脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2007/2/28
今日はウーバーちゃんを語ります。ウーバーというか、タクちゃん。

ちょうど一週間前の2月21日に、2ndアルバム【BUGRIGHT】が鈴木の手元に到着。
試聴段階から、どうも鈴木的には「前作の音の方が好みかな~」という感じだったので、それほどがっつくでもなくこの一週間、仕事中に『流し聴き』をしていたのですが、昨日の深夜ようやくまとまった時間が取れて、初めて歌詞カードと一緒に音を聴く機会を得ました。

んで、何かがドッカーンと落ちてきた。

すんごい衝撃的だった。
・・・ってのは、良くも悪くもあらゆる意味で(笑)。

シングルでリリースされていた曲たちが揃って「あまりにイイ曲路線」だったので、鈴木は「あー、タクちゃんは今『イイ曲を作るぜ!』ブームなのかぁ・・・」と思ってたんだけど、シングル以外の曲が揃いも揃ってとんでもないことになってるね。

んも~すっげぇもがいてるわ、この子。

タクちゃんの歌詞(ウーバーちゃんは作詞・作曲とも98%がタクちゃん担当)って、日々ハイディの歌詞と向き合ってる鈴木にとっては、ハイディの歌詞が『問題集』なら、タクちゃんのそれは『回答集』と思えるくらいストレートで分かりやすいんだけど、なんかもう痛かったわ。

もがきながら痛い歌詞を書くアーティストは多いけど、やっぱりどこか問題や疑問や感情を美化してたり、耽美な言葉で『芸術』として表現するアーティストが多くを占めてると思うのね。ハイディもしかり。ハイディの楽曲は完全に芸術然としてて、それを意図的かつ徹底的かつ職人技の勢いでやってるので、鈴木はあれはあれで本当に『芸術』として大好きなんだけど、タクちゃんは・・・・・・・・・・ストレート過ぎるよ、本当に。

ストレートな歌詞を歌うアーティストももちろん多々いるけど、鈴木はハイディの曲が好きなことでも分かるように、あんまりストレート過ぎるアーティストには興味無いんですよ。なんか、逆に「ふーん」で終ってしまう感じ。深読みとかが大好きだから(笑)。
その点、タクちゃんのストレートさはなんだろう、なんかもう・・・とにかくすごい。多分、周りに「愚か者」と言われても構わないんだろうな、あの子は。美化された感情やウソを歌うくらいなら、他人になんと言われようと本心を歌いたい、という気持ちがありありと伝わってくる。

  考えすぎ ためらいの後悔
  何もしないよりは
  充実の後悔を
 (【ゼロの答】の歌詞より一部抜粋)

こういうことを口先だけで言うのはすごーく簡単だけど、タクちゃんは本気でこう思っていて、実際に行動に起こしてしまうタイプの人間だと鈴木は思う。ちなみに今回のアルバム、「後悔」という言葉がすごくよく出てくる。

  人はもう嘘をつき続ける生き物
  なのになぜ?真実ばかり求めるの?
  そして時代を恨む日々に
  いつしか僕たちは
  愛の意味も落としたんだな
 (【~流れ・空虚・THIS WORD~】の歌詞より一部抜粋)

ありがちなことを言ってるんだけど、「時代を恨む日々」ってのが独特だね。
最近『昭和シンドローム』って言葉があるの知ってます?昭和の時代、高度経済成長期、国民がみんなで力を合わせて国の再建に頑張ってたナァ、イイ時代だったナァ、それに比べて今の世の中は・・・って、過去を美化して現代を悲観してしまう症候群のことね。50代以降の壮年の方に多いそうで。でも実際は少年犯罪率だって昭和時代の方が高いし、治安ははるかに悪かったそうですよ。ま、それは蛇足として。
陰惨、陰湿な事件ばかりが注目される今の時代を「イヤな世の中になったな」と思う人は少なくないと思う。でも、そんな世の中を変えようとする人は限りなく少ないでしょう。
そんなところでも、タクちゃんはもがいている。

  人の魅力に負けそうで苛立ち
  心にない言葉言ってしまった
  大事なものはもう捨てないと心に決め
  明日喧嘩したあいつに謝りに行こう

  (【Live everyday as if it were the last day】の歌詞より一部抜粋)

早く謝ってきなさい(笑)。

  ネットに吐き出した文字が人の心を刺す
  メールが肉声をこえる気持ちは伝えずに
 (【シャルマンノウラ】の歌詞より一部抜粋)

タクちゃんはプログラミングをやってる手前、かなりのPCマニアと思われる。
ということは、ネットもよくやってるんでしょうなぁ。ネットで『本音』を晒すことの危険性を知ってる上で、そんな現状を皮肉ってるところが本当にタクちゃんらしい。

  考えすぎる性格も 馴れ合いができなくても
  すべて間違いでも良い
  自分が自分らしくあるために
 (【一人じゃないから】の歌詞より一部抜粋)

非常にタクちゃんらしい性格です(笑)。ヘンに真面目で、柔軟なようで案外カタイ。
前に「いまどきタクちゃんみたいな純な子はそういないよ」ってな事を言ったんだけど、本当に・・・タクちゃんみたいな人からしたら、今の世の中って生きづらいだろうな。『真剣』とか『熱くなる』とか『本音』とかが笑われてしまう風潮のある現代は。

なんだろ・・・良く言えば『純粋』、悪く言えば『子供』なのかな。
でもタクちゃんには社会を離れて腐り切ってた2年間というのがあるらしい(間違いなく1996年前後でしょう(笑)。【EMPTY96】の歌詞にもビックリしたよ)。なんか日々流血してたみたいですが、その間に死ななくて良かったねホントに。

とにかくウーバーちゃんの2ndアルバムは、デビューから一年半が経ち、激動する『自分を取り巻く環境』に戸惑いもがくタクちゃんの姿が浮き彫りになっている。そんな不安定な中で、大事にしたいモノ、大事だと思ってるモノが『愛』なんだなぁ、という感じ。

例の事件は、まぁなんか・・・爆発しちゃったんじゃないの(笑)?
サクラにしてもそうだけど、『ヘンに真面目でカタイところがある人』ってある日突然思いもよらない事をするよな。最近の事件もそういうのが多い気がする。

あのストレートさ、分かりやすさを何と取るかで、人によってこのバンドの印象は変わるだろうな。ラルクさんとは全く真逆の要素で、ラルクさんと同じくらい好き嫌いがハッキリ分かれそうなバンドです。

・・・って、なんかすごく鈴木がタクちゃんのファンみたいだね(笑)。
ファンの感覚は自分ではあんまり無いんだけど(「悪く言えば子供」とか言ってる自分が果たして『ファン』なのかは甚だ疑問です)、興味の対象ではあります。てゆーか、鈴木の場合は興味を持つことが少ないので、『興味がある』という事実がすでに特別なんだよな。ちなみにラルクさんは『興味がある』を通り越して、『感銘を受ける数少ない存在』です。
『娯楽』で感銘が受けられるなんて、自分ってつくづくお手軽幸せ体質だわ(*´∀`*)

なんか長くなっちゃったので、質問回答はまた明日!

 

スポンサーサイト
2007/02/28 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/26
イエェェェアァァ!!

みんな元気かい!?今日も張り切って参りまっSHOW☆★☆★

・・・・・・・えーと、テンションがさ、色々と上がってるんですよ(笑)。
まず来週3月6日はウーバー&シドの2バンライブに行って来ます!久しぶりのAXだ♪

でもって、その前日の3月5日は、

ポップジャム公録に逝ってくるぜ!

今回は相方の ゆきやちゃん に神が舞い降り、見事に当選してくれました(*´∀`*)
早くも鈴木は、2007年も『THE★他力本願ヨロシクYEAR』になりそうな予感DEATH。

さらに、今のところラルクさんホールツアーの鈴木の参戦予定公演はこちら。

 ・ 6月13日 郡山市民文化センター
 ・ 7月6日 京都会館第1ホール
 ・ 7月14日 帯広市民文化ホール

なんかもう、「どちらにお住まいの方ですか?」ってなスケジュールだな(笑)。
いや、だって、ホントもうマジで関東は無理よ。周りの人の状況とか見てると、『激戦』なんて言葉では片付けられないくらいの落選率ですよ。鈴木は前にも言った通り、ハナから関東は激戦を予想して全捨てしてたんだけど、おかげで上記のようなスケジュールを組むハメになりました(´Д⊂ヽ

しかも・・・大本命の沖縄がいまだ取れてない(´Д⊂ヽ
2007年は絶対に青空の沖縄に行くって決めてるんだい(´Д⊂ヽ
過去に二度訪れた沖縄は、冬の嵐と夏のスコールに見舞われて、一度として青い海と青い空を見てないんだい(´Д⊂ヽてるてる坊主身体にブラ下げてシーサーに会いに行くんだい(´Д⊂ヽ

てなわけで、今回は繰り上げしまくりの質問回答~。

Q. 「すすすす鈴木さん、私も一カ所だけですが当たりましたよチケ。それにしてもあまりに
   外れる人が多すぎて、このたった一枚でも「あんたはもう持ってるのよねギロッ」的な
   刺さる視線が痛いです。こんなんでルシエルネットでやってる先行にもエントリなんて
   したとわかったら目からビームで殺されちゃいます_| ̄|〇。。」

  →鈴木も【LE-CIEL NET】に申し込みしてるんで、一緒に焼き殺されますよ(笑)。
   でも鈴木が欲しいのは沖縄だけであって、もし万が一関東が取れるような奇跡が起こった
   時には、近くの主婦なお友達に譲るつもりです。どうしても関東しか行けないっていう
   関東在住者も多いからね。好き勝手に動ける身の内は、なるべく関東激戦区は他の方に
   お譲りする心構えで、少しでも罪滅ぼしを・・・って、地方の方に殺されそうだな(´Д⊂ヽ

