脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2006/11/28
終った・・・・・・・・・・・・・・・・・・終っちゃった。

ちょこちょこ他サイトさんの感想とか読んだんだけどさ、みんなよく書けるよな~(笑)。
今回色々な方からすごくライブレポを期待されとるんですがね、鈴木はどうかなぁこれ、書けるのか?毎度ライブん時はレポの為に『記憶用頭脳』を3割くらい残して楽しんでるんですが、今回は10割、100%、いや、むしろ120%の勢いで、全てがライブに持っていかれた。

鈴木、生まれて初めてライブ中に泣きましたもの(*´∀`*)

もうさ~、決して短くは無い期間、鈴木は彼らが好きで、彼らの姿を見てきたのだよ。
自分でも「なんでこんなに好きなんかな?」とか疑問にすら思ったよ。そしたらさ、ハイディの・・・

「どうしてこのバンドはこんなにたくさんの人に愛されてるのか、不思議に思うこともあるんですけど」

っていうMCが心臓に刺さりまくって刺さりまくって。分かんないよね、ホントに。

「周りのバンドはみんな無くなってしまって。居なくなってしまって。知り合いは。」
「挫けそうになったことも迷ったこともあったけど・・・それぞれがね」
「でもそういう時に支えてくれたのは皆の存在で、こうして今まで続けてこれたのは、
 本当にみんなのおかげだと思ってます」
「今日ここに15歳以下の人いる~?(客 : いるー!) 生まれる前からやってるんだよ~?」

(↑「生まれる前から~」と言う時のハイディが、首を傾げてすんっごい優しい笑顔で言うの!)
「今回が15周年ってことは、次は30周年になるのかな(笑)?」
「俺の腰が曲がってきても、みんな来てくれる?」



い、い、行くよバカーーーーー!!(*´Д`*)ノ


みたいな。2日間のハイディMCの全てが異様なほど鈴木の胸を打ってくれましたよ。もうマジで無理。ライブも本当に良かったんだ。すっげぇ良かったんだよ。ハイディも恐ろ可愛いしさ、演奏も上手いしさ。でも、鈴木はただただ『15年続いてきたラルクアンシエル』のその姿、その全てに圧倒されて、感激してました。も、なんつーんだろう・・・

このバンドは、奇跡だなぁ。

そう、思った。
あはは、なんかダメだね~(笑)。自分の許容以上のモンを、多分受け取ってしまったんだな。上手く言葉にして吐き出すことが出来ねぇよチクショウ。なんだろうなぁ、今回のライブは本当に・・・ラルクさんの過去の色々な姿を知っていれば知っている人ほど、感じるモノの重みが増すというかなんというか・・・みんなが「当たり前」だと思ってた姿が、実は当たり前なんかじゃなくて、その姿を変えることの葛藤や、維持することの難しさは本当に筆舌に尽くしがたいものなんだろうと思うのね。それを微塵も表に出さずに継続するには、一体どんな力が、どれほど必要なんだろうか。人ってさ、経験を積んで、自分を受け入れて、歴史を重ねた方が、絶対に魅力的になるじゃないですか。

まさに、ラルクさんがそんな姿だったんだよ。

すごい。好きとかなんとかっちゅー感情を超えて、鈴木が感銘を受ける数少ない存在です。

まだ心の整理がついてないというか、色んな衣装の妖精ハイディが手と手を取り合って鈴木の脳内お花畑を輪になってくるくる踊り回ってる状態なので、ライブの感想はまた後日(笑)。とりあえず、鈴木が「モハッ!!!!!!(*゚Д゚*)」となってしまった初日の【I'm in pain】のハイディは人間でも妖精でもレッサーパンダでも天使でも悪魔でもなく、まるで未知なる生き物でした・・・何すかアレ・・・・・・・・(放心)。

 

スポンサーサイト
2006/11/28 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/25
ラニバーサリー、初日終了。


スススス、スッゴイ!!


しょっぱな、ハイディの驚愕の衣装に昇天。
再び衣装チェンジしたハイディの驚愕の衣装に昇天。
ド肝を抜くレア曲の演奏&ハイディのスゴ過ぎるアクションに昇天。
約4時間弱の超ロング公演に昇天。

もう・・・素晴らし過ぎて言葉にならない。
ライブ冒頭でいきなり「萌え」を越えてしまって、鈴木&ゆきやちゃんはしばし絶句しました・・・。

 

2006/11/25 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/24
あああああああ明日だねぇぇぇぇ~~~~!!!

楽しみ過ぎてどーにかなりそうです。いや、その前に一週間ほど前から続いてる下痢のせいでお尻のANAの方がどーにかなりそうだ。相方のゆきやちゃんは絶賛レディースデイ突入中らしいし、本当に神チケの呪いですかねこれは(笑)。

グッズは多分毎度恒例のパンフとタオルを買うかな?
「パンフごときがとうとう4000円の大台に乗ってしまった(゚Д゚)」という驚愕の事実には、あえて目を伏せましょう。それと方々で話題騒然の『いちごパンツ』。「デザインが違う!これじゃない!」という意見が大多数ですが、鈴木はむしろ・・・

あの絶妙な外し感こそラルクじゃないかッ!!

