脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2007/5/29
本日、こちらの2点をフライングゲット!職場の同僚(♂)が買って来てくれました(笑)。



これさ・・・こうやってジャケット並べて初めて気付いたんだけど、見事に両方とも・・・



皮の剥けた地球がモチーフになってるのね。

なんて偶然なんだろうか(笑)。
一方は地球が蛇に化けながら剥けてリンゴのように赤く燃える宇宙が姿を現し、一方は真っ赤なリンゴの皮が剥けて真っ青な地球が姿を現す・・・と。いや、ホントに面白いよ、この2枚を並べて見ると。

さて、それぞれCDの中身ですが。
えーと、そいではまずラルクさんの【SEVENTH HEAVEN】から。

こうやって正式音源として聴くと、テレビなんかで聴いてた音よりもさらにゴージャスね(笑)。
しかも予想以上に色んな音が鳴ってる!あぁこの感じは大変鈴木好みだ(*´∀`*)
てか、すでに散々テレビとかカラオケで音聴いてるから、なんか今さら言うこともないなぁ。
「♪溢れ出し~飲みつくす~」からのズッシリしながらガチャガチャした独特な重力の音が、ものすごくラルクさんっぽい。弦楽器組がもんのすごく絶妙に絡んでていいなー。
そしていまだに『装飾』しまくってるようにしか思えないハイディのヴォーカルが、まさかほとんど素の歌声だとはにわかに信じがたいです(笑)。いや、散々テレビの生ヴォーカル見て、信じるしかないんだけど、ホント・・・・・・一体どんな声帯してたらあんな歌い方であんな声が出来るの??

ハイディの声帯(歌声)って、なんか扇子のイメージっぽい。
閉じてる時は真っ直ぐ一直線でブレがないんだけど、開くと「ブワ~ッ」と四方八方に広がっていく。
でもって、デフォルトで形状が波打ってるというか・・・・・・決して平坦ではないような。もはやアレはビブラートとも、またちょっと別物に感じます。う~ん、奥の深いヴォーカルさんやのぅ。

でもって、カップリングの【HONEY 2007】。
うおぉ~~~~~~~、今回は珍しく微妙!本当に微妙な音だ!(←ファンです)
なんだろう、なんだろう、発想は悪くないと思うんだけど、なんだろう、このしっくりこない感じ(笑)。
すごくヌルめのパンクだと思えばいいのか、そうなのか?やっぱり【花葬 平成十七年】の時点で『メタルアンシエル』に方向転換しておけば良かったんじゃないカナ・・・。今さらながら、ラルクさんほどパンクなサウンドが似合わないバンドもねーな、と思いました(笑)。次回からメタルかハードコアにしよ!

あ、でも、この曲のギターを演奏してるハイディを想像したら、えらく可愛かったので、これはこれでいいかもしれない(*´∀`*)b

さてさて、お次はウーバーちゃんの【endscape】。
ぶっちゃけ、以前から鈴木はこちらのカップリング【UNKNOWN ORCHESTRA】という曲が ものすごーく楽しみだった んですが・・・・・・・・・あっはっはっはっはっはっはっは!!

最高に「変!」でス・テ・キ☆

てゆーか、なんなんだこの曲は(笑)!?
【endscape】のリアル感動も吹っ飛ぶくらいの、ブッ飛びイカレサウンドですな!大好きよ~。

「金の匂い嗅ぎつけた虫」
「お化けパー券」
「人に狂わされる快感」


バブルも弾けて久しい今のこの時代に、こんだけ景気良くセンス良くイカレたサウンド作っちゃうタクやん最高。否応なく、90年代の小室全盛期ド真ん中を過ごしてきた鈴木にとっては、どことなく懐かしくすら感じるこのメジャーとマイナーが交錯しまくった目が回らんばかりのテクノサウンド。そして、フロアミュージックに相応しい、動き出さずにはいられないこのアップテンポのノンストップリズム。

ヤッベー!テンション上がるなオイ(笑)!!

崩壊の予兆を感じながらも、それを見て見ぬふりして無意味なお金の洪水に浸って踊り狂っていたバブル時代後期。日本がヤケっぱちにも似た、異常なテンションに包まれていた時代。妙にそんな雰囲気を漂わす曲だね。暗闇の空虚を覆い隠す音と光の洪水だ・・・・・・なんて曲だねホントに。

ラルクさんの【セブンス~】のカップリングに、ウーバーちゃんの【UNKNOWN~】をセットして、ブッ続けて聴いてたら、なんかホント頭オカシクなりそう(笑)。これは中毒性が高いぞ。是非オススメ。

うおぉぉ~!どっちでもいいからすっげライブ行きてぇッ!!

あ、言い忘れ。
ラルクさんの【セブンス~】の初回付録の『わくわくナントカ』は、見事にコチラを頂きました。



イマイチ、これをどうすればいいのか分かりません。

 

スポンサーサイト
2007/05/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/5/27
いい加減、質問回答が冗談じゃないくらい大変なことになっているので、本日から鋭意回答取り組みキャンペーンを実施します。ちゃんとやれよお前!