Q. 「BUGRIGHTついに発売になりましたね!ライブ映えしそうな曲が多くて
   3/10横浜ブリッツライブが楽しみで仕方ないです。
   特に~流れ・空虚・THIS WORD~、EMPTY96が今んとこ一番気に入ってます。後、ラルクも
   新曲情報でましたね!SHINEってタイトルみたいです。PJで初披露ですかね!?」

  →はい~!【BUGRIGHT】、さっそくヘヴィロテしてますよー!鈴木はリリース前から期待してた
   【~流れ・空虚・THIS WORD~】【EMPTY96】【DISCORD】がやっぱりキて、加えて
   一曲目の【ゼロの答】がなんかやたらツボりました(笑)。あのヘヴィーなリズムがイイなー。
   鈴木は一足先に7日のAXでウーバーちゃんに会って来ますよ(*´∀`*)楽しみ♪
   あと、ラルクさんの【SHINE】・・・・・・・・・・・正直、どうなんだろう(笑)。このタイトルって、
   ほとんどの人が「ルナシー!?」とか言ってるけど、鈴木からしたら「ウーバー!?」の方
   なんですよね(笑)。ウーバーちゃんの【SHINE】がヤバイくらい好き なだけに、
   この同じタイトルってのが妙に引っかかる。やっぱり本命さんには他のバンドを蹴散らして
   もらいたいという気持ちが少なからずあるんだけど、果たしてあのウーバーちゃんの
   音を超えてるかどうか・・・もしラニバの時の曲だったら、鈴木的には大変微妙です(´Д⊂ヽ 

Q. 「ラルクさんが出演するPJ観覧に当選しました!
   叙情詩からとファン歴の浅い私にとってPJ観覧は憧れだったので、
   当選ハガキを持ってしばらく小躍りしてしまいました。(笑)
   ただ、Mステの観覧には当選したことがあるのですが(Caress of Venusの時でした)、
   やっぱりPJ観覧とは勝手が違いますよね。座席もランダムに決まるそうですし……。
   何度もPJ観覧に参加されている鈴木さんは、「ここはこうしたほうがいいよ~!」
   なんていう所はありますか?」

  →おぉ~!Mステに引き続き、ポップジャム公録おめでとうございます(*´∀`*)
   なかなかの強運をお持ちですね(笑)。で、PJ公録のアドバイス的な話という事ですが・・・
   うーん、本当にポップジャムは座席がランダムなので、早く会場に行って並んだ方が
   いいとかってのは、本当に無いですね。以前は「やっぱりなんとなく早めに行った人の方が
   イイ座席な気がする・・・」と思って、一度すんげー早くに行って前の方に並んだ事も
   あるんですが、見事に2階席でした(笑)。普段より悪いじゃねーか!みたいな。というわけで、
   本当にPJ公録に関しては「こうするとイイ!」ってのは無いかなぁ。あ、そうだ!結構収録
   時間が長いので、なんかパンとかおにぎりとか持って入ることをオススメします(笑)。

 

2007/02/26 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/25
今、せっせことあるサイトを作成中。
最初は自分用に簡単なページを作ろうとしただけだったんだけど、思いのほかしっかりした出来になってきたので、完成したらお知らせします(*´∀`*)

では、質問回答ー。

Q. 「ハイドさんが3つ質問に答えてくれるとしたら、何を聞いてみますか?」
  →どっひゃー!!久しぶりにこりゃ超難問だ!!
   う~ん・・・なんかパッと思いつくのが全てやたらとシリアスな質問ばっかりで、どうも
   イマイチだなぁ。一つ、とりあえず聞きたいのは「ハイドさんにとって至福の瞬間は?」かな。
   なんか聞いたこっちが脱力しそうな答えが返ってくる気がする(笑)。

Q. 「(前略) ・・・と、前置きはここまでにしまして。質問なんですが、鈴木さんはラルクに関する
   夢(必ずしもラルクがでていなくても良いのですが)は見ますか?もしいままでで印象的な
   ラルクに関する夢がありましたら教えて下さい。」

  →ラルクさんは一切出て来なかったんですけど、ボルチモアのオタコンに出演した時期、
   何故か鈴木がそのライブに行く夢を見ましたよ(笑)。と言ってもライブの夢ではなくて、
   ライブ前に時間を潰してる夢?アメリカのどこかのデッカイ複合施設の中にある、すんごく
   雰囲気の良いバー(古くて木造で壁一面にポスターが貼ってあって薄暗いくてとにかく入口が
   狭い)が何故かラルクさんのグッズ物販所を兼ねてて(笑)、鈴木がそこでグッズ一覧表を
   見てる、という夢でした・・・なんだろう、この微妙さ。詳細は コチラの日記 でどうぞ。 
   この夢は本当によく覚えてるんだよなー、今でも。メンバー出てきてないのに(笑)。
   あの場所(バー)の雰囲気が明らかに日本じゃない感じ?いや、外国行ったことないけどさ。
   入口がとにかく狭くて、細いカウンターの通路をちょっと行ったら行き止まりっぽいんだけど、
   ドリンクが入ってるボックスを避けて奥に進むと、ちょっと開けたスペースがあって、
   これまたアンティークな感じのテーブルと椅子があるんだよね。ああいう店、ないかな~。

 

2007/02/25 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/21
最近書きたいことがめちゃくちゃいっぱいあるのに、自宅のパソコンを立ち上げたのは3日ぶりだったりする・・・。今一番欲しいものは『時間』・・・・・あ?ウソ、やっぱ一番はハイディだ(*´∀`*)

さて、情報解禁された新曲については実際の音源を聴いてから触れるとして、今日はなんたって魔のLE-CIEL様先行チケ当落結果発表DAYですね。みなさん、見ましたか?鈴木は見ましたよ。

もうビックリしちゃうくらい当たってねぇーよ(´∀`)ハハハ

10ヶ所以上申し込んでて、当たったのは一公演でした。すんごい落選率。かつてこれほどチケが取れないツアーがあったかね?【CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE】以来のカオスじゃないの?まぁ、まだ先行は色々あるので、最終の一般まで挑めるものにはとことん挑みます。何が何でも沖縄だけは行きたいんサー。しかし今年もチケ運ないな~。デストのチケ運をもうちょっとラルクに回せないものか。

それと、19日発売の雑誌【音楽誌が書かないJポップ批評 ~L'Arc-en-Cielの奇跡~】が面白い。
毎度この雑誌は鈴木みたいな人にはたまらん面白さがあるんだけど(笑)、今回は丸っと一冊ラルク・ラルク・ラルクのラルクさん特集。ありとあらゆる角度から批評されちゃってます。普段、ラルクさんって滅多にメディアに批評なんかされることないから、この雑誌を読む度にすごく新鮮な感動に駆られます。

今回鈴木が特に面白いと思ったのが、『天才hydeが「深海」に沈まない理由』と、『ハイクォリティなのにマスコミ受けがイマイチなワケ 【“時代”には目もくれず、ラルクは“永遠”をめざす】』という二つの記事。特に後者の記事は、鈴木の長年の「なぜにメディアはラルクさんを避けるんだ?」という疑問を、サラッと解決してくれた気がします(笑)。

この雑誌、ラルクというバンドに心酔しちゃってるファンには全くオススメ出来ませんが、少なくとも【RS】の【MUSICtext】が笑って読み流せる人には俄然オススメです。よく友達にこの雑誌の話をすると、「そういや鈴木ちゃんのテキストと感じが似てるよね」とか言われるんですが、鈴木がこの別冊宝島の変人奇才集団から受けた影響ってのは、多分計り知れないと思う。

個人的に批評とかってあんまり好きじゃないんですけど(言ってることとやってることが矛盾しとるがな)、誉めるにしろ貶(けな)すにしろ、人に分かりやすくそのモノの姿を伝える手段としては、やっぱり『他との比較』ってのが一番手っ取り早い方法だと思うんですよ。別に争うわけではなくて、純粋に『そのモノの姿』を浮き彫りにする、という点でね。決して「ナンバーワンよりオンリーワン」の精神を否定してるわけではないのですが。

その『モノの姿を浮き彫りにする手法』ってーのかな、それがこの雑誌は本当に上手くて。もちろんその強引かつ独創的な手法が時に捻じ曲がった方向にいっちゃって、かなりのデタラメ電波記事になることもあるんだけど、まぁその辺はご愛嬌ということで。

とはいえ、別にこの雑誌が売れたところでラルクさんに一切のギャランティは発生しないので、本来のファンの立場としてはあまりこの雑誌を推奨するのは宜しくないんでしょうが(笑)。いわゆるヒス本とか海賊本とかに近いのかな。ま、気になった人は是非どうぞ。驚きの1300円です。

ほんでは最後にちょろっと質問回答~。

Q. 「S席の一番後ろと、A席の一番前では何か違いがあるのでしょうか?
   (S席にはおまけが付いているとか)」

  →いや、特にないと思います(笑)。その辺はもう運じゃないか?