と、思う(笑)。うん、あえて『パンツ』というアイテムをもってきながら、あそこまで見事に『いちごパンツ』のイメージを外して、ガチなショーツ形でやるとは・・・やろうと思っても出来るこっちゃないべ。

「ギャグなのかマジなのか・・・わ、分からん!」

それこそがラルクさんの『遊び心』の真髄だと思うのだ。

・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「強引技一本!」の、本日の日記(笑)。
ラニバを前にして、いよいよ頭もオカシくなっとるんです。

そうそう、ラニバも直前にしてこんな質問を頂きました~。

Q. 「(前略) 私はラニバにいけません(涙)ですが、当日のセットリストはすごく気になります。
   鈴木さんは、ラニバ2日目のラストの曲には、どの曲が選ばれると思いますか??
   私はやはり虹がいいなぁと思っていますが、友人はDearest Loveがいいなぁ、
   と言っています。鈴木さんの予想がお聞きしたいです。」

  →ゲスブの方にも書き込み頂いてありがとうございまっす!(*´∀`*)
   こんなサイトで元気になってもらえて、こちらもとても嬉しいです(笑)。
   さて、大胆にも最終日のラストソング予想ですか!
   鈴木は・・・そうだなぁ~、やっぱりドーム最終日といえば【あなた】の印象が強いですねー。
   予想というわけではないんだけどね。純粋に予想するなら、やっぱり【虹】とかかな?
   希望は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダメだ、あり過ぎて絞れねぇ(つД`) 
   つーか、こうやってセトリ予想してるだけでお腹が緩んでくるよ、緊張で(笑)。

 

2006/11/24 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/23
ラニバーサリーまであと二日・・・楽しみ過ぎる。
ASIAライブとは比べものにならないくらい楽しみなのは、やっぱりアニバーサリーの『特別感』かしら。『現在』の本体は一切動かずに、ラルカフェで『過去』の4人の姿を見せられたのも大きい気がする(笑)。

さて、またまたラニバーサリーに関するご質問をいくつか頂いたので、繰上げ回答します~。

Q. 「あたしも友達がネ申チケをとってくれて楽しみすぎて気持ちわるいくらいウハウハ
   してますヾ(*´∀`*)ノ 私、鈴木さんを探して影から見ていようと思います|壁|・`)
   って探し出せるのでしょうか(*´∀`*)?笑
   鈴木さんは今の髪型はロングですか?ショートですか?(*゜д゜*)笑」

  →おぉ~!神チケをゲットされた方がここにも!てゆーか、りなさんだ(笑)!
   えーと、今の鈴木の髪型はちょうど肩くらいかな?ボブってやつですかね。
   
   こんな感じ。色がかなり明るいので、フツーに頭悪そうな外見だと思います。
   頑張って探してみてくださ~い(笑)。

Q. 「東京ドームで鈴木さんらしき人をみかけたらそっと話しかけてもいいで すか・・・?」
  →はい、いいですよ(*´∀`*)これで探し出せたら『ラニバの奇跡』と呼ばれると思います(笑)。

ここから先はラニバには関係ないんですが、ちょうど『鈴木を見付けた!』的なお話だったので、流れで続けて繰り上げ回答します。

Q. 「ハロウィンレポにハイドファンの熱を感じました…
   この白いヘッドドレス?をされてるのが鈴木さんなんですか!?」

  →いやいや、この鈴木がヘッドドレスなんぞするわけがありません(笑)。
   恐らくそれは連れのアホメイドちゃんの方ですね。鈴木はその右隣です。残念!

Q. 「(前略) MONORALのHPで日記のとおりの鈴木さんを発見して一人『はわぁぁぁぁ////これが
   りこの憧れのススギさんなのですね////』とうれしくなってついに一言おくってしまいました☆」

  →熱~い感想メールありがとうございます!鈴木が日記に書いた特徴を手掛かりに、見事に
   発見された方がいらっしゃいました(笑)。本当にヤル気なさ過ぎな写真写りですんません。

最近はひたすらラルクさんの曲を聴いてます(*´∀`*)
そして結局、自分がリクエスト投票で何の曲に票を入れたのか忘れたというオチ。確か最後に入れた曲がその人の投票として採用されるんだよね?なんだっけ・・・3曲くらい押したんだよなぁ。

 

2006/11/23 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/19
先週のMステにウーバーちゃんが出演。
あれ、なんか、∞が妙に可愛いくねーか?キラキラ度がアップしてる気がする。これが「イイ曲作っちゃうぜ!」モードの証なのか。純粋だよな~ホントに。「真っ白」とか「無垢」という意味ではなくて、「真っ直ぐ」で「混じり気なし」という意味の『純粋』ね。本当にタクヤ∞を見てると不思議な気分になるよ(笑)。

それより、昨日のCDTV見てビックリしたっつーの!

RADWIMPSの新曲が4位に入ってる~!?