Q. 「鈴木さんは、ラルクの近年のPVやアートワークについて、クリエイティブな仕事に
   従事されている方にはどう映っていると思われますでしょうか?
   私が2年ほど前通っていた某広告セミナーで、一度ヤ内ミチ彦さんの講義を受けたことが
   あるんです。その際、ご自身の過去からの制作CM集を見せて下さり、その中にもちろん
   99年ごろのラルクもありました。そして誰も質問していないのにアークレイのDVDで語っていた
   ような話をしてました。(しかも「てっちゃんがさ~」「これはhydeのアイデアで・・・」みたいな
   感じで何となく自慢そうに 笑)ああいうプロの方に他意なく褒められるのを聞くと、
   ファンとしてはすごく嬉しいものですよね。
   でも、復活後のクリエイティブはそんなに評価されていない気がするんです。
   (私もあまり好きでないものが多いです・・・。)ただ単に昔ほどお金がかけられなくなっただけ
   なのかもしれませんが。ミュージシャンとしての本質的な部分ではないですし、
   世間がどう思おうと最終的には関係ないことなんですが、最近アークレイのDVDを見て何だか
   気になるようになりました。処々でこのような事に触れられていたと思いますが、
   改めてご意見をうかがえればと思います。」

  →その講義、鈴木も是非拝聴したかったです(笑)。う~ん、最近のラルクさんのアートワークが
   ずいぶんアレな感じなのは、多分ただ単にお金をかけてないからだと思いますよ。
   これは言っていいのか分からん微妙なラインの話ですが、通常プロモーション費用というのは
   回収を見越して先行投資するものなわけだけど、ラルクさんのようなコア層を十分獲得してる
   場合(何もせずとも回収できると分かってる場合)は、その先行投資はどんどこ他の若手にかけ
   られるわけで、デンジャーの若手バンドがいきなり武道館で無料ライブとかやれちゃうのには、
   そういう事務所ぐるみの有利な背景もあると思うワケです(笑)。

Q. 「最近Blurry EyesのPVのtetsuさんが某お笑いコンビ・ココ●コのT氏にしか見えない私は
   ファン失格でしょうか…(笑)」

  →これ、大爆笑しました(笑)。言われてみると本当にそう見えてきます。 

Q. 「先日、虹友が、「結婚式に合うラルクの曲って何かある?」と聞いてきました。
   彼女と二人で考えたのですが、ハイディが結婚式で歌った"Anemone"と、
   "あなた"しか思いつきませんでした…(汗
   鈴木様は結婚式に合うラルクの曲って、何だと思われますか?」

  →基本的に、ラルクさんの曲でめでたい席に似合う曲なんてのは皆無だと思うんですが(笑)。
   【Anemone】と【あなた】も、鈴木の中では結婚式に相応しい曲ではないですし・・・。
   あえて挙げるなら【milky way】か【Link】辺りがいいんじゃないかなー。
   やっぱりテツさんの曲が一番結婚式に相応しいと思う。うん、やっぱり【Link】が一番かな。
   会場の皆さんに手拍子ももらえるし(笑)。

Q. 「カラオケでhydeと2時間、ライブ最前列真ん中で3時間。
   鈴木さんでしたらどちらを選択しますか?私は・・・わたしは・・・あたしだったら・・・どーしよう、
   うーんライブ最前かな。うーん迷います^^」

  →ふおぉっ!これは迷うな(笑)!気持ちはさて置き『ハイディの半径2m以内に近寄れない体質』
   としては、カラオケはムリだろうな。かと言って、ライブの最前列もドームとかじゃない限り
   ムリだろうし・・・・・・・・・・・・・鈴木には「近い」という要素はあまり有効的に働かないので(笑)、
   『ハイディと楽しいカラオケ2時間』と、『バンド史上最高の神ライブ』とで選ぶとしたら、
   鈴木は神ライブを選ぶと思います。いやーしかし楽しいカラオケも捨て難い(笑)!

Q. 「今度は4月にUVERさんのライブに参戦することになりました!
   UVERさんのライブでお約束事などありましたら教えてくださいです。
   (この曲のここで飛べとか叫べ~とか) よろしくお願いします。」

  →・・・・・・・・もう、5月も終わりだよね(´Д⊂ヽホントごめんなさい。
   ウーバーちゃんはあんまりそういうのが無いっていうか・・・一曲丸々常に飛んでる感じだし、
   叫ぶとことかはCD聴いてれば分かる(曲の中ですでにタクやんが叫んでいる)ので、
   そんなにライブで身構える必要は全くないです(笑)。

Q. 「確か鈴木さんだったと思うのですが、「SEASON'S CALL」が出たときにCDに籠の絵が
   プリントしてありそれについて色々と興味深いことを拝見した記憶があるのですが、
   違いましたでしょうか?hydeにとって籠は特別な意味で云々・・という話だった気が
   するのですが、最近その「特別な意味」が気になって仕方がありません(笑)
   私が日記を遡って調べればすむことなのですが・・・; もしお時間がありまして、
   この話をしていたのが鈴木さんでしたら、再度教えて頂けないでしょうか?
   厚かましいお願いですみません; どうかひとつお願いします。」

  →これ、自分でも気になって日記を遡ってみたんですが、恐らくその話をしていたのは
   鈴木とは別の人のようですね。でも、鈴木もあの盤デザインにはすごーく意味があると思ってて、
   後日それを書こうとしてずっと忘れてたんですよ(笑)。でも鈴木は鳥籠が特別というより、
   あの鳥(カラス)こそが特別だと思っているので、またちょっとそちらの解釈とは違うかなー。
   CD盤のデザインでは鳥籠の中に入っているカラスが、初回限定付録のDVD盤のデザインでは
   もぬけの殻な空っぽの鳥籠になっていて、さらに最後のCDケースの中ジャケに羽ばたくカラスが
   いて、そしてCDケースの裏面ジャケで『HYDE』の文字の上に止まっている・・・という、ね、
   この一連のカラスの動きが面白いと思うワケですよ。見事にあの曲とリンクしてる気がします。
   【SEASON'S~】は、珍しくあのハイディが「こういう曲」という、曲の意味の解説を当時よく話して
   いたからね。推測が推測を呼んでしまって困ります(笑)。(それを『邪推』と言う)

Q. 「2005年12月30日(結構昔の事ですみません)の日記中で「今までの中で[このhydeさんは
   ヤヴァい〕というのはありますか??」という質問に答えられていた鈴木さん。
   箇条書きされていた中に『地元のスーパーで目撃した真っ赤な髪のハイディ 』と書かれて
   いたんですけども、これはオフのハイディを鈴木さんが地元のスーパーで目撃されたという事
   ですか?ライヴやTV出演の度にキャーキャー言われちゃってる(当時)真っ赤な髪の
   ハイディが地元のスーパーでほわほわとお買い物しちゃってたという事ですか?
   カゴを下げてお菓子売り場などをハイディが見てたという事ですか!?(((((( ;゜Д゜)))))アワワワ
   すみません、なんかもう脳内で暴走しちゃってます(*´∀`*)凄く気になって目が冴えて
   しまって・・・あっ、既に答えられた質問なら本当に申し訳ないです!」