Q. 「やっぱり関東はPJ観覧とかいけるしライヴも行きやすいからいいですね。
   地方のメリットってなんだ?ご当地ネタ?ハイディの子供のころの話とか親戚の話とか
   グラスカとかは聞けたけどやっぱり環境としては・・・(´д`)
   鈴木さんも沖縄行かれるんですね!
   私も参戦する(予定)のでそのときまたお会いできたらうれしかー(*´∀`*)です。」

  →うーん、確かに関東はイベントが多いので参加しやすいけど・・・どうだろう。
   地方のメリットはやっぱりご当地ネタかなぁ(笑)。あと、基本的にライブハウスだろうが
   ホールだろうがドームだろうが、全てが関東(東京)より規模が小さい。
   これは常に感じます(笑)。大阪では大阪城ホールが、関東では横アリ(ビッグ配置仕様)、
   同じく大阪では城ホールだったのが、関東では代々木第一体育館、地方では300人キャパの
   ライブハウスもあった中、関東は漏れなく2000人越えキャパのライブハウスだったり・・・
   関東はお目見えできる回数が多い分、一回一回の濃度は若干薄い気がします。 
   それと、沖縄は是非ともまたお会いしたいんですけど!(紅茶のお礼を・・・)
   今のところ予定が白紙になってしまいました・・・チケがねぇよ~(´Д⊂ヽ

Q. 「ラニバ映像を見ていたところ、hydeの母音が「う」の歌詞を歌うときの(マイク横からチラ見える)
   口がとてもツボでした。鈴木さん的にはどうでしょうか?ちなみに「む」の時は特にいいです。」

  →あ~~~~分かる気がする(笑)。
   あのー、以前日記で載せたこの画像のハイディがまさにその口をしていたと思う↓
マイクが邪魔ですんごく分かりづらいんだけど、「る」だか「ゆ」の歌詞を歌ってるところです。あぁマイクが邪魔!!
ちなみにこれは【SEASON'S CALL】で【音楽戦士】に出演した際の演奏シーンを深夜一人で激写しまくってたモノです。これだけぼかしを入れても十分可愛いとは・・・恐ろしい(*´Д`*)

※写メ画像は念の為、判別できるギリギリのところまでぼかしを入れてます。

 

2007/02/21 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
2007/2/18
ようやく2007年鈴木の初参戦ライブが決まりそうです(*´∀`*)

先週の金曜日、ぽっちゃん に念願のアンミラに連れてってもらいました!
噂に違わぬ店員さんのコスチュームのスゴさにビックリした(笑)。ブラウスのボタンが弾け飛びそうなボインボインなオッパイと、パンツ見えとるがな!なマイクロミニスカートに目が釘付け。
肝心のパイも、スイーツが苦手な鈴木でも2/3は食べれるくらい甘さが控え目で美味しかったです。

でもって、今ものすんごーくハマってるドラマがありまして。
【24】とか【LOST】のような、アメリカ発のTVドラマシリーズで 【SUPERNATURAL】 ってやつなんだけど、こぉ~れがマジで面白い。オカルトとか超常現象とか好きな人にはたまりません(笑)。悪霊とかもわんさか出てくるからホラーとも言えるんだけど、基本的にはタイトルの通り『超常現象』による事件を、悪霊・悪魔狩りを父親から引き継いで『家業』とする兄弟が解決していくっつーお話です。
ホラー要素よりも、ミステリー要素というか、謎解き要素が盛りだくさん。マジ面白い。親父さんが残した『全ての知識を書き記した手帳』とか、まるで【インディー・ジョーンズ】(最後の聖戦)だし、なんかね、鈴木が好きな要素が全部詰まってるんだよな。一話完結なのがまた見やすくてグー。

番組紹介ムービー

またこの兄弟がカッコイイんだ(笑)。女好きで甘いマスクの兄貴と、マジメで優男な男前の弟・・・という設定がありきたりだけどイイバランスなのよ。この兄貴の音楽の趣味がロック(しかも古い)で、メタリカとかディープ・パープルとかの曲がよく出てくるのもイイ!しかしこのドラマの鍵はなんたって弟が握ってると見たね!絶対あの弟には何かの力があるよ。

あと、映像がとにかくスタイリッシュなのね。全体的な色合いとかも、TV向けとは思えない凝った作りで、「赤い血」が赤ではなく常に黒っぽく見えるのも面白い。要は「変にグロくない」んですよ(笑)。
CGも本当に上手くて、ヘタな映画よりもよっぽどよく出来てる。『鏡の中を移動する悪霊』とか、ジャパニーズ・ホラーの『怖さ』の手法が上手い具合に取り入れられてるし。(「怖い」というより「不気味」な要素が強い)

アメリカTVドラマシリーズと言えば、今はもっと新しい【4400】というドラマが話題だけど、鈴木はあんまりあれには期待してないので、めっきり 【SUPERNATURAL】 にメロリンラブです(*´∀`*)
以前映画 【コンスタンティン】 にもハマってたけど、ああいう・・・スタイリッシュなオカルト・アクションっちゅーのかね?どうにもそういう作品にハマる傾向があるなぁ。ハイディも【LOST】より絶対こっちの方が好きだと思うから、今度はこのBOXを貢いでもらいなさい(笑)。

では、サクッと質問回答~。

Q. 「ハイドは、職業:hydeなんじゃないでしょうか?別にHYDEもやっていて、
   そちらは自分のしたいことだけをできるんですよ。どうでしょうか?」

  →あー、そうかもしれないですね。鈴木は若干『HYDE』も職業のように感じるんですが、
   『hyde』は完全に『hyde』という職業のような気がします。

Q. 「ハイド語りを読ませていただきました。鈴木さんと赤の他人の私がこんな事を言っては
   気を悪くされるかもしてませんが、ハイドという人物のとらえ方において、すごく鈴木さんと
   近いものを感じました。常々「hyde」というアーティストを恐ろしいぐらい冷静な眼差しで
   客観視しているハイディに、私は尊敬と畏怖の念を抱いていたので…。
   例えばHYDEISTのPaParazzi、「こっそり写真を撮られることが大嫌い!」と言う彼の本心と
   一見矛盾しているように見えますが、私にはパパラッチを可愛く挑発しているようにしか
   見えないんですよね(笑)。 (以下略)」

  →お~!いやいやいや、同じように思う人がいるというのは嬉しいものですよ(*´∀`*)
   本当に・・・「ハイディの四次元ポケット」(略部分)という言葉には笑ったと同時に、
   妙に頷いてしまいました(笑)。

Q. 「ネット上で見かけたタロットカードの『悪魔』の絵で、すごくhydeに似てる(と思う)ものが
   ありました。思わずメールで問い合わせたら、中国のイラストレーターの絵で現在絶版品
   ということでした(欲しかった…)。大手エロ系読み物サイトなのですが、平気でしたら
   ご覧になってみて下さい。(URL省略) 二の腕のぷにぷに具合も似てると思うのですが、
   いかがでしょうか…(笑)」

  →教えていただいた例のサイト、ウチの会社と以前ちょっと仕事上の取引(広告関係)を
   した事があります(笑)。で、一応あのサイトは18禁サイトなので、URLの掲載は省略させて
   もらいましたが、そのタロットカードの画像URLだけ掲載しておきますね → コチラ
   ハイディに似てるといえば似てるんだけど、鈴木はそれよりも先に「マンソン!」と思った(笑)。

Q. 「ハイドさんは変化し続けているのですね・・・
   あとどれくらいいてくれるだろうと思うと恐ろしくなってしまいますが、まだまだ大丈夫ですよね。
   でもラルクで余りにも前向きになってしまうと、むしろ怖い気がします。
   ヤル気があり過ぎてぶつかりあってしまうような感じがするのですが、どう思われますか?
   以前なら引いていたところも、自分の思うようにしたいと引かなくなってしまったりしないかとか
   色々心配してしまいます。」

  →んー、以前はぶつかり合わな過ぎて壊れかけてしまったので、やっぱりある程度
   ぶつかり合うという事は、必要なプロセスなんじゃないでしょうかね。
   「自分の思うようにしたい」という部分で、ラルクでは引けるように、折り合いをつけられるように
   各々がソロ活動という『吐き出し場』を設けてるわけだし、まぁ・・・彼らは大人ですから(笑)。
   以前、ハイディがテレ朝の特番でこう言ってましたね。

   「きっとねぇ、今後もきっと何も変わらないと思う。
    で、お互い好きなことを表現し合って、それをなんとか一つにまとめて・・・っていうのをやって
    表現していく集団・・・グループ、バンドっていうのは、きっと何年・・・何十年経っても、
    そのスタイルっていうのは変わらない・・んだろうなぁって。そういう意味では奇跡だと思う」


   この『なんとか一つにまとめて』という表現がとてもラルクらしくて、鈴木は好きです。

 

2007/02/18 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/14
バレンタイン商戦に乗っかると、毎度ウッカリ風邪をひく鈴木です、こんばんわ。
あのー・・・女性達の戦場と化す売り場がダメなんだな。どうにもあの殺伐さが体質的に合わん。

さて、それでは質問回答ー。ネタがありまくりでてんやわんやです。繰り上げ回答アリ。

Q. 「鈴木さんはクロニクルゼロを、もう購入されましたでしょうか??
   実はアレ、隠しコマンド(Brilliant Yearsの映像etc)があるらしいのですが、推理力ゼロの
   私にはどうしても見つかりませんでした;;鈴木さんはもう発見されましたでしょうか??
   もし見つけられた場合は、RS訪問者の私達にそっと教えて下さい・・・!!」

  →は~い、バッチリ見ましたよー(*´∀`*)隠しコマンドも発見済なので、以下に反転で
   載っけときますね。見たい方だけ見てくださいな。 
   一つ目(【Vivid Colors】PVの別バージョン)は、まずメニューページで『SONG LIST』を
   開いて、プレイリストの中から上下の移動で【4.Vivid Colors】に標準を合わせます。
   そこで左へ移動する操作をすると、隠しページが出てきます。
   二つ目(【Brilliant Years】の映像集)は、同じくプレイリストの中から【8.Lise and Truth】に
   標準を合わせて、今度は右への移動操作で隠しページが出てきます。

   ラストの【the Fourth Avenue Cafe】のキャプチャーが『SONG LIST』に入ってないのが
   憎い演出だなコノヤロ(笑)。あれは【Lise~】を再生して、キャプチャー・スキップするのが
   一番の近道なのかな?あれのハイディが恐ろしく可愛くてたまんないよまったく。 

