脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2006/3/29
すでにここ最近日記の更新頻度がガタ落ちしてますが・・・・・・すみません、もうしばらく続きます。。とりあえず1日のチッタと3日のウーバーちゃんライブの後に少しでも更新できれば上出来?な感じで(笑)。

今、色んなところでイッパイイッパイで、しかしそれが全て(良い意味で)思わぬ方向に向かってるのでもうちょっと頑張ります。これを逃したら悔やんでも悔やみ切れない過去の二の舞になってしまうんだ!

あ~世の中広いようで狭いなぁ~・・・というお話。(どこがだ?)

 

スポンサーサイト
2006/03/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/26
金曜日に同僚のライブに行って来ました。
元メジャーのミュージシャンだった人で、解散ライブはそりゃもうすごかったらしいんだけど、普段そんなこと知らずに普通に話してるもんで、いざステージで黄色い歓声を浴びてる姿を見るのってなんか不思議な感じ(笑)。解散&メジャー引退しても追いかけるファンっているんだね・・・スゴイ。

さて、先日鈴木とニアミス in 中野駅を体験した ツー姐さん から『漢字バトン』なるものが回ってきたので早速回答してみたいと思います。回された漢字にどことなく「悪意を感じるんですが」と言ったら、「悪意だなんて失礼な!これは魂胆っていうのよ」と実に堂々とした返答をされました(笑)。

■漢字バトン 
 Q1. バトンを回してくれた人に対して持つイメージの漢字は?
  →う~ん、やっぱり「凛」かなぁ。「真」と迷いました。

 Q2. 前の人が答えた漢字に対して自分が持つイメージは?
  →「淡」
   なんでこんな「水」×「炎」なんて過激な字が「あわい」なんでしょうか。
   「淡い」=「曖昧、はっきりしない」という言葉はすごく日本語独特の言葉だと思う。
   それが二つ続くと「淡々」=「単調、味気ない」と、さらにつまらなさがアップするのが面白い。 

   「欲」
   好きな字です(笑)。日記でも過去何度この文字を綴った事か・・・。
   この漢字のイメージは「重い」ですかね。単純に「質量の重たさ」を感じます。
   そんなに「見るからに!」というようなあからさまな成り立ちの漢字ではないのに、
   何故かこの漢字を見るだけでドロドロとした大きな何かを感じます(笑)。 

   「契」
   この漢字にはどこか「神聖なイメージ」がありますね。なんだろう、神様を連想する。
   「禊」(みそぎ)みたいな漢字があるからかな?白くて堅くてちょっと怖いイメージ。

 Q3. 大切にしたい漢字を3つ
 →「和」
   昔、学生時代に学園祭でやった『クレープ屋さん』のコンセプトが「和」でした。
   発案は鈴木(←学級委員長)です。「和風」という意味ともう一つ、「和み(なごみ)」という意味も
   ありました。字の上手いヤツに大きな半紙に筆で「和」の一文字を書いてもらって、
   店内に貼ってましたね~。多種多様な人間が住むこの世界には、
   絶対に欠かせない文字(認識)だと思います。英語にはありませんよね、こういう言葉。
   「Peace」とは違う、もっと自然で穏やかな「和」。

   「裏」
   いきなりなんか不穏な漢字が出てきてしまったな(笑)。
   いや、全てのモノ・物事には必ず「裏」があると思うんですよ。
   そういうところこそが面白いというか・・・鈴木が人生を楽しむには必要不可欠な要素です。
   【RS】で好き勝手に書き殴って楽しんでる『独善コラム』や『BGMレビュー』も、
   全ては鈴木の『裏の真実』だとか『裏に隠された意味』だとかに目を向けてみた結果ですし。

   「美」
   鈴木の本名にも入ってる文字です。
   上の2文字はすぐ出てきたんですけど、3文字目は悩みましたね~。
   で、結局この文字。「び」という発音と合わせて好きです。
   この漢字は、すごく強くて不条理なイメージ。でも追い求めずにはいられない、みたいな。

 Q4. 漢字のことをどう思う?
  →ツーさんが「理数系の人の回答を見てみたい」と言ってこのバトンを回してくれたので、
   理数系の人っぽい回答をしてみよう(笑)。
   改めて『漢字』というモノを考えてみて、率直に感じるのは「よく出来てるなぁ~」ということ。
   一つの意味を持つ形のモノが組み合わさって、一文字で4つも5つも意味を持つ形になる。
   ある程度のパターンはあるにしろ、その成り立ちは例外や偶然が数多く存在するし、
   そもそも『象形文字』なんて「人の感性」から生まれたモノだ。それがどんどん組み合わさって
   さらにそれぞれが持つ意味は複雑化してる。そんな文字が連なって、あらゆる現象・事象が
   表現されていて・・・・・・・・・・あぁ、メンドクサイ。
   やっぱり鈴木は扱うなら数式の方が楽だな(笑)。

Q5. 最後にあなたの好きな四字熟語を3つ教えてください
  →「三色同順」「一気通貫」「国士無双」
   ・・・・・・ウソです。
   でも、毎度『四字熟語』と言われると漏れなく麻雀の役名が数個頭をよぎります(笑)。
   えーと、好きな四字熟語?なんだろうな~・・・・・「勧善懲悪」は皮肉を込めた意味で好きかな。
   他には「威風堂々」とか「臨機応変」なんかも好きです。

Q6. 次の人に回す漢字を3つ
  →このバトンはこちらで打ち止めにします。

ついでにひとつだけ、繰上げで質問回答ー。

Q. 「HYDEさんの新アルバム「FAITH」のジャケットがディストで発表されていて、
   金子國義さんが担当されました。おそらくは磔にされたイエス・キリストだと思われるのですが、
   一言、鈴木様にご感想を仰ぎたいと思い、質問として送らせていただきます。」

→こちらの情報を受けて早速デストに見に行きました!行きました、行きました・・・が・・・・・・・・

  これですか・・・・・・・

  金子先生作という時点で鈴木の頭上には暗雲が立ち込めていたわけですが、案の定、
  思いっきり鈴木の好みではないジャケットで参りました(笑)。これは濃過ぎるわ~!!
  基本的に鈴木の好みとハイディの好みは音楽以外は全く真逆に近いようなので、
  なかなかHYDEソロで鈴木好みのジャケットに出会うのは難しいんだけど(今のところ
  お気に入りはまだ無い)、まさかこれほど生々しいジャケットでくるとは思わなかったわ~。
  これで中身も生々しかったらそれは本当に「問題作」の呼び名に値すると思うよ。
  そういう意味では本当にストレートなジャケットだと思いました。でも鈴木はあまり生々しい
  のが好きでない。自然でシンプルな作り物が好きです。だからラルクさんの【Pieces】や
  【NEO UNIVERSE】のジャケが好きなんだよな~。 あ、でも音楽は別ね(笑)。
  音楽だけは生々しくて重たいのが好きっす。ゴテゴテしてたらもっとイイ。

昨日美容院行って30cmくらい髪を切りました。頭が軽いよマジで!

 

2006/03/26 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/21
ゲスブの方にシドさんライブのチケット譲渡カキコが出てま~す。気になる方は是非。
てかWBC、日本優勝しちゃったよ!ビックリ!