  →これはですね、サイトの方の【ABOUT】内にある『hyde依存症候群に100の質問』という中で、
   Q49、Q50、Q93の問いの答えで詳しく書いてます。あそこでは「7~8年前」と書いてますが、
   今から換算すると、もう10~11年前の話ですね。なんせ鈴木がまだ高校生でしたから(笑)。
   残念ながら鈴木が見たのは、すでに支払いを終えたカゴの中のものを袋詰めしてるハイディ&
   帰る後ろ姿だけで、カゴを下げてほわほわ歩いてる姿は見てません(笑)。
   ちなみにその数日後、今度は同じくそのスーパーで三輪明宏がパン買ってる姿を見ました。

Q. 「新曲の「SHINE」、随分声が若くなったと思いませんでしたか?ところどころ「若ッ!」みたいに
   感じるところがあったんですけども・・・声が澄んでるような・・・もしかしてもうすでに90年代に
   レコしたんじゃないかってくらい(大げさですかね/笑)」

  →そういや【SHINE】・・・・・・・どうなったんだろうね(笑)。アルバム曲なのかな~。
   とりあえずリリースされたらキッチリ感想を言いたいと思います。

Q. 「エルレ@幕張裏山です…自分も行きたかったんですが、諸事情で泣く泣く諦める事に(つД`)
   個人的にエルレのライブについて、最近良い話をあまり聞かないので(苦笑
   鈴木さんが楽しんでいただけたようで嬉しく思います。
   ところで鈴木さんは、いわゆる大型フェスに参加したい!とは思ったり、または参加したことって
   ありますか?特にエルレのようなバンドは、野外でのライブもライブハウスと違って
   楽しめるんじゃないかなぁ…と思うのですが。
   美味しい食べ物や酒を片手に…っていうのが個人的な憧れです(笑」

  →いや~楽しかったですよ(*´∀`*)例えどんなライブでも、せっかく金払って行ってるんだから、
   ひとつでも多くの『良い思い出』を持って帰ってやろうじゃねーの!ってのが信条ですから(笑)。
   さて、質問回答ですが、大型フェスはね~・・・好きなんですけどね。参加したこともありますし。
   ただね、体力がもたないの(笑)。雨が降ろうものなら地獄を見ますし。
   だから、去年のサマソニアフターっていう、何故か屋内フェスだったあのイベントはホント
   ラクだった~。屋内とはいえ扉は全て開け放ってて、開放感もあったし、海風吹いてるし。
   基本的に野外ライブは大好きですよ!ラルクさんも、もっと野外やればいいのになー、
   せっかくお金有るんだから(笑)。

Q. 「久々にMUSICTEXTを見ていたら発見してしまったのですがDIVE TO BLUEのレビューでの
   『CGツアー最終日にハイディが繰り出したあの伝説の猫パンチは鼻血モンでしたね。』は
   GCツアーですよね?(笑) 違ったら申し訳御座いません!」

  →おぉ!ご指摘有難うございます!いやその通り、『CG』じゃなくて『GC』のことです(笑)。
   現在は修正済みです~。『CGツアー』って・・・ラルクさんがバーチャル映像なんかい(´Д⊂ヽ

Q. 「私は『Perfect Blue』や『bravery』を聴いた時「おがわのヤロウはよー!」などと思ったものです
   (若かったので:苦笑)。でも、しばらく経って冷静に考えてみればとんでもない、テッちゃんが
   リーダーだからといって無理やり歌わせるなんてできるわけがないし、嫌なものや出来の悪い
   ものだったらメンバーだって当然反対するでしょう、つまりアレは確かにテッちゃん作詞だけど、
   結局はラルクの歌詞(伝えたい事)なんですよね。
   多分、ファンの皆さんはその事を分かっていたのでしょうが、純粋かつ複雑なファン心理を
   持つがゆえに、当時は(もしかしたら今も)テッちゃんに対して何ともいえない気持ちを抱えて
   しまったのではないかと思います。それがいいとか悪いとかではなく。
   さて質問です。
   そんな感じにファンを惑わせファンからのブーイングの矢面に立ちながらも魅了しまくる
   テッちゃんに、籠文字で『どエス』と書かれたTシャツと『どエム』と書かれたTシャツのどちらを
   プレゼントすれば、盛大に笑ってもらえるでしょう?」

  →まぁね~、確かにリーダーだからといって無理矢理歌わせることは出来ないと思いますけど、
   ハイディは「アルバム曲ならある程度作った人の個人的な世界になってもいいと思う」的な
   寛大な心を持ったスタンスであることを公言してますからね~(笑)。必ずしも、アルバム曲まで
   全てがバンドとして総意の曲であるとも限らないと思いますよ。ま、全く納得いってない曲を
   OKするわけもないと思いますが。さて、質問回答です。
   鈴木は是非とも籠文字で「ドエス」と書かれたTシャツをお送りしたいです(*´∀`*)

Q. 「新曲を聴きましたが、今までにない感じで驚きました。確かに踊れそうです。
   声と歌い方はhydeなんだけど、歌詞がHYDE?何だか両方が混ざってきたような・・・。
   元々同じ人間なんだから当たり前ですが、ソロとラルクが混ざってきたらどうなるのでしょうか?」

  →どーってこたぁないんじゃないですかね?【SEASON'S~】なんかをラルクで歌っても全く違和感
   ないと思いますし。『HYDE』の方は縛りがあっても、『ラルク』としての『hyde』は自由世界こそが
   色だと思うので、好きに飛び回ればいいと思います(*´∀`*)