Q. 「延期になってたUVERの2edアルバム発売決定&全曲試聴始まりましたね。
   サビだけ聞いた感じ、全体的にPOPな感じでしょうか??
   鈴木さんは何かびびっとくる曲はありましたか?」

  →もうすぐですね~ 【BUGRIGHT】!ざっと聴いた感じ、前作【Timeless】に比べて鈴木も
   ずいぶんポップでメロウになったなーと思いました(笑)。ラウドでヘヴィーな音好きには、
   いささか物足りなさを感じないでもないけど、どうも鈴木はこの子達の音のセンス自体が
   好きみたいで、なんか嫌いじゃないんですよね。で、鈴木が特に気になったのは、
   まず4曲目の【~流れ・空虚・THIS WORD~】。サビの後のメロディがヘヴィでイイ。
   12曲目の【EMPTY96】も好きかな。試聴ではチョロッとしか聴けないラップ部分のリズムが
   ずいぶん面白そうな印象。13曲目【DISCORD】なんかいかにも鈴木が好きそうな音だ(笑)。 
   今回のアルバムの中で一番楽しみな曲ですね。基本的にはヘヴィーな音が好きですけど、
   7曲目の【シャルマンノウラ】みたいなメロウのも好きだし、1曲目【ゼロの答】のタクちゃんの
   「どっひゃー!」ってな超高音もたまらなく気になります。(←高音ヴォーカル好き)
   どんなバンドもそうだけど、3枚目のアルバムってのがある種一番重要だったりするので、
   まだまだウーバーちゃんは発展途上だよな~、というのが試聴段階での感想かな。

Q. 「(前略) こうやって連絡をするのは2,3年ぶりだと思うので、覚えていなくて当然だと
   思いますが……今はラルクではなく、某スポーツ選手ファンサイトを運営しています。
   目立った行動を取ると2chにアドレスを晒されるようなそんな狭き世界なのですが、
   何度晒されてもへこたれなかったせいか、今では特別視されています(笑) RSのように
   ・愛でる時は全力で愛でる
   ・語る時は本気で語る
   ・ファンサイト内ではわりと有名どころ
   (中略)
   なのですが、1年ほど前、選手本人(RSにとってのハイドさん)がうちのサイトを見ている事が
   発覚しました。その事はサイト上では発表せずにいるのですが、今でも本人はサイトを
   見てくれているのです。急にサイトの方針を変えると普通のお客さんには変に思われるので、
   相変わらず愛でまくっているのですが、本人の心情やら性格を語る事が恥ずかしくなって
   しまいました。そこで質問なのですが、もしRSがハイドさんに見られていると知った時、
   今までと同じように運営していけますか?」

  →おぉぉぉぉぉぉ!!!久しぶり!覚えてるよ~!全然覚えてるって!!
   ちょっと本家に関わる内容があったので、冒頭の方は省略させてもらいました~。
   んで、早速質問回答なんだけど・・・すごいね、ご本人公認ファンサイトかいな(笑)!
   いや、公認というよりむしろそのご本人こそがそのサイトのファンと化している気がする・・・。
   ウチの場合、もしハイディハイドさんが【RS】を見てたとしても、全くこれっぽっちも変わる
   ことなく運営してると思うなー。「思う」というより、平然と運営してる自分がありありと
   想像できる。一時「こ・・これは絶対に関係者がここを見ているとしか思えん!」とか血迷った
   こと言ってた時期もあったけど、その時もここぞとばかりに「TV【食わず嫌い】に出演して!」
   とかお願いしてたくらいです(笑)。あと、本人じゃないけど音楽ライターの鹿野さんから
   「サイト見ました」ってなメールをもらった時も、「うおぉ!」とは思ったけど
   「ヤっベェ!見られちゃった!」とは思わなかったかなぁ。

Q. 「ちょ!!嫁に来るなら、まずウチだろう!?父さん許さんぞ!!!!!
   ごめん酔ってるメール送ったけど酔ってる
   ラーメン今週無理
   ちょうざんねん
   父ちゃんすーちゃんに会いたいよばかん。
   父ちゃんじゃねーよ
   荒らし。では。ない。」

  →これが荒らしでなきゃ、一体なにを荒らしと言うんだいこの酔っ払いめが(笑)。
   ラーメンいつ行くんだよー。とんこつラーメン食べたいよー。

Q. 「もうすぐファンクラブのチケット抽選ですね。せっかく全国津々浦々でやるというのに、
   私は一箇所も行けそうにありません。ここ数年、毎年ラルクだけは行っていただけに、
   あきらめることがなかなかできず、大変辛い心境です。鈴木さんは、どうしても行きたい
   ライブに、どう頑張っても行けそうにない場合、どうやって気を紛らわせますか?
   お暇があれば、アドバイスください。」

  →ただいま絶賛予約受付中ですね。一箇所も行けないの!?そ・・・それはツライな。
   うーん、うーん、鈴木は外せない予定が云々とかで行く気満々のライブを蹴ったことが
   ないからな~・・・何がなんでも行っちゃう。会社クビになっても行っちゃう。そんなんでクビに
   なる会社なんざこっちから願い下げだぜ!とか吐き捨てて、チケットを持ってなかったので
   音漏れだけを聴きに行った人です。(←実話) 
   ・・・ごめんなさい、鈴木ほどこの質問回答の不適任者はいないね(´∀`;)

Q. 「ルシエルが何回やっても繋がりません・・・鈴木さんは申し込みできましたか?
   しかし最近は頭の中がラルクよりもムックムックで困ってます・・・5月からライブが
   始まるわけで、先行も15日から始まるわけで、学生はお金がないですわ!!!!
   なんて嘆いてみます。」

  →あい、確か・・・先週の土曜日かな?土曜だからダメ元で深夜3時頃にサイトにアクセスしたら
   どういうわけかサクサク繋がって、ガッツリ予約しましたよー。やっぱりなるべく時間を考えて
   アクセスした方がいいんじゃないですかね?ちなみに鈴木の総額は、ギリっギリで20万を
   超えなかった~、というレベルです。明らかにやり過ぎてます(笑)。 

Q. 「(前略) 10日になぜかムックのライブにいくんですが。なんか注意事項とか…なにぶん
   初めてライブハウスに参戦するので勝手がわかりません(汗)ありましたら教えて下さいませ。
   では、暖冬といいつつ朝晩はやっぱり寒いのでお気をつけ下さいね。」

  →・・・・・・・・・・・・って、もうライブ終ってるじゃん!!(´Д⊂ヽご、ごめんなさい。。
   あの、初めてのムックちゃん箱ライブはいかがでしたでしょうか(笑)。
   初体験でモッシュゾーンとかに踏み込んでダイバーさんに潰されたりしませんでしたか・・・?
   本当にライブハウスは慣れと勘と運ですからね~、体力に自信がある方なら『とにかく動く』
   というのがいいんじゃないでしょうか。危険を察知したら『とにかく引く』(笑)。これに限る。

Q. 「鈴木さんは黒のロングコートが好きだと言っていますが、反対に「これは苦手だ…」という
   ファッションってありますか?私はどうやらタートルネックが苦手みたいで、自分が着るのは
   もちろん、たとえハイドさんが着ていても「あぁ~…う~ん…」と微妙な気持ちになります。
   ちなみに私も黒のロングアウター大好きです!d(*´∀`*)b」

  →あ~、タートルネックね。うん、それは鈴木もあんまりハイディには着て欲しくないな(笑)。
   首フェチ代表として。あの首を隠すなんて、それこそ宝の持ち腐れ!
   でもストールはオッケーなんだよな(*´∀`*)鈴木も自分が着るのもかなり苦手ですね。
   ゆるいタートルネックならいいんですけど、ぴったりフィットした形はダメです、息苦しくて。
   あと、基本的に『男性の赤いファッション』には違和感を覚えます。形はなんであれ。
   自分が着るのも・・・考えただけで鳥肌が立つ(笑)。似合う女の子はいいんだけどね。

 

2007/02/14 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/13
○業務連絡

またまた質問投稿フォームが不調だというお声を頂きまして、鈴木も試してみたのですが、確かに不調だ(笑)。やたら送信に時間がかかった挙句、送信完了画面が表示されずにページが真っ白になるケースがいくつか確認されています。

がッ。

その真っ白ページまで辿り着いた場合は、恐らく9割方こちらに届いておりますのでご安心ください(笑)。どうもネットが重くなる時間(夜)によくその現象が見受けられるっぽいです。CGIはただでさえ重いからなぁ・・・すみません。しばらくは時間の都合上修正する予定は無いので、どうか気長に送信してやってください。


― 余談 ―
そんなフォーム絶不調な中、何故か今日はフォームが超大人気で。
なんと過去最高件数の投稿を頂きました。今年は今のところ順調にこなしていたハズなのに、
今日一日で32件溜まっちゃったヨ(*´∀`*)アハハ
まぁ普通は【CHRONICLE 0】のプレ発売日だからかな、とか思うべ?違うんだよ。

クロニクル0の話をしてる人こそゼロだから。

奇妙な偶然により、今日は一日投稿フォームがにぎやかでした(笑)。
回答は今しばらくお待ちください~!

あ、あと最近「hyde」とだけ入力して送ってくる人がいるんですが、これは一体なんのアピールなんだろうか・・・そんなに「hyde」を鈴木に連呼されても、鈴木はハイディをあげられませんよ。むしろ鈴木が欲しい。熱烈に。猛烈に。

 

2007/02/13 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/12
先週の土曜日は再びハイバカの集い in 上野広小路。なぜ毎度上野広小路なんだ・・・(笑)。
今回もまた トクちゃんまーさんY姐さん という見覚えありまくりなメンツで、思う存分ハイディハイドを愛でてきました。終いにゃ「さすがに一気に見過ぎたね」とか言ってましたね。
しかしあの鈴木が愛して止まない『REALハイド』の卵だかサナギ段階くらいの、ある種の妖気をまとったハイディはたまんねーって。結構昔の映像だったんだけど、すでにあのモンスターの片鱗が見え隠れしておりました(*´∀`*)いや、ホントにこの人、昔から変わってないよ。すっぴんであそこまで雰囲気のあるカオが出来る人って、そう滅多にいないと思う。一切小細工してないのに「ビジュアル系」と言われるのも分かるさ、だって出来過ぎなんだもんあの顔が(笑)。
この辺が、以前鈴木が 『10項目解説バトン』 で書いた「圧倒的美貌による悲劇」ってやつだな。

次の会合は3月!例のブツ(BOX)の為に合宿してきます(笑)。

さて、では質問回答~。
今年は今のところ結構順調に答えられてるぞ。現在約一週間遅れで回答してます!

