脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2006/2/28
【SEASON'S CALL】について、ハイディが某雑誌で語ってる内容にクラッときてしまいました。 もちろん良い意味で。・・・「良い意味」?良い意味というか、個人的に「うは(*´∀`*)」っときた、というか(笑)。

「あの頃に戻りたい」とか、「このまま時が止まってしまえばいいのに」と思う事が決してマイナスだとは思いません。若干後ろ向きではあるけど。でも、そこまで心に残る幸福とか、失いたくない幸せが確かにある(あった)人生ってとても素晴らしいモノだと思う。

その上で、「未来にもあったらいいな」と願うのは、むしろ前向きなんじゃないかなぁ。

「“あの頃に帰りたい”みたいな感じ。見てる方向は未来なんだけど……」

ここが、鈴木が一番この曲に惹かれてる部分なのかもしれない。
とにかくこの曲が大好きです。そしてやっぱりハイディが大好きです(*´∀`*)

では、質問回答~。

Q. 「ORICONの調査で「お肌がキレイだと思うアーティスト」のランキングを発表していました。
   男性アーティストの1位はGacktさんだったのですが、5位にhydeさんがランクイン
   されていました!(ウエンツさんと一緒) hydeさんは煙草を吸われるのに
   肌がキレイですが、Gacktさんは煙草を吸われるのですか?」

→さー、ガクちゃんの事を鈴木に聞かれましても全然詳しくないんで(笑)。
  確か「タバコを吸う女は嫌い」とか言ってた気はします。本人はどうなんだろ?ハイディのあの
  お肌はなんでしょうねー、やっぱ遺伝?前に団長(綾小路セロニアス翔)が「井戸水で
  顔洗ったりしてませんか?」とか言ってた事があったけど、ホントそんな感じですよね(笑)。

Q. 「先日友人から貰ったGLAY出演ビデオの中にラルクが一緒に出演してたんですよね。
   その番組が98年か99年の新年の歌番組(生)でロンブーが司会してたやつかな?
   それでハイディが指を怪我して血がどぅあ~って流れ出てたんです(笑/笑い事じゃねえ)
   この番組ご存知でしょうか?もし見ていたらそのときの鈴木さんの心情を知りたいです。
   私は「ああ!ハイディが怪我しとる!…何処で怪我したんだろ?
   てか誰か怪我に突っ込んでやれよ!」と思いながら見てました。
   心配しろって話ですよね(何処かで心配はしてたと思う)
   CM明けてからはリバテープを巻いてました。ほっ!」

→はい~、知ってますよー。確か年末のロンブー司会の特番ですよね。
  番組中に中継バスで移動してて、その中でお酒飲んじゃって、スタジオ着いた頃には
  すっかり酔っ払い(主にハイディ&ケンちゃん)になってたってヤツですね(笑)。
  確かハイディが指から流血したのは演奏中に(主に酔っ払いコンビが)暴れてマイクスタンド
  か何かで切ってしまったんだという記憶があるんですが・・・違う?
  客席になだれ込んじゃってたのはケンちゃんですよね?あの番組、見てはいたんですが
  諸事情により録画はしてなかったので、確認のしようがないんです・・・。

Q. 「以前の質問回答で「日本語の中に不自然に紛れてる英単語がダサく見えてしまう」と
   おっしゃってましたが、ハイドさんの「COUNTDOWN」における「逃せない moment」とか
   「忍び寄る countdown」とかについてはどうでしょう?やっぱり許せちゃいますか?」

→お~!さすがよくご存知で(笑)!「忍び寄る countdown」はまだオッケーです。
  『カウントダウン』はもう一般的に日本語の中で使われる英単語なので、さほど違和感は
  感じません。だが、しかし。
  「逃せない moment」は・・・・・・・・・・・涙を飲んで「ゆっ、許すよ!ハイディだし(泣)!」という
  ギリギリの心境である事は確かです。だからあの曲にはあんまりハマらなかったのかしら。

Q. 「我らがラルクと同じデンジャークルーの『ムッ○』さん。イベントでも何回もタイバンしてる
   バンドですが、今年(2006年)6月6日に「武道館」で「666」というLIVEをするそうです。。
   私は思わず目を疑いました。。「666はHYDEだけの専売特許」だと思ってたので、
   このタイトルを考えたメンバーも許可した事務所も信じられません。。しかも、グッズに
   缶バッヂのデザインが『赤地に黒で666』『黒地に金でコウモリ』『白地に黒でドクロ』なのが
   あったんです。。 鈴木さんはご存じでしたか…?
   気分を害されたらすいません。でもこれはあり得ないと思って書かせて頂きました。」

→知ってますよ~。ちょっと前に深夜のテレビで新曲【ガーベラ】のロングCM
  (1分くらいあった?)を目撃した時に、そのCMの最後に『日本武道館【666】』の文字が出てき
  て、「んあ?」と思いました(笑)。いやー決して気分を害されてはないですし、鈴木は別に
  「許せねぇ!!」って事もないんですが、ただ、「何故に?どうして?」とは思いましたね~。
  ハイディはもう「悪魔大好き!オーメン最高!」な人だから、CD品番まで揃えてあの数字を
  アルバム&ツアータイトルに冠したのは大いに納得なんだけど、ムックちゃんはどこからこの
  数字が出てきたんだ??今年は「悪魔だぜ!」な路線でいくのかな?んー、でもやっぱ同じ
 事務所所属のアーティストで同じ会場で同じタイトルのライブをやるっ ていうのはあんまり
  他に例を見ないな~とは思う(笑)。複雑に思う人が出てくるのも分かります。

Q. 「余計なお世話かも知れませんが、鈴木さんはぽちさんのサイトはリンクされないのですか?
   よく日記でお名前が出ていて仲がよさそうでいらっしゃるので・・・ふと疑問に思いました。
   関係ないのにスイマセン。」

→・・・・・・・・・・・・・・あ、ホントだ。そういやそうだ(笑)。
  日記の方でよくリンクしてるから、【LINK】ページの方の存在をすっかり忘れてました~。
  週末彼女と会う予定なので、直接交渉してやろう。(うわっ、すげー今さら&上から口調!笑)

Q. 「年甲斐もなく、とっとこハム太郎をみてますが、そのアニメに出て来る「マジカルくん」が
   個人的にhydeに似てる気がして、鈴木さんに質問してみたくなりました。
   ↓此処の下の方にマジカルくんみれます
   http://www.hamutaro.com/anime/chara/
   わがままでちっこくて、語尾が「~でち」で、なんか憎めないし、眉毛の感じがHYDEっぽくて
   みるたびにかわえぇ~って思ってます。ねてる君が一番好きですが、マジカルくんもかなり
   好きです。鈴木さん、マジカルくんはHYDEににてますかね?」

→こっ、これはなんとも難しい質問ですな笑)!
  見た感じ・・・うん、こういう顔で描かれたハイディのデフォルメイラストを見た事があるような
  無いような。やっぱ目がデカくて、つり眉で、眉毛と目の間隔が無いに等しい作りの顔を見ると
  自然とハイディを連想してしまう気がします。しかし、初めて【とっとこハム太郎】というものを
  ちゃんと見たんですが、こんなにいっぱいキャラがいるとは思いませんでした(笑)。

Q. 「いつだったかは忘れましたが(多分先月)、いいとも!でタモさんから「ラルクアンシエル」と
   発せられたのはご覧になりましたか?ただそれだけでしたが、突然に、タモさんの口から、
   Mステ以外で聞けるとは!何か嬉しかったです♪毎週幾多のバンドと共演している中、
   ラルクを選ぶとは!やっぱタモさんも“タモさんハイド”(自分限定←羨!)にメロメロなの
   かしら・・・と要らぬ妄想しちゃってます。」

→えぇ!?知りません!ていうか平日お昼放送の【いいとも】なんて当然ながら見れません・・・。
  どんな流れで名前が出てきたのか気になりますねー。一時気前にダウン○ウンの松っちゃんが
  連続してラルクさんの名前を言ってた事がありましたけど、案外言いやすい名前なのか(笑)?

Q. 「日本語で男も帰国子女というのは、「子」の部分が男、「女」は言わずもがな女の事を
   指しているらしいです。フランス語だけでなく、日本語も充分面倒臭いですね(笑)」

→そうなんだ!?知らなかった(笑)!

明日から3月に突入。いよいよライブまで残り一ヶ月!ひゃほー!

 

スポンサーサイト
2006/02/28 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/26
昨日のTOKYO FM【TOYOTA SOUND MY LIFE】(スペイン坂公録)の動画を見て、
今のステキな髪型はスタイリングをしてこそのモノなんだな、という事が分かった(笑)。
なんもしないとあーなるのか・・・。

○TOYOTA SOUND MY LIFE → 動画ページはコチラ

うーん、やっぱりスペ坂公録行けば良かったかな(笑)。

昨日の日記最後の「スマステにハイディがッ!」について、「ハイディがどうしたんですか!?」っていうお問い合わせが相次いでいるのでお知らせします。ちなみに、いきなり出てきたもんだから当然録画などはしておらず、しかも「ぽかーん(゚ロ゚*)」みたいな心境で見てたので、その正確さは保障できません(笑)。ご了承ください。

昨日のスマステでは『日本武道館特集』というのをやっていたんですが、『武道の殿堂』であると同時に『ロックの聖地』でもあるってことで、アーティストではドリカムとHYDEが武道館についてコメントをしてました。このメンツと2組の服装を見るに、前日生放送されたMステの帰りに捕獲されて、そのままコメント撮りされた感がありありと感じられましたが(笑)。

で、武道館についてのコメントは2回に分けて出てきまして、一回目のコメントはこんな感じ。

 「外人でも武道館だけは知ってますからね~」
  (最初の方はハイディだと気付かずに、他の事やっててあんま見てなかったので覚えてないです)

二回目はこんな感じ。

 「田舎にいた頃から武道館はやっぱり特別でした。
  東京ドームとか、もっと大きいところはあるけどやっぱり武道館は別格。
  いつまでも敷居が高い、神聖な場所であって欲しいですね。本当にそう思います。」