すげーな!ナニがどーしていきなりこんなメジャーなバンドになってるの(笑)!?
新曲の【セツナレンサ】については、以前こんな投稿を頂いて鈴木もチェック済みでした。

「ウーバーさんに対しての変テコリンな曲のリクエストと見て思い出したんですが
 ちょっと(だいぶ?)前に話題にあがってたRADWIMPSって憶えてますか?
 そのRADWIMPSが【へっくしゅん】程ではないですが
 ヘヴィで変な新曲【セツナレンサ】って曲出したのでゼヒチェックしてみてください♪」


ラッドは鈴木も結構気に入ってまして、その後もチェックしてますよ~♪
確かに【セツナレンサ】はかなり「変!」な曲で、鈴木も久しぶりにウハウハしました(笑)。昨日のCDTVで流れた部分だけ聴いたら、至って普通の『イイ曲系バラード』で「どこが変なの?」って感じかもしれないけど、実際はあの部分以外がほぼ全部「なんじゃこの音とリズムは!?」ってな感じです。本人らは「ハードロックを作ろうとしたらこうなった」とか言ってるけど、あんなサイケデリックでアバンギャルドなハードロックは無いだろう。「フランスに居たらいきなり京都に足を踏み入れた感じ」とかなんとか言ってたぞ。どんな曲やっちゅーの(笑)。
そんな曲が、見事にマトモな音の部分だけ拾われて放送されてたのに、TV局側の作為を感じたなぁ。世間的にはそんなに「変!」曲は受け入れられないもんかねぇ。しかしそんな【セツナレンサ】も、鈴木的にはやっぱり【へっくしゅん】や【イーディーピー】を越えることはなかったな。
いや、マジで【へっくしゅん】に関してはちょっと桁外れに鈴木のツボを突いてるんだよね。

・・・って、本当に鈴木はヘヴィーでラウドな変テコリン曲が好きだな(笑)。

だからエルレも結構ツボだったりする。エルレの場合は曲自体はそれほど「変!」なわけじゃないけど、とにかく音がヘヴィーですよね。音が厚いっちゅーか塊になってるっちゅーか。インディ特有の音質もあるのかな?あれがプロになって、もっとお金のかかったハイクオリティな音質になったらまた印象が変わっちゃいそうだ。ああくそ!来年のワンマンツアーのチケが取れなかったYO!!一般も・・・これじゃ無理だろうなぁ。しかしラッドしかりエルレしかり、最近のロックバンドは英語の発音が本当に堪能ね。バイリンガルなヴォーカルが標準装備されてるのが素晴らしい。

さて、ここからは毎度お馴染みラルクさんの話題です。

待望のライブまで、いよいよ一週間を切りましたね。あのオフィのリクエスト企画・・・中間発表があるとか言っておきながら、いきなり「25日に上位20曲発表★」て。

それもうライブ当日やがな。

いや、もう、ここまできたらライブ本番まで鈴木は結果を見ませんよ(笑)。一人で勝手にサプライズ演出してライブを楽しみます。「えぇ!?こんな曲もやっちゃうのー!?」って。

それと!ここからは私信になってしまいますが。
以前(かなり前の方もいらっしゃるので忘れられてるかもしれませんが・・・)質問フォームの方で「ラニバでお会いしませんか?」とお誘いくださいました方々!

アイコさん (小学校6年生の頃のレポートテーマが「戦争と宗教」ってスゴ過ぎます)
あねもねさん (鈴木を知って早6年!?てことは本家の方から知ってるってことですね(笑)
MARU。さん (ラニバ参加決定しました?鹿児島キャパルボのレポにあった
          「視力2.3の自分」てのがスゲーよ!笑)

是非、良かったらお会いしましょう~♪

あー!なんかいよいよライブって感じがしてきましたなッ!!楽しみ過ぎて吐きそうだぜ(゚∀゚)=3ムハ
やっぱりHYDEライブには無い、この独特の『お祭感』はイイね。ラルクさんは派手でデッカイことがよく似合う。HYDEライブは個性的でマジなライブだからな。あれはあれでたまらんのだけど。

 

2006/11/19 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/14
今日はいろいろ書くことがあるぞ。

まず、デスノのルール情報を送ってくださいました皆様ありがとうございます!
デスノートは「23日後までしか操れない」というルールがあるそうで、「60年後に死ぬ」とかは書けないらしい。そうか~、やっぱりデスノートは寿命を縮めるだけで伸ばすようなことは出来ないようになってるのね(笑)。

そして先週末から続々ラニバーサリーライブのチケットが到着。
鈴木は以前から 「なんとなく神チケがくる気がする・・・」 と言っておりましたが、今回!なんと!


予 感 的 中 ッ !!!


あのドームで!5万席といわれる東京ドームですよ!?

アリーナAのセンター2列目だってさぁぁぁ(つД`)゚。

あまりの嬉しさにうれションしてしまいましたよ鈴木は・・・。
ようやく!ようやくこの10年来のウザイ愛が報われる日が来るのか!そうなんだねぇぇぇハイたん!!これからは「北のビーナス」こと某C様(このチケを見事に当てたテツソウルメイトな神)を毎日拝みます。。しかし、鈴木の周りにいるテツさんファンは本当にラルクライブのチケ運が強いなぁ(笑)。ぶっちゃけ、今、鈴木は風邪っぴきで熱があったりしてるんですが、この神チケの一報を聞いてテンションが上がったのと同時に熱もグングン上昇中なのはここだけの話です(まるで興奮剤・・・だれか解熱剤をくれ)。ラニバーサリーを平穏無事に迎えるには、今倒れるわけにはイカンのだ。