Q. 「日記でリトルショップ・オブ・ホラーズの話をされていましたが、鈴木さんは
   「ペットショップ・オブ・ホラーズ」という漫画を御存じでしょうか?
   作者は「霊感商法株式会社」を描いていた秋乃茉莉さんで、「リトルショップ~」を文字って
   タイトルを付けたそうなんですが、こちらもSFX・ホラー・コメディでなかなか面白いですよ。
   最近日本を舞台にした第二弾が連載されているそうで、そっちの方は私も読んで
   いないんですけども…。もしよかったらチェックしてみて下さい。」

  →なんですか!その超面白そうな漫画は(笑)!?うわー、すっごく気になる!
   早速チェックしてみます(*´∀`*)全く、『ギャグマンガ日和』 を大人買いしてる
   場合じゃねっつの(笑)。いやだって松尾師匠と曽良君が面白いんだもん。

Q. 「鈴木さんはリップスライムでは誰が一番好きですか?よろしければ理由も教えてください。」
  →そりゃもちろんペス君ですよ。理由は・・・う~ん、純粋に声が一番好きなのと、
   あの陰のある少年っぷりというか、「うわー絶対この子、心に闇抱えてるワ」的な人柄(笑)?
   リリックもペス君の書く言葉には不思議と惹かれる。【TIME TO GO】とかマジやばいです。

Q. 「(前略) 先日(といっても結構前ですが、私はまだ「先日」扱い…)行われた
   15周年記念ライブのパンフレット。あのパンフレット、なぜか二枚でひとつの鞄になるように
   細工?された部分がありましたよね。私はあれを見た瞬間「うわーーー、旅行鞄だよ!
   ラルクさんたち、あんなステキなライブしといてパンフに旅行鞄入れちゃったよー!
   これ持ってサヨナラですか!?この鞄もってラルクは旅立ちますってか!?休止ですか!?
   解散ですかーー!?」という風に、一人でものすごいサド行為を施されたと思い込んでいた
   私…いえ、これに関してはツアーが発表されて、一人心配しすぎだということで一件落着
   したのですが…。いやぁ、ラルクファンになると、探らなくてもいい腹探っちゃいますね(苦笑)
   と、ここで本格的に質問です。鈴木さんはあのパンフレットに入っていた二枚で一つの鞄に
   なるアレ、なにか意味があると思いますか??」

  →(前略)部分で「ハイドさんに萌えている鈴木さんに萌えるようになってしまいました。」とか
   おっしゃってますが、それ、ホントに変態サンですから(笑)!!アブネーヨ!!
   さて質問の方ですが、先日ようやく鈴木の元にもパンフが届きましたよ!(←通販組)
   鈴木はライブ当日、会場で人様のパンフを見せてもらった時から、あの外れるページを
   「なんか・・・意味深だなぁ」と思ってたんだけど、じっくり見れば見るほどなんか・・・
   物悲しくなる演出だなー、と。見た目、すごくポップでまとめられてるのにね・・・なんつーか、
   あの鞄の2ページで挟んであるのって、サクラがいた時代の写真部分だけなんだよね。
   『思い出の詰まった旅行鞄』ってことなんだろうけど・・・そこにさ、「FRAGILE」ってプリント
   されてるじゃないですか?あの単語って「脆い、壊れやすい」って意味なんですよね。
   しかも、鞄で閉じた後のページのアリが喋ってる「Where are the rest of 9?」なんて・・・
   ぶっちゃけ、残酷の極みの表現だと思うんだけど。「the rest of 9」って・・・(泣)。
   でもって、あの鞄の取っ手のところにジャラジャラついてるアクセも、巻末にわざわざ
   Special Thanksでクレジットされてる 【Knife *Acoustick Groove*】 ってブランドのやつで。 
   すごくハイディが惹かれそうなコンセプトのブランドだけど、なんか・・・うーん、先日の天嘉
   でのファンの荒れっぷりとかを見てると、まぁなんちゅーか『LOVE&PEACE』って大事だよね、
   みたいな(笑)。ラルクさん側にとっても、あの時代の扱いって難しいんだろうなぁ~、と。
   ただ鈴木は、鞄にしまわれた時間が現在(いま)を脅かす事なんかないんだから、
   壊れやすい思い出くらい大事にしたっていいんじゃないかと思う。

Q. 「先日yahooライブトークにGLAYが出てました。別にファンじゃないんですけど、
   ファンの友人に見ろといわれたので見ていたんですよ。
   そしたら、“L'Arcと対バンしてください”って言う投稿メッセージにTAKUROがちょっとびっくり
   しながらも意味深に笑ってましたよー。しかも今までにL'Arcとは2回対バンしたことあるとか。
   (ここらへんちょっと聞き取れなかったんですけど)
   話は変わりますが、この前イイともでキンコン梶原がL'Arcって言ってました。
   やっぱりL'Arc好きは本当なんですねー
   以前にGLAYの会報借りて読んだら、TAKUROの日記みたいなので
   “カラオケに行ってグラマラス~を熱唱した。”とあって笑ってしまいました。
   hydeと飲みに行ったこともあるらしいし…いつかのMステSPで小窓に映ったときに、
   思いっきりL'Arcの曲を口ずさんでたところみたことありますし…
   ・・・ファンなんですかね(´∀`)?笑」

  →どうも~!毎度投稿有難うございます。今年もどうぞヨロシク(*´∀`*)
   さて、これまた面白い情報ですね。タクローさんはHYDEソロツアー中にライブ会場に
   ハンバーガーの差し入れを届けさせてる時点でもう確実にファンでしょう(笑)。
   キンコンの梶原もホントにラルク好きだなー(笑)。あのグランドクロスのライブに普通に
   観客として行ってた、という事実だけで鈴木はビックリですよ!

Q. 「鈴木さんのリンクのバナーを見ていてふと思ったんですけどhydeさんの写真で、
   あーやって口元に手をもっていってるのって昔も今も結構ありますよね?
   お気に入りのポーズ?結構好きななんですけど、鈴木さんは、雑誌とか写真集とかの
   わざわざ撮ってますよっていう状況の写真ではどんなのが好きですか?
   私は上目遣い気味?のが好きみたいですw
   それに口元に手がいってたりするとなお( ・∀・)イイ!
   でもパパラッチのバックステージの何気ないショットの方が萌えたりするんですけどw」

  →お!Rioさ~ん(*´∀`*)ノ
   うんうん、口元に手を当ててるポーズって、結構見る気がしますねー。ライブの裏話とか
   見てても思うんですけど、ハイディって割と「手のやり場に困る人」ですよね(笑)。
   手をつっこめるところ(ポッケ)が無い衣装はダメ!とか。
   んで、「撮ってますよ」って写真の中では・・・えー、どういうのが好きだろう(笑)?
   両手を腰に当ててるのとか、すげー好きですね。黒い細身のロングコートでそのポーズを
   してたらもうたまらんです。確かアジアライブの写真集にまさにソレがあったけど、あれは
   まだ短髪だったからなー。あれがロンゲだったらもう「もふっ(*゚∀゚*)」って感じですね。

Q. 「以前の日記で、全身動物着ぐるみが異常なほどお好きだとおっしゃられておられましたね。
   kenちゃんがラルカフェに来た時、いろんな着ぐるみを着てはったと思うのですが、
   それはいかがですか?hydeさんが着たら…や、やばい(´¬`)ジュルリ」

  →えぇー!?あのラルカフェでケンちゃんがやってたのって、全身着ぐるみだったの!?
   鈴木はただ頭に被り物をかぶってただけだと思ってた!やるな~ケンちゃん。
   しかし、全身動物着ぐるみを着てあの【Speed】を歌うって・・・雰囲気的にどーなの(笑)。
   鈴木はハイディが全身動物着ぐるみ着て【ジーザス】とか歌ってたら卒倒しますよ。
   色んな意味で神過ぎる。

Q. 「最初にパパラッチをみたとき、何故か涙が出てしまいました。
   さすがに姿をみただけで泣けたのは初めて(笑) どーしたことやら、びっくりでした。」

  →だ、大丈夫ですか(笑)!?泣けるくらい可愛いのは分かりますが(*´∀`*)

 

2007/02/12 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
2007/2/9
お・か・え・り!ポップジャ~~~~~~ム!!!!(*´Д⊂ヽ

てなわけで、これはなにがなんでも行きたい。
持ち得る人脈をフルに使って、かつてない体制で応募に望みますよ。

それと、いよいよラルクさんツアーのFC先行が今日から始まりましたな。
オフィのサバ落ち具合が一向に収まらないんだけど(笑)、こ、これちゃんと応募できるよね?
なにぶんLE-CIELでのチケ取りは初体験なもので・・・毎度申し込み初日はこんなもんなのかな。
昨日の夜、アモさんやらゆきやちゃんとチケ取り会議(in タモチャ)を開いたんですが、いやーもーカオスもカオス、全国カオスでしたね。(タモチャのリンクを切ってる時にアクセスした方がいたらごめんなさい。思いっきり私用で使っておりました)

やっぱり関東在住の人間としては、一番のカオスは関東ですよ。
東京がない場合、次に応募が集中するのは恐らく横須賀・・・しかもツアー初日だし。鈴木はもう関東周辺は諦めとるんですが、思わず『お前、ラルクファンの鏡だな』と言ってしまったくらいアモさんがふがふがでわひゃわひゃな感じにガッつきまくっているので、結局関東にも応募してみるだけしてみることにしました。これで当たっちゃったらどうしよう。沖縄ファイナルに着く頃には財の底が尽きてそうだな~(笑)。いや、笑ってる場合じゃないよマジで。でも、アモさん曰く「おまえラルクのチケ取りナメんなよ!マジ取れないから!」ってことなので、そう簡単に当たるこたぁ無いだろう。