ソファーに座ってこんな感じの事を喋ってました。姿はMステの時そのままです。

普段土曜の夜に家に居る時はたいがい鈴木は【チューボーですよ】を見てるんですが(笑)、昨日に限ってTBS特番で【チューボーですよ】がやってなくて、たまたま見てた【スマステ】でよもやハイディが拝めるとは・・・・・2006年もハイディ引き寄せ運は強そうだ。
何故その引き運がチケ運だけには活かされないのか謎です。

 

2006/02/26 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/25
いよいよニューアルバムのタイトル&リリース日発表。

2006年4月26日発売 【FAITH】

やっぱりこのタイトルだったか・・・。
【666】からの繋がりは相変わらず全くもって分からないんだけど、【SEASON'S CALL】が収録されてるアルバムとしてはかなり納得なタイトル。他の収録曲が気になるところだけど・・・

アルバム発売後のライブ参戦予定が無いじゃ~ん(´Д`;)

FC限定チッタライブもSHIBUYA-AXも、思いっきりリリース前じゃないか!くそ!
リリース前に一回と、リリース後に一回行きたかったYO!かつてSOAPさんと一緒にツアーまわった時(『冬将軍』だっけ?)も全く知らない曲(後に【666】に収録されてリリース)ばっかだったけど、あのツアーの時は確か4~5回参戦したから最後の方はもう曲を覚えてたんだよな。

さすがに参戦1回目のチッタで曲を覚えて、2回目のSHIBUYA-AXでノリノリ♪・・・は、無理だよなぁ。

ホントに、なんでこれしか行けないのか不思議でしょうがないよ。こんなに好きなのに。

それと、昨日の音楽戦士!
あまりに可愛くてどーしよーかと思った。ステキだ・・・ステキだよクリス(16歳)、ハイディ。
深夜にね、あの興奮を一緒に分かち合うべく ツー姐さん にメールしたんですよ。
そしたらアンタ、「一瞬寝てしまったうちに終ってた」とか言うじゃありませんか。
んなアホな!ついさっき一時間前まで一緒にメールでMステトークしてたがな(笑)!

そんなツーさんに少しでもあのハイディを伝えるべく、深夜の自室でテレビ画面に向かってひとり撮影会をして、ひたすらマニアックな写メ画像を送り続けた自分のヤバさには気付かなかった事にする。

鼻の穴白目口腔内オマケのアヒル口
 ※写メ画像は念の為、判別できるギリギリのところまでぼかしを入れときました。

・・・というようなマニアポイントと共にこれらの画像をツーさんに送ったら、
「この三つ揃って届けてくれるなんて、私の事わかってるね!」って返って来たよ(笑)。しっかし毎度音楽戦士を見る度に思うんだけど、どうしてこんなに寄りまくったアップが多いんだろう。いや、嬉しいんだけどさ、でも「あぁぁ!ここは身体全体の動きが見たかったッ!」ってのも結構ある。

ちなみにMステは鈴木の中ではかなりデリートされつつある記憶です・・・。

さて、質問回答ー。

Q. 「サクラとアニスは似ていると思いませんか? 顔というより雰囲気・・・??
   HYDEが安心するように思うのは私だけでしょうか?」

→う~ん、どうなんだろう?鈴木は結構・・・なんつーか・・・サクラにはどうしても『ダークサイド』
  的な一面も感じるんですが(事件云々に関係なく、人格的な話です)、アニスにはそういうの
  を全く感じないんですよね。むしろダークをライトに変えるくらいの雰囲気を感じる(笑)。
  ハイドさんが一緒に居て安心するのは同じでも、その理由はちょっと違う気がするな~。
  いやホントに、ただ「そんな気がする」ってだけですよ(笑)。

Q. 「鈴木さんのお勧め漫画TOP10を熱い感想つきで知りたいです!
   順位を決めずに、厳選10作品でもいいです。」

→あー、好きなものにはトコトン入れ込んでしまうので、順位を決めるのは難しいですね(笑)。
  そんなわけで、『厳選10作品』の方でいきますね。

幽遊白書 」 作 : 冨樫義博
今さら説明の必要も無いくらい有名な週間ジャンプコミック。
レベルE 」 作 : 冨樫義博
前作「幽遊白書」で若干燃え尽きた感のある冨樫が好き放題に遊びまくった、カテゴリ分け不能漫画。
SPRIGGAN 」(スプリガン) 原作 : たかしげ宙/作画 : 皆川亮二
古代遺跡を巡って戦闘を繰り広げるサスペンスアクション。
科学と非科学、未来と過去が共存する特殊な世界観。
KYO 」 作 : 皆川亮二
一巻完結。「爆発物のない爆発」「人間体液沸騰死」「人間瞬間冷凍死」「突然の建物崩壊」・・・・等々、警察もお手上げの人知を超えた怪事件を解決する為に来日した、超天才少年・恭(キョウ)のお話。
BANANA FISH 」(バナナフィッシュ) 作 : 吉田秋生
マフィアのボスと天才青年とその友人の愛憎劇・・・で、いいのか?
この漫画の解説は相当難しいぞ。
キーワードは「麻薬」「実験」「抗争」「男娼」「経済」「戦争」「親友」。
読後はなんとなく自分も頭が良くなってる気になります(笑)。
CAT'S EYE 」 作 : 北条司
成功率100%の謎の美術品怪盗と、それを追う刑事のラブサスペンス。
原作の漫画では、何故彼女達が特定の美術品を盗むのか、その理由が明らかになります。その理由とその後の展開がスゴイ。
カイン伯爵シリーズ 」 作 : 由紀香織里
これは中学生の時にラルクファンだったお友達から進められて読んだのが始まりです(笑)。ありがち。「天使禁猟区」よりも断然こっちの方が好きだ。少女漫画には有り得ない死亡率です。全編通して『マザーグース』と『グリム童話』と『ゴシックホラー』色濃厚。
↑画像はシリーズ最終話の「ゴッドチャイルド1巻」。シリーズ最初のタイトルは
「忘れられたジュリエット」です。
蟲師 」 作 : 漆原友紀
現在フジテレビ系列にて、深夜にアニメ版が絶賛放送中。
このアニメはマジで原作に忠実で、余計なコマひとつ無い出来です。素晴らしい。日本に古くから残る迷信や言い伝えのような不思議でちょっと怖い話が続々展開中。若干グロい。
魁!!クロマティ高校 」 作 : 野中英次
ギャグ。ひたすらギャグ。本気でギャグ。主人公(不幸な男)はただ平穏な
高校生生活を送りたいだけ。なのに明らかに普通じゃない他生徒に毒されて、最近では主人公が率先しておかしくなっている(笑)。
動物のお医者さん 」 作 : 佐々木倫子
実写ドラマにもなってましたね。これもギャグです。結構シニカルな笑いです。鈴木は『しるこ爆弾事件』とか・・・とりあえず漆原教授が大活躍する話が大好きです(笑)。

  こんなもんでしょうか。基本的に時代がかなり古い。
  キャッツアイはね~、あれはすごい漫画ですよ。刑事が恋人で喫茶店経営してて実は資産家
  で父親は高名な画家だけど失踪中で・・・・・・有り得ない設定。バブル時代の香りぷんぷん。
  だけど、あの漫画を知ってる人は多くても、あの話のラストを知ってる人って少ないと思う。
  ラストはね、瞳の正体がバレて俊の前から姿を消すんですよ。これで終わりかと思ったら。
  ・・・・・・・・・・最後のどんでん返しはもう涙なくしては読めないというかビックリというか。
  あまりに唐突な話の流れに、かなり作中の俊と同じ心境になりましたよ。
  「え?どういう事ですか?瞳は・・・瞳は一体どこにいるんですか!?」っていう(笑)。

  そんなキャッツアイのラスト以降、それに勝る衝撃ラストを飾ったのがバナナフィッシュだな~。
  あれほど読後に『喪失感』を味わった漫画は他にありません。多分今後も現れないでしょう。
  初めて読んで以来、数年間は最後の19巻が読めずに、その前の18巻で自分の中で話を
  終らせてましたからね(笑)。「めでたしめでたし」っつって。今でもあの19巻はトラウマです・・・
  とにかく重い。

  最近の漫画は「クロマティ高校」と「蟲師」くらいですね~。
  デスノは鈴木の中でLが死んだ時点で終ってるし(笑)。
  ハンターハンターはもう混沌としてきて、さすがに「冨樫やりすぎ!」な感じだし。
  てか、ホント野中英次はすげぇな。あの笑いのセンスにはもう感服するしかないよ。
  「課長バカ一代」をすっ飛ばして先に「クロマティ高校」を読んでしまったのが悔やまれる・・ッ!

  あ、榎本俊二(ゴールデンラッキー)を入れるのを忘れてた。
  まぁ・・・あれは、うん、『厳選10作品』に入れるモンじゃないか(笑)。なんか他とは次元が違う。

ていうか今スマステ見てたらハハハイディがッ!

なにこれ!?ビックリした(笑)!

