)。
いい加減、自分もスタッフの一人にでもなったんじゃなかろうかと錯覚するくらいの勢いです。
多分ね、この場所こそ本当は立ち見客が居てはいけない場所だったと思うんですよ。途中で、開演寸前に鈴木に移動を命じたあの警備責任者らしき人が来て、ホールのドアに寄り掛かってライブを見てた鈴木のことを思いっきり凝視してましたが、恐らくさっき自分が声を掛けて動かした客だったのを思い出したのでしょう。立ち位置がズレていたアルバイト君を、「そこじゃねぇだろ!」と叱りつけて、

明らかに鈴木に何かモノ言いたげな顔して去って行きました・・・

さすがに二度も「そこは立ち見スペースじゃありません」とは言われなかったです(笑)。
当たり前だ!どっちも『立ち見禁止』とは書かれてねーし!禁止スペースがあるなら書いとけバカ!
しかし、その後もその人が来るわ来るわ、二時間半の間に10回以上は来たぞ。
で、目の前から少しズレたところ(責任者に立ち位置直されても、またすぐズレてくれてた・・・有難う!兄ちゃん!)には、こちらを向いて立つアルバイト君。奇しくも、

警備員によるサンドイッチ状態

ですよ(´∀⊂ヽ
あそこまでマークされると、自分に疚しいところが無いだけに、むしろいっそ清々しいわ(笑)!
存分にマークしなさい、見つめなさい。梃子でもここから動かねーぞコノヤロウ。

・・・というわけで、すったもんだの末に大変見晴らしの良い位置でライブに参加することは出来たのですが、全くもって集中できない、ノれない、楽しめない状態で終ってしまったので、なんちゅーか・・・ライブ後にとても不思議な気持ちになりました(笑)。

終演後のバナナ投げとか、メンバーのカーテンコールとか、アリーナツアー詳細発表の時とかには、すでに一階フロアの方に降りて見ていた(立ち見チケはフロア位置は決められてません、最後部通路なら好きな階で見てオッケー)ので、それはもうめいっぱい感動する事が出来たのですが、いや~一階フロアはスゲーことになってたんだね(笑)。バナナ投げあたりから、みんな座席とか関係なく通路とかに出てて、すんげぇゴチャゴチャになってた!あの光景だけ見てたら、ホールライブじゃなくて、ライブハウスでのライブだと思いますよ。あの・・・鈴木が経験した・・・

スタッフに前横挟まれて声一つ上げれんかった場所と、
果たしてここは同じ空間なのかい?


みたいな(笑)。もう男女観客入り乱れてフェスみたいになってたよ。

そんな感じで、ちょっとここ最近ライブに行ってもレポする力が無いっつーか、かつては脳の3割ほどは『記憶用』に残してライブに参戦してたんだけど、最近はもう120%ライブを楽しむ方に使ってる気がするというか・・・鈴木がレポ出来るのは、基本的にソロとドーム級ライブくらいになってきてます(´Д⊂ヽ
楽しみにされてた方がいらっしゃいましたらゴメンナサイ~(泣)!代わりに(というワケじゃないけど)、周りの友人らが大変素晴らしいレポを次々に上げているので、それを見たらいいんじゃないかな。

ゆきやん (文字・内容量ともハンパねーよこの子は)
ぽっちゃん (ツボが的確な上に読みやすいけどマニア向け)
Yたん (毎度ながら素晴らしいお仕事ざます)