いよいよHYDEのニューアルバム【FAITH】の 詳細(全曲タイトル) 解禁。

 1. JESUS CHRIST
 2. COUNTDOWN
 3. MADE IN HEAVEN
 4. I CAN FEEL
 5. SEASON'S CALL
 6. FAITH
 7. DOLLY
 8. PERFECT MOMENT
 9. MISSION
 10. IT'S SAD

ヤベ~、こりゃヤッベ~!すでに気になる曲がありまくる!
とりあえず、ざっと見た中で一番気になったのはアルバムタイトル曲でもある【FAITH】ですね。アルバムタイトル曲なんて、ラルク含めても唯一のインディーズアルバム【DUNE】以来じゃないか!そもそもラルクさん、ないしはハイディ(ソロ)はやたら働き者なので、毎度アルバムがリリースされてもどうしても『それまで単発でリリースされた複数シングルをまとめる為の一枚』みたいな印象が強い。
でも、アルバムの中に一曲タイトル曲が入るだけで、それまでの複数シングルが逆に
『アルバム一枚を完成させる為の布石』みたいに思えるから不思議。

さて、では質問回答~。内容により繰り上げ回答があります。

Q. 「私が鈴木さんに質問したいのは「SEASON'S CALL」の途中の間奏で、
   はいどさんが言ってる言葉(英語?)なんですが。一体なんて言ってるんでしょうか?
   「~~anything」の後の部分ですね。テレビで、この部分(間奏~言葉)ってあったんでしょうか。
   私、まだ見てないのであったら口を見たら分かるかもしれませんが…。私には何度聞いても
   「~~noway」って言ってるようにしか聞こえないんですよー。鈴木さんはどうですか?」

→うーん、あの間奏の途中部分は歌詞カードにある
  「♪You tought me how to love. I feel. I can do anything.」だと思うんですけど、
  多分気にしてらっしゃるのはその後の「あぁ~あぁ~」ってところじゃないかな?あそこは・・・・
  多分、ハイド語だと思う(笑)。鈴木にはあの部分の最後は「Young way」に聞こえます。
  あと、「~クス」のマニアックな部分、鈴木も大好きですよ。言葉尻、いいですよね! 

Q. 「友人から[いばらの涙(英語バージョン)]という着ウタを貰いました。
   ・・・これ、いつ歌ってたんですか?
   鈴木さん何かご存知でしたら宜しくお願い致します。」

→これも・・・・それは多分英語バージョンではなくて、『ハイド語バージョン』だと思います。
  【いばらの涙】収録のアルバム【ray】を作成していた99年当時、仮歌の状態で歌った音源が
  どういうわけかオークションに流出してしまったんですよ。つか、関係者が流したとしか
  考えられないんですが。あの当時はホンットに「これ、関係者以外無理だろう!?」っていう
  モノがばんばんネットオークションに出品されてて、まぁ・・・気付いたらラルクさんも
  「ヤル気ねぇー」みたいなお仕事態度になっちゃって、不満と不信が溜まりに溜まった
  ラルクさんがついに活動休止に入っちゃって・・・みたいな(笑)。
  当時、業界関係者のみに配布されたという【ark】【ray】のカセットテープ(ここ重要)が
  豪華ラメBOXに入った業界プロモーション用音源セットが出品されてるのを見た時はさすがに
  「ヤバイだろ・・・」と思いました。連投で頂いた【All Dead】のアコースティックバージョンは、
  昔どこだったかCD屋さんで行われたインストライブで披露されたものですね。
  4人並んで椅子に座ってやってたと思いますよー。 

Q. 「近くにドンキができたのですがなぜか入り口のテレビでラルクのクロニクルのビデオが
   流れていて一人のお客さんが真剣に見ていました。別の日に行ったら通りすがりに見ただけ
   なので何時のかは判別できなかったのですがラルクのライブビデオが流れていました。
   かなり大きな繁華街なのですが鈴木さんはこの現象についてどう思われますか?(笑)」

→いるね、間違いなくいるね、マニアが(笑)。ほぼファンリスナーだけで
  オリコン初登場1位が取れちゃうんだから、マニアなファンってのがそれなりの数いるって
  ことだよな~。ただし、『ファンじゃないけど買ってみた』という人はなかなかいない。
  ラルクさんほどファンかアンチか、ハッキリくっきり二分されてるアーティストもいねぇべ(笑)。 

Q. 「鈴木さぁ~んッッッ!!!鈴木さんはチッタの整理番号が良くないとおっしゃられて
   らっしゃいましたが…実はわたしの番号、四捨五入して1300番なんです…。
   ぶっちゃけると12○○番なんです…。
   (※念の為、番号の詳細は伏せておきました。何があるか分からんからね!by 鈴木)
   噂によりますとチッタのキャパ??は1300人と聞いたんですが……。
   こういうとき、鈴木さんならどうされますか??しょーもない質問ですいません。」

→なんだかとても切実そうだったので繰り上げ回答です(笑)。う~ん、確かチッタの
  キャパって最大2000くらいあったと思うんですよね。あくまでも「最大」なので、今回どのくらい
  のチケがバラまかれてるのかは分からんのですが・・・。でも1300ってことは無いですよ!
  あのチッタの半分くらいのキャパの恵比寿リキッドが1000なので。それにね!ホラ! 
  箱ライブのチケ番なんて、あって無いようなもんですから!たとえ10番台のチケを持ってても
  一本目バー辺りが精一杯の人もいれば(例 : ダメ鈴木)、1500番台でもグイグイ前方に
  突っ込んでいく人もいますし。番号がイケてない時は気合でカバー!

 

2006/03/21 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/19
ウーバーちゃんライブに行かれた方々から、続々と感想の投稿を頂いてます。
いや~大阪公演は相当盛り上がったようですな!羨ましい。
鈴木参戦予定のファイナル・SHIBUYA-AXにも期待!

そうそう、一昨日松本さんとayayaちゃんとカラオケオールをしたんですが、そこで初めてウーバーちゃんの最新アルバム【Timeless】の曲やらを歌ったんですよ。で、【Nitro】とか【Rush】とか歌ってよく分かった事がある。

ウーバーちゃんの曲って、すっげぇ歌うの難しい。

まず普通に舌がまわらない(笑)。リップでももうちょっと歌いやすいよ。
でもって比較的歌いやすいであろう【just Melody】ですら歌い終わった後、すごい息切れしたし!∞は2種類の声を使い分けて歌ってるので(知らん人が聴いたらツインヴォーカルだと勘違いするだろう)、その辺まで忠実に再現して歌おうとしたらホント無理だと思った。∞よ・・・キミの可能性は無限大だ(笑)。ていうか何故にサイバーBBは【Revolve】だけが入ってないの!?一番好きなのにッ!!

それといよいよハイディのFIATHツアー4月1日チッタ川崎チケが到着。
『ハロウィンの時にゲットしたスペサルチケナンバー+1000

・・・・・・・・・・・・・・・うわぁ(´Д`;)

やっぱ今年は最強に運がねぇ~~~ッ!!

さて、それではお約束の質問回答SP~。

Q. 「2/28日記拝見しました、ロンブー司会のカウントダウン番組、私も見てましたよ!
   確かhydeさんが指を切ったのはギターの弦でだったと・・・酔っぱらってか緊張してかは
   不明ですが、hydeさんたらギターのピックを演奏直前か開始と共にか、ともかく碌に演奏
   しないうちに落っことしてしまい。しかし曲目はHONEY、拾う間もなく素の指で演奏せねば
   ならなかったようで、気がついたら血が頬に迄飛んだのが映されていたと思います。
   ネット上で見かけた、当時その番組を見に行った人の話によると、演奏が終わってからhyde
   さんの頬に血が付いたのに気がついたkenちゃんが一生懸命かりかりひっかいて血を落とそう
   としてたとかで、仲良さげで微笑ましく思ったのを覚えています。バンドの顔たるヴォーカリスト
   が顔に血をつけたままテレビに映るのはヤバいと思ったのかな?赤いカラコン装着時期
   でしたので、ある意味迫力は有りましたね。この番組、録画したものは多分押し入れの
   奥深くに格納してしまったので確認出来ないのが何とも残念無念です。」

→ほぉー、それじゃあれはギターの弦で切っちゃったのか(笑)。
  ていうかその後のハイディとケンちゃんのなんとも微笑ましいエピソードはなんですか!
  読みながらものすごいニヤけてしまいました(*´∀`*) 情報ありがとうございます!