 

2006/02/25 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/23
【SEASON'S CALL】【UNEXPECTED [DIST.]】を狂ったようにエンリピしてます。やっべぇマジ。

てか、最近のハイドさんはどうしちゃったんですか?
テレビ・ラジオはもちろんのこと、随所のコメント動画までなんて言うかもう・・・

職人の技が炸裂してるじゃありませんか。

あ、職人ってアレね、前回の日記で言った『萌え職人』ね。
もう技が光ってたよ。素人にゃマネ出来ねぇ。

とりあえずここ最近鈴木が見た動画↓
○レコード会社直営♪ → 動画ページはコチラ
○ORICON STYLE → 動画ページはコチラ

・・・もうダメ、本気でダメだこりゃ。
なんか最近ハイたんもイイ加減開き直ってきてるんじゃないか?「可愛い」と言われる事に。地や素が出れば出るほど鈴木も「可愛いな~」って言ってきたけど、さすがに最近はそのあまりの頻度の多さにもうなんと言ったら良いのやら分からんよ・・・。

どうもこれ、キ○ガイファンの欲目じゃないみたいですよ。
鈴木の家族も「最近ハイドって変わったね~」とか「ハイドって素の方がいいじゃん」とか、「黙ってれば賢そうなのねぇ・・・喋るとねぇ・・・」とか、第三者視点で言いたい放題です。

以前日記で「『ミリオンアーティストのhyde』と『本来の自分』がほぼ重なってきてるんじゃないかと思う」って言ったけど、長い年月かけて重なった事でなんかえらいモンが出来上がっちゃったんじゃないかと(笑)。

とにかく。

ハイディが好き過ぎて困る。

この一言に尽きる。

さて、質問回答~。(繰り上げ回答あり)

Q. 「先日100万hit踏ませていただいた者です。返答遅くなってしまい、すいません。
   BGMレビューリクエスト権、嬉しい気持ちと恐れ多い気持ちと催促してしまったようで申し訳
   ないという気持ちでいっぱいの数日間を過ごしていました。それで悩んだ結果、鈴木さんの
   お言葉に甘えまして、【the Fourth Avenue Cafe】をリクエストさせていただこうと…。
   恐らく初めて私がラルクの音を聴いた楽曲です。(某剣客アニメで…こういう方多いと思い
   ます) お忙しそうなのに、BGMレビューリクエスト権くださって本当にありがとうございます。
   もうそれだけで胸がいっぱいです。」

→いやいやいやいや、こちらこそリクエスト有難うございます!ついに頂きました!

  100万ヒット記念リクエストレビュー
 【the Fourth Avenue Cafe】 決定★
 

  うわー、なんか個人的に【虹】に次いですごく『節目』に相応しい曲な気がする(笑)。 
  この曲もそれはもう有り余るネタが詰まった曲だと思うので、張り切って書かせて頂きます! 
  某Yさん、少々お時間を頂くかもしれませんが、どうか気長に待って頂ければ幸いです。
  本当にどうも有難うございました!(*´∀`*) 

Q. 「今鈴木さんのAWAKEDVDの感想見ながら、もう一度DVD見返してました。
   RSGの間奏に入る前の、ハイドの「READY STEADY GOー!!」と叫ぶ所、マイクめちゃ
   離れてますけど、あれも音いじってるんですかね?なんか感想見てたら、音がすごく弄って
   ある(私は気付かなかったけど。)って書いてあって、もしかしてそこも?って思って。
   あんだけマイク離れて、あんだけ声出てたらハイディの肺活量はどんだけ・・・って感じです。」

→う~ん、ちょっとその辺細かく見てないので確かな事は言えませんが、その「マイクの位置が
  あそこで口の位置があそこで、その音は有り得んだろぉ~」という部分は結構あると思い
  ます(笑)。でも気付かなかったら気付かないに越した事はないんじゃないかな。
  わざわざ粗を探して見るこたぁ無いですよ(*´∀`*) 気持ちよく見るのが一番! 

Q. 「私はそれより何よりオール1に驚きましたよ、しかもバンドに2人居るって(笑)
   普通に学校行ってたら1はつかへんやろうに。その成績表見てみたいなあー。
   ハロウィンに出たのと、千恵子はんと、あと滋賀県てことでなんだか気になり、
   見てしまっているのがイヤだ(笑) まんまとはめられてる感が否めない・・・。
   見た目も全然好きじゃない、むしろ苦手なタイプなのに。」

→これはウーバーちゃんの事ですね。成績表で『オール1』をとったアホゥは∞とかっちゃん
  です。しかし見事にタクヤの呪いにかかってしまってるようで(笑)。
  鈴木の周りにも多いですよ~、「あの目がムカツク!」と言いながら見てしまう・・・という人が。

Q. 「一昨日、FUZZY CONTROLというバンドのライブに、UVERworldのTAKUYA∞さんが
   いらしてました!グレーのパーカーの上に、黒のジャケット、ジーンズというラフなお姿で、
   変装なのかマスクをされてました。あと、ライブ会場なのに、何故かイヤホンをしてました…。
   2階席ではなく1階のフロアにいらっしゃって、1本目のバーあたりで普通にノッてましたよ!
   たいしたことの無い情報ですが、ファンに方なら喜ばれるかと思い、お知らせいたします。
   つまらない話でしたらすみません;;」

→いやいや!全然つまらなくないですよ(笑)!マジで!?いいなぁ~。
  今ネットでFUZZY CONTROLなるバンドを調べたら、ドラマーだけが女の子!?すげ!
  そしてなんとなく「タクヤが来てて、しかしイヤホンをしていた」という理由が分かりました(笑)。
  先日ウーバーのギタリスト・彰が渋谷の某コンビニの前で缶コーヒー(ホット)を飲んで、
  あまりの熱さに思いっきり噴出した、という話を聞いた時以来のジェラシーです。
  多分そのコンビニ鈴木もよく行くし!はぁ~、ハイディのウェブカメラしかり、なんでこんな
  好きなのに遭遇出来ないんだ?

Q. 「今月号のパチパチを購入して、ふと思ったのですが、、、
   もしっ!! もし今月号に入っていた折込チラシを壁に貼るとしたら、ハイドさんとUVERworld、
   どっちを表にして張りますか??」

→うん、ご想像通りポスターは絶対貼らないですね(笑)。
  「もし」って事で答えるとしたら100%ハイディだなー。ポスターって鑑賞するものでしょ?
  視覚的鑑賞満足度が高いのは間違いなくHYDEさんだもんな。 

あー【SEASON'S CALL】がホントヤバイわ~。今一番レビュー書きたい曲です。

 

2006/02/23 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/22
案の定、今日一日ラジオ聴きながら仕事してたら全く仕事になりませんでした。
さて、どのラジオもあまりに素敵過ぎてもうどこからどう感想を言っていいのやら分からないくらいアレなんで、とりあえず箇条書きにしてまとめておこう。

○ラジアン
 ・ハハハハハイドに早口言葉!?ついにキタ!やってしまった!ヤッチャッタヨ!
  あのレロレロした口調で繰り出される早口言葉がこんなに可愛いとは思わなかった。
 ・「炭をすみずみエビバディ」・・・早くも『2006年ハイド萌え語録大賞』ノミネート候補が誕生。
 ・ハイたんは「ビラ」という単語が本当に上手く言えないんだな、ということがよく分かった。
 ・あんなにハイディ本人に面と向かってサラッと「可愛いなぁ~」と言えるのは
  ヤマダとガクちゃんくらいだと思った。

○HAPPY-GO-LUCKY
 ・「僕は濃ゆいのが好き」 ・・・・・・この「濃い」じゃなくて「濃ゆい」という言い方がワザとじゃなけりゃ
  もうなんだこの人、萌え職人だな。
 ・「【SEASON'S CALL】は鶏ガラであっさりしてるから朝昼晩毎日いけちゃう感じ」
  鈴木的には「鶏ガラ」よりも「海鮮塩スープ」の方がしっくりくるなぁ。
  あっさりの中にもホタテエキスのコク!みたいな。
 ・しょっぱな「眠そうですね」とか言われちゃうハイディって、一体どんな顔してたの。
 ・「ラーメンは地方行ったら絶対食う。地方行ってラーメン食えなきゃ死んだ方がマシ!」
  いくら寝起きだからってあまりにテキトー過ぎる発言はいかがなものか(´Д`;)
  もうちょっと頭動かそ?ね?

○Beautiful
 ・DJが坂上みきさん(4○歳)ってことで、ハイディよりさらに年上のステキ女性。
  こういう人との絡みってそういやほっとんど見たこと無くね?なんかすごい面白かったよ(笑)。
  ― しょっぱなの挨拶 
  坂 : 「毎度ながらキレイなお顔ですね~」
  H : 「ありがとぉ(*´∀`*)」 
   なんか雰囲気がホント『親戚のおばちゃんと甥』みたいだったんだけど、なに?
  10歳もとし離れてねぇべ?
 ・【SEASON'S CALL】のジャケ写はハイディが自分で選んだ一枚らしい。
  H : 「一番カッコイイのを選びました」
  坂 : 「えぇ!?こういうのをカッコイイっていうの!?」(「カッコイイ」ではなく「キレイ」だと
  言いたいらしい)「こう・・・下から上を見上げてますよね」
  H : 「上目遣いって言ってよ!」

  「上目遣いって言ってよ!」

  ・・・職場で鼻血出そうになりました。確信犯ですかそうですか。萌え職人ですかそうですか。 

 ・坂上さんが次のアルバムの印象について聞くと、
  H : 「カぁっケぇ~よ」
  坂 : 「ちゃんと『カッコイイ』って言いなさい!」
  H : 「あ。すいません、ごめんなさい(笑)」
  やっぱりあれですか?親戚のおばちゃんと甥ですか?

○so good!
 ・番組中盤くらいに出るだろうとタカを括って珍しく仕事してたら、いきなり番組冒頭に出てきてた。
  おかげで最初の8分くらい聴き逃したよ・・・・・。荘口さん結構好きなのに。
  でもトーク内容は坂上さんとの絡みの後だったから、やけに普通に感じてつまらんかった(笑)。
  マジメに新曲と箱ツアーの話をしてたと思う。

○TOSHIBA THE RHYTHMS
 ・初対面だったらしいDJ・ヤマカゲさん(♂)にまで、
  ヤ : 「回線が繋がっているというので、ちょっと呼んでみましょうか。ハイドさ~ん」
  H : 「はいどでぇ~す」
  ヤ : 「『はいどでぇ~す』ってちょっと可愛いな」

  とか言われてるハイディはやっぱり萌え職人だと思った。

  いやホントにあの言い方は恐ろしく可愛いよ。ヤマカゲさんの反応は間違ってないよ。

本日ラストのInter FM『RADIO UP LINE』はもうメンドくさくなったからいいや(笑)。
かつてこれほど一日中ラジオを聴き続けてた日はないぞ・・・疲れた。

で、仕事中にTOKYO FMスペシャルトークイベントにミラクル当選した ぽっさん から
「これからハイディに質問文」というメールが来たので、「パンツの色か初体験の時の感想聞いて!」と返信した自分は本当にどこまでベタな変態街道を進めば気が済むんだろう。結局その返信は間に合わなかったんだけど、その後ぽっさんから「今日もパンツは黒だそうですよ」というメールが来たのはナニ?誰か他にそれを質問してくれた人がいたのか(笑)?