Q. 「質問ではなく、ネタ程度の投稿なのですが、キングコングの梶原さんは、高校時代に
   ビジュアル系ロックバンドのボーカル兼ドラマーをしていたことがあるそうです。
   バンド名は「BELIEVE」(ビリーブ)といって、主にGLAYやL'Arc~en~cielのコピーバンドを
   していたとテレビで話していました。本当にラルクが好きなんですね。
   芸人さんだという事に関わらず、男性でラルクが好き!という人がいると嬉しいですね(*^-^)」

  →そそそそそうなんだ(笑)!?『ボーカル兼ドラマー』って、また特殊なスタイルだな(笑)。
   これはますます来週の音楽戦士が楽しみになってきましたな。

とりあえず、今日はこんな感じで。

 

2007/05/27 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
2007/5/26
昨日のMJのハイディ・・・・ハイディ・・・・・・・ハイディ・・・・・・・・・・・・・・・

なんて可愛い子なの~の~の~(*´Д`*)

本当に可愛かった・・・髪の毛一本にすら萌えてしまうくらい可愛かった(笑)。
昨日の深夜、ツーさん とお互い録画したMJを延々リピートしながら、タモチャでひたすら気持ち悪く盛り上がってたんだけど、終いにはお互いを『教授』『博士』にして、「はいど研究財団を設立せねば!」とか言ってました。どーなの、このイッちゃってる人達。

もう昨日のタモチャでもそうだったんだけど、良かったところとかイチイチ挙げ出したらキリがなくて、もう総じて「よかった・・・」とかしか言えないよ全く(笑)。あ、ひとつだけハッキリ言えることは、

お歌が上手やのぅ(*´ー`*)

あ、あと、確か公録見に行った時も言ったと思うけど、やっぱり激痩せしてるね。
レコーディング中に太るケンちゃんと違って、ハイディはレコーディング中に痩せちゃうのかしら?

とにもかくにも見事な顎ラインでした!!

そんなハイたんがだぁ~い好き(*´∀`*)


さて、話は変わりまして。

ずーっと触れようと思いながら触れられていなかった新曲【MY HEART DRAWS A DREAM】の話題。
すでに30秒のロングver.の方もガッツリ視聴済みなんですが、鈴木、この曲・・・

多分、大好きなんですけど。

なんだろう、何故だろう、多分、すごく、かなり好きなんだよこの曲。久しぶりにこのツボに引っかかったな~、みたいな、鈴木の中でもちょっと特殊な位置にあるツボにキた感じ。ラルクさんの曲がここに引っかかったのは本当に久しぶり。この曲はケンちゃん作曲だそうで、なんかイイ感じに深そうだ。
ますますアルバムが楽しみになってきたねー!

 

2007/05/26 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/5/23
昨日は今年初のモノラルさんワンマンライブに行って来ました~!

今回のニューシングル【Tuesday】リリースPartyは、昨年のハロウィン同様、またまた渋谷のO-EASTで行われたのですが、とにかく鈴木の会社からは同じ渋谷とはいえ遠い。鈴木の会社の斜め向かいに青山学院があることで分かるように、渋谷とは名ばかりでむしろあそこはすでに青山領域だろう・・・というくらい渋谷の端っこの方にあるわけで、同じく渋谷の端っこの方にあるO-EASTとは、渋谷駅を中心挟んだ真逆にそれぞれ位置しているのだ。

んで、昨日はチケ番が結構良番だったようで、鈴木の仕事の定時が開場時間というギリギリのタイムスケジュールの中、一緒に行った ぽっちゃんツーさん に「もう入場始まってる!早く!走って!」というメール攻撃を受けながら走ること・・・・・・・およそ18分間。走った。とにかく走った。ひたすら走った。
本当にね、あの距離&人ごみの中を行くのに20分切るってスゴイんだからちょっと(笑)。

というわけで、例に漏れずライブ開始前にバテバテになっていた鈴木は、昨日も後ろの方でまった~りとライブを楽しんでおりました。せっかくの良番チケをごめんなさいね、お二方(´Д⊂ヽ

昨日のライブは、いよいよ7月にニューアルバムが出るってことで、結構新曲を中心にやってましたね。セトリはだいたいこんな感じ↓毎度ながら順不同です。

○(鈴木的に)分かりやすいのでリリースCDからそれぞれの演奏曲を抜粋
from 【in stereo】
・ wash
・ weird kind of swings
・ this band has not begun

from 【ammonite】
・ I like it
・ Oh no!
・ So long

from 【Petrol】
・ Don't you look away
・ Let me in
・ Like you
・ Tangled

from その他シングル、カバー、新曲etc
・ VISIONS IN MY HEAD
・ POCKETFUL OF JOY
・ kiri
・ Tuesday
・ PERFECT GOLD
・ Helter Skelter
・ 新曲その1(スパルタ)
・ 新曲その2(モンキーなんとか)
・ 多分新曲?ポンパドール?

・・・・・・多分、こんな感じだったかな?まだ書き漏れがあるかもしれまへん。
こうやって書き出してみると、最低でも19曲はやってたのか!モノさんが19曲って、実はすごく頑張ってたんじゃないか(笑)!?終った時は「もう終わり!?短かッ!」とか思ったけど。

いや~、相変わらず楽しかったよー。アニちゃんが見る度に痩せていくんですけど、大丈夫ですか?
去年の六本木Y2Kで見たアンパンマンの顔ようなアニちゃんは、一体なんだったんだろう(笑)。
また昨日は「リリース・パーティー」ってことで、メンバー全員(チエちゃん除く)正装チックな衣装でね~。モノトーンのちょっと小洒落たスーツに、白いシャツ(フリル等)に、黒いタイをみんなしてました。この恰好が全員カッコイイんですけど、ちょっとどーすればいんでしょうか。アニちゃんのあのスタイル(しつこいようだが恐ろしく痩せてて足が細長っ!)と、アリのあのバリ外国人な顔立ちと、ジュンジュン(Dr.)のあの金髪とタッパと、アキラ君の・・・・・えーとアキラ君の・・・・・・・・・・・イケメン(笑)?で、そんな小洒落た恰好されたら、こちとらたまらんがなッ!!