Q. 「最近あの形のサングラスをかけているHYDEがどうしてもアンディー・ウォーホルみたいで
   仕方ないんですが…鈴木さん的にはあのサングラスどうおもいますか?」

→ア、アンディ・ウォーホール(笑)!ゴツくて変なサングラス=アンディか・・・確かに。
  鈴木も一番最初に見た時(確か【ゴゴイチ】?)は「・・・え?」と思いました(笑)。
  その後Mステだったか、別の番組でいつものサングラスに戻ってる姿を見た時は思わず安心
  してしまいました。最近、以前にも増してテレビ露出する時のサングラス率が高くなってるのは
  年をとったからかしら。昔はサングラスしてテレビに出るととにかく「生意気」やら
  「天狗になってる」やらバッシングされてたけど、もう3○歳にもなった男に生意気もなにもない
  もんなぁ(笑)。貫禄も出てきたしね。

Q. 「鈴木さんは「インテル」のCM、御存じですか?「もし○○にインテルが入っていたら」と、
   色々なものを何だか妙な方向に進化させてしまうあのCMです。ただでさえ素敵に
   無敵なハイドさんに、もしもインテルが入ったら、一体どんな事になってしまうん
   でしょう?…というか、鈴木さんはどんな事になって欲しいと思いますか?」

→とりあえず、羽根が見えるようになるでしょう。生えるんじゃないよ、もうすでに生えてるから。
  今は見えないだけだから。それが見えるようになって、フワ~っと空を飛ぶんだと思う。
  で、イ○ンと北○鮮に飛んで行ってニコってしただけで核放棄。
  アメ○カに飛んでブ○シュの耳元でそっと囁けば即辞任。ハイ、世界平和。
  そんな素敵な天使ちゃんになっちゃえばいいと思う(笑)。

Q. 「質問ではなくて申し訳ないのですが、3/2の日記で、ラルクさんのライブ音源の質問に
   答えていらっしゃいましたが、一応公式にリリースされているライブ音源ありますよ。
   AWAKEのUS盤なのですが、最後にボーナストラックとしてスマツア6/24代々木での
   HEAVEN'S DRIVEが収録されております。私もまだ聴いたことないのですが、
   余裕のあるときにでも買ってみようかなと思っております。」
Q. 「ラルクさんのライヴ音源ですが、「AWAKE」の逆輸入盤?輸入盤??に、
   「SMILE TOUR 2004」での「HEAVEN'S DRIVE」が収録されてますよ☆
   私はついこの前この情報を知って、本能に突き動かされて取り寄せしてしまいました…
   当然ながら別におもしろいということもありませんでした(笑」

→へぇ~!US盤にはボーナストラックが入ってるんですか?知らなかった!
  情報ありがとうございます!鈴木も相当余裕がある時にでも買ってみようかな?・・・あ、別に
  おもしろくないのか(笑)。でもヘヴドラのライブ音源だったら、オリジナルよりかなり演奏
  スピードが早くなってますよね?ハイディの舌があんまり回ってない感じですよね(笑)?
  それはそれでちょっと聴きたいかも。

Q. 「HYDEの妖精な世界。を、軽く妄想してウハウハしてしまいました(*´ェ`*)ポッv
   もしも・・「HYDEの妖精」がいたら・・と考えたのですが・・
   なんだかちょっと(´艸`)な雰囲気をかもし出していました・・
   ハイディそのものが妖精さんなのは重々承知なのですが(´∀`)
   鈴木さんの妄想するHYDEの妖精はどんなかんじですか?」

→そうっすね~、鈴木の脳内妄想に生息するハイド妖精は、なんかやたら小生意気な
  気がします(笑)。きっとどこかで妖精から小悪魔に摩り替わってるんじゃないかと・・・。
  まぁどっちにしろ脳は小さい感じですね(笑)。バカな子ほど可愛いのよ。

Q. 「年末のMステで隣同士に座ったときに思ったんですけどハイディーとV6の岡田准一って
   似てませんか?(でかい目にばさばさまつげとか。)」

→う~ん、お友達のゆきやちゃんはどちらも好きだから、通じるモノがあるのかも(笑)。
  確かにどっちも彫が深くて目がデカイですからねー。でも鈴木は岡田君には惹かれないん
  だよなぁ。V6っつーたら、やっぱ坂本だべ?超カッコイイ(笑)。坂本は首が細くてキレイ
  なんだよな。岡田君の首はちょっと鈴木的に太くて長さが足りない。

Q. 「「ニュー・アルバム「FAITH」を4月26日にリリースするHYDEが、CDでーた5月号
   (4月14日発売)の表紙&巻頭20ページ大特集に登場します!そこで今回、ファンの皆様から
   HYDEへの質問を募集します。素朴な疑問から音楽についての質問まで、HYDEが思わず
   答えたくなるような質問をCDでーたのケータイサイトで受付中!詳しくはCDでーたの
   ホームページまで。」 だそうですが、鈴木さんは何か質問してみたい事はありますか?」

→うん、とりあえずひとつ送っておきました(笑)。質問内容は内緒(*´∀`*)
  もし採用されてたらそん時に名乗ります。結構みんな「聞いてみたいこと」ではあると思う。

Q. 「一昨日ブックオフに本を売りに行って査定を待っていた時に、いろんな本を見て回ってたら、
   ラルクアンシエルっていうタイトルが有りました。そんな名前のタイトルかなぁ?って思って
   表紙を見たら、メンバー四人の絵が(個人的にはうーん?って感じでしたが)。
   周りに人がいたので手に取れませんでしたが、いったいどんな内容なのか気になります。
   鈴木さんはラルクの漫画本のこと知ってましたか?
   今度行った時に思い切って買ってみようと思いました。105円だったので・・・。」

→ブックオフってことは、そりゃ間違いなく同人誌でしょう(笑)。
  ドリー夢な同人誌か、単なるヒストリー同人誌かは分かりませんが・・・
  とりあえず一度見てみたらいいと思います。ショックを受けても責任は取れませんが(笑)。

Q. 「質問があるのですがMVA(PVの祭典?です)の観覧に当たったんですが座席が2階南の
   X席でした…思いっきり最後尾です。武道館で行われるんですが初めてなので…
   最後尾どんな感じなんでしょう?友達はステージ上の人,米だって言ってました。」

→う~ん、武道館の最後列でも「米」ってことはないんじゃないかなー。「そらまめ」ぐらい?
  武道館の2階スタンドは斜面角度がすごいので、後方の列でも見えないってことはないかな。
  かなり「上から見下ろしてる」感じにはなりますが。ヘタに1階スタンド最後列なんかになる
  よりは、2階スタンド前方の方が断然いいです!しかも南かぁ・・・ステージの真正面ですがな。
  確かにちょっと距離はあるかもしれないけど、視界は悪くないですよ!

Q. 「鈴木さんにお尋ねするのはお門違いかとは思ったのですが、失礼ながらお聞きします。
   今、音楽業界に波紋を呼んでいる「電気用品安全法」に関する問題をご存知でしょうか?
   法改正により、中古楽器が売買出来なくなるというヤツです。私自身は楽器を嗜むこともなく、
   一人でいきり立ってもしょうがないのですが、これは音楽業界にとって相当な痛手になりは
   しないでしょうか?年代物の音響機器に独特の味わいが出ることは、素人の耳にも分かり
   ますので、良い音に触れ合う機会が減るのは残念です。
   一音楽ファンとして、何か出来ることは無いでしょうか…!!」

→通称『PSE法』ですね。この間偶然にもこれを詳しく取り上げてるニュース番組を見ましたよ。
  坂本龍一教授やらも猛反対をしてるらしい悪法。本当に全く考えなしの法案ですよね。
  法案施行一ヶ月前にして、いきなり「ビンテージ楽器は対象から除く」とか言い出しちゃって。
  猛バッシングを受けて簡単に方向転換するあたり、信念も国民への配慮も何もない、
  中身スカスカの法案ってことでしょう。今はまだ対象となる楽器はアンプやシンセサイザー
  等の電子音楽機器だけですが、いずれ弦楽器なんかも対象の視野に入ってくるって?皆さん
  も一度『PSE法』でググってみるといいと思います。来月からもう施行されちゃうんですよ。
  ハイディなんかはほとんどのビンテージ楽器は海外で買ってるみたいだからあんま関係
  ないのかもしれないけど、ライブに使われるアンプや何やらってのは現地調達も多いでしょ?
  やっぱり音楽を愛する人には「悪法」としか言いようがないよ、これ。