 

2006/02/22 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/21
おおおおおぉぉぉぉぉぉううう!!(大・興・奮)

本日、HYDEの新曲【SEASON'S CALL】をフラゲしました。
多分CDをフライングゲットしたのはこれが初めてだな。大概アルバムはネット通販だから発売日かそれ以降に到着するし、シングルはお店で買うけど、毎度しっかり発売日に買ってた気がする。

そんだけもう気持ちが「欲しい!欲しい!」ってなってました。

で、【SEASON'S CALL】はもうPVで初めて全編通して聴いて以来ホントにハマってて。
この曲はちょっと久しぶりにキたかもしれない。かなり好きです。【COUNTDOWN】の時にグチグチ言ってた気になる『音質』に関しては、まだ普段のプレーヤーとは違う機材でバランスをいじくった状態しか聴いてないので比べられないというか、判断がつかないなぁ。とりあえずその機材で聴いた限りは特に気にならなかったかな?【COUNTDOWN】よりは断然垢抜けた音になってるように思うんだけど・・・少なくともボリュームは大きくなってる気がする(笑)。

で!で!で!

【SEASON'S CALL】は散々PV見ながら聴き込みまくってたので、今さら興奮する事はないんだけど、冒頭の「おぉぉぉう!大興奮だぜこりゃ!」なのはカップリングの【UNEXPECTED [DIST.]】ね!
これも【EVERGREEN [DIST.]】の前例 (過去ログ参照) があるので「過剰な期待はするまい・・・」と思ってたら、ちゃんと!あの!

大好きなアウトロが入ってるじゃないですか~(*´∀`*)

もうホントにこのアウトロが大大大好きでなッ!(過去ログ参照)
ライブで披露されてたアウトロよりはかーなーり短縮されてるけど、でも入れてくれただけでイイ!
いや、ホントはあと2~3回リピートしてリズム刻んでくれたらもっと言う事はなかったんだが・・・いやいや。

批評じゃなくて鈴木の個人的な感想ですが・・・
このシングルは【COUNTDOWN】とは打って変わって大満足な1枚です。
欲を言えば初回限定の特典ディスクは【BLOOD+】の映像とか要らんから、【SEASON'S~】のPVか、
【UNEXPECTED [DIST.]】のライブ映像を入れてくれれば良かったのに、とか思わないでもないし、
「頼むから歌詞カードのデザインをもう一回考え直してみてくれ」とも思うんだけど(ビックリしたよあれ)、純粋に【SEASON'S CALL】と【UNEXPECTED [DIST.]】の音を楽しむ、という点では超満足。

恐らくアルバムの前にあと一曲シングルが出ると思うんだけど(超テキトー予測です)、次の音にますます期待だな~。次はなんだ、やっぱ【OASIS [DIST.]】か?

あ、それと先日のSSTV【ゴゴイチ】。

ソファーにずさーっと倒れ込んでファックスを拾ってあげるハイディに軽く5000点。もっと細かく言えば、その倒れ込んだ体勢の時にちょっと浮き上がったお尻に余裕で5000点。最初いきなりヤマちゃんの腰元に倒れ込むから何事かと思ったよ(笑)。ヤマダも何事かと思ったに違いない。

今日はこれから【ラジアン】に出演と、明日は一日丸っとTOKYO FMジャックですね。鈴木は世間がiPod一色に染まる最中、探しに探してFMチューナー内臓&MP3録音機能充実の素敵ポータブルMP3プレーヤーを購入した人です。

こんな時の為だけにな!

こりゃ明日は仕事にならないよ(笑)。

 

2006/02/21 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/20
またまた男子フィギュアネタ。

昨日の日記で『キャンデロロ』の名前に反応してくださった方の多いこと多いこと(笑)!
やっぱりあの人の演技は特別ですよね~。技術とか云々は抜きにして最高のエンターティナーだった。今現役バリバリだったら、是非彼にこそ【パイレーツ・オブ・カリビアン】のサントラで演技して欲しかったよ。

もちろん二刀流の剣を持ってね!

某Mさんにメールで キャンデロロの動画 が見れるサイトを教えてくださったので、気になる人は是非!てかこれは見るべし!スポーツとは最高のエンターテイメントである、という事がよく分かると思います(※『His long program.』っていう動画をどうぞ!海外サイトなので読み込むのに少々時間がかかります)。この長野五輪の演技はめちゃくちゃ懐かしいな~。銅メダルだったんだよね、確か。リンクの端から端までのあの直線ステップがもうホント素敵で面白くて、見ながらすごいテンション上がったのを今でもよく覚えてます。『Video Montages』の方では彼の最大の魅力であるバク転宙返りをやってるのも見れます。

そして某Oさんは 現・王者プルシェンコの動画 を教えてくださったんですが、これが偶然上記動画サイトと同じところのものだったので(笑)、そちらが気になる方はこちらも是非どうぞ。トリノ五輪本戦では見られなかったプルシェンコの壊れキャラぶりが面白いです(※一番下の方の『His exhibiton, ''Sex Bomb''.』というのがプルシェンコ壊れまくりな動画です)。肉襦袢着て滑るスケーターなんて初めて見たし(笑)。先日の男子シングルフリー演技前の特集番組で、チラッと出てきた『着ぐるみ着てそのまま観客先に乱入しだした壊れプルシェンコ』の演技もとても気になる。

でも各フィギュア大会の一番の目玉はなんつっても最後のエキシビジョン!!
この間の世界大会では、本戦では出なかったミキティーの4回転ジャンプが見事に決まったアレね(笑)。エキシビジョンはレースではないので、各選手がみんなやりたい事をやりたいようにやってくれるのがイイ。今季オリンピックのエキシビジョンは24日(金)深夜2:00~5:30ですよ!チクショーやっぱり深夜かよ(涙)!かつて鈴木が敬愛するキャンデロロはこのエキシビジョンで本当に剣を持って演技しました。そしてそのままバク宙をかましてた気がする。超カッコ良くて泣きそうになったよ。ていうか泣いてたよ。今大会ではどんなオモシロ演技が見れるのか・・・特にプルシェンコには大注目★

でもって、鈴木はキャンデロロとほぼ同時期に活躍しまくっていた、男子フィギュア史上最高と言っても過言ではない『王子様ぶり』を見せ付けてくれた美少年イリヤ・クーリックも大好きだったんですが(笑)、何故彼の動画が無いんだ!?(確か長野五輪でキャンデロロを押さえて金メダルを取ったのがクーリックで、当時『ワイルドなキャンデロロ』と『美少年王子様なクーリック』とが、日本人女性ファンの人気を二分していた)

ていうか、競泳もそうなんだけど・・・美形が多いスポーツ観戦の話題になるとホント熱くなるなぁ、自分。


[ ※以下私信 ]
某Mさん、某Oさん、メール有難うございました!
こういうサイトでこんなスポーツネタに反応してもらえてすごく嬉しいです(*´∀`*)
某Mさんとはまた甲子園ネタでも是非とも盛り上がりたいですね(笑)!

 

2006/02/20 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/19
男子フィギュアが大好きな鈴木です、こんばんわ。
プルシェンコはさすが皇帝と思うし、たとえ衣装がイケてなくてもランビエールは正統派男前だし、
日本の新星・高橋大ちゃんなんかお姉様方のハートをがっちりわし掴みだ。超可愛い。

でも、鈴木の永遠の銀盤の英雄はキャンデロロなんだ!

ああいう掟破りのバク転宙返りスケーターはもう現れないんだろうか・・・。
それと、今季オリンピックから新たに加わった種目・スノーボードクロスが超面白い。
やっぱりスポーツ観戦はいいなぁ~(*´∀`*)

話は変わりまして。

関東にお住まいの皆さん、このニュース はご存知ですか?
あの東京のど真ん中にある広大な東京ドーム敷地内に3000人キャパの都内最大のライブホールが誕生!もうこれスゲー期待!交通アクセスもすっごい楽だし、何よりそのキャパが鈴木が一番好きなキャパだ。鈴木が関東で一番好きだったライブホールが閉鎖してしまった東京ベイNKホールだったんですけど、キャパは半分くらいだけど、あそこに続くフェイバリット・ホールになる事を期待してます。完成した暁には、是非ともラルクさんのライブで行きたいな~。ラルクさんにはあのキャパがいいのかもしれないけど、やっぱりね、代々木はちょっとデカ過ぎると思うんだ。
一度、会場末端のステージから一番離れた一階席最前あたりになってみればよく分かる。これさ、

メンバーが見えないとかいう話じゃなくて、ステージが見えないね。

・・・っていう(笑)。普通の円形状のホールなら、ステージから離れるほど座席の高さが高くなるから、どこの席でもある程度ステージが見えると思うんだけど、代々木はなんせ縦長なんですよ。
大まかな図にするとこんな感じ↓



だから、アリーナ後方のC・Dブロックと一階スタンド最前列(★マーク)あたりはほぼステージと平行した高さ位置なので、距離が遠い分だけかなり見えない。そもそもステージを見ようとすると身体が思いっきり横向くってどうよ?普通ステージは正面にあるもんだろう!?・・・あの形はいかがなものかと思うんだな。

さて、では質問回答~。

Q. 「(前略) ところで、100万hit記念といえば、アノ「DB企画」の進行具合は如何でしょうか?
   こちらも凄く凄く楽しみにしておりますので、差し障りの無い程度にネタバレなど
   出来ましたらば…是非。」

→100万ヒットのご祝辞有難うございます~!
  そして 『DB企画』 の方はまだ構成をディスカッションしてる段階ですかね。
  本当に色々な案が出ていて、それを今後どうまとめていくか・・・
  やってる本人が一番完成が楽しみかもしれません(笑)。