最後にほんのちょこっとだけ、記憶に残る沖縄ハイドの萌えドコロを箇条書きしておきます。

■初日29日
○ハイディの衣装がワンピ×ブーツイン!ラストにして最強コンボとご対面!うっひょ~可愛い!
○【キリミー】で、ハイディがテツさんを圧死させんばかりの勢いで後ろから乗っかってマイクを向けて歌わせてた。テツさんはそれでも笑顔満開か、そうか、嬉しいか・・・・・・・・・・キミに幸あれ(´∀⊂ヽ
○【SHINE】のどっかで演奏のリズムに合わせて「んぱ、んぱ」って2回口を開け閉じすんのが可愛い過ぎる。ヒナだ!ヒナ鳥がお腹を空かせて待っとるよ~(*´Д`*)
○ハイディ「8月29日は・・・・・(客 : 新曲発売日ー!)・・・そう、焼肉の日ですね(笑顔)」
○上手側の客席ギリギリで歌ってたら、何かに驚いた顔をしていったん恐ろしく機敏な動きで後ろに飛び跳ねて、すぐにまた近寄って客と戯れてた。こん時の動きにヤラレた!おのれは小動物か!
○【プリティーガール】で一人で間違えて「んあ?」って顔して首を傾げてから「やっちまったぁー!」の絶叫シャウトに鈴木が「ハハハハハハイたーーーーーーん!!!!」の絶叫シャウト。
○【プリティーガール】のラストで、ステージ袖の方の階段で毎度セクシーポーズを決める部分。この日はまず両腕で乳を寄せて「あは~ん」なグラビアポーズした後、今度は両手で自分のお尻をガシッとわし掴んでモミモミした挙句、腰を振りたくって階段を降りようとしたら、見事に一段足を踏み外して「ズルッ」ってなってた。ズルッとなった時に、いつになくハイディの身体のミニマムさを感じたのは何故?
○後半のどっかで、バックの巨大スクリーンにハイディの正面笑顔どアップ。口角を「ニっ」と上げて、見事にキレイに並び揃った歯がご開帳。トトロのネコバスのような笑顔に鼻血出た。萌え過ぎて。
 ※参考 : となりのトトロ@ジブリスタジオ
○【Link】でテツ様の前に膝まづいて、ベース(の下にあるアレ)にかぶりつくような仕草を二度ほど。最前客曰く、ベースに歯が当たってたそうだ。ハイたん・・・あんまりやるとテツ様がライブ続行不能(アソコは元気☆)になるからやめてください(笑)。
○ハイディが「本来なら次でラストなんですけど、ここで一曲、昔の曲をやろうと思います」って言った時の観客の悲鳴たるや、凄まじいものがありましたな。そして演奏されたのは【さようなら】。このレクイエムを手向けられた方のご冥福をお祈りするとともに、この曲が演奏された場に居合わせた事に感謝。約11年ぶりに演奏されたこの曲、ビックリするくらい当時のhydeの歌い方だった。昔のハイディの歌い方って、今とは違う『危うい繊細さ』みたいなのがあって、切ない曲はさらに切なさを増すと思う。
○【叙情詩】のラストで両腕を広げて最後のリズムを取るところで、リズムに合わせて、
 ?両手の力を抜いて優雅に羽ばたき
        ↓
 ?次のリズムで手のひら&腕を返す
        ↓
 ?最後のリズムで開いてた両手をグッと拳にして「ダンッ!ピタッ」って感じの動き
と、一連の動作をする両腕がたまらなかった。筋肉が流線を描く腕がしなやかな女性のような腕だったり、隆々な筋肉をまとう腕がやたら男くさかったり・・・どうして一瞬一瞬でこうも変化するのか。