Q. 「用件だけ申し上げますと、
ハイ子たんの写真集が欲しいです。」

→ミートゥーです。あれに耳と手袋を装着したら、立派な『ミニーちゃん』の完成だと思った。

Q. 「よろしければ椿さんとの馴れ初めを別窓でどうぞ!」
→上の質問(じゃねぇよあれ、単なる欲望だよ)と連投ありがとう(笑)。
  あのー・・・別窓で語るほどボリュームはないんですが、ツーさんと初めて接触したのは【RS】
  の掲示板ですかね?割りに書き込みしてくれてて、その内容がなんか・・・やっぱり独特
  だったので自然と距離が近付き、ついに2005年7月のハガレン前夜祭イベントで初・接触☆
  なんか掲示板やチャットでの「顔の見えないお付き合い」が長かった分、生で会った時に
  すご~く恥ずかしかった記憶がありますね。おかげでサングラス外せなかったんだよ(笑)。
  で、その次に会ったのがAWAKEツアー代々木公演で、こん時もライブ後にツーさんが
  フラフラ~っと来て、スカートめくり上げてキレイな生足さらしてまたフラフラ~っと消えて
  いった・・・というくらいの記憶しかなく、多分ロクに会話してません(笑)。自分でも正直、
  いつから今ほど語り合える仲に進展できたのか分からんのですが・・・ツーさん分かる(笑)?
  あ、あれかも!昨年12月に初めて一緒にライブ(モノラルさん)に行ったのが大きなきっかけ
  かも!あの時に一緒に行ってたぽっさんとにゃんこが物販の方でがっついてた時に、
  こっちは鈴木とツーさんとでお茶してたんですよ。そん時からなんとなく「この人とは言葉が
  なくても意思が通じる・・・」的なモノを感じるようになった気がします(笑)。

Q. 「鈴木様が坂本さん派だったときいて、ちょっとトキメキました…。
   ゆとりがあれば、今回のVコンのDVDの購入をお勧めいたします。」

→えっ、なんで(笑)!?坂本派って・・・そんなにす、少ないの?マジで?
  多分ぽっさん辺りはDVDを買ってるんじゃないかと思うんで、今度見せてもらおうと思います。
  ていうか、昔から何を隠そう鈴木の『旦那さんにしたい男』ナンバーワンは坂本ですから。
  ハイディはこのランキングにはエントリーすらされてません(笑)。
  「好き」のベクトルが違うんよな。

しっかし、ハイディのFAITHツアーのチケット・・・すごいデザインだな。出した瞬間手が止まったよ。
いや、個人的には好きだけどね。ものすごくハイディっぽい(笑)。

 

2006/03/19 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/16
ここ最近ハイドファンの間には忙しなく様々な情報・・・もとい、噂が広がってるようで。
TOKYO-FMのメルマガにも登録してない、週刊誌も見てない、2○ゃんにも足を踏み入れない・・・

全くタッチ出来ていません。

とりあえず年末から(?)ずーっと微熱が続いている、というのが目下一番気になる。無理して治すことも、無理してやり過ごすこともしなくていいから、頼むから原因だけはハッキリさせておいてくれ!

で、今日は映画【ナルニア国物語 第一章「ライオンと魔女」】を観てきました~。
当初この映画が制作発表された頃、ハリポタにさしてハマらなかった鈴木は「これもどうかなぁ~」というくらいの気持ちだったんですが、聞けば『白い魔女』役があのティルダ・スウィントンだと言うじゃありませんか!

もうこの人は鈴木の中では「ガブちゃん」のニックネームでリスペクトされてる役者さんなので(笑)、
この人が出る映画は全て観たい!「ガブちゃん」ってのは鈴木お気に入りの映画 【コンスタンティン】 に出演した時の役名「ガブリエル」の愛称でね、もう大好きなんですよ、この人。女の人だから「女優」という呼び方をするのかもしれないけど、どうしてかこの人を「女優」だと思えない。やっぱり「役者」か、むしろ「俳優」でいいよ(笑)。女でも男でも出すのが難しいだろう雰囲気を持ってると思う。

【コンスタンティン】の初回限定版DVDについてる映像特典にオフシーンがあって、その中でこのガブちゃん(ティルダ・スウィントン)とサタン・ルシファー(ピーター・ストーメア)が談笑してるシーンがあるんですよ(笑)。それがすごく好きです。お互い撮影の合間だからもちろんあのままの衣装で、ガブちゃんが超笑ってんの!

話を戻してナルニアね。うん。もうなんつーか・・・

とにかくガブちゃんがカッコ良過ぎてどうしていいやら。

これ以上ないくらい同情の余地もない分かりやすい悪役(さすがディ○ニーだね!)なんだけど、なんせ鈴木が個人的にあまりにも好き過ぎる役者さんだから、残酷なことをすればするほど「カッケェェェ!」みたいな。なんせ相手はライオン(ほぼCG)だからさ、どっちに感情が向くかっていったらやっぱり鈴木は大好きなガブちゃんなんだよね(笑)。お決まりの「悪役がイケイケモード♪」の中盤あたり、鈴木も大興奮です。

えぇ、主人公の子供達なんざ見ちゃいません。

・・・と、まぁそんな感じで楽しみ方を思いっきり間違ってる鈴木ですが(笑)、鈴木は大満足でした!
最後の殺されるところまでカッコ良過ぎだよガブちゃんッ(涙)!
しっかし以前映画 【ナショナル・トレジャー】 を観た時の感想 (過去ログ参照) にも書いたけど、ホントにディズニーメディアの映画は血が出ないな。あんだけバッサバッサ斬られてるのに。勧善懲悪で血が出ないディズニーメディアの映画は、とにかく鑑賞後の後味が良いです(笑)。

ふぃ~、今日はちょっと予想外の災難に見舞われてしまい大変お疲れなので、質問回答はまた後日。気付けばまたかなり溜まってきてしまってるので、週末辺り回答SPをお送りします!

 

2006/03/16 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/14
久っびさの海外サッカーネタ。興味ない人は質問回等まですっ飛ばしちゃってくださいな。

最近ハイディハイドさんが動きまくっていたので全く話題に出せなかったんだけど、今サッカーで「熱い!」と言えば、もちろんチャンピオンズリーグ!全然民法で放送してくれないけど!今年はW杯の年だから当然そっちも熱いけどさ、とりあえずはCL(チャンピオンズリーグ)だよ。

ほぼベスト8が出揃って、いまやボロボロなレアルも敗退、個人的に「可愛さ余って憎さ百倍」な感じになってしまってるリバプールも敗退、確か前回大会の準決勝でACミラン相手にミラクルな試合を展開して観客を魅了しまくったという思わぬ伏兵だったPSVも敗退・・・。

やっぱり今の時代はバルサなのか?やっぱりロナウジーニョは神なのか?
ロナウジーニョも好きだけど、でも鈴木はアーセナルとユベントスを応援したい。なんとなく(笑)。
・・・とか、思ったら。

次のベスト8戦で見事にアーセナルとユーベが潰し合いぃぃッ!?

頼むー!この試合は是が非でも放送してくれ~~!!