Q. 「1000666hitでした( ´艸`)
   なんかある意味キリ番な気持ちです∵:.(:.´艸`:.).:∵ぶっ
   質問でなくてすみませんヽ(´Д`;)ノアゥア」

→おぉ(笑)!確かにある意味キリ番!おめでとうございます!
  てか、顔文字がものすごくツボにハマってしまいました・・・ヽ(´Д`;)ノアゥア

Q. 「日記をやっと読破しました これからMUSICtextにはいります 夢中になってしまいました
   「えっとね~」(甘えん坊口調で)というのはhydeさんの癖でしょうか?何回か聞いた覚えが
   あるのですが・・(何回かでは癖にはならないかもしれませんが、私の中では萌え語録
   第一位です)記事をこれからも楽しみにしています 
   たばことお酒控えめに・・ご自愛くださいね 老婆心ながら」

→日記を読破ですか!?あ、有難うございます~!半端ではない量だったかと思います(笑)。
  しかもその3分の2が「ハイたんハァハァ(*´Д`*)」な内容だと思うと、なんだかいたたまれ
  ません・・・。「えっとね~」(甘えん坊口調)は最近は減ったかもしれませんが、ハイディの
  基本口語のひとつだと思いますよ(笑)。鈴木もあの言葉には弱いです。あと「うんうん」という
  のも鈴木的萌え語!あ、それと最近お酒はほとんど飲まなくなりました。
  あとはタバコだなぁ・・・(遠目)

好きになった人にはことどとく姿を消されるタイプ、それが鈴木です。

 

2006/02/19 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/15
昨日、HYDE表紙の【WHAT's IN?】購入。
まさか表紙とは知らず(デストもちゃんと「表紙」って書いてくれよ)、あの表紙を見て素で「あ、中島美嘉だ」と思いながらその手はワッツインをスルーし、まず【CDでーた】を手に取った鈴木です、こんばんわ。【CDでーた】にパラパラと目を通し、ようやくその手に取った時に真実に気付いたわけですが、その時も最後までしつこく・・・

「中島美嘉って結構ハイディに似てr・・・・・・・・・・えぇぇぇ!?」

とか一人脳内コントをやってしまった自分は本当にファンなのか?大丈夫か?・・・なんて思ったら、やっぱり結構あのハイディが「まるで中島美嘉!」だと思った人が結構いる模様(笑)。

昨日テレビ【ビューティーコロシアム】を見ながらワッツインを読んでて、本当に神様って性悪だなぁ、と思った。鈴木の親父さんも「男は顔がアレでもなんとかなるんだから、ハイディの鼻をくれてやればいいのに」とかなんとか言ってましたよ。あ、鈴木の親父さんは鈴木の影響でハイドを「ハイディ」と呼びます。愛称なんかではなくて、若干本気で「外人さんの名前」だと思って呼んでるくさいです。でも昭和の人なので、発音は「ハイデー」です。「キャンデー」と同じ感覚です。

さて、今日仕事の関係で「オーラが見える人」に会って来ました。常々オーラが撮れる写真を撮ってみたいと思ってた鈴木、めちゃくちゃ楽しみにしてたんですよ。(※『オーラの写真』のご参考 : http://www.mo-hawaii.com/go/yatteru2/2004114/main.html ←こちらはネットで拾った全く知らない人のオーラ写真撮影体験記なので、直リンクは貼りません)

で、その人が教えてくれた鈴木のオーラは・・・

「淡いピンク色ですね」

マジで!?すっげ意外!・・・と思ったら。

「あ、でもピンク色のオーラというわけではなくて、『赤』の上を『シルバー』が覆ってるんですね~」

・・・なるほど納得。

うん、絶対『赤』は入ってるだろうな~とは思った(笑)。しかし『シルバー』はやっぱりちょっと意外だったなー。『赤』と『黒』とかかと思ってたよ。(なんか最悪それ)

なんか今は「何事にもとても精力的になっていて、シルバーの輝きが強まってる」らしい。
で、鈴木の場合落ち込んだりヘタレたりするとそのシルバーオーラが弱まって赤オーラが出てくるので、例え弱ったり参ったりしてても周りから見ると「怒ってる」もしくは「頑張ってる」みたいにしか見えないんだと。

Fさん(オーラが見える人) : 「鈴木さん、すごく『強い人』に見られるでしょ」
鈴木 : 「え?あ~いや~・・・・・・・・どうでしょう(心当たりありまくり)」
Fさん : 「でも鈴木さんは強いんじゃなくて、弱いように見える振る舞いをしないだけなんですよね」
鈴木 : 「そ、そうなんですかね・・・?」
Fさん : 「でもそれは無理にそうしてるわけではないんですよ。だから云々かんぬん・・・(省略)」

この後15分くらい有り難~いお話を頂きました(笑)。
【オーラの泉】って番組もそうだけど、結局見えない人には見えないモンで、信じる信じないは難しいトコですよね。でもあんまり見当違いなことを言われたりもしないので、血液型性格判断程度には信じてもいいかな。これで全く違うところで『オーラの写真』を撮影して本当にピンクだったらかなり信じちゃうなー。

さて、質問回答~。

Q. 「前々からお邪魔させていただいたのですが、勇気が出せず質問投稿したことなかったの
   ですが、今日はちょっと勇気を出して、投稿させていただきます。

   どうして急に勇気が出たのかというと…
   1000000番踏ませていただきました!!
   あまりにも嬉しくて、写メったほどです…!

   あと、遅ればせながらREAL STRIKER3周年おめでとうございます。これからも末永く
   鈴木節を堪能したいと思っておりますので、更新を楽しみにこそこそとお邪魔させて
   いただきます。小心者ですいません。大好きです鈴木さん。」

→お、お、お、お、お、お、お、

  おめでとうございます~!!

  あの、せっかくの100万ヒットを踏んで申告までして頂いて、何もナシというのはあんまりにも
  アレなので、もし良ければ『BGMレビューリクエスト権』をお渡ししたいんですが、ど、どうで
  しょうか?リクエスト頂いてから掲載まで1年とか経ってしまう可能性もある・・・むしろその
  可能性大!なんですが、本当に、もし!もし良かったら、どうぞリクエストをお待ちしてます!
  (事前にキリバン企画を発動させないで、なんとも踏み甲斐のない100万ヒットで大変申し訳
  ない。。)もうこちらこそ本当に有難うございます!もももも大好きです(*´∀`*) 


[ ※以下私信 ]
ピクミミさん
リンク&ご報告のメール、有難うございます~!
「鈴木さんのhydeさんへの溺愛ぶりがとてもおもしろくて」
お、おもしろいですか?キモイですよ?今さらですど、キ○ガイの上にストーカーですよ?
・・・ともあれ、お楽しみにいただけて何よりです(*´∀`*)
こちらこそ、こんな・・・なんだかよく分からないサイトですが(笑)、どうぞ宜しくお願いします!
(ご紹介文も素敵なご紹介をいただいて・・・いやはや恐縮です)

「100万ヒットおめでとうございます!!」のメールを下さいました某Rさん
メールを頂きまして有難うございます~!
それと毎度質問も!こちらの方で某Rさんのお名前をしかと覚えておりました(笑)。
いやいや、そもそもあの質問フォームは「オモロくだらない質問にオモロくだらなく答えよう」を
コンセプトに始めたので(今決めたっぽい)、くだらい質問大・歓・迎☆ですよ~(*´∀`*)
それと真面目(笑)なご感想の方も、本当に有難うございます!
そうですね、鈴木も某Rさんと同じでどこか「シラフ」が残ってしまうタチなんですが、
「シラフ」と「のめり込み」の振り幅がデカイんでしょうか(笑)。
でもどっちかに引っ張られることがない・・・というか、常にその2つが同居してる、というか。
あ、だから実際にライブ直後の鈴木を見たら多分引きますよ(笑)。
すごいテンション低そうな空気発してるくせに、口にする言葉が「お前キチ○イだよそれ」
みたいな。それでは「目指せ!200万ヒット(ブッ)」でこれからも宜しくお願いします~。

 

2006/02/15 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/13
最近めっきり体調が悪いのはなんでだろう。
単なる生理痛だと思ってたら実は盲腸でした、とかいうオチはないよな・・・?うげー腹イテェ。

そんなわけで、今日は業務連絡です。
トップページに『チケット譲渡のお知らせ』が出てます。是非ともポチっとな。

 

2006/02/13 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/12
み、み、み、みなさんはHYDEの新曲【SEASON'S CALL】のPVは見ましたでしょうか・・・・・・・・

自慢じゃないですが、【Shibuya Seven Days 2003】最終日のテツさんの「これからもよろしくね~!」以外、ラルクさんやソロのライブやら曲やらで泣いた事って一度も無いんですけど(本当に自慢にならないな)、一昨日深夜、真っ暗&雑音ゼロの部屋の中で【SEASON'S CALL】のPV見たら・・・

いきなり泣きそうになったよ。

なにこれ、なんで?あの映像とメロディに、無性に胸がザワザワしました・・・ザワザワ?キュンキュン?最初は普通に見てて聴いてて、「あ~こんな曲だったなーうんうん」とか、PJ公録の記憶を呼び起こしながら見てたんだけど、ある瞬間の映像を見て以降、いきなりこう・・・「グワ~ッ!」っと。
鳥肌が立ったような。

その『ある瞬間』がこれまた見事に ツーさん とシンクロしてて、そろそろ「実は血が繋がった生き別れの姉妹なんじゃ・・・」と思った方が自然な気がしてきました。

このPV、ここ最近記憶にあるPVの中で多分一番好きです。ラルクさん含めて。
「ハっ、ハイたん!可愛いッ!」っていう・・・いわゆる「萌え(*´∀`*)」なPVは他にあるんですけど(笑)、映像的に、メロディ&歌詞との組み合わせ的に、【SEASON'S CALL】のPVは相当鈴木のストライクゾーンだ。

昔、本当にむか~し、とある紙面でこういう一文が掲載されてたのね。

「L'Arc~en~Cielと大地の相性は、思いのほか良かった」

ま、これはラルクさん(しかも旧)の話であってハイドソロには全く関係ない話なんだけど、なんかあの一文をふと思い出しました。『大地』ですよ、『大地』。今改めて見てもスゴイ表現だなぁ(笑)。

ハイ、ではお約束の質問回答SP~!(繰上げ回答あり)
急遽予定が入ってしまって予告してた昨日に更新できずなくてスミマセン。

Q. 「鈴木さんがウーバー好きって書いてあって思わず飛びつきました(笑)UVERworld
   好きですー!もうあの子ら可愛すぎですよねーvvvもうずいぶんと前ですが、鈴木さんが
   ウーバーの話題を一番始めにちょろっと出した時に「実は鈴木さん好きなのかな」、という感じ
   でちょっとウキウキしてたんです(笑) 闇鍋の得体の知れない感じがまたいいんですよ!
   面白い声をしてると思います。ウーバー良いですよねー!」

→いや~、本当になんでしょうか・・・妙にクセになるんですよね、あの子達(笑)。
  ラルクさんのようにいきなり「ドッカーン!」とハマったわけではないんですが、昨年からじわり
  じわりと浸食されて、ついに・・・みたいな。とりあえず今はワンマンツアーが楽しみです! 