さて、では質問回答ー。

Q. 「一週間の怒涛の研修からもどって来ました。…ほっとしてサイト巡りを開始したら。えっと…
   うわさのあの方がカメラと書き込みされたんですね(笑) 見たかったなあ_| ̄|○(がくっ)
   籠が光ってるのとかの連絡網があるんですかね?失礼は重々承知で。
   できればそこに加えていただきたいんですが…。お願いします(90度おじぎ)」

  →どもー!こんばんわ。東京研修お疲れさんです!
   いやいや、別に連絡網なんてないですよ(笑)!毎度気付いた誰か(主に トク女神様 )が
   タレコミしてくれるだけっす。それでも一度もカメラに繋がった試しがないので、もし今後の
   人生で一度でも鈴木がカメラに繋がることがあれば、その時はご連絡します(笑)。
   自分すら見れてないのに、人に教えてあげるほど鈴木はイイ人ではありません(*´∀`*) 
   なんて言いながら、なんだかもう一生見れる気がしないんですが_| ̄|○

Q. 「先ほどゆきやさんのブログを読んでいて驚いたのですが、ゆきやさんと鈴木さんは、
   ハイドさんのことをかっこいいと思ったことがないのだそうで・・・私はライブにいくたんびに
   かっこいいかっこいいと連呼しているので、少し不思議に感じております。
   あのFAITHツアーのDVDのミッドナイトセレブレイションのシャウトも、鈴木さんの中では
   「かっこいい」とは違う概念で捉えられているのですか?不思議なので教えてください。」
Q. 「鈴木さん。ふと思ったのですが、「鈴木ハイド」って響きがいいな、って。
   もしかしてこれも狙ってたんですか?
   あ、後もう一つ質問が。友人に、 「え、ハイドはカッコいいでしょ。で、テツが可愛い」
   と言われたのですが、これ、どう思いますか?
   確かに…「HYDE」はカッコいいと思いますが…(勿論「hyde」も果てしなく可愛いが
   ハイディハイド、可愛いと格好いいで言うと、どちらなんでしょう。
   私は断然可愛いだと思っています。」

  →偶然にもカブる部分のある、しかし両極端の投稿を頂いたので(笑)、一緒に回答します。
   ん~なんちゅーんでしょうかねぇ、いや、ハイディはカッコイイんだと思いますよ。一般的に。
   ただ、自分がもうその・・・一般感覚から大きく逸脱してる自覚があるので、
   なんというか・・・例えば 『ハイド好きに100の質問』 ってなやつの13問目の質問回答でも
   こう言ってるんですよ、鈴木は。 

   Q13. hydeさんてかっこいい?かわいい?それともどんな?
   →それ系の回答はすでに今この世に存在する言葉じゃ言い表せないんだって。


   もう、ヤバイです、確実に頭イッちゃってます(笑)。
   そんな言葉では言い表せない感情を煽ってくれるハイディが、例えばソロとかで男前な
   ライブ(FAITHツアーとか)をやってても、「カッコいいアクションをしてるな」と思うことは
   あっても、ハイディ自体に対して「カッコイイ!(゚∀゚)」と思うことはないというか・・・
   「カッコイイ」なんてヒトコトでは言い表せない気持ちになってるというか。
   普段「ふにゃ~(*´∀`*)」なハイディがカッコイイことをしてればしてるほど、単なる
   「カッコイイ!」では済まない『何か』が溢れてきます(笑)。つまり、それが、『アレ』状態。
   【FAITH DVD】のミッドナイトなんて、以前鈴木も日記で「ミッドナイトが一番キた!」って
   言いましたが、まさにもう『アレ』の極地な心境ですよ。すーごいテンションもブチ切れてて
   カッコいい演奏をしつつ、何故そこで内股!?みたいな。ギャップに弱いんだな。だからさ、
   ハイディは「可愛い」と「カッコイイ」が見事に半々・・・てことでいいんじゃねーの(笑)?

   最後に2問目の方の回答追記。「全く狙ってませんがな!」
   てか、「鈴木ハイド」って響きいいか(笑)?

Q. 「REAL東京ドームハイドチャンネルのようなハイドさんをもう見ることはできないのでしょうか?
   WOWOWラニバのハイドさんはそれは美しいですが、毒が抜けたというか妖気が減ったように
   感じます。幸せでいて欲しいと思いますが、無償の愛を知ってしまった今では、
   あの恐ろしいほどの色気は無くなってしまったのかと思うとちょっぴり残念な気がします。
   この先ハイドさんはどうなっていくと思われますか?」

  →うん、鈴木も心底もう一度、あの恐ろしいくらいの妖気を纏ったハイディが見たいです(´Д⊂ヽ
   本当に・・・・・・・あの時のハイディには、何かよろしくないモノが憑いていた。
   すんごいこちらの方のおっしゃってることに頷きましたよ~、鈴木も。
   ラニバのあのキリキリマイなスケジュールの中で、追い詰められて『歌うアンドロイド』と
   化しても、やっぱり今のハイディには余裕があるというか、愛と自信に満ち溢れている(笑)。 
   REALん頃みたいなハイディをもう一度拝む、というのは多分かなり難しい願望だと思うので、
   あの『魂のあるアンドロイド』に代わる何か・・・壮絶な妖気を纏った『異質な人』の姿が見れる
   機会があることを祈りましょう(笑)。その為にはまず、ハイディにもう一度「アーティストhyde」
   と「本来の自分」との間に距離を作ってもらって、完全に人間から離れてもらわにゃならん。
   それがすごく苦痛と苦悩をもたらすことだとは解りつつも、ファンって貪欲だなぁ。

・・・と、ここで。

以前日記として書いていながら、なんだか思いもよらないシリアスかつマジな内容になってしまったので、お蔵入りしていたテキストを『続きを読む』以降にアップします。
ちなみに、そのテキストの保存名は【ハイド語り】です。書いていたのは昨年12月の中旬頃。我ながら、よくぞまぁ会ったこともない(対面で、という意味)他人について、これほどマジで語れるよな~と思います(笑)。その『「勝手にやり過ぎ」感』が、このテキストがボツった最大の理由です。

 

[ 続きを読む ]

2007/02/09 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
2007/2/6
エルレの幕張も、ウーバー&シドのAXもチケットが取れねぇぇぇぇぇぇ・・・_| ̄|○
鈴木の2007年ライブ初めはいつになることやら。一般なんかで取れるんだろうか。
(ウーバー&シドの2バンライブの情報メールをくださいました某M様、有難うございます!)

それと、雑誌【音楽と人】に毎年恒例の天嘉レポ。
読んだ感想、ぶっちゃけ・・・

ハイディが恐ろしく可愛くて参る(*´Д`*)

『「ショットガン!ショットガン!」で周りを引かせるハイドの図』を想像して鼻血出そうになったわ。
お気に入りのモトリーやって、大好きなアイムソもやって、ハイディのテンションはよほどスパークしていたと思われる(笑)。妙にアルコールと相性がいいハイたんのハジケっぷりが微笑ましい。ケンちゃんに「来るの早くない?」と言われて「見とこっ、と思って」という返しに、『萌え職人』の技を見たネ!

さて、質問回答ー。

Q. 「以前、日記でV系バンドについての質問があったので便乗してコメントを送らせて頂きました;
   私はL'Arc~en~Cielに魂を捧げ、SIAM SHADEを永遠に愛し続けることを誓った高校生
   なのですが(笑)その2つのバンドの他に、Dというバンドが最近すごく好きです。
   すごく申し訳ないんですが、その他のV系バンドには全くというほど興味が無くて
   (むしろ音楽的に好みじゃなかったりすることが多いので;)
   自分が「V系好き」だと言うことに大してすごく抵抗があったんです。言ってもいいものかと。
   鈴木さんのコメントを見て「確かに!!」と思いました。ひとくくりにはできないですよね!
   そして、そのDというバンドですが、私の友達にMDを貸してみたところ「ラルクっぽい;」と
   言われ、自分はそう思わなかったのでびっくりしました。たしかにボーカルの声が少し
   似てるかも…といった感じですが(hydeさん+Gacktさんっていう表現がぴったりかと)
   もしよかったら暇つぶしにでも聴いてみてください♪」

  →うん、別にメイクしてキレイな恰好してるバンドが好き、ってワケじゃない場合は
   「V系好き」と言うには抵抗があるやもしれませんなぁ。やっぱり音ですよ、音楽は(笑)。
   機会があったら今度そのDというバンドの音を聴いてみますね(*´∀`*)
   しかし「hydeさん+Gacktさんの声」ちゅーたら、すごくぶ厚そうな声だな~。 

Q. 「(前略) ところで、ハイたん食う時の味付けは何が合うと思いますか?(笑)
   私は、小池徹平クンを見ると(あ~!!くっちゃいたい!!!)といつも思います!!
   そろそろ、若い子のエキスを取り込まないと小じわが・・。
   ちなみに、餅にくるんで砂糖じょうゆか、餃子の皮にくるんで酢じょうゆがベストかと・・。」

  →あぁ!どうも~!去年のライブレポはお役に立てましたでしょうか?
   さて、質問回答ですが、ハイたん食う時の味付けは・・・・・・・・おろしポン酢? 
   和風であっさりいただきたいです。すんごいコラーゲンが大量摂取できそう(笑)。 

Q. 「以前シドのマオがハイドさんの事をめっさ尊敬しているっていう事について話していましたが、
   その事で結構「歌い方をパクってる」って批判している人も多いそうです(>_<)
   あと、鈴木さんはアリス九號ってバンド知っていますか??アリスのVoの将もハイドさんの
   ファンで、彼も・・と、いうより、彼の方がパクってるとよく言われています。
   私も彼に関しては曲によっては「あっ、今のハイさんに似てる」とも思うのですが、
   私はあまりウザイとか嫌だって思わないのですが・・・むしろ、ハイドさんのことを尊敬して、
   リスペクトしたり、目標にしてくれてるのかな・・・って、ちょっと嬉しく思ったりするのですが・・・。 
   (でも曲をパくると怒るんですけどね 汗)私ってずれてるんですかね・・・??」