しかし今年は結構有名どころがいっぱい残ってくれて嬉しいね!
ポルトとかあんまり地味過ぎるチームに優勝されても、トヨタカップが全然盛り上がらんぜよ。
うーん、でもやっぱり日本に来てもらいたいのはロナウジーニョかも(笑)。てことはバルサかぁ・・・。

はい、では質問回等~。

Q. 「ニューアルバムのタイトルについてなんですが、「FAITH」には宗教的、キリスト教的な
   意味合いも含まれるので(教義、信仰etc…)『666』との関わりも若干認められるかと思います。
   『666』の頃はまだファンじゃなかったので、前回どの様な雰囲気だったのかはわかりません
   が…。あと、25日の日記で紹介なさってた漫画、何となくなのも含め、全部知ってました(笑)」

→そうそう、どうやらインタビューなんか読んでると『FAITH』というタイトルは宗教的な意味合い
  が強いみたいですね。『666』ん時は・・・あれはなんだったんだろう、とにかく「『666』っていう
  数字が好き」「映画【オーメン】が好き」「単純に悪魔が好き」とか、
  なんか本当にそんな感じのノリでしたよ(笑)。

Q. 「実は鈴木さんに是非お聞きしたい事があるのです。
   HYDEさんのSEASON'S CALL、歌詞では『Does it have an end?』と載っているのですが、
   私にはどうしても『Doesn't have an end.』と歌っているようにしか聞こえません!!
   これはHYDEさん特有『何言ってるかわかんなーい(萌え度高!!)』の歌い方のせいなので
   しょうか?それとも後から歌詞を変えちゃったんですかね?鈴木さんはどう思いますか?」

→というわけで、鈴木所有の機材で重低音を消してヴォーカルの音だけを抽出して聴いて
  みました。うん、やっぱり聴けば聴くほど「だずっとぅ」って感じで「ん」の発音が
  聴こえる気がします(笑)。この辺は英語がネイティブな人に聞いた方がいいんじゃないかと
  思うんですけど、でも、英文の意味的にはやっぱり「Does it have an end?」で合ってるん
  だと思うなー。「Doesn't have an end?」だと意味がガラッと変わって、
  なんか「え?」って感じになってしまう。 

Q. 「鈴木さんはHYDEISTさんのようですが、ディストネームもやっぱり「鈴木」なのでしょうか?
   ネット上ではHNでディストでは本名を名乗っていらっしゃる方が多く、気になったので
   質問させていただきました。また、チャットや大富豪にはご参加されないのですか?」

→デストの表示名も同じ「鈴木」ですよ~。んで、「チャットや大富豪には~・・・」って事ですが、
  過去にたった一度だけチャットに参加したことがあります。でも、その時に同じ部屋にいた方
  たちがどうやら【RS】を知っていたらしく、なんだか妙な盛り上がり方をしてしまったので、
  ソッコーで逃げました(笑)。それ以来行ってないですね~。その時にも思いましたが、
  やっぱり基本的に鈴木はデストの空気とは合わないみたいです(笑)。 

Q. 「28日の質問回答のところにあったムックさんのことなのですが、ムックさんは1年ごとに
   テーマみたいなのを決めてるんですよ。で、今年は「devilish year」なんですよー。
   2006年6月6日の武道館の「666」についてはそういう関係と日にちでたまたまなのではと思い
   ます。ムックの日の6月9日には武道館取れなかったみたいで。だから「9をひっくり返して6」
   と本人たちは言ってましたよ(笑) でも、そういうのって気にしちゃうものなのですかね??
   確かに少しは思いましたけど、有り得ない、ですかね・・・?」
Q. 「ムックの666の件ですがあれはオーメン云々ではないみたいですよ。
   ムックは毎年6月9日に「ムックの日」という名前イベントを行っていて、今年のムックの日の
   イベントは武道館公演なんです。しかし、6月9日に武道館がおさえられなかったので、
   仕方なく6月6日にライブをすることになったようです。2006年6月6日に武道館公演・・・
   あ!そろってるじゃん!!! ・・・と、いうことで「666」って事になったみたいですよ。
   最初は私もびっくりしました(笑)」

→この他、「アモ(今日はムッカー)」という人からも熱いメールが飛んできたんですが(笑)、
  まぁこういういきさつがあるようです。決してパクリとかではないそうなので、「有り得ない」と
  まで言い切ってしまうのも可哀想だな~と思います。『武道館』も『666』も『髑髏』も『コウモリ』
  も、決して「HYDEのオリジナル」と言い切れるモノではありませんし。 

この事についてアモさんと熱い語り合いをしたので、その様子をちょろっと公開。

 鈴 : 「キミの他にも『666』の説明投稿が来てるよ。
     でもやっぱキミがダントツに熱いけどな(笑)!」
     (※アモさんの投稿は若干過激なのでここに掲載はしません) 
 鈴 : 「今回あーなったのは、あまりにも今までのムックちゃんに666とかコウモリとかドクロの
     イメージが無かったからじゃないかね?少なくとも私はそうなんだけど。
     それが「一年ごとにテーマ決めてやってて、今年がたまたまデビリッシュ」って話聞きゃ
     「そうなんだ~、納得」で済む話なんだけどさ。前々からそういうイメージがあるバンド
     ならいざ知らず、いきなり西洋オカルト色持ってきて、すぐ近くに年季入った
     西洋オカルトマニアが居たらやっぱ多少の人は「マネしてんの!?」と思うわな(笑)。
     私が何より不思議なのは、それにゴーサインを出した事務所だよ。ムックちゃんの事を
     考えるなら、そこはやっぱかぶらないプロモーションを展開するべきだったと思うなぁ。
     てか、私的には『669』にしちゃって「これがムック流デビルな数字だ!」みたいに
     するのもカッケェと思ったよ。」 
 ア : 「他にもいるだろうなぁと思ったんだけどここは私がいかなきゃなぁという使命感に
     かられて(笑)。確かにムックにコウモリだかのイメージは無いもんな。
     ムックは割りと誰でも分かるようなもんパクってグッズ作ったりするからもしかしたら
     今回もそうなのかも(笑)。そうだとしたらまぁ笑って許してくれ(笑) 
     きっとムック本人も「これハイドさんグッズっぽくね?」とかって言ってそう(笑)
     さすがにあれは思うだろう」
 鈴 : 「結局ファンだけが毎度こういうこと言い合ってて、当のハイディ本人は確実にムック
     ちゃんのグッズ見たらまた「かっこいいじゃん」とか本気で言っちゃうと思う(笑)。
     んで、言われたムックちゃんが「はぁ・・・まぁ・・・ハハハ(苦笑)」みたいな反応してる
     様子がありありと想像できる私は本当にハイたんファンなのかしら(笑)。
     てかマジでそういうやりとりやってくれたら相当萌えるわ(*´∀`*)」
 ア : 「本当だよなぁ(笑) うちらただのバカだよまったく!いいんだけどさ!私は両方好き
     だからお互いのファンが誤解していがみ合うのが嫌なのよ。多分ハイドは
     「それちょーだい」とか言いそうだもん(笑)。で、たつおがまた音人で自慢すんの(笑)」 

熱く語ってたはずが、やっぱり最後は萌えてしまっている(笑)。
最後にアモさんからの熱いメッセージを。

ムックはラルクのかわいい後輩です。
ハイドさんも「ムックかっこいいじゃん」と言ってくれたのよ?
(たつおの洋服の隅を掴みながら!←ココ萌えどころだから)
生暖かい目で見守ってやってください(笑)

 

2006/03/14 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/11
最近またラピュさんブーム。何故?
どうしてこんなに素敵なバンドが解散しちゃうかなー。「アキ様だけにはいたぶられてもいい!」とか言ってる鈴木ですが、どうやらアキ様の方がドMらしい。あ、あんなにキ○ガイ&キモいヴォーカルなのに(笑)!『壊れてるドM』ってなんかもうホントに凄そうで、ますます惹かれてしまうんですがアキ様。

アキ様の歌声を聴いてからハイディの歌声を聴くと、まるで・・・癒されるよハイたん。
ま、鈴木はどっちも大好きなんですが(*´∀`*)