そしてそんなハイディの【FAITH LIVE】DVD。
「週末中に感想レポを上げます」とか言っておきながら、いまだに上げてないです。つーか、書いてもねぇよ(笑)。どうにも一度見始めると止まらん!ミッドナイトまで、リモコンを握った手が動かないんだYO!とりあえず、「鈴木があのDVDのDisk1で一番好きなのはミッドナイトです」と言っておこう。アンコールはもう全体的に素晴らしくて、ミッション&ルーシーなんか最強のコンビだな~と思う。そんなわけで、DVD感想はまた時間を見付けてちょこちょこ書き溜めていきます。溜まったら一気にUP。その前に確実にラニバーサリーが来て、ラルクブームになりそうだけど。(←すでにちょっとなってる)

そして最後に。

モノラルオフィにハロウィンライブの写真が掲載されましたね。
最後の集合写真に、鈴木も米粒大で写ってたんですが・・・・・・・・・・ヒドイね。

バーにひじ付いて頬杖なんかしちゃってるよコイツ。

やる気なさ過ぎです(笑)。
鈴木が居たのは レポ に描いた通りの場所で、決して前の方では無いのにも関わらず、あんだけの人数の集合写真に米粒大に写ってる自分の姿をしっかり確認できるのは、

鈴木の周りがガラ空きだからに他ならないんですが。

本当にね・・・鈴木の周りは特にハイディ目掛けて前に突っ込んでった人が多かったんだよ・・・。
この時 とか この時 もそうだけど、なんていうか、鈴木はどうも『周りとの異常な温度差』に弱いというか、殺伐とした雰囲気がダメというか、とにかく一気に自分のテンションがガタ落ちしてしまうタチらしい。熱狂的なハイディファンの間では、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という言葉がすごく肯定されてるように思うんだけど、でも、やっぱり信号無視はルール違反なんだよね。
この・・・『ルール』と『大衆心理』のバランスがどうにも難しい。

 

2006/11/14 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/11
DVD&写真集発売で心底ハイディにウハウハしつつ、昨日はデスノ映画後編を観に行って来ました。そしたら案の定・・・

Lたんウハウハになってしまった。

そして、本日二度目の【FAITH】DVD鑑賞。

た、た、たまらーん!(*´Д`*)ノ

見よ!このハイディ・Lたん・ハイディの『萌えサンドイッチ』!!
なんていうか、「あぁ・・・自分、ダメな人間だな」とは自覚しつつも、すっげー幸せ。とにかく幸せ(笑)。

デスノ映画後編は、鈴木はなんせLが死んで以降の原作をほぼ知らないので、すごく良かったですよ。一応どの辺のエピソードや仕掛けが原作通りで、どの辺が映画オリジナルなのかは人から聞いたんですが、なんか話を聞けば聞くほど「映画の結末の方が良かったんじゃないか?」としか思えません。特にL好きは。最初はあのストーリー&結末を、映画ではどうまとめるのか気になってたんだけど、いや~大成功でしょう。

とにかく、前編と違って今回は確実に「萌えの確信犯」であろう松Lの動作全てがたまらん。
鬱になっちゃうLなんて・・・Lなんて・・・


なんて可愛いのかしら。


精神的不健康なキャラってイイよね。Lは肉体的にも不健康だしな。完璧だ。実際に漫画の設定をそのまま実写にすると、スケール的にちょっと違和感を覚えるところもあるけど(サクラテレビ玄関前の攻防部分とか)、何はともあれ脚本と松Lが「よく頑張った!」って感じだ。


※以下、ちょっと映画の内容に触れます。ネタバレはしてない・・・と思う。

家に帰ってから兄上にあらすじを話したんですが、その時に「なんで○○(ネタ伏せ)はノートに60年とか書かなかったの?書きゃ良かったじゃん」とか、身もふたも無いことを言われたので、それに対して鈴木が「おまっ・・バカ!それじゃ意味ないじゃん!バカ!覚悟なんだよ!命を懸けることに意味があんだよ!」とかまくし立てたら、思いっきり大爆笑されました。「オマエ、おもしれーなぁ(´∀`)」って。鈴木、バ、バカにされてる!!

 

2006/11/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/9
【HYDE FAITH LIVE】DVD発売。

そして昨日はスペシャルハイド狂メンバーの Y姐さんトクさんツーさんオカマぽっちゃんゆきやちゃん という素晴らしきメンツが各々仕事を放り投げて集結し、渋谷の某店でDVD鑑賞会をしてきました。

そして、感想↓







・・・・・・・・・・・・・濃いぃのがね(*´Д`*)キャ


どうしてたかがライブDVDを一本見ただけで、あんなに肌がツヤツヤのプルンプルンになるんでしょうか。鑑賞直後の鈴木の肌が、それはもう「めでたく『お肌の曲がり角』を迎えた年齢肌」とは思えないくらいしっとり潤いお肌になっててビビッた!!明らかに何か異常な物質が放出されてる!?巷で噂の『ハイドロゲン』って、画面を通しても放出されるモノなの?え、なにこのビューティー効果(笑)。てか、本当に、こんな生き物が存在してるんだね・・・・・・・すごいや。ハイディさん、ホントすごいや。