  →鈴木もパクリとかってなんとも思わない人なんで、「歌い方をパクってる」ってので批判する
   人たちの心理がよく分からんです(笑)。鈴木は曲をパクってるのを見ても、別段なんとも
   思わないくらいなんで・・・。音楽なんて、特に若いうちはパクってナンボじゃないのかねぇ。
   多くのミュージシャンは憧れから音楽を始めるもんだと思いますよ。パクられたアーティスト
   本人がウザがるならまだしも、ファンが怒るところなのかなぁその辺って(笑)。 
   天嘉のカバーで物議を醸した時もそうなんだけど、鈴木は基本ラルクさん以外にそれほど
   興味がないので、なんていうか・・・本当に「なんとも思わない」んですよ。逆に、「ラルクが 
   後輩バンドの音をパクった」となれば、さすがに鈴木も多分黙ってないと思います。
   それはラルクさんに対してファンとして苦言を呈す、という意味ね。だからそれ以外、若手の 
   誰かが先輩の何かをパクってようと真似してようと、別に「ふーん」という感じかな。 

Q. 「ダイスキです。私のお嫁さんになってください。」
  →こんな変人でよければ(*´∀`*)


[ ※以下私信 ]
にーなさん
お返事が遅くなっちゃってごめんなさい~~~~!!
いつにしましょうかね?今のところ17日(土)辺りなら鈴木はオッケー
なんですが、ゆきやちゃんはどうかな(笑)。
というか、携帯の番号交換してませんでしたね(´∀`;)
ゆきやちゃんは知ってるのかな?

 

2007/02/06 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/4
○業務連絡

どうもここ最近(1/30頃から)、サイト・ブログとも質問フォームがブッ壊れていた模様。
これまでずーっと使い勝手が良過ぎる某レンタルフォームを使用してたんだけど、いよいよそのサービス自体が停止してしまったようなので、急遽自前でスクリプトを設置しました~。

ちなみに自サーバーに設置しているので、今後はサイトが正常に表示されてる限りはフォームもサバ落ち等の動作不良はないと思います。どうぞお気軽に投稿くださいませ(*´∀`*)

 

2007/02/04 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2007/2/3
【MASTERPIECE】以降、どうもチェックを怠り気味だったリップスライム。( 理由は この辺
昨晩パソコンをカチャカチャやりながら、テレ朝の【虎ノ門】終了後になんとなくチャンネルをTBSに変え(その時は通販番組をやっていた)、そのままBGM代わりにテレビを付けっぱなしにしていたところ、もうすぐ深夜4時になろうかという頃、テレビからなにやら聴き覚えのあるハーモニーが。

・・・ん、え?リ、リ、リップじゃン!?

すすすすすすっごいビックリしたんだけど(笑)!何コレ?神様のお導きですか??
去年のクリスマスに恵比寿で行われたライブ【RIP SLYME CHRISTMAS CLASSICS】が放送されてたよ!全っ然知らなかった・・・。ていうか、TBSにチャンネル変えてた自分が奇跡だマジで。

完全復帰したフミヤの姿を初めてハッキリ見たんだけど、ちょっと肉付き良くなっとるな(笑)。
ペス君はかなり痩せてイイ感じだ。お子ちゃま体型だ。ていうか、雰囲気もお子ちゃまのままだ。
スーさんの宴会部長なハッチャケぶり(頭にネクタイ巻いて千鳥足)とカッコ良さにクラクラして、イルの不思議ちゃんな感じに癒されて、さらに増したリョージ旦那の貫禄に嬉しくなりました。

ライブ自体はオーケストラをバックに据えて、クラシックかつすごくポップなライブだったんだね~。
いかにも「パーティー★」って感じで見てて面白かった(笑)。客も多いねー。4000人くらいかな?
しかし、あんな雰囲気の良いライブ映像で見てもやっぱり「昔の音の方が好きだなぁ」とか思ってしまう自分は、やっぱり『第二期リップスライム』とはどうも路線が違うんだろうな。残念。
ラストソングが【マタ逢ウ日マデ】だったのはたまらなく嬉しかったけど(*´∀`*)
てか、リップもライブでプロペラやるようになってたんだ(笑)。モノさんも去年からやり始めてたね。あれ楽しくて好きなんだよ~。ロック系アーティストのライブではあんまり見ないけど。フェスではたまに見るか?鈴木が「今日はあんまり暴れないよ」と言ってたライブでも、毎度一応必ずタオルを持ってるのはそれが理由です(笑)。

しかしリップは本当に『イイ曲』を作るようになったと思う。アーティストとして成長しとるんだろうよ。
だがしかし、前にも言ったけど鈴木は音楽にそういうのはあんまり求めてないのだ。

その点で考えると、本当に鈴木が長いことラルクを好きなのって奇跡に近いよなぁ~。
HYDEソロなんて初期の【ROENTGEN】から【FAITH】に至るまで延々とツボを突いてるし。ハイディは言うまでもなく音楽の基本センスが「変!」なわけで、『アーティスト的成長』をいくら遂げたとて、その性格とかクセまでは変わらないから、これほど長いこと彼が生み出す音を聴いてても一向に興味が失せないんだろうね。(この辺の感覚を、鈴木はハイディが度々口にする「初期衝動」という言葉の意味だと思っている。ハイディはどこまでもロックな妖精だ)

ちなみにテツさんが作る音は、もともと鈴木の好みとはちょっと異なります。以前テツさんが【finale】を作った時、「どうも僕はポップなものしか作れないと思われてるみたいだから、それが癪で」みたいに言ってて、鈴木は思いっきりテツさんに土下座したくなった人なんですが(笑)、テツさんは相変わらず『ラルク』ではポップ担当に徹してるね。好きでやってるのか、必要に迫られてやってるのかは分からないけど・・・たまには【finale】第二弾をやっても誰も怒らんと思うよテッちゃん。むしろやって。

で、ケンちゃんに関してはツボなものはたまらなくツボなんだけど、最近の『穏やか傾向』には自分の好みとは一抹のズレを感じないでもない(かつての【fate】から始まり【花葬】【浸食】【forbidden lover】【真実と幻想と】【Butterfly's Sleep】に至るまでの「暗ぁ~くて重たぁ~い路線」は鈴木的に超絶神ラインで、ソップの【gimme A guitar】なんざ『鈴木的一生の名曲』だ)。

ユキヒロ様の音は鈴木の好みのさらに上をいく音なので、どうしたって好きになってしまう(笑)。
音よりもリズムに重きを置いてる曲ってのは、基本的に鈴木の好みに合致しやすい。
だから【ectomophed works】も大好きだ(あれはリズムと音との融合加減がすんばらすぃー)。

でもって、それぞれ作曲者の傾向によって鈴木の好みの曲とそうでない曲とが出来るけど、『ラルク』で演奏されることによって「好みでなかった音」が好きになることもよくあります。逆は一度もない。この辺の「バンド★マジック」が恐ろしいわ~。本当に器用で絶妙なバランスのバンドね、ラルクは。

ま、それはあくまでも「鈴木の好み」の話なので、決して「イイ曲」「ダメ曲」とかって話じゃないよ?
むしろ、鈴木が興味惹かれない曲の方が世間的には「イイ曲」という評価を受ける傾向アリ。

・・・おや、リップを語ってたはずが、気付けば思いっきりラルクを語ってる!?
しかもかつてないくらい、マジメにメンバー個々の音にまで言及しているじゃないか(笑)。
ま、そんなわけで、今後もしばらくはリップのチェックは怠り気味になりそうです。

 

2007/02/03 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
2007/2/2
突然ですが、【リトル・ショップ・オブ・ホラーズ】 ってすーごく可愛い名前だよね。
以前から気になってた映画(知ってる人も多いでしょ)なんですが、昨日偶然にもBS2で放送していたのでソッコー録画。「ホラー」という名は付いてるけど、この映画はSFX・ホラー・コメディなんですよ。何を隠そう、鈴木が一番好きな分野の映画です(笑)。(←本気のホラーはマジでダメな人)
ちなみにこの映画、新聞のテレビ欄にはこんな風に紹介されてました↓

「ロジャー・コーマンの同名映画(1960年)を基にした劇場ミュージカル(1982年)の映画化。
ニューヨークの下町の花店で働く気の弱い青年と、ふとしたことから彼が育てることになった吸血植物との奇妙な交流を描く。」


映画がミュージカルになってさらに映画になって帰って来た!みたいな。ひっぱりダコだわ。
新聞だけになかなかマジメな印象の紹介文だけど、実際は こんな映画 なんだよね。
ちなみにロジャー・コーマンは「B級映画界の神様」だそうです(笑)。こういうの大好きだわ~。

さて、そんなわけで質問回答~。ちょっとスペシャル気味な回答数です。溜めてごめんなさい。。

Q. 「さて・・ツアーの先行予約が日々近づいてきていますね・・
   お、お金がないです。・゜・(ノД`)・゜・。ウワァァン。・゜・(ノД`)・゜・。ウワァァン
   鈴木さんはS席かA席どちらに応募しますか?どれくらいの公演を応募しますか?
   みんなどうなんでしょう・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
   全部応募したいケドもしも全部当たった時はむしろ撃沈ですよ( ´;゜;ё;゜;):;*.':;ブッ
   いや、全部申し込むなんて勇気最初からないですけど・・(´Д`*)
   そもそもどんな感じのツアーになるんでしょうね?ツアー前にやっぱりアルバムが
   発売されるんでしょうかねぇ?なかなか想像できないですけど・・楽しみですo(≧▽≦*)o笑
   とりあえず鈴木さんレーダーを鍛えておきますね(*´∀`*)」