Q. 「私はあんまり私の周りでは評判の良くないLOVE FLIESとかfinaleとか、
   ファンだけでなくメンバーにも好かれてないアネモネとかそこらへんのPVが毛根イッちゃう
   くらい好きなんですけど鈴木さんはどうでしょう??」

→イェェェイ!大学受験終了お疲れちゃ~ん!日記完全読破・・・が、頑張ってください(笑)。
  さて、【LOVE FLIES】と【finale】のPVは鈴木も超好きですよ!特にラブフラは好きですね~。
  ああいうスタイリッシュな不思議映像にはとにかく弱いです(決して「CGが好き」という意味
  ではない)。ただ【Anemone】は・・・・・・・・毛根がイッてしまうことはないなぁ(笑)。
  アレを見る時は9割方サブアングルの方見ちゃうし。てか、そもそもライブ映像が大好きな
  鈴木としてはPVとライブ映像ver.がメイン&サブアングルでそれぞれ同時に収録されてたら、
  絶対ライブver.を見ちゃうよ(笑)。 

Q. 「先刻鈴木さんと漫画のチョイス10がほぼ一致しまして…暫く愉快に強く生きて
   いけそうな気がします。HYDE祭との相乗効果が狙えますね…(笑) ところで。
   鈴木さんはデスノートの映画化についてはどう思ってらっしゃいますか?
   …作品としては、私もLの死後離れてしまったのですが。」

→えぇ、ご一緒に愉快に強く生きて行きましょう(笑)。
  んで、デスノの実写映画化・・・いやービックリしましたよ。「あれをやるか!?」と。
  多分映画でやる話はLとの対決部分だと思うんで、作品的にはまだ興味があるところ
  なんですけど、キャスティングがね~・・・・・・・どうなの?ライト役の藤原竜也君も
  腹黒さ加減や演技力なんかは相応しいと思うけど、なんせあの風貌があまりに漫画のライト
  とギャップがあるよね。間違ってもライトの頬はぷっくりしちゃーいない。でももっと驚いたのが
  パパ役の加賀丈史・・・もう分からない、キャスティングの意図が分からないよ!!

Q. 「質問ではなく、友人から聞いた"情報"なんですが…知っていらしたらスルーして下さい。
   外国から日本に帰る時、JALの機内放送でラルクの特集していたらしいんですよ!!
   曲は、Killing Me・New World・叙情詩で、最後に、はぃでぃが
   「それでは、皆さん。空の旅をお楽しみ下さい。」 と言ったそうで…
   友人はその時、叫びたくなるくらい、ヤバかったそうです;;私は、叫びましたが。」

な に そ れ ・・・
  知らないよ(笑)!全っ然知りませんでした!!マジで!?何故にJAL!? 
  ハイディが言う「空の旅をお楽しみ下さい」が聞きたい!ほんっとに聞きたい!
  うがーっ!こんなん聞いちゃった日にゃ、鈴木も間違いなく叫びますよ(笑)。

Q. 「3月3日発売の『What's In xP』というHYDEさんオンリーの雑誌なんですが、その中の
   カメラマンさんの中の一人に「パンダ」の写真集で有名な菅野ぱんださんという方が
   いらっしゃるそうなんですが。これを知って「HYDE=パンダ」(しかも子供パンダ)という認識を
   してしまった私は何処かおかしいでしょうか(笑)しかもその方が今年「コパンダちゃん」という
   作品を出版されるということを知って更にその思いは強まってしまったんですが(笑)」

→うわ、なんだか時期を外してしまってすみません!もう発売されちゃった上に感想まで書い
  ちゃったYO!しかしなんていうか・・・鈴木的には「HYDE=子パンダ」の図式は某黒い人の
  おかげで結構以前からあるんですよね、イメージとして(笑)。だからハイディが生茶パンダ
  にハマって、さらにライブで両手にあのパンダをはめて口をパクパクさせてた光景
  (【MUSICtext】内 『不思議の国の鈴木』 参照)を見た時は「うおぉぉ!子パンダが3匹いる!」
  みたいな(笑)。んで、実際のぱんださん撮影のあの写真も、やたら『小道具とやわむれる
  ハイディ』の構図が多くてやっぱりどことなく「・・・パンダ?」な感じがしました。 

てゆーかオイ!いつの間にか【蟲師】が最終回じゃないか!!
それと今、何曜日だったか忘れちゃったけどフジの深夜にやってる 【怪 ~ayakashi~】 ってアニメが面白い。先週までやってた『天守物語』はまぁそれほどでもなかったんだけど、今週から新たに始まった『化猫』。あの主人公の薬売りの男がすごくイイね。声があまりにもカッコ良くて、勢いでネット検索して声優さんの画像を見たらちょっと凹んでしまったよ・・・(笑)。アニメのイメージで留まっておけばよかった。

 

2006/03/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/9
仕事が若干キツキツです・・・「3日で仕上げろ」ってナニゴトですか。

それでは質問回等~。

Q. 「レコード会社直営♪でHYDE特集!HYDEからのビデオコメントも!!より。
   「この曲は一生懸命作りましたっ。」
   「さわやぁ~かな曲に仕上がってると思います。」
   もうなんなんでしょうかこの30代のおじさんは。最後の方は普通でしたが最初の方は
   小学生の作文かと思いました。年齢詐称疑惑を持ち上げたい気分です。
   「火の無い所に煙はたたぬ」と言いますが、私には森林火災もビックリの煙が見えます。
   鈴木さんには見えますでしょうか?」

→鈴木にも火柱が見えますよ(笑)。なんなんでしょうか、あのかなり足りない子っぷりな
  動画は・・・。最近ではあまりに「若ッ!」なハイディを見ると、『クリス』と呼んで
  もはや別人のごとく捉えてます(笑)。

Q. 「(前略) 自分の中にある「ハイディに是非やってみてほしいことリスト」が驚異的なまでに
   消化されていく今日この頃、鈴木さん、時々そんな自分に怖くなったりしませんか?
   この勢いでハイディが今年中に食わず嫌いにでるんじゃないかと思ってしまうぐらいです。」

→「ハイドの早口」(byラジアン)も2006年早々に消化され・・・ホント、怖くなりますね(笑)。
  この調子でついに【食わず嫌い】に出演の夢が叶った暁には・・・・・・自分がどうなるか
  分からないよ!想像できない!すでに【ぷっすま】で一度全壊したってのに!
  もちろん最終的な夢はアレね、

  【関口宏のフレンドパーク】ね。

  しょっぱなのウォールクラッシュでハイたんがスパークした挙句に壊れちゃうこと間違いなし!

Q. 「いきなりですが、2・21の日記で「FMチューナー内臓&MP3録音機能充実の
   素敵ポータブルMP3プレーヤー」と言ってらっしゃいましたが、どこのなんという商品なのか
   教えていただけませんか??ラジオはほとんど聞けない状況なのでいつも悔しくて
   しょうがないんです。。。お願いします!!なんでもしますから、hydeさんのラジオトークを
   私にも聞かせてください!!」

→あ、これはゲスブの方で「ZENですか?」というお問い合わせも頂いてたんですが、残念!
  鈴木のお気に入りポータブルMP3プレーヤーは iRiver(アイリバー)のH10 6GB です。 
  iRiverはいいですよ~。ハイディが奇跡の早口言葉を喋った日のラジアンで、ヤマちゃんを
  負かした早口言葉を投稿した人に贈られるという景品がiRiver製品のポータブルMP3
  プレーヤーでしたね。いつの間にかヤマちゃんの一存でプレーヤーじゃなくてHYDEグッズの
  カイロになっちゃってたけど(笑)。それで鈴木もこれ買う時、最後まで ZEN と悩んでたん
  ですよ。ZENの方がHDDの容量が大きい(8GB)のに値段が若干安くて。
  そしたらヨド○シカメラの店員さんが・・・