Disk1と2を続けて見終わった部屋には、死亡者一名(何故か白いハンカチで顔が覆われた人がソファーに倒れた)、再起不能一名(半笑いの顔で視線がどこか遠くをさ迷ったまま帰って来ない)、その他続々崩壊中・・・みたいな状態になってました。すげー怖いの(笑)。

そんなわけで、週末にありったけのDVD感想(多分すごく長くてウザイ)を【MUSICtext】の方にUP予定です。 とりあえず改めて一言だけ言いたいので言っておこう。やっぱり・・・


沖 縄 最 高 で す (*´∀`*)b

 

2006/11/09 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/5
うぬぬ・・・タクヤ∞は、ま~だ「イイ曲作っちゃうぜ!」ブームなのかい。
そろそろガツンと一発ヘヴィーで変テコリンな曲を頼むぜ。

あぁ~質問回答をしたいのに時間が足りんッ!!
「なんで最近こんなに時間がないんだ?」と思ったら、前まではぶっちゃけ会社で手が空いてる時に質問回答をまとめたり日記書いたりしてたんだけど、最近は仕事中に『手が空く』という事が無くなったからだ、と気付いた。

まぁ、これで会社が大きくなってくれればいいんですけどねぇ・・・。

そんなわけで、ちょこっとだけ質問回答ー。

Q. 「すでに鈴木さんもお気づきかもしれませんが…Yahooでラルクと検索して、一番上の公式
   のをクリックすると、なぜか麻生太郎さんのHPに飛びます。これってアニバーサリー企画
   なんでしょうか?」
Q. 「Yahoo!でラルク、L'Arc~en~Cielで検索すると何故か麻生太郎さんのHPに行きます!
   びっくりしました…笑 これは…なんでしょうこんなミス…」

  →これ面白かったね(笑)。鈴木もこの投稿をもらって、実際に飛ばされて来ましたよ。
   今はもう修正されてますけど、どうやらオフィ側(デンジャー)のヘッダー設定ミスだったそうで。
   『ミス』はミスでも、どうして飛ばされる先があの政治家さんのHPだったのかがすげぇ謎です。 

Q. 「もうすぐハロウィンですがもし軒先にハイ子たんが魔女っ子な格好で来て「Trick or Treat」って
   言われたら間違いなく「Treat」を選びます。で、悪戯するハイ子たんを堪能したあと餌付けして
   毎日来るように仕向けよう。とか妄想してる私です。鈴木さんなら「trick」と「treat」どちらを
   選びますか?」

  →「お菓子もあげるし、めいっぱい悪戯もさせてあげるから鈴木のモノになろうね(*´∀`*)」と
   言います。

Q. 「(前略) 11月5日の武蔵大学祭のモノラルライブ行かれますか??」
  →この学祭ライブには行きませんが、12月の東京Spank youワンマンには行きますよ!
   モノさんはさることながら、鈴木は恵比寿リキッドというライブハウスが大好きなので。
   すごく見やすい。ついでに言っておくと、
   このライブにハイディは間違いなく来ないと思います。 

Q. 「(前略) お仕事先から直行だった鈴木さんなのでしてなかったのかなーとは思うのですが。
   鈴木さんの仮装は?どうだったんでしょう?」

  →モノハロウィンにはRioさんも来てらっしゃるかなーと思ったんですが、お仕事でしたか!ハイ、
   ご想像通り当日の鈴木はいたって普段着でした・・・たとえ仮装グッズを会社に持参してたと
   しても、仕事後のあの体力&気力ではどっちみち仮装グッズは封印されていただろうなぁ。
   どうにも仮装とかコスプレとかって、自分がやるにはかなりの勇気と気力が必要なようで(笑)。 

Q. 「ご存知かもしれませんが、11月4日17時より、大東文化大学の東松山キャンパスで、
   UVERworldのライヴがあります!まだチケットは販売しているみたいです。
   池袋から1時間かかりますが…」

  →あぁ、昨日・・・だったんですね。
   毎年ハイディやらモノさんやらウーバーちゃんやらで学園祭の話が出ますが、正直なところ、

   大学に行った事がない人間は大学の学園祭ってすごく微妙・・・

   行きにくいっちゅーかなんちゅーか(笑)。どんな空気のものなのか想像つかないよ。
   内部に知り合いすら居ないような全く外部の人間でも楽しめるもんなの?まだ大学生の年齢
   だったらまだしも、あまり今の歳でライブの為だけに知らない大学に行く気にはならんかなぁ~。
   去年の青学だけはちょっと例外で、正直心が揺れたけどね。なんせ青山学院って・・・
   鈴木の会社の斜め向かいに建ってるから。
   毎日見てるのよ、あの校舎のあの青い学名ロゴを。

 

2006/11/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/11/1
逝ってきました!2006年モノハロウィン!