Q. 「ウーバーさん今週のMステに出ますよ!!一応報告までに…。
   ツアーのチケット予約してしまったくちです(笑) 楽しみです~♪ 鈴木さんは行かれますか?」

→Mステ情報ありがとうございました!全然知らなかったんで助かりました(*´∀`*)ツアーは
  行きますよ~。SHIBUYA-AXに参戦予定です!昨日チケット代振り込んできました。2枚で
  ようやく7000円・・・ラルクさんチケの1枚にも満たない。あぁ、安いって素晴らしいなぁ(笑)。 

Q. 「す~~~~~…ずきさーん!
   私、先週の土曜日に「Siesta」を買ったんです。今まで恐くてはずかしくて(笑)避けて通って
   きた道だったのですが、今回勇気を出して手に入れたんです。そんでさっきひととおり見たん
   ですけど、 はいたんが尋常じゃないくらい萌えっていうか本場の過激な『萌え』という感情を
   久しぶりに思い出させられるような萌えでした。なんかひとりで涙浮かべながら鑑賞してた
   気がします。「うわあやめて勘弁してうわ萌え~」とか延々と叫びながら。とりあえず今はあの
   ストーリーの謎について考える気になれません。なんて鮮烈な萌えなんでしょう。
   鈴木さんはあれについてどういった見解をお持ちですか?」

→シエスタ・・・どんな映像だっけ(汗)?いや、鈴木もあれはかなり避けて通ってきた道なんで、
  2回くらいしか見たことないと思う。うん。ハイディ以外のメンバーの映像は思い出せんるけど、
  ハイディを思い出そうとすると【White Feathers】の映像が出てくるぞ。相当ごっちゃになってる
  なコリャ。ごめんなさい、もう一回見てみます!ビデオでしか持ってなくて、DVDに慣れ切って
  しまった今、どうしてだかあまり見る気になれないんだよなぁ・・・あれ(笑)。 

Q. 「3周年企画とかはないんですか?」
→いやー、ちょっとそれは考えてませんね~。
  「○周年記念」みたいな形で企画をやる時は、「10周年」単位がいいと思います(笑)。

Q. 「「虹」レビュー拝見しました。なんか…もう言葉が出ません…今から聴いてきます。あの、その
   レビューの冒頭のハイドさんの言葉の「アマタの中」ってやっぱりアマタの中なんですか!?」

→感想ありがとうございます(*´∀`*)
  ・・・って、あぁ!?違う!間違った(笑)!「アマタの中」じゃなくて「アタマの中」です!
  うわーご指摘有難うございます!微妙に意味が通じる間違い方って危ないわ~。

Q. 「acid androidの新曲タイトルが let's dance というそうです。
   私ははっちゃけてるなあと思いましたが、鈴木さん的にはどう思いますか?」

→う~ん、はっちゃけてますねーユキヒロさん。意外でした。どんな曲なのか全く知らないん
  ですけど・・・どんな曲なんですか(笑)?超ロングツアーも発表されて、アシッドファンには
  たまらん一年だろうなぁ。ちなみに鈴木は恐らくアシッドツアーには参戦しないかな?
  ユキヒロ様申し訳ございません(土下座)。 

Q. 「ゆきーろさんが神な理由は・・・ 髪(キリスト+生え際)→神だからです・・・!!
   むしろハイディ=神のほうが違和感があるような・・・」
Q. 「2○ゃんの「神」はゆきひろさんのドラムプレイがもはや神というのもありがすが、
   「髪」とダブルミーニングなんですよ鈴木さん……(笑)」
Q. 「ユキヒロさんが何故2chでネ申と呼ばれていたかですが、2ch内で言われだしたのはRSGの
   "おまけ"からだと思われます。RSGを買った人がkenヴァージョン、テツヴァージョンと聴き、
   最後にあのオチで衝撃と爆笑に巻き込まれたという感じでした。あれはもう神だよ神の域だよ
   誰も真似できねえよ、…というわけで神になった模様です。(髪の毛とかけているという雰囲気
   もまあまああります…笑) しかも初めは笑って聞いていた人もいつしかその底知れない魅力
   に引き込まれて抜け出せなくなるという現象も多数レスされていました。

   このときの統一の盛り上がりはある意味尋常ではなかったです(笑 落ち込んだ時や辛い
   ことがあったときはとりあえずRSG神ヴァージョンを聞けという励ましソングにもなっていました。

   でもユキヒロさんが神とかゴッドと呼ばれだした元々は、本人がラジオ(ラジアン?)で自ら
   ゴッド発言をしたのが発祥らしいです。しかしその後ソロライブを経て本格的にゴッドっぷりを
   見せつけだして今に至りますよね。

   どうも非ねらファンにはソロでの君主っぷりで浸透した模様ですが、2ch的には寧ろネタ的な
   意味合いで浸透しているかと。(メンバー間でもオチ的ですが・笑)」

→これは以前鈴木が日記で「なぜ2○ゃんでユキヒロさんがゴッドと呼ばれてるのか知りたい」
  と言ってそれに対して送ってくださった情報モロモロですね(笑)。そうか・・・髪と神プレイとが
  掛けてあるんだ・・・なんていうか・・・2ちゃ○ってスゴイねぇ、ホントに(笑)。あとユキヒロさん
  自ら「ゴッド発言」をしたってのにはビックリ!さすがゴッド!ゴッドの中のゴッド!
  ま、ユキヒロさんがいかにゴッドであろうと、鈴木にとってはハイディも神なんです(笑)。 
  魔法使いとか仙人とか妖精とか魔王とか雌豹とか女子高生とか、とりあえず総じて「神」。 

Q. 「桂歌丸さん(のモノマネ?)が「一度でいいから見てみたい、女房がへそくり隠すとこ」と
   よく言いますが、これをhydeさんに置き換えて、「一度でいいから見てみたいハイドさんの
   ○○○」なんてありますか?」

→いや、歌丸師匠本人もよく言いますよ、その一節(笑)。そうだな~、ハイディに置き換えると・・・
  「一度でいいから見てみたい、ハイディの就寝姿」 
  猫の手が「にゃーん」ってなってるらしいハイディのベッドで眠る姿がたまらなく見てみたい。
  ていうか、なんなんだその恐ろしく可愛らしいベッドは!?(昔どっかのテレビで言ってた) 

Q. 「見事にHYDEさんのライブ一般発売撃沈しました。2コール目に繋がったのに…
   AWAKEの時も一般で取ろうとして取れなかったのですが、鈴木さんは一般でチケットを
   取れたことがおありでしょうか? 蛇足ですが、Anisさんはパリジャンヌ(女性形)ではなく
   パリジャン(男性形)ではないでしょうか?」

→ん~・・・一般で取れたってことは無かった気がするなぁ。そもそもチケ運に見放されてる人間
  だし。一回だけぴあのリザーブシート(雑誌についてるハガキで応募するやつ)で当てた事が
  あります。FC先行以外で取れたのはそれくらいかな?ラルクさんに関しては毎度他力本願
  だし(笑)。それと、アニたんの件。男の場合は「パリジャン」なんですか?知らなかった!
  フランス語(英語もか?)ってメンドクサイなぁ。日本語は男でも「帰国子女」なのに。

Q. 「uvのサイトの編集後記?の処にUVERworldのことが出てます。特に面白いことも書いて
   ませんが;良ければチェックしてみてください。既にご存じでしたらすいません。」

→情報有難うございます!いやいや知りませんでしたよ!
  あの記事で「ちょっとの遅れだったのにすごく謝ってくれるメンバー(言わなくてもわかる
  よね・笑)」ってのは間違いなくかっちゃんでしょう(笑)。なんだろう、またミニ災難にでも
  見舞われてたんだろうか。かっちゃんが平穏な生活を送れるようになる日は訪れるんで
  しょうか・・・・・頑張れ(涙)! 

Q. 「もうすぐ100万ヒットですが、何かキリ番企画はお考えでしょうか?」
→【RS】のキリ番企画は「リクエストレビュー」なんですが、【AWAKE】企画すら終ってない今、
  ちょっとその企画は厳しいですね~(汗)。参ったなコリャ!

Q. 「(前略) マシューの時のふぐ料理屋さん是非行ってみたいですw
   残念ながら東京に住んでいるのではないのでフグのためだけには行けませんが。
   鈴木さんは食べに行かれたことはないのですか??」

→確かに、ふぐの為だけに上京するのは大変だ(笑)。
  『助とら』は鈴木も入ったことはありません!ていうか無理だよあんな高そうなお店! 