■ファイナル30日
○出たーーーーーーーーー!!!これが噂の豹柄モンペ&タータンチェック裏地の巻きスカ&ショートブーツ・・・・・・・・・・・・・・・・・あぁ、「百聞は一見にしかず」とはよく言った。それまで話を聞いては散々笑ってたけど、あの姿にヤラレて「アレを見た人こそ勝ち組!」と豪語していた 某友人 の言葉が少しだけ理解できた気がする(笑)。
○初【砂時計】。素晴らしい、これは素晴らしい。この曲を歌う時のハイディの迫力が大好きだ!
○初【雪の足跡】。しょっぱなが完全にハイディのアカペラで始まるのね!確か鐘の音?か何かで始まるって話(違う曲かも)を聞いたような気がしてたので、あのアカペラにはビックリしたし鳥肌が立った。
○二階最後方通路からだと、モンペから伸びる足(すね)に毛が見えないんだが、ホントにこの人生えてんのか?(ライブ後、お友達から「ちゃんと生えてたっつーの!」と突っ込まれました)
○ハイたんがステージの右で左でコロコロ転がってる~(*´Д`*)
○【ブラックローズ】のラストで、スクリーンの照準の中にハイディのどアップが映された時、『悪魔に魂を売り渡したような顔』もとい、『悪魔から魂を奪い取ったような顔』をしていて意識飛ぶかと思った(笑)。鈴木が居た二階からのアングルだと、ちょうどあのスクリーンと高さが同じになってホント正面に見えるのね。そこであの「人がゴミのようだ」とか言い出しそうな魔王顔されたらアナタ・・・っ!!鈴木はハイディのあの表情をあのスクリーンであの位置から見るだけで1800円出せる!(←映画館の値段)
で、最後の照準のガラスにヒビが入る寸前、「バキューン」の仕草をしたハイディに、危うく万札の飛行機を飛ばしそうになりました。おひねりおひねり。
○【ドラハイ】で「♪オーバーヒートしそう~」の部分、左手を広げて腕をブンブン上下に動かして「上に!上に!」って仕草をしてたのが可愛いー(*´∀`*)なんか「ワショーイ(゚∀゚)」って感じだった。
○今ツアー初の【metropolis】!!!この日の股間アップはハイディ@スマツアー前頃(2004年5月)のアー写でした。ああやってスクリーンに映されると、やたらデカイ人みたいだなぁ。本体は超絶ミニマムな可愛い子ちゃんなのに。最後のアウトロの時にリズムに合わせて腰を左右にクネクネさせながら手を叩く姿がたまらん。ただ左右に揺らすんじゃなくて、ワンクイック入れてるんだよ!!あの腰回しに、鈴木はこの日最大の萌え値を記録しました。あのワンクイックはナチュラルにエロくて可愛い(笑)。
○【レベレーション】で、ハイディがドカッと大股開きでソファーに座って歌ってた。しかしこの日の衣装は裏地が赤いタータンチェックの巻きスタート。開かれた足の間にはこの赤い生地が見えてまして、引きで見るとまるで『赤ふんどし』を巻いてるかのような出で立ちになってましたよ(゚∀゚)しかも結構バテバテで前傾姿勢になってて、『赤ふんどしで燃え尽きたジョー』状態。かつての麗しの法皇様はどこへ行ったんだ?
○【Link】では、ハイディがまたまたテツさんの斜め前辺りで膝ついてテツさんを眺めてた。そのまま股くぐり行くか!?と思って見てたら、テツさんが・・・・・・・・いつまでも一人でクルクル回っておる。ライブ後の某友人曰く、「独りで自分のしっぽを追い掛けて遊ぶ子犬のようだった」んだよホント(笑)。そんなんで、ハイたんは最後までそれ以上テツさんに近付くタイミングを掴めず、サクッと立ち上がって離れちゃった。テツさん・・・・・・・・・・そんなキミに幸あれ(´∀⊂ヽ
○後半の方の何かの曲で、ハイディがついにステージから飛び降りた!!ビックリしたよ!ホント、いきなりスルンとステージから落ちたんだって(笑)!「ピョン」でも「ストン」でもなく、流れるように「スルン」とフロアに落ちていった。しかも顔は笑顔で正面向いたまま(笑)。鈴木は見てて一瞬「あ、落ちた」と思ったよ。「降りた」ではなく。その後、10秒くらいで素早くスタッフに引き上げられてましたね~。
○ラスト【叙情詩】。「愛を込めて」というハイディも、これでしばらく見られなくなるのかと思うと一気に寂しくなる(´Д⊂ヽ しかも、この日の言い方が「ハイたん、ママになった?」ってくらい優しくて柔らかくて可愛くて、「あぁ・・・この子なら子供産めるよ、うん」とか変態くさいこと考えてたのは内緒の方向で。
○最後はテツさんの他、ハイディ&ユキヒロ様もバナナ投げ。一階フロアは入り乱れ状態でした。
○最後の最後にメンバー4人で手を繋いでカーテンコール(*´∀`*)最初にやりだしたのはテツさんかな?テツさんがケンちゃんの手を取って、それを見たハイディがユキヒロさんと手を繋いで、もう片方の手でタバコを持ってたハイディにテツさんが手を差し伸べて、ハイディが「え、ちょ、タバコどーすんの」みたいな苦笑いをして、仕方なく口に咥えて無事にテツさんの手を取りました(笑)。



ふぃ~、大体こんな感じかな。
全然「ほんのちょこっと」じゃねーし(笑)。しかしMCとかはもう全然覚えてないのぅ。
ちょっと長くなってしまったので、コメント返信はまた後日!たくさん頂きましてありがとうございます!

 

2007/09/04 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。