えー、今回鈴木は自力でまさかの30番代チケをゲットしたのですが、その効力を無に帰すようなことを連れのアホメイドちゃんがやらかしてくれたので、結局入場した時には400番代の人達に並んじゃってました。そんなわけで、念願の最前は当然のごとく取れず。

結局いたのは赤★マーク辺りです。
下手側の一本目バーをがっつりゲット。
この日、鈴木は仕事後にそのまま急いで駆けつけたので、あの道玄坂をひたすら登ってる段階で相当息切れしてて。鈴木の会社からO-EASTまでは、同じ渋谷にあるとはいえあの宮益坂~道玄坂の坂道一本道を小走りで下って登ってするんですよ!?そりゃ息も切れるがな(笑)。
「最前のバーが取れなきゃその次のバーを取る!」というわけで、まだまだ前に行ける余裕がありながらもここで落ち着いちゃいましたね~。

開演前、幕の下りたステージには、あのロウソク&カボチャのオブジェ(【MUSICtext】内レポ 『HALLOWEEN OF THE EVOLVING DEAD』 参照)があって、「あれ、使いまわしだね」なんて会話をしてました(笑)。

で、この日のライブは押してましたね~。15分押しでした。ただでさえオープンからスタートまで1時間半という長い待ち時間があったので、いやー肉体疲労MAXの鈴木はひたすら睡魔と戦ってましたね。身体が「オマエもういいから休めよ」と叫んでいたな・・・・・ごめんよ、鈴木のカラダ。

また、開演前のSEが上記図の『SE生演奏ブース』で、エレクトーン&バイオリン&何か(もう一つの楽器忘れた)での生演奏なんですよ!ネズミーランドのホラー系アトラクションで流れてるような、童話っぽいちょっと不吉なメロディというか(笑)、そういう音楽が繰り返し演奏されてました。最後の締めには映画【サイコ】のあの曲が。

さて、そんなわけで19時45分にいよいよライブスタート!
この日のスタートも定番のこの曲【Like you】から。あの、まだ幕が下りてる状態でイントロのギター音でじわじわ始まるスタートが超好きです。どうしたってテンションが上がり切ってしまう!・・・ごめんよ、鈴木のカラダ。そしてラストの「♪ソォ~マッチライキィエェェェェ~~~~!!」で、一曲目にしてありえないジャンプ。

ゆ、許せ、鈴木のカラダ!

2曲目?だったか3曲目には、これまた鈴木の大好きな【Healthy Sick Bastard】が。
で、4曲目だったか5曲目辺りに【release me】。この曲、ホントにハロウィンのイメージに似合うわ~。この曲のヴォーカルはかなり何重にも色んなメロディが重なって、なんか「幽霊の声」っぽくなってるんですよ。しかしこの曲をアニちゃんがずーっと主旋律じゃない方のメロディで歌うもんだから、微妙にノリ切れず(笑)。

最初のMCか・・・どうかは忘れちゃったけど、恒例のモノさんバンド紹介。
モノさんって毎度ワンマンライブなのに自己紹介するよね。それがすごく「優しいなぁ」と思う。

まずはギターのアキラさん・・・というか、アキラ君(笑)。Y2Kでも熱狂的な歓声を浴びてましたこの人。次に!ドラムスの!

マリリンキターーーー!!!

鈴木が彼にどのくらい心奪われているのかは、こちら を見てもらえば分かるとして、この日のマリリン(違)の仮装は・・・

露出狂のビヨンセ

すげーよ、「マリリン」改め「ビヨンセ」だよ(笑)。
「え?それ、玉、隠れるの?」ってなハイレグTバックのパンツに、超マイクロミニのタイトスカートに、トップスはビキニ。去年でだいぶ萎んでしまったらしい胸のボインボインパットも、今年は一新されて見事なふくらみになってました。そんな衣装で、スカート捲り上げてケツをさらすわ、大股開いてキワドイ股間を見せるわ・・・素敵過ぎるよビヨンセ(*´Д`*)アニちゃんにも「よく、玉、隠れるね」とか言われてました。

しかしプレイスタイルは相変わらず男前ぇぇぇ!!
アップ曲のラストはスティックを天井辺りまで真上に放り投げてキャッチするのがスゲェ。でも一回、ミスって頭の上に落ちて来そうになったのを、頭をかばってアタフタしてたね。超面白かった(笑)。いい加減、彼の名前でちゃんと呼びたいんだけど、「ジュンさん」でいいのかな?

Y2Kの時は「なんか物足りないな~」と思ったのはドラマーだったんだなぁ・・・・・アンディ、ごめん。

そして、もう一方のギターがチエさん?スナフキンの仮装をしてだけど、彼女はスナフキンの仮装をしていても「雰囲気はムーミンだな」と思いました(笑)。ほんわり癒し系。だのに、ギターソロでアンプに飛び乗って大股開きでプレイしちゃう辺りがカッコイイ!鈴木はこれまでほとんど女性ギターのバンドのライブって行った事がないので(つーか、超身内のライブ以外では多分初めてだな)、すんごく新鮮でしたねー。

次がお待ちかねのアリ!えーと、あれは誰の仮装だったんだっけ?ま、とにかくアリが初の女装です(笑)。金髪のウィッグに、白のゴスっぽいドレスに、真っ赤なルージュ。どう見ても本場の金髪美女。ライブがスタートしてしばらくは、あれがアリだと気付かずに素で「うわー超キレイな外人さんがいる~」とか思いながら、必死にアリの姿を探してたのはここだけの内緒の話。

またねー、黒のブラジャーがスケスケで、途中でブラ紐が片方だけ肩から落ちたりして、

なっ、なんかどエロイんだけどッ!!