唯一、紅一点のチエ姐さんは、どういうわけか至って普通の恰好してたんだよね。六本木Y2Kの時とほぼ同じ、シースルーのロンTに、キャミソール、みたいな。ママは普通が一番いいんだな。

そして、演奏されるごとに【weird kind~】のアレンジが豪華になっていくわ・・・・・なんて素敵(*´∀`*)

【I like it】も聴けたし(【Ammonite】が聴けない時はこっちだけでも絶対聴きたい!)、【Tangled】では念願のプロペラもやったし(前回はタオル忘れて出来んかった)、久しぶりに【this band has not begun】も聴けたし(ホント大好きなの)、新曲の【スパルタ】が早くもかなりキてる予感だし、2007年のモノさんはホント楽しみですね~!フジロックどうしようかな。

さて、お次の(鈴木参戦予定の)モノさんライブは7月30日のAXワンマンです!AX~!

 

2007/05/23 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
2007/5/19
昨日の夜は、Y姐さん のところで開催されていたチャットにお邪魔してきましたー。
この前やってた ぽっちゃん のところのチャットは予定があって行けなかったので・・・(´Д⊂ヽ
いや~本当にたくさんの方が参加してましたね。最多で16人くらい居た?おかげで、全くノーチェックで見逃していた 【イカせて!キューン兄弟】 のラルクさんコメントを見ることが出来ました。これ・・・

ちょ、ちょ、ちょ、超可愛いんですけど!!!

なんかあの映像について喋りだしたら、多分「ピーピーピー」のオンパレードなことを言ってしまいそうなので控えますが(笑)、チャットであのハイディの異常な可愛さ(アフォさ)の要因を考えてみたところ、最終的には「隣にケンちゃんがいるからじゃないか?」という結論になりました。いや、ホントに。
あのハイディは、『ケンちゃんがおるから、なに言っても平気やんなぁ~』みたいな、頭のネジがユルみまくってる( 某奥様 曰く、「ネジだけじゃなくて、スジも骨も肉も全てがユルみきってる」そうだ)ようにしか見えないってホント(笑)。可愛いハイたんを見たかったら、ケンちゃんの隣に並べればいいのか?

「こんばんわっ、らるくあんしえるでしっ」

のっけのこの挨拶からオカシイ。フワッフワだ(笑)。しかも「です」って言えてねぇぇえええぇぇ!!

「余裕ぶっこいてましたね」

そうか!ぶっこいてたか!もうこのバカ!そしてバカ!(*´Д`*)

「ちぃっがうよっそれ!」

とか、指差し付きで言われた日にゃもうアンタ・・・・・・どんだけー。ハイたんどんだけー(壊)。

「増毛とかさぁ。増えるとか、出るとかっ」

うううう後ろでゴッドが微笑んでらっしゃるうううぅぅぅ・・・・・怖い者ナシなハイたんが怖いよ!!

「かっこいいかもね」

こ、心こもってねぇぇぇえええええ(笑)!!!しかも微妙に「かこいい」になってる!

・・・はぁはぁはぁ、ダメだこりゃ(*´∀`*)
なんか月曜日に再配信されるそうなので、まだ見てない方は是非!本当に是非見るべし!

 

2007/05/20 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
2007/5/17
ここ最近のラルクさんは本当によく働く。
そういや活動を休止してた期間よりも、再始動して動いてる期間の方が、もう圧倒的に長くなってるんだね。なんだか全然そんな感じがしないんだけど・・・もう【渋谷7days】から4年が経つのか~。
4年っていったら、某事件による活動休止から再始動して怒涛のラルクバブル期を築き上げた98~00年よりも全然時間が経ってるんだよね。うわー、なんか不思議!それだけ、あのメディアの急成長期(携帯電話、インターネット等)に上手い具合に乗っかって沸き起こったラルクバブルの2年間が濃かったってことなんだろうか。鈴木にとってはあまりに強烈過ぎた。あの時代の何もかもが。

で、方々で話題になってる【セブンス~】のPV。
鈴木も例に漏れず、『素材は良いのに構成がマズ過ぎる』と思ってます。イントロの赤いダンサーは有りだと思うんだけど、やっぱりあの白いダンサーはいただけねぇよ。赤いダンサーはよく見ると鎧着てるんだよね。あの攻撃的なダンサーだけはね、有りだと思います。ただ、何度も言うようだけど、

白が楽園を表現してるようにゃ見えねーな。

非常に残念ですが(笑)。
ただ!ハイディの出来は素晴らしく良いんですがこれちょっとホントにどうしましょってくらいニャンニャン拳と操り人形みたいな動きが可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて可愛くt(エンドレス)
「♪サーティーワン」のところなんて、もう、アレですよ、


(*゚Д゚*)ホゲェ~


ずんぐりした人差し指にフォーリンヘブン。あぁ・・・・・本当にキャワイイ(*´Д`*)


※以下、【SEVENTH HEAVEN】のPVに満足している人は読まない方がいいです。
  あのPVについてケチョンケチョンに言ってる上に、終いにはとんでもなく無謀なことを言ってます。



それにしても、本当に・・・なんて言ったら良いのか・・・「作られた現実が似合わない人達」というか、

チープな世界に溶け込めない人達だなぁ(笑)。

ハイディのあの声で究極の『恋愛青春歌謡ポップス』を歌ったとしても、120%似合わないであろう現象と同じで、あの人達には『作られたポップでチープな映像』ってのがホンット似合わないと思う。
【SMILE】ん時の、ビジネススーツにどこぞのオフィスでダンボールかぶってた画は・・・まぁ・・・・・・・