Q. 「NHK「ポップジャム」年8回放送に縮小だそうで。でっかいステージでくねくね歌い、
   動き回る某中年歌手が大好きだった私にはとても残念です。もう歌いながら歩き回る
   彼の姿はMステスペシャルとDVDの中でしか見られないのでしょうか・・・・」

→本当にこのニュースは鈴木もショックでショックでショックで・・・・・・・・。
  なんだかいよいよNHK受信料をちゃんと支払ってるのがアホらしくなってきました。
  鈴木家はちょっと特殊な電波事情があって、テレビ電波に関しては特別なプランに加入して
  るんですよ。そこで強制的にNHK受信料も支払ってるんですが、今までは「まーポップジャム
  とか見てるしね」と思ってた納得してたのが、今後は本当に「何も見てないのに何故に支払わ
  にゃならん?」みたいな状態になるんだもんなー。勘弁してほしいですね、まったく。
  ポップジャムも一時期はまるで「これ、ラルクの専用番組か?」と思うくらい贔屓してくれてた
  番組なのに、これでライブとして見れるテレビ公録はMステSPくらいになっちゃいましたか・・・
  寂しいなぁ。 

Q. 「突然ですが、AWAKEツアーのDVDに隠しコマンドがあるという噂を聞いたのですが
   本当なのでしょうか?鈴木さんはどう思われますか?」

えぇぇ!?思いっきり初耳です。
  そんなんあるんですか?何かご存知の方がいらっしゃいましたら情報お願いします~。 

Q. 「鈴木さん!!HYDEさんのアリーナ公演が追加販売になりました!!!!!
   今回ツアーが1公演しか行けないのですごく楽しみですv 鈴木さんも行かれますよね??
   同じ公演が当たったらひと目見れることを祈っています(笑)」

→今のところ、取れれば横アリ2daysと大阪城ホール2daysに参戦予定です!
  チケの競争率がどのくらいのモンになるのか全く想像がつきません。【666ツアー】ファイナル
  の武道館2daysよりかは当たる確立は高いのか?なら余裕かもなぁ(*´∀`*)

Q. 「(前略) 僕も鈴木さんと同時期くらいからUVERが気になりはじめて、
   今ではラルクに次いでお気に入りのバンドになっています。
   鈴木さんは、UVERの曲では何がお気に入りですか??
   僕は、ai ta心とRevolveとカップリングのほうが気に入っております^^ 」

→おぉ~!これは嬉しい!なんだかすごく近いものを感じますね!
  鈴木も【ai ta 心】と、何より【Revolve】がすっごい好きなんですよ!【Revolve】を聴いてると
  思わず一緒に叫びたくなります。特に「♪とーわにぃ~」のサビ部分と、「♪こんなにもぉ~
  おぉ~!」の部分。 あと【PRIME】みたいなハード&ヘヴィーな曲も大好きですね。
  ていうか、鈴木も基本的にカップリングにことごとくヤラレております(笑)。
  【SHINE】も好きなんですよね・・・あのラストの終り方がハンパなくイイ。あの終わり方は
  素晴らしい。つーかこれじゃ全部じゃないか(笑)。【Mixed-Up】も例に漏れず。 

最近ウーバーちゃん関連の投稿も増えてきましたね~、嬉しい限りです。
こういう・・・他のアーティストに目を向けるのをね、嫌がる人もいるのは分かるんだけど、やっぱり世の中これだけたくさんのモノがあるんだから、多くのものを見た方が絶対いいと思う。その・・・より多くを見て聴いて知ってる人が、その上で「ラルクいいよね」とか言ってくれる方がむしろ嬉しいじゃないですか。鈴木があまり多くのアーティストに入れ込まないのは、一度入れ込むと離れないタチから(笑)。どれかが消えて、その分新しいのが増える、とか、そういう乗り換え?みたいな器用なことが出来ない。気に入っちゃうとそれがどんどん増えていくだけなんですよね。だからあんまり増え過ぎないようにちょっとでも「これは入れ込むなぁ」と感じたら慎重になる。

「多くのものを見た方が絶対いい」と分かってる自分と、「あんまり多くのものに入れ込みたくない」と思う自分、鈴木は常にこのジレンマに悩まされてます(笑)。

 

2006/02/12 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/10
祝★100万ヒット

恐ろしい事に、ミリオンを達成してしまいました・・・。
あああああああありがとうございます!ありがとうございます!
100万ヒットにちなんだコメントを多く頂いてるので、明日質問回答SPをやる予定です~。
(一気に10問以上回答するのを「スペシャル」という括りでどうかひとつ)

ていうか、最近【質問フォーム】からいただく投稿がいちいち面白過ぎて困ります(笑)。
なんですか、あそこはいつからネタ道場になったんですか!?いや、面白いから「全然カム!むしろカム!」なんですが・・・あれら以上の返しって難易度高過ぎだぞ。

そして本日、雑誌【PATIPATI】入手。
RRNに引き続きこれまた素晴らしいハイディハイドさんがご登場。まず先日のRRN、ほぼPVシーン(カラー?)と同じってことで、「こりゃ俄然PVに期待大☆」な内容でしたが、写真云々記事云々はさておき、鈴木があのRRNに対して声を大にして言いたい事。それは・・・

田中ッ!またお前か!?やっぱりお前かぁッ!?

新編集長の田中(いやもう「新」ってアレじゃないんだろうけど、鈴木の中ではRRNの永遠の編集長は奥山さんだからなんつーか微妙な心境というか、昔から田中を異様に敵視してたのが抜けないっつーか・・・云々)が案の定ロスまで追っかけてってた・・・悔しい、悔し過ぎる、職業上これ以上ないくらい堂々と

ハイドをストーキングする田中が憎い。

頼むから一度人生代わってくれぇ~(´Д`)

で、話をPATIPATIに戻しまして。

いや~、イトウアキさんの感想は毎度のことながら面白いねぇ。
PATIPATI WEB の『イトウアキ走る!』コーナーのコラムもこれまたファン必見。
(情報を教えてくださいました ツーさん 、アオさん、無記名さん、どうも有難うございまっす!)

・・・うん、なんでしょうねこの人。
パチパチ読んだ後、ツーさんと「イタ!アイタタ!お前らイタイって!」なメールの応酬をしてたんですけど(笑)、こういう時って最近話題の「萌え~(*´∀`*)」とは全く違うんだよね。なんだろう。難しいな。鈴木は思わずツーさんに「ハイディって本当にいるの?」とか言っちゃったんだけど・・・

昔から本当にブレなくて、不思議なくらい揺るがない。
少し前までは本人の発言とかを見てて、『ミリオンアーティストのhyde』と『本来の自分』っていう
のをすごく切り離していて、客観的に、そして冷静に見てるなぁ、すごいよなぁ、と思ってたん
だけど、ここ最近・・・その距離が近付いてるというか、ほぼ重なってきてるんじゃないかと思う。
これまで揺るがずにきたからこそ、今、その2つのスタイルが重なっても『自分』でいられるのか、
それとも2つのスタイルが重なったからこそ、決して揺るがない『自分』が滲み出してきたのか・・・
分からないけど、今はそれが「すごいなぁ」と思う。


・・・とか、なんかすごく勝手な事を言ってるけど(笑)、表面に見える部分だけ見ててね、そう思いました。前は「伸縮自在な人だなー」と思ってたのが、最近は「永久不動な人だなー」というか。
魔法使いだと思ってたら仙人だった、みたいな・・・なんだ、この陳腐な例え(笑)。 

とにかく、鈴木のハイディに対する『アレ』は相当根深いです。そしてラビリンス。出口が見えない。

でもって、このパチパチ。セカンドカバー(すごい作りだねこの雑誌)はウーバーちゃん。
ここでこれがまた驚きのインタビューが掲載されてて、なんかもう顔がニヤケまくりです。

「普段こういう場で“愛”とかそういうこと、一切言わないんですけど。虫ずが走るんで(笑)。 でも
やっぱり大事やなと思うんですよ。“愛”というもんが。恋愛とかじゃないですよ、もっと大きい愛。」
「ホント曲の説明って難しいなぁ。伝えたいものははっきりあるんですけどね・・・・・・・・・・・・・
言葉にして伝えられない。だから曲にして伝えてるんだと思うんですけど。」


この2文、どちらもボーカル・タクヤの言葉だったんですけど、

なんかデジャヴを感じる言葉だなぁ(笑)。

鈴木はとことんこういうタイプに弱いらしい。

 

2006/02/10 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/8
遅まきながら、ようやく雑誌【音楽と人】を読む。
ハイディソロの記事をすっ飛ばし、天嘉レポを真っ先に読み漁った自分は一体誰が目当てなんだろう。・・・いや、考えるまでも無くハイディとサクラなんだけどね。

ハイディとサクラなんだけどね。

鈴木はこの2人の組み合わせが昔から大好きです。
普段見られない2人の顔が、このコンビになるとボロッボロ出てくるのがたまりません。
人間「気の合う2人」が揃うとと、多少なりとも積極的な方とついていく方とか、面倒みる方と見られる方とか、バカな方と賢い方とか、ボケとツッコミとか、相反する役割分担みたいなのが出来ると思うんですよ。だからこそ長いこと一緒に居られる、というか。

でもハイディとサクラは、はたから見ててそういうのがイマイチよく分からない(笑)。
あの2人が揃うとどっちもアホだし、どっちもボケでありツッコミだし、いつも話が噛み合ってないし・・・・・しかし、とにかく仲が良い。一度だけでいい、頼むからあの2人で【オールナイトニッポン】のパーソナリティを2時間やってくれないかな?相当グダグダで面白いことになると思うんだよな~(笑)。

ていうか記事内の一文、「酔っぱらってるhydeが可愛い。」ってなんだ!?樋口&金光!

お前ら一体ナニを見たんだッ!?

それと、ハイディソロの記事。
なんかネット見てたら音人の記事読んで『HYDEソロ』に対してずいぶんナーバスになってる方が多くて、「一体どんな記事なんだ!?」と思って読んでみたんですが・・・・・・

うーん、鈴木は別段取り立てて思うことはなく(笑)。

ハイディがKAZさんをかなり特別視してるのは前々からなんとなく感じてはいたので(【MUSICtext】内レポ 『不思議の国の鈴木/後半』 セッションの時のメンバー紹介シーン参照)、まぁ・・・「こんな日も来るかなぁと思ってたらやっぱり来たなぁ」、みたいな感じでしょうか(笑)。その『特別視』ってのが単なる尊敬とかではなくて、「自分に近い人」と思ってるとは初めて知りましたが。しっかし「ソロ名義ですけど、限り無くユニットに近い感覚ですから、僕は」とは、随分思い切った発言だな!
ここまでしっかりと宣言するとはさすがに思わなんだよ、鈴木も。

ていうか、いい加減【BLOOD+】を録画するなりなんなりして、新曲をしっかり聴いてみたいと思った。
今のところ「とにかく高音!血ぃ吐く!血ぃ吐く!」という記憶しかない(笑)。

でもってツアーのお話。
いよいよ「and more」分の追加公演詳細発表!