みたいな(笑)。シャレにならないストリップ劇場になってしまうので、アリさん勘弁してください。
しかし会場から「カワイー!」とか「キレイー!」とか言われると、身体をよじって爆笑してしまうアリがオモロイ。

で、ラストの紹介がアニちゃんで、映画【パイレーツ・オブ・カリビアン】のジャック・スパロウ!

Oh!No!ホホホンモノがいる!Σ(゚ロ゚*)

というくらい、似てるっちゅーか、あのおちゃらけた雰囲気だとか、あの高い身長から放たれるオーラだとかがとにかくハマってたYO!アニス、カッケェェェェェェェェェ!!そしてアニちゃんは最近まで、「ジャック・スパロウ」のジャックの名前を「ジャック・バウアー(ドラマ【24】の主人公)」だと思ってたそうです(笑)。あっちのジャックは若干HAGEてるがな!そこ間違っちゃいかんがな!

で、この日の仮装ではアニちゃんは付けヒゲを付けてたんだけど、本当は自前でやりたかったそうで。その為に頑張って伸ばしてたのに、いざ当日になったらスタイリストさんに「うん、剃りましょう」って言われたそうで(笑)。どうもまばらでダメな感じの生え方みたいですね。

さて、ライブの方は、その他には【Let me in】をやりましたね。これのタイトルコールをした時に、何故か鈴木は「ツーさぁぁぁん!」と叫びました。(ツーさんが好きな曲)

あとは・・・記憶がかなり飛んでるんですが、【So long】【weird kind of swings】【Oh no!】【Tangled】【kiri】【POCKETFUL OF JOY】【VISIONS IN MY HEAD】・・・わー、全然思い出せない!昨日は鈴木も知らない曲が多くて、新曲の【ポンパドール】をやって、もう一曲「ブランニューソング!」って紹介してやった曲がありましたね。アニちゃんが「初めて演奏した」って言ってました。他には、毎度やるんだけどタイトルが分からん曲があって、カバーなのかな?なんか曲の出だしがQUEENの【WE WILL ROCK YOU】の出だしと似てるやつ(笑)。アリがすんごい拳を振るアレが、毎度やるのに何の曲だか分からん~!どなたか教えてくれると嬉しいです。

アリのMCでは、「モノラルを始めた時、アニスと「ライブで1000人入るように頑張ろう!」って決めてて・・・」というような話をしてて、めでたくこの日の渋谷O-EASTのライブが『祝★初・ワンマン1000人越え』のライブになったそうです(*´∀`*)そんな節目の日に「俺、なんで女装してんの(笑)?」とか言ってました(笑)。で、アニちゃんに「5年間拒否してたからだよ」と笑顔で言われてたのがウケた。

セトリは、先日のY2Kワンマンの方が鈴木は断然好きかな~。
あの時の【I like it】【Ammonite】【weird kind of swings】の連続コンビネーションは今でも忘れない。しかしアニちゃんのあの流れるような手の動きはたまらん!!なんて手足が長いんだ!!ムハー(*゚∀゚*)=3

そして、アンコールで一曲やって、残り2曲の時にMCが入りまして。
「今年のハロウィンライブで、もう6年目なんだけど・・・」という感じで、ここでこれまでのハロウィンライブを振り返った話をしましたね。最初から振り返ると長いので、「編集して3年前から~」という話で、

「去年は川崎が毎年ハロウィンですごく盛り上がるって聞いて、「いいねぇ~」って思ってて」
「ハイドちゃんに言ったら「やろう!」って言ってくれて・・・・・あの人はすごいねぇー。
 僕は一日やればいいかな~と思ってたんだけど、ハイドちゃんが「3日間押さえたよ!」って(笑)」
「それで「どうなんや?」と。「ええやないかい」と。「やろうやないかい」と。
 ・・・実際はこんな言い方してないんだけどね」
(モノさんの地元が大阪なのかな?)

という話をしてましたね。大阪弁を話すジャック・スパロウが、どーしよもなくカッコイイです(笑)。
で、「残り2曲なんですが、今年はゲストも居なくて・・・」というような言葉に反応した観客が多数。

ここの反応は、正直、微妙でした。

期待するのが悪い事とは言わないし、一応ハロウィンのイベントライブだからサプライズを予測するのもありだとは思うけど、そんなあからさまに悲壮な歓声を上げなくてもいいんではないか、と思う。すごく固いかもしれないけど、モノさんのライブなんだからさ、「残り2曲」というMCで無反応だった観客が、「ゲストが居ない」というMCにやたら反応するのはちょっとどうかな?と思うのだよ。

ま、そんな話もありつつ。

「それじゃ、残りいってもいい?行くよ~~~!」ってなアニスの掛け声と共に、演奏スタート!
・・・と、思ったら。

わーっ!出た!出ちゃったよハイドさん!

なんかの演奏(記憶ナシ)と共に、下手側からご存知ハイディハイドさん登場。
「登場」つーか、「乱入」(笑)。

黄色★マークがハイディの登場ルートで、左端の一つ目の★マーク辺りにハイディが居た時に鈴木は彼の存在に気付いたので、実際はどこから出てきたのか分かりません。左端のもっと後ろの方に、左図では省略しましたが、車椅子の方専用のバーカウンターがあったので、そこからかな?