ポップである以上にシュールだった

ので、逆にそれほど『はめ込み画像』のようには見えなかったんだけど。
あのアルバムCMの、「無音状態でエレベーターから箱かぶったメンバーがぞろぞろ下りてくる図」なんて、シュールの極みだったよ。一番最初に見たとき、本気で何のCMか分からなかったもん(笑)。
それに引き換え、今回のはなんか・・・笑い飛ばすにしては意味深過ぎるし、意味を探ろうとすればチープさが鼻に付くし、単純にポップな絵柄を楽しもうと思うと、浮きまくっているメンバーの存在感ばかりに目がいって全く楽しめないし・・・・・・なんというか、

本当にチグハグです(笑)。

ポップな絵柄を楽しんで笑い飛ばせるPVにしたかったら、メンバーにもあの全身タイツ着せなきゃダメよ。もちろん黒の・・・って、それじゃまんまモジモジ君じゃないか~(´Д⊂ヽ
いや、しかし、【SMILE】ん時にあれだけチープでポップなブツをかぶったんだ。あのメンバー特有の『ポップ』とは真逆のオーラを消すには、最低限「顔」は隠さねばなるまい。
も~、だから一度鈴木にプロデュースさせてご覧なさいって!(※注 : 全身タイツは着せません)

あと、なんだっけ?あ、そうそう、韓国ね。韓国ですってよ。
出演予定アーティストがなんかとんでもなく多種多様な感じで、しかも層々たるメンツでビックリしました(笑)。ま、「ラルクさんも頑張ってらっしゃ~い♪」みたいな。鈴木はもちろん行けません(笑)。

あー、そろそろ質問回答しないとドエリャーことになっちょるね。すみません。

 

2007/05/17 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/5/14
本日ラルクさん表紙の【CDでーた】発売。
先日の【PATi-PATi】とはうって変わって、こちらのハイディさんはしっかり男の子なんだなぁ・・・・・・・・・と思ってよく見てみたらアナタ、

こっちでもシースルーワンピを着とるがな(*´Д`*)

ふわっと広がって裾がちょっと締まってる・・・まさに今年流行の コクーン(繭)型 て・・・・・

あくまでもそれは女の子ファッションの流行ですよハイドさん。

・・・いや、いいんです。もう何も言うことは無い。ハイディ可愛ければ全て良し(*´∀`*)b
しかしこのワンピ可愛いなぁ。よもや、ハイディのファッションが自分の参考になる日が来ようとは。

でもって、インタビューページのハイディの横顔がイイね。すごくイイね。超可愛い。
次の連写ケンちゃんのページなんて、どこぞの北村マニアが発狂しそうだ(笑)。まるでモデルさん!
テツさんは・・・・・・・・・・・・・・・・うん、まぁ、あれはひとまず置いといて、ユキヒロさんは本当にあのブーツがお気に入りですな。てゆーか、テツさんが一体どこに行きたいのか鈴木にはよく分からん(笑)。

とにもかくにも、ラルクさんがメンバー勢揃いで見れるというのは贅沢でいいですな~。
(どうして本家バンドなのにこんなに希少性を感じるんだろう・・・)

なんか最近、無性にパーッと遊びたいです。デッカイ宴会がしたい。
一回ライブハウス借りてオフ会とかの規模ではない、音楽(てかラルク)イベントを開きたいなー。

 

2007/05/14 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/5/10
昨日はアップルストア渋谷にて行われた、モノさんのインストアライブに行って来ました~!
ちょっとこれがもうヤバイくらい良くて、改めて「アニちゃん大好き~(*´∀`*)」って叫んだよ(笑)。
なんなんだろう、あの癒しオーラは。写真撮影もオッケーで、みんな携帯でパシャパシャ撮ってたんだけど、それを見てアニちゃんが「みんな携帯で撮ってるねぇ」と言ったので、お客さんの一人が「撮っても平気~?」と返すと、

「持ってるなら撮ればいいじゃなぁい(*´∀`*)」

と、あの柔らか~い笑顔と口調で言っていた(笑)。クラッときた、クラッと。
曲は新曲とシングルとアルバム曲を何曲か。いきなり【weird kind of swings】をやったのにはビックリした!【wash】はアコースティックライブってことを考えると、無難な選曲だったのかな?それと【Tangled】もやったんだけど、ここであのいつもの「エ、エ、エ、エ、エ、エ、エ」の掛け声が、昨日は一部アップル仕様になってて、

「アイ、アイ、アイ、アイ、アイ、アイ、アイ」
「マック、マック、マック、マック、マック、マック、マック」


みたいになってました(笑)。
でもって、久しぶりに一瞬だけ鈴木が大好きなアニちゃんの動き(手のひらをヒラヒラ裏返してリズムをとるアレ)も見れたし、なんたってインストアだから距離が近いし、やたら音も良かったし、いつもにも増してアニちゃんのヴォーカルアレンジがスゲかったし(【weird~】なんて、もはや原形を留めていないぞアレは)、無料の30分間ライブとしては大大大満足な一日でした(*´∀`*)

あと、やっぱりチラホラ外国人のお客さんがいたのが印象的だったね~。
みんな背が高くてカッコイイからすんごく目立つ(笑)。あ、あと、アリのテンションが異様に高かった気がする。普通にアップルストアに用があって来てるファン以外のお客さんにまで、やたらとアピールする姿が面白かったわ~。さて、お次は22日渋谷O-EASTでのワンマンですな!逝ってくるぜ!

それと、まずはラルクさん表紙の雑誌【PATi-PATi】。

おおおおぉぉぉぅぅぅううういいいい!?!?