  「絶っ対アイリバーの方がいいです!
  ZENなんかより全っ然いいです!」
 

  という有り得ないプッシュぶりだったので、結局アイリバーを購入しました(笑)。
  デザインもZENの方がカラーバリエーションが豊富なんだけど、なんか微妙なんだよなぁ~。 
  ていうか何故あそこまでZENをないがしろにしていたんだろうか、あのお姉さんは。 

Q. 「HYDEさんがハマっている「グーグルアース」鈴木さんならどこをみたいですか?
   (「オリコンスタイル」の動画コメントでHYDEさんが「ぎゅーっと‥」と手のひらでするとき、
   吸い込まれそうになってどき~っとしてしまうわたしってアレな感じです)」

→鈴木もハイディのあの時の手の動きが妙に好きです(笑)。あの手、いいわ~(*´∀`*)
  で、検索してみたい場所・・・・・・いきなり「ここ!」って言えるような思い入れのある場所は
  無いな(笑)。とりあえず基本中の基本ってことで、我が家をサーチするとは思います。

Q. 「(前略) 鈴木さんの親は、ラルクの曲やハイディに対して何か反応しますか?あと、わたしの
   血筋はラルク好きが多いんですが、鈴木さんの血筋にラルク好きさんはいますか?」

→「虹って良い曲だね」発言をするお父さんって素敵だなぁ(笑)。
  前に仕事中に車で外回りをしていた父がラジオで流れてた【finale】を聴いて、帰って来て
  早々鈴木が好きなバンドを「ラルク、だっけ?」と確認した上で、「ああいう歌も歌うんだな」と
  呟いてた事があります。確かに流行りのJ-POPラインナップに【finale】なんぞが紛れてたら、
  かなり浮いてたんだろうな~(笑)。「うるさい曲ばっかじゃないんだな」みたいな事を言って
  ましたね。ま、そんくらいかなぁ。基本的に鈴木のご両親はロックに全く興味がない(むしろ
  嫌い)ので、その点で相容れることはないですね。あと血筋では・・・やっぱり居ないなぁ~。
  ロックが苦手な人と音楽自体に興味が無い人ばっかです。 

Q. 「そろそろ腹黒意識調査が恋しくなってきました」
→鈴木も恋しいです(笑)。お題は随時募集中なので、ネタがあったら是非!

 

2006/03/09 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/7
どうもファンの間では超不評らしい【WHAT's IN?XP】。まぁ、たかだか1200円ですから(笑)。
1200円っていったら音楽雑誌【uv】と同じ値段ですよ?それが丸っとハイディハイドなのよ?
丸々一冊の雑誌をソロで組んでくれる事自体がハイドマニアにはたまらないと思う。
もう写真の出来云々以前に・・・

ありがとう、ソニマガ(涙)!

鈴木はこの値段でこの内容、かなり満足です。2300円くらいまでなら出してもいいよ。贅沢は人生の毒! さて、それじゃ3人のフォトグラファー別に感想をば。

○ 岡田貴之 【A Quiet Conversation】
感覚(センス)的にこの人の写真が一番好きだな。
意図したイメージは『極上のロックスター』だそうで。いやホントそのまんま。ゴージャスでいて、しかし同時に退廃的。強めのフラッシュと視線を浴びながら、しかしとても排他的。「音のない対話」というような意味のこのタイトルも、とても鈴木好みです。

ツーさんとも言ってたんだけど、ハイディハイドはその身にまとう陰影が非常に素晴らしい素材なので、陰影の扱いが異常に上手い岡田さんとは結構な相乗効果が生まれた作品になってると思う。

ちなみに鈴木的ベストオブ岡田フォトは、1ページ目(反対側ページにネームとタイトルがあるページ)。こっちを表紙にしてくれればいいのに!とか本気で思う。8ページ目の、まるで時間をピタッと止めたような写真なんか 【VOGUE】 とかの表紙に使えるよ(笑)。
ていうかこれは是非ともイラスト化したい絵柄です。
16ページ目の青みがかった写真の右側、こ~れもヤヴァイ。あの首の影はポイント高いぜ!21~22ページ目にまたがってるあの写真は、是非とも半ページで切れ目なく見たかった!24ページ目の椿×ハイディ、あの顔見た瞬間「これ、誰?」とか言っちゃった。ハイディだけど、あんな写りは初めて見た!ていうかあの写真にはツーさんが大喜びしてましたね(笑)。

ラストの暗がりの中で防波堤に寝そべってる写真の次に、あの油絵が挿入されてるのがなんとも憎い演出。この人のセンスは総じてすごく好きだなー。

-----

○ 菅野ぱんだ 【雨という字について】
この方はパンダを撮るのがお好きらしいですね。
この人の写真ってなんだろう・・・すごく「生き物を撮ってる」って感じ(笑)。
その生き物が必ずしも「ハイドでなくてもいいのでは?」みたいな、至って普通の構図ばかりなんだけど、そこが逆に新鮮でいいのかもしれない。それこそ決めポーズなんか普通の音楽雑誌で腐るほど見れるもんね。

で、皆さんはタイトルの【雨という字について】が意図するところって、解りますか?鈴木は全く解りません(笑)。確かに雨に降られまくった中での撮影で、写真からも『湿度』とか『静かな雨音』みたいなものは感じるんですけど・・・あ、あと『憂鬱』や『侘び寂び』みたいなのも感じるのかな。

ちなみに “雨” という字は「くもから水が降ってくる様子」を模した字だそうで、雨の古字は こんなん らしい。どうでもいい豆知識。(※『雨』でページ検索「Ctrl+F」してみてください)

う~ん、解らん。

ちなみに鈴木的ベストオブぱんだフォトは、13ページ目のバック体位壁に手ついて背中向けてるやつ。なんだろう・・・これ見てるとものすごくムラムラしてくる(*´∀`*)

その他、ぱんださんはこれ、意図的にパーツアップして撮ってるのかな?
よく見ると『顔』『手の甲』『手のひら』『腕』『背中』『耳』『首』・・・と、見事にパーツにピントを絞った写真が多い。あ、もちろんベット(?)に寝転んで小さくなってる写真も大好きです。可愛い。

-----

○ 三島タカユキ 【メガロポリスの片道ブルース】
編集担当の菊池氏 も言ってたけど、この方の写真は本当に「『ロッキンフォト』だな~」という印象。
岡田さんのフォトイメージが『偉大なロックスター』なら、三島さんのフォトイメージは『等身大のロックミュージシャン』だろうな。

タイトルの『メガロポリス』はもちろん「東京」を意味してるんだと思うけど、ぱんださんのタイトルとは
打って変わって、このタイトル『メガロポリスの片道ブルース』の意味はよく解るね。とてもシンプルでタイトル通りの内容だと思う。しかし写真しかりタイトルしかり・・・非常に鈴木の好みに反しているのが残念だ(笑)。

ちなみに鈴木的ベストオブ三島フォトは、言わずもがな19~20ページ目の鏡に映ったハイディ4連発。あのどんぐりお目め(寄り目)は何ですか?ていうか誰ですかあれ(笑)。まるで別人。すっげ可愛い。貴重な白目下部と程好い鼻の穴と「ぽか~ん」と開いちゃった口腔内と・・・・・三種の神器が揃っておられる!一転して、2つ目の写真はまるで洋マネキン。3つ目のひとりE.Tは指が可愛いし、4つ目に至ってはもう・・・

持って帰っていいかなこれ?(*´∀`*)

みたいな。チャッキー(by チャイルド・プレイ)のごとく邪悪な顔がこんな可愛くてどーすんのよもう!

-----

総合して、一番好きなのはやっぱりベストオブ岡田フォトの一枚かな~。
こうやって3者の感想を並べると他の2人のフォトの方がよっぽど「萌え度」は高いように思うんだけど(笑)、純粋なアートセンスとして一番好きなのは岡田さんですね。

あくまでも『HYDEソロ写真集』ではなく、『HYDE×Photographer』のアート作品集ってことで考えれば、なんら遜色の無い一冊じゃないでしょうか。ま、「もっと好みの写真家が居るのに!」って事なら仕方が無い。

 

2006/03/07 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/5
昨日はハイドバカ達の大集会に行って来ました。
メンツは オカマツーさんぽっさんmyukaちゃんゆきやちゃん と鈴木。

うわ!ホントにハイドバカばっかだな!