  →りなさんの投稿は開けた瞬間に誰だか分かるな(笑)。可愛いなぁ。
   で、そうそう、ツアーの先行ね・・・・・・・・・ホント、みんなどーなの?
   一応「絶対行きてぇぇぇ!!」な本命が4本、「行けたらいいナァ」なのが3本ってとこかな?
   ちなみに鈴木は関東は全捨てしてます(笑)。東京が無い時点で、もう関東はいいや~と。
   んで座席なんだけど、これは本当にまだ決めてません。どっちがいいのかなぁ。

Q. 「え~昨年15シングル発売時オリコンで「ラルク軍団」と書きこまれラニバライブのレポでは
   「無敵艦隊」と称されていました。J-POPでのラルクの位置は「攻めてくる軍隊」なのでは
   ないかな?と思い立った次第で、ぜひ鈴木さんの意見をお願いします。」

  →なんだろうね、なんか『シールド張った不気味な戦艦』って感じがする(笑)。
   普段はその姿は見えないんだけど、唐突にザッブーンと現れる巨大潜水艦?
   オリコンに支配された音楽チャートシーンで、出せば漏れなく上位をかっさらう彼らの存在は
   不気味だろうね(笑)。「J-POPシーンで」というよりも「メディア業界で」、という感じなのかな。
   メディア(雑誌、テレビ、ラジオ、インターネット等)はどうしてもラルクさんを認めたくない
   『何か』があるように思う。持ち上げても利益になりにくいバンドだからかね(笑)。
   ・・・笑いながらも何気にシビアなことを言ってる自分が怖いな。ある意味、同業だからさ。

Q. 「2ちゃんの化粧板とか美容版にハイディのスレたってるのしってますか?なんか微妙に
   趣旨がずれてるのに荒らしもなく地味に生き延びている姿がほほえましいです(笑)」

  →へぇ~、知らない(笑)。鈴木、ねらーじゃないので全然2ちゃんって知らんのですよ。
   良かったら今度そのスレのURL教えてください(*´∀`*)

Q. 「もう既出かもしれませんが、今日このOLIVIAの2ndソロPV「re-ACT」を見たら目が点になって
   しまいましたΣ(゜Д゜; (諸事情によりURLは省略)
   ほんとハイドさんにしか見えないシーンがあって…そのたびドキっとしました笑
   ほんと似てると思いませんか?男性のハイドさんの美しさを改めて実感しました。。」

  →はいはい、早速オリビアちゃんのPVを見てみました。いやホントに、うん、似てる(笑)。
   全部が全部ではないけど、ふとした拍子に『ハイディの顔』があった!すごいねぇ・・・。

Q. 「今まではレンタルで済ましていたんですが、今年からラルクのCDを本格的に集めることに
   しました。シングルは20枚くらいそろったので、残りは後回しにして、アルバムを購入しようと
   思ってるんですが、鈴木的オススメのアルバムを教えていただけないでしょうか?
   ちなみに、「ark」「ray」(どちらも1999年時)は何故か持ってました。
   ベストも欲しいのですが、3枚のうちどれが一番オススメですか?
   (いずれ全部そろえるのですが、お金ないしまずは評判がいいものを知りたいと思いまして)
   もしよろしければお答えくださいませ。」

  →一応、一般的な人気アルバム状況は こんな感じ ですね。(by 【RS】リサーチ)
   で、「鈴木的オススメアルバム」となるとまた少し順位は変わってきまして、
   鈴木のオススメは以下の通りです。簡単な解説付き(*´∀`*)
   ・ オススメ第一位【REAL】・・・好き嫌いがハッキリ分かれるアルバムです。中毒性高し。
   ・ 第二位【HEART】・・・粒揃いの名曲集。でも普通の人が聴いたら全体的に印象は暗い。
   ・ 第三位【ark】・・・とにかくバラエティ豊富。ラルクさんの『音の玉手箱』。ダブルミリオン盤。
   ・ 第四位【True】・・・旧ラルクさんの虹色音カタログ。初ミリオンの名盤。
   ・ 第五位【Tierra】・・・なんたってラルクさんの原点。(【DUNE】は今回は除外)
   こんな感じかなぁ。一位は思いっきり鈴木の趣味に走りましたが(笑)、
   それ以下は自分の好みはさておき、『鈴木が人に勧めるならこの一枚!』という順位です。
   決して『鈴木の好きなアルバム順』ではないですよ。ぶっちゃけ【AWAKE】の扱いに
   ものすごく困りました(笑)。でもあれは「オススメ」するにはちょっと違うかなぁ、やっぱり。
   個人的に上記の【REAL】を除く4枚が初級編なら、【ray】【SMILE】が中級編、
   【DUNE】【heavenly】【REAL】【AWAKE】が上級編って感じがする。マニア度が。
   で、超上級編に【ectomophed works】がくる、と(笑)。
   それと3枚ベストはぶっちぎりで【C/W】ですね。あ!【Clicked Singles Best 13】もあったか!
   あれ自体はベストだからシングルをほぼ揃えてるなら必要ないけど、【Anemone】だけは
   是非とも手に入れて頂きたいと思います(*´∀`*)

Q. 「私は大学生で、近くのスナックでバイトしています。(スナックといってもカウンターだけの、
   常連さんの多いところなのですが。)
   鈴木さんと同じように私も去年の夏はライヴと某カフェに明け暮れていたのですが、
   毎週のように東京や名古屋に行っていたため、とうとうバイト先のママさんやお客さんに
   私がおかしいくらいラルクファンだということを話す羽目に陥りました・・・
   幸い笑って(苦笑?)済ませてくれたので今年も心置きなく追っかけたいと思います(笑)
   ただ、有線で突然ラルクが流れるとつい顔が緩んでしまったり、「高校生クイズ選手権で
   司会をしてるラルフが~」という会話で、つい「ラル」まで聞いて噴出してしまったりと、
   ちょっと支障が出てきています;
   あと、あまりにも酔ってきて説教し出すおじ様が来た時等はひたすらhydeさんとゆっきーの
   ことを考えてやり過ごし、バイト後着替えるときに携帯の待ちうけのhydeさん(ルシエルネット
   の待ち受けで舌を出しているもの)を見てまず癒され、帰りは大音量で落ち着くバラード
   (最近は「あなた」)を聞きながらでないと落ち着いて帰れなくなってきました;
   これは『アレ』なのでしょうか!?
   鈴木さんは嫌なことがあったりするとどうやって解消しますか?」

  →や、病んでおられる!!いやいやいや、決して「アレ」=「生活に支障をきたす病」という
   意味で鈴木はあの言葉を使ってるワケではないですよ!もはや言葉では言い表せない
   『気持ち・感情』の代わりに、それらを総じて『アレ』と言っているだけで・・・。
   しかしすごい中毒性ですね。まるでラルクさんが麻薬のようだ(笑)。
   まぁ成長につれて、そのうち脳内に抗体が出来て免疫が働くようになると思うので、
   「ラルクの曲を聴かんと落ち着かん!」とか「ついついメンバーのことを考えてしまう!」
   とかってのは、そのまま続けてても平気だと思うよ・・・多分。
   で、鈴木は嫌なことがあった時は『解消』するまでもなく自然と『忘却』の機能が働くので、
   とくに「これをやる!」ってのは無いです(笑)。理不尽なことでイラッとしたりムカッときたら
   その場で言ってしまう方だし、「自分が悪いかもしれない」と思った時はすんげー考えて
   しまう方で、考えてるうちに「嫌なこと」ではなく実感を伴った「事実」になるというか・・・
   自分一人が『解消』とかしてスッキリしていいことじゃなくなるというか・・・・・・ね。

Q. 「先日の日記(2007/1/16)で会報のhydeのコメント(→ライブで一瞬○つけようかと思ったけど
   やめたよ)にえらく反応されていましたが、鈴木さんならどんな○をご所望されますか??
   …といいますか、他にどんなコスプレしてほしいと思いますか??」

  →全身動物着ぐるみ。もしくは・・・・・・・・あ、ダメだ、これはさすがに言えねぇや(笑)。

Q. 「鈴木さんこんにちは。私はこのサイトを見てファンになったようなものです。
   ふと、気になったんですけどDriver's highのPVでhydeさんがシャンパンとかふつーに
   飲んでるんですけどあれって飲酒運転じゃないんですか?当然あれは水なんでしょうか?
   だとしたら水であれだけはっちゃけられるのはすごいと思います。」

  →うわ、「このサイトを見てファンになったようなもの」ってスゴイですね(笑)!?マジですか!
   ウチのサイトの果たしてドコに『ラルクさんに惹かれる要素』があるんだろうか・・・。
   それはさておき。ドラハイPVについては、あれは多分本物のシャンパンだと思うんですが、
   まぁ場所はアメリカですし・・・と言っても、アメリカは日本よりも飲酒運転に厳しい国だけど。
   撮影とかで道路封鎖してやる分にはいいんじゃないんですかね?なんせアメリカですし(笑)。

Q. 「3週連続でスーパーサッカーを見忘れるというのは、自分にtetsuさんへの愛がないから
   でしょうか。今週も忘れそうです…orz」

  →大丈夫!鈴木もですから(笑)!先週なんて久しぶりの『バナナ』(スパサカの名物コーナー)
   をやってたってのに、見事に見忘れました・・・(´Д⊂ヽ

Q. 「(前略) それはさておき、鈴木さんそっくりさんの件ですが、
   ここにそっくりさんがいらっしゃいました。(URLは伏せマス)
   あたしこんな顔じゃない!と思われましたらごめんなさい…私的には似てるんですが…。」

  →いや、これね、URLを伏せたことで分かったと思うけど、会社で同僚に見せたらみんな口を
   揃えて「あ、分かる、似てる・・・っていうか、すごく似てる!ちゃんと見れば見るほど似てる!」
   って言いましたよ(笑)。あんまり『自分の顔と似てる』とかいうのって、自分では分からない
   ことが多いと思うんだけど、これは確かに自分でも「結構似てる・・・気がする」と思った(笑)。
   なんだろう、タレ目なところと、締りのない口元かな?微妙にホクロの位置とかも似てるな。

 

2007/02/02 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。