なんだあのギャル、誰だ?誰なんだ、あのバンギャは(笑)??
豹柄のフレア気味なスカートなんてね、よっぽどのバンギャ以外、普通の女の子は履くのに勇気がいりますよ。それを、なにサラッと履きこなしているんだハイディ!!ありえね~ね~ね~~(エコー)。
先日のWEBカメのパジャマ姿といい、妖精さん年齢では『3○歳』ってのは性転換期なんですか?
てゆーかもうさ~前々から思ってたけど、ハイディに関してはサイズが基本レディースなだけに、着るものに性別は関係ないね。『ハイ子』のアレは例外として、なんかもうどんな女の子ファッションをしても、別段それが『女装』とは見えない気がする。スカートすら、至ってナチュラルだよキミ(´Д⊂ヽ

あと、同じく【PATi-PATi】に載っていたウーバーちゃんと、エルレ細美の記事。
ウーバーちゃんの方は先日のZepp東京レポでも言ったけど、とにかく新曲のカップリング【UNKNOWN ORCHESTRA】が楽しみで楽しみで楽しみで楽しみでしょうがない。すっごいツボな曲なんだよ!何故か偶然にも時期がかぶったラルクさんの【セブンス~】同様、「踊れるダンスミュージック」ってことなんだけど、多分ウーバーちゃんの方が本能剥き出しなサウンドで鈴木好みだと思う。(言ってしまった)
てゆーか、ライブで聴いてた限りでは、あれを「ダンスミュージック」と言っていいのか疑問です(笑)。
とにかく「踊る」というよりは「動く、蠢く」に近い・・・・・本当に本能を刺激される音だったよなぁ、と。

それとエルレのヴォーカル、細美(「ほっそみー」と呼びたくなる)の単独記事。なんか・・・

とんでもなくどデカイことを始めようとしてないか?

2ヶ月のオフ期間を蹴って手を付け始めたプロジェクトってナニ(笑)!?
ちょっとこれすんごい気になるんですけど!またしばらく目が離せないねぇ、ほっそみー。

続いて、昨日早朝にめざましテレビで初解禁されていたという、【セブンス~】のPV。

あのハイディを仕上げたスタイリストさんに金一封と、映像監督を
体育館の裏に呼び出してボコりたい気持ちが合い混ぜになっている


すごく微妙なこの気持ち。うーん、とにかく非常にお金のかかっていなそうなPVでしたな(笑)。
なんかラルクメンバーのあの独特なゴージャスオーラに助けられて成り立ってる感じじゃないか?
ラルクさんが華のあるバンドで良かったね・・・本当に・・・。しかし本当に何故【第七天国】なんてスケールのどデカいタイトルの曲のPVが、あんなこじんまりとしたスタジオ撮影なんだろう。あの演奏シーン以外は、もっと外部要素の強いシーンが挿入されていることを切に願う。それこそ同じ演奏だけのシーンなら、HYDEの【SEASON'S CALL】くらいのスケールが欲しかったなぁ、個人的に。なんていうか、ラルクさんって時々お金の使い方を思いっきり間違うよな。(例 : 【Spirit dreams inside】PVの6億円)

頼むから、一度ラルクさんをプロデュースさせてくれ。
ハイディの疑問「L'Arc-en-Cielは・・・どこがいいの?」の答えをお見せしますから。

 

2007/05/10 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
2007/5/8
燃え尽きて灰になったジョーのようだ・・・・あぁ、死んだじいちゃんが向こうに見える・・・。

というわけで、昨日突如デスト内で沸き起こったパジャマ祭こと、『ハイディ12時間耐久WEBカメラ』。
これまで一度として繋がった事のなかった鈴木が、なんと昨日の祭では繋がる事およそ・・・

6回!!(*゚Д゚*)

なんだ!?一体何が起こったんだ(笑)!?
2・3・5・8・11・12時の回と、いずれもほぼ45分間フルに見ることが出来ました。晴れて積年の想いが昇華しました・・・・・なんかね、多分あのWEBカメラは繋ぎ方(アクセスの仕方)にコツがあると思う。

いや、それにしても可愛かった~~とにかく可愛かった~~泣けるくらい可愛かった~~~。
白黒ハイドも、白白ハイドも、黒黒ハイドも、どれも可愛かったよあぁチクショウ!!
個人的にはラストの黒黒ハイドに頭撃ち抜かれて、心臓ひねり潰されました。あ、プチっとな。
もうホントに何なんでしょうか、あのまるっきり女の子みたいなルックスとポージングは(笑)。
いちいち手足を丸めてコロンコロンとソファーを転がる様は、なんだかもう小動物を超えた小動物っぷりで、オジサンちょっと頭オカシくなっちゃったよハァハァ。
てか、あれ天使だべ?オラの村さ、天使が落っこちてきたべ?(←本気)

で、会社にいた時の鈴木(これでも一応社会人)のPCは終始こんな感じで↓



ほぼ一日中仕事すら放り出して見てて思ったんだけど、あんなんずーっと見てたら本当に廃人街道まっしぐらになるね(笑)。特に鈴木の会社にはハイディマニアが鈴木含め3人ばかしいるので、なんちゅーかもう揃って尋常じゃないよね、うん。異様にテンションと変態指数が上がって、終った時には冒頭の一文のような状態になってしまうので、鈴木はもうしばらくは見ない方がいい気がする(笑)。
てゆーか、あんな歩くリーサルウエポンと一緒に生活できる人たちを、鈴木は心から尊敬するよ。

それにしてもさ、『12時間耐久』って本当にハイディはファン想いのイイ子だねぇ(*´Д⊂ヽ
12時間もあんなカメラの前からロクに動かないで、ずーっとウン千という人の目に晒されてる状態なんて、思いついても普通やらないよ。頼まれたって断るって、いくらパジャマ販促の為とはいえ(笑)。
途中、何度か転寝みたいのしてたけど、そんな寝姿すら晒されてるんだから・・・スゴイ度胸と根性だよねぇ・・・・・・いや、見てる方としては寝姿さえものっそい可愛くて、憤死しそうになったんだけど。