楽しかったです。超楽しかったです。
まず待ち合わせの新宿駅前でカマハチ持参の【WHAT's IN?XP】を広げて「ふがふが」言ってたら、少し遅れてツーさんが来たのね。そしたら「ちょっとー、こんなトコで何広げてるのよ~」とかなんとか言いながら気付いたら隣にいて、「これがさ」とか「それね」とか「うん」とか、終いには「ね!」とか・・・

だんだん言葉が減っていくの。

それでも伝わってる鈴木とツーさんの間には、もう言葉は要らないと思った(笑)。
最終的にはアイコンタクト一つで十を悟れる間柄になってたね。

その後、ぽっさんとゆきやちゃんが到着していざツーさんオススメのお店へ。
ここで案内役のツーさんが新宿樹海に迷ってしまった事は内緒にしておいてあげよう。

んで無事にお店ついてお酒頼んで、いざカンパーイ!のところで「・・・え、何に?」みたいな話になって、全員の心に共通の言葉が浮かんでるのに誰もそれを口に出来ず(笑)、ツーさんに至っては「言いたくない」とまで言い切って、「じゃ、とりあえず(皆の心の中に居るであろうあの人に)カンパ~イ!」と相成りました。そん時に率先してグラスを掲げてたカマハチの中に、なんとなく『母のド根性』を見たね!

それから一通りぽっさん発のV6の話題で盛り上がって(なぜ?ていうか坂本をバカにすんなよお前ら!)、カマハチの息子君ネタに大爆笑(アナンの後釜は相当難しいと思う)して、やっぱり徐々にハイディハイドの話になって、いつの間にかツーさんがまたXPを開いてて(ムッツリ過ぎです姐さん)、ゆきやちゃんの爆笑神伝説(なんとビックリ親子三代分)が繰り広げられて、myukaちゃん(馬刺し仲間)が鈴木に「首について聞きたい」とか危険なこと言い出しちゃって、鈴木も「長ければ長いほどイイ!」とかワケ分かんないこと口走って・・・

あぁ~実に楽しい飲み会でした(*´∀`*)

最後の方は珍しく酔っちゃって、なんか「締めにね!」とか言いながら「手羽先餃子」(重ッ!)頼んで一人で食ってたし、帰りに駅に向かってる道中なんか若干ちどり足で「夜ってこれからだよね!」なんつってぽっさんに絡んだね。さらに電車の中でmyukaちゃんに「痴漢には気を付けた方がいいよ!」とか力説してたけど、確実に「鈴木さんが気を付けてください」と思われてたに違いないしね(笑)!ごめんね!

・・・しっかり記憶が残ってるところがとてもやるせない。
しかし、改めて素敵な飲み会でした!またやろうな!

そんなわけで予想以上に・・・というか、余裕で限界値を越えていた【WHAT's IN?XP】の感想はまた後日。

 

2006/03/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/3/2
ライブに行きてぇー。

というわけで、質問回等~。

Q. 「鈴木さんのビューティーコロシアムの話を拝見して思ったのですが,hydeさんの様にどの
   パーツを取っても完璧な人や(ファンの欲目ですね)、どのパーツをとっても普通な人は
   いるのに、目だけhydeさんで他はちょっと・・・みたいな人を見かけない気がするのですが、
   私の気のせいでしょうか?」

→う~ん、鈴木は「目がよく似てるのに、どっかが変・・・」みたいな人を一人知ってますよ(笑)。
  その人の美的感覚とか好みとかでも大きく左右されると思うんですけど、鈴木の好みは
  すごく特殊なので、案外「えー!変な顔じゃん!」とか言われちゃう人の事をものすごく
  カッコ良く感じたりします。

Q. 「以前、おすすめのイヤホン&ヘッドホンについて質問させていただいたものです。その後、
   インナーイヤホンを購入いたしました!慣れるまで違和感がありましたが、今は大好きな
   インナーイヤホンでございます。丁寧なお答えをしていただきうれしかったです。
   ありがとうございました。」

→おぉー!オススメしたものを気に入ってもらえるってのは嬉しいですね(笑)!
  鈴木も今ではすっかり『インナーイヤホン信者』です。

Q. 「ヽ(´Д`;)ノアゥア が気に入っていただけたようで嬉しいかぎりです(o´д`o)v
   これで ヽ(´Д`;)ノアゥア も浮かばれるってもんです(*´∀`*)(ぇ。
   ところで、AWAKEレビュー楽しみにしているんですが、完成はまだまだな感じですか?
   読める日をうきうきまってます(*´エ`*)ポッv
   では、身体に気をつけつつ、もりもりハイタン、その他(笑)に萌えていきましょうヽ|´ェ`|ノ爆
   鈴木さんのハイタン萌え日記大好きです( ´艸`)」

→もうなんだろう・・・某Cさんの文面ってすごく可愛いです(笑)。なんだか本当に癒されます・・・。
  さて、AWAKEレビューの件ね!アハハハハハハハ・・・・・・・・・・・・・・

  どうかもう少々お待ちください(土下座)

  ラルクさんの次のアルバムが出るまでには何とか!って、それっていつだよ(笑)!

Q. 「(前略) ところで今回男子フィギュアにて、鈴木さん的に見ていてツボった演技は
   ございましたか?」

→ジェフリー・バトルね!確かにすっごい爽やかさ満開ですよね(笑)!
  う~ん、ツボった演技なぁ・・・・・鈴木、高速スピンがすごい好きなんですよ。
  だからやっぱりランビエールのスピンには「うひゃー」ってなりましたね。
  しかし最近はやっぱりあんまり見てて惹かれる選手がいないかなぁ・・・。

Q. 「ご存じかもしれませんが、イリヤ選手の静止画は「王子様ドットコム」で見られますよ★
   http://adoniscom.blog24.fc2.com/blog-entry-4.html
   別次元なハイディには敵わないかもしれませんが、
   けっこう美形揃いですのでぜひご覧下さい。」

→情報有難うございます!このサイト、すごい面白い(笑)。

Q. 「先日の休日にラルクのライブDVDを映像なしで延々流し続けてな~んにもせずに
   ずっと聴いてたんですが、そういえばラルクさんはライブ盤のCDとかって出してませんよね?
   鈴木さん的に出して欲しい、と思うことはありますか?
   また、ラルクさんはなぜ出さないと思いますか?」

→あぁ、そういえば出した事ないですね。今気付いた(笑)。
でも前にラジオで【REALIVE】の時のライブ音源(確か【Promised land】)が特別に放送された
  事があったよな。ということは、ラルクさん的には『ライブ音源=貴重音源』という認識でも
  あるのかな?鈴木も出せるもんなら出して欲しいですよ!希望は【REAL 東京ドーム】の
  3日目ね!(最終日ではなく)鈴木的に過去最高の『降臨』を記録したあの日の音を
  もう一度聴きたい。

Q. 「近所のTSUTAYAがエスカレータで降りたところにポスター、CDの横には「HYDEの
   妖艶な世界に酔いしれよう」と紫色で書かれたポップ、と微妙な応援をしていました。
   「妖艶」が「妖精」に見えて、つい二度見です(笑)。」

→ホントに微妙~な応援だな(笑)!なんだその若干年季を感じるキャッチコピーは!
  『HYDEの妖艶な世界』と『HYDEの妖精な世界』・・・どっちに酔いたいかと問われれば、
  鈴木は迷わず後者だな。

明日はいよいよひなまつり。イコール、ハイディハイドのポップジャム。
あの公録からもう1ヶ月かぁ・・・。

 

2006/03/02 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。