兎にも角にも・・・近い。近過ぎる。久しぶりの生ハイディがコレってのは、ちょっと刺激が強過ぎます(笑)。

両手にそれぞれピンクと水色のスプレー缶を持って、あのーカラーの線が出るやつ・・・って分かるかな(笑)。パーティーグッズによくある、ムースみたいなやつが一本線でピューっと出るアレ。あれを、そ~れはもう楽しそうに「はははは」って笑いながらビュービュー飛ばして登場・・じゃなくて、乱入。

この日はハイディも仮装してたんだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ、ナニ?鈴木には、

hideさんコス

にしか見えなかったんだけど(笑)。恒例のドット絵では表現できないくらい、とにかく凝りに凝った細かな仮装だったので今回は絵ナシ。なので、文章で出来る限り説明しようじゃないか。

○頭 → とにかくモヒカン。ツンツンモヒカン。
      で、色はピンク(毛先)~赤~黒(根元)のカラフルグラデーション。
○服 → 黒のダボめパンツに黒ブーツで、ブーツイン・・・だったと思う。
      何より小豆色(オイ)に白い英文字が描かれたタンクトップに、上着が・・・とにかくスゴイの。
      あれはなんと形容したらいいのか・・・まず、形は普通のジャンパーとかブルゾンだと思って
      ください。カーキだかダークグレイ色のそれに、とにっかく色々なモノが付いてた
      前面にもなんかゴテゴテ付いてたけど、なんたって背中がすげー!
      もう形容するなら「ブワッと!」(笑)。バッジやらリボンやら羽根やら布やら、とにかく
      フワフワジャラジャラしておった。赤いチェックの布が一番下地に付いてたのかな?
      あと襟だかフードの縁を、豹柄のファーが、これまたボリューム感満点で飾ってましたね。
○顔 → まず、えらいメイクでした。目の周りが真っ黒で、ツリ目メイク。すげー怖い。
      んで、顔全体にメッシュをパーツパーツで破ったものを巻いてたね。最初はハチの巣か
      何かのメイクかと思ったら、「なんか網タイツを破ったみたいの巻いてるYO!」と。

これらのビジュアルを視覚的に確認したい方は、大変的確に表現してくださってる Y姐さん のところへどうぞ。毎度ながら、素早い&正確なお仕事をされている(笑)。

で、どうやらアニちゃんが「残り2曲」と言っていたのは、このハイディを加えた状態で演奏する曲目数のことだったらしく、ハイディが乱入してからキッチリ2曲が演奏されました。

一曲目はマリリン・マンソンのカバー曲。
あのイントロでピョンピョン飛ぶアニちゃん&ハイディが可愛い!!恐ろしく可愛い!!歌の方はツインヴォーカルだったけど、若干ハイディの方がメインに歌ってたかな?ラスト、アニちゃんのすげぇ男前な連続シャウトの横でハイディがガンガン歌い込むところがカッコよかった~。2人ともそれぞれセンター左右にあるスピーカーに足かけて、身体を乗り出して身体をよじって歌う!

ひゃー!カッコよかぁ~この人らカッコよかぁ~!(*゚Д゚*)

この曲をモノさんとハイディが演奏するのは多分これで二度目ですね。一度目は こちら 。懐かしー。

ラスト曲の前にハイディMC。
どんな話の流れだったか忘れちゃったけど、ハイディが首を傾げてアニちゃんを見上げながら「~ねぇ、アニスさん?」と、普段は出さない麗しヴォイスで言った時にゃ、心臓が飛び跳ねました。あ・・悪魔がおる!羊の皮を被った狼ならぬ、小悪魔の皮を被った大魔王がおる!!

そしてハイディの「本当はこの曲苦手なんだけど・・・ステップがねぇ」というMCの後に始まったのが、映画【トワイライトゾーン】のあの超有名なメロディのアレンジイントロで始まったゴーストバスターズ。ハイディの「ステップ」発言で、あの踊り再来ですか!?と思ったら、

ステップはやってたけど、あんまり踊ってないよ・・・(´Д⊂ヽ

しかしアリ&チエさんはピッタリ横並びになって、見事にあのステップをちゃんとやってたよ(笑)。
ラストはアニちゃん&ハイディが仲良く手を繋いで、アンプの上からジャンプ!

おらぁ~幻をみてるだか~(*´Д`*)

そんなわけで、もーハイディが出てきてからの記憶がかなり曖昧です(笑)。
とにかくハイディは小顔で小柄で細くて(また痩せてる!)真っ白かったです。可愛かった(*´∀`*)
途中、何度か左肩だけ上着をズリ下げて肩を剥き出しにするとこか、

うわーうわーうわー可愛いぃぃぃ!!!

つーか、ハイディはどうしてあんなにアニちゃんにメロメロなんだろうか。すごく好きだぞ、あの人。

それにしても、いや~楽しかったです!
ハイディが出て来た瞬間に『バーゲンセールのワゴンに群がるオバハン』のごとく前に突っ込んでいったデストちゃん達にはゲンナリしてしまいましたが。その数の多さに、さらにゲンナリしてしまいましたが。ハイディが出て来た瞬間に首を横に振りながら後ろに下がったモノさんファンの姿とかを見て、デストちゃんは何も感じないんだろうか。お願いだから感じてほしい。自分が好きなアーティストが、他ファンの人達から疎ましく思われてしまう現状について、感じてほしい。

 

2006/11/01 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。