なんか、改めて「うわぁ、ハイたんが大好きだ~(*´Д`*)」と思ったよ・・・末期だ。

終いには、時同じくしてカメラ接続中だった 昼下がりのオカマ と、

「ハイディが白と黒の2匹いればいいのに!」(←思いっきり人間扱いじゃない)
「それいいね!あっ、いや、それはそれで困る!選べない!」(←選ぶ必要は全くない)

などというキ○ガイトークを延々としてました(笑)。
えぇもうホントにファンとか変態とかマニアとか通り越して、なんていうか、キ○ガイです。

でも思ったんだけど、ハイディのあんなに可愛らしくあのパジャマを着こなしてる姿を見たら、余計あのパジャマを買う気がなくなるというか、自分が着るのがアホらしくなるというか・・・もともと買う気は無い鈴木ですけど(オイコラ)、本当にアレで販売促進に繋がるのか心配です。

 

2007/05/08 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/5/6
ひょえー、超ご無沙汰な感じの鈴木です。一応、管理人です。どうも。
昨日の深夜、TBSで放送されていた映画【下弦の月】を何故か偶然にもどういうわけかウッカリ目にしてしまって深夜にあらぬ悲鳴を上げた鈴木です。一応、ハイディファンです。どうも。
いやホントにビックリした(笑)。なんか【ムンチャ】と【下弦の月】って、なにげに年イチで交互に放送されてないかい?再放送率の高さと、自分のノーチェックぶりにビックリですよ、鈴木は。

さて、先日 悩める椿さん と、同じく 悩めるトクちゃん が鈴木家に遊びに来ました。
遊びに・・・というか、ツーさんは『癒され』に、トクちゃんは『怖いもの見たさ』に(笑)。
というわけで、ガッツリ【REAL 2000 東京ドーム】の映像を見る。ひたすら見る!とにかく見る!!
そして案の定、ツー&スーは『もはや言葉になりまっせ~ん』ってな感じで、同じような場面で同じように反応してモフモフ言ってる中、トクちゃんが終いには「サタニック・ハイドにあてられて腹下ってきた」とかいう、なんだか笑えない状況になる始末(実話)。それでもツー&スーは「あ、あと2曲で終わりだから!ネ!」とかなんとか言いくるめて、ソファーでグロッキーに伸びきっているトクちゃんを尻目に最後までモンスターハイディにモフモフモフモフ(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*)んも~、何度見てもこのハイディは別格だわ~・・・と、脳内に緑と紫のコントラストが眩しい、それはそれは毒々しいお花畑が広がっておりました。

色々な意味で、全員、合掌。みんな逝ってます。

しかし改めてじっくりツーさんと【REAL】の映像見て思ったんだけど、ツボどころがかぶり過ぎ(笑)。
何度トクちゃんに「こいつらイテェ~!救いようねぇ~!」という目で見られたか知れません。
もちろんそういうトクちゃんには「あぁぁぁ!キタムラぁぁぁ!!」と一人絶叫するシーンでは、今度はこちらが寸分変わらぬ眼差しを向けたことは言うまでもなく。

でもって、そんなラスボス級の【REAL】のラストでは、ツー&スーはひたすら「可哀相に・・・」「なんたる悲壮感・・・」「ほんとイイ子だなぁ・・・」「あぁもう・・・ああもうっ!!」と、もはや当人達以外には全く意味不明な呟きの連続で、隣で見ていたトクちゃんがそりゃもう存分にドン引きまくってました。
しかし何度も言うけど、いや、何度でも言うけど、本当に【REAL】のライブ映像って特殊だな。
本当になんなんだろう、あの鬼気迫るテンションと禍々しいグルーブは。
・・・とか言って、そんなサタンでモンスターなハイディを「たまらん可愛い(*´∀`*)」と言い切り、挙句腹痛でグロッキーなトクちゃん向かって「ほら、可愛いよ、ね?」と同意を強要するツー&スーこそ間違いなく鬼だ。あんたら、なんて禍々しいTHEソウル・シスターズなんだ!(お前だ)

その後、今度はディスクを【RESET>>LIVE*000】に替え、ひらすら黒ハイドに萌える。

文字通り、萌える。

くぅっはー!やっぱりこのライブはイイね!黒がイイ!
事前に写メ画像モロモロでこのライブの、主に『白ハイド』の様子を見ていたツーさんが、何故かそのあまりのニコニコハッピーハイディに「人見知り」なるものをしておったのですが、実際に動く、主にダークネスな『黒ハイド』を目にした瞬間、それまでの態度が180度変わったのが面白かった(笑)。
うんうん、あの【RESET LIVE】がツーさんの好みに合ってないわけがないと思ってたんだよ。

そしてお次は【ハー火】。
一番最初に(鈴木達にとって)ラスボス級の【REAL】を見て、その次に最強武器アイテム的な【RESET LIVE】の映像を見ていた鈴木達にとっては、なんだかもうこの【ハー火】の映像ってのがやたらと可愛くライトに見えてしまって(笑)。ひたすら思うのは、「ナゼ、このわずか2年後にあんな凶悪悲壮モンスターと化してしまうのか」という疑念のみ。

というわけで、【ハー火】を見ながら何故かツーさんの有り難い骨格矯正エクササイズを受ける。
これがやってるそばからマジで身体に効くので、みんなして本気で次々と変な体勢(エクササイズです)をしながら恐ろしく可愛らしい金髪ピヨコハイディを眺める・・・という、まるでどこぞのいかがわしい宗教の修行部屋だね?と尋ねたくなるような光景がおよそ2時間、鈴木家のリビングには広がっていた。あの光景はちょっと、写真に収めておけばよかったと後悔。

で、締めは【ASIALIVE上海】の錬成ハイディを見て一日が終了。

・・・・・うわぁ、なんて実の無い充実感(笑)!!

いや本当に楽しかったです。すんごい天気&気候の良い日だったのに、本能をねじ伏せて、お日様が出てる間は延々と窓と遮光カーテンを締め切っていた自分達に拍手。根っから腐ってるな(笑)。

 

2007/05/06 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。