追加公演が全会場いきなりアリーナかよッ!!

いや、横アリあたりはすでに予想してたんですけどね(笑)。
先日お友達のゆきやちゃんが鈴木家にお泊りに来た時に、この話も随分してまして、その時に・・・

「なんか「ハイディストが全員入れるくらいの場所」でやるとか言ってたらしいよ」
「マジで!?・・・つーとどこだ、まさか、ドームか!?」
「いくらなんでもソロでそりゃーねぇべ。代々木とかもさすがに無いだろうし」
「そしたら横アリとかかなぁ。横アリがいいなー」
「うーん、ソロでデカイとこっつーたらやっぱその辺だよな~。横アリいいねー」

というような会話をしてた自分達は結構冴えてる(笑)。
そして今から早くも大阪城ホールへの遠征を計画してる鈴木です。
いや~去年【AWAKE】ツアーで遠征した時も言ったけど、城ホールってすごく良い会場だよ~。
なんちゅーか、鈴木がライブ会場として一番好きなキャパがまさにあそこ!って感じでした。
(鈴木は逆に狭過ぎるのもあまり好きじゃない。確かにステージが近いのは嬉しいんだけど・・・)

ってなわけで、さぁ気合入れてチケット取るぞ!

あ、すっかり後回しになってしまった【RRN】の感想はまた次回。
アクセス推移みたら3日(【RRN】発売翌日)と5日(【音人】発売日)のアクセスだけがグイーンと盛り上がってたんだよ・・・よほど皆さん「鈴木のアレっぷり」が見たいのか(笑)。

 

2006/02/08 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/7


この画像を見てすぐピンとくる人ってどのくらい居るんだろう。
かつてマシューTVでハイディがハッスルしまくってた時、ご褒美に出てきた一皿なんとスリー万円のふぐ刺しのお店『助とら』さんです。鈴木の会社のメチャ近くにありまして、今日お使いでこのお店の前を通ったのでなんとなく写メってみた。行ってみたい人は奢ってくれるなら鈴木が道案内しますんで、是非3万円を用意してご連絡ください(笑)。

では、質問回答~。

Q. 「昔からよくある話なんですけど、迂闊にもアノ人に当てはめて考えるのをすっかり
   忘れていました!知っていますか?「左側のおでこを出す(前髪左わけ)は知性を、
   右側は色気をアピールする」ってことを!!あぁ…そんな小細工いらないからっ!これ以上
   アピールしてどうするのよ、って心の中で叫んじゃいました。あ、でも全部オデコ出してようが、
   真ん中わけだろうが、結局はフェロモン垂れ流しなんですけどね~。」

→あ~、確かにハイディは右分けだな(笑)!そういや左分けしてるのって見たこと無い・・・?
  うんうん、でもあの人はたとえ左側でダサい七三分けしてたとしても
  フェロモンが垂れ流されてると思う。 

Q. 「「萌え」ってどんな時に使うんですか?? 未だに「萌え」とは一体何なのか解りません・・・・
   可愛いの行き過ぎたバージョンと捕らえていいんでしょうか、それともそれをも通り越して
   あんなことやこんなことしたーい状態の事を意味するんでしょうか。
   周りのディストさん(鈴木さんも含め)がハイドに「萌える!!」ってゆうのを聞いて流行に乗り
   遅れた感が否めない自分です・・・!!ハイドに萌えれないって私ハイドファン失格ですか!?
   あたしも言いたいんです!!!! た、たすけて鈴木さんーー!!」

→「萌え」ねぇ・・・いや~・・・決して解らないからといって『ファン失格』ということは全くもって無い
  と思いますが(笑)、「萌え」って説明するの難しいですよ~!?多分人それぞれ違うと思い
  ますし。ご参考までに、以前ネットをさ迷ってた時にこの「萌え」をマジメに検証してるサイトを
  発見して、そこで一応の結論として『定義付け』されてたのがこちら↓

  「萌え」とは、思わずギュッと抱き締めたくなる衝動のこと

  だから基本的に「ハイディ可愛い~(*´∀`*)」とか言ってる鈴木は「萌え」で合ってるんだと
  思う。しかし「ハイドさんカッコイイ!抱かれた~い!」みたいな人は「萌え」とは無縁なんじゃ
  ないかなぁ。 

それと、【RS】三周年のご祝辞を送ってくださいました皆様、どうも有難うございまっす!

で、アニスのライブ情報を送ってくださいました某Kさん、こちらも有難うございます~!
しかしこれ、モノラルライブではないんですかね。アニちゃんがモノラルやる前のバンド?でもモノラル曲もやるかもって?・・・よく分からんなぁ。とりあえず鈴木はモノラルライブに行きたいぞ。う~ん、悩んだ結果今回のライブはちょっとパス、かなぁ。すみません。

さらに、毎度ウーバーちゃんTV出演情報を送ってくださる某Sさんや無記名さん、こちらも本当に有難うございます~!一応オフィサイトとかで見たりはしてるんですが、あのサイト・・・情報更新がめちゃくちゃ遅くないですか?Mステ出演&観覧募集情報なんて2日くらい前にアップされてた気がする。あんなギリギリに観覧募集かけて人集まったのか?あの異様に男が多かったライブ観客は本当に全部ファンなのか(笑)?いやいやあれが本当のファン層なら早くライブ行きたいぞ。期待期待。
ともあれ、本当にMステ情報には助かりました!本当に有難うございます!

 

2006/02/07 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/5
やっべライブ行きてぇ!ライブ行きてぇ!

金曜日はウーバーちゃんデーということで、Mステ&ポップジャムに出演。
初のMステは見事にトークが無かったなぁ。基本的にあの子達は喋れないらしいんだよ。
聞いてて「なんて噛み噛みなんだ・・・」と思ったトークを、後日「あの日は結構上手に喋れました」とかコメントしてるのを見た日にゃ泣きそうになっちゃった(笑)。・・・うん、いいよ、どこまでも音楽で勝負していけばいいさ。なんつーんだ、鈴木が惚れるアーティストってどうしてこう揃いも揃ってトークがダメなんだろう。ラルクさんは喋り自体はダメじゃないのに、基本的に「トークは無いに越した事はない」っていうし、ウーバーちゃんは根暗とマイペースと自由人しかいねーし、よりによってリーダーが一番噛むし・・・(笑)。なもんだから、否応なしに音楽だけで真っ向勝負していく姿勢になるんだろうけど、無意識にそういうところにも惹かれてんだろうか。

しかし、えてしてそういうバンドはとにかく世間から誤解を受けやすいと思う。
ラルクさんの世間一般のイメージなんて、いまだに『態度デカい不機嫌バンド』だもんな~。実際ハイディなんか単品で見たら、あれほど謙虚な10年越えキャリアのアーティストも珍しいよ(笑)。

そんなわけで(どんなわけだ)、ライブ行きたい病が発症してる鈴木でした。

では、質問回答~。

Q. 「1月25日の日記の質問回答を見て思ったのですが、鈴木さん的に「神」と「ゴッド」はどう違う
   のでしょうか?「神」がhydeさん、「ゴッド」がyukihiroさんだというのはなんとなく分かります。
   某2ちゃ○○るでは「神」はyukihiroさんの方みたいですけど(笑)」

→いや、「神」と「ゴッド」は同じですよ。でもハイディが「神」でユキヒロさんが「ゴッド」なんです
  (笑)。そもそもユキヒロさんの「ゴッド」は鈴木のお友達でもあるアモさんという人が
  acid androidの初めてのライブに行った時に、照明の当たり具合がまるでユキヒロさんに
  後光が差してるかのように見えて、そのあまりの神々しさをレポで「ゴッドだった」と記述した
  のが最初らしいんですよ(笑)。それまでは特に『ユキヒロさん=ゴッド』というイメージは
  ファンの間には浸透して無かったらしい。で、ハイディも時々あまりに神々しい時があるので
  (重症です)、「やっぱハイディも神だよな!?」ということで、すでに「ゴッド」はユキヒロさんに
  使われているので、それならってことで「神」になりました。 
  鈴木は逆にどうして2○ゃんでユキヒロさんが「神」と呼ばれてるのか知りたいです。

Q. 「以前、鈴木さんが新しいイヤホンを買ったというのを日記で読ませていただきました。
   私も通学で使用してるのを新しいイヤホンorヘッドホンにしたいと思っているのですが・・・何か
   鈴木さんオススメのモノがありましたらお聞きしたいです。良い音でラルクを聴きたいので。
   ぜひぜひ教えてください。」
Q. 「ぽちさんとお揃い(笑)だというイヤフォンのメーカー、製品名を教えて頂けませんか?」

→いやー鈴木が買ったイヤホン、これかなり良いですよ~!
  「audeio-technica」(オーディオ・テクニカ)というメーカーの
  ダイナミック型インナーイヤーヘッドホンATH-CK5NS です。
  インナーイヤータイプ(耳の中まで入れるイヤホン)なので音漏れもほぼゼロですし、
  全体的な音のバランスもなかなか良い。低音がしっかり響いて、高音もうるさくない感じ。
  鈴木は耳穴の形がよほど変なのか、普通のイヤホンだとちょっと引っかかったりするだけ
  ですぐ外れちゃったりするので、セーフティーネックストラップがすごく重宝してます。
  (格段に外れにくくなる) ただ、ビジュアル的にはあんまりカッコイイもんじゃないので(笑)、
  嫌な人はこのネックストラップが無いタイプもあります。ちなみに鈴木はホワイト、ぽちさん
  ブラックを購入しました(*´∀`*)唯一の欠点はこのイヤホン、極端にコードが短いという事。
  なので鈴木は こちらの延長コード を買って繋いでますね。そのまんまだとホント短い。
  延長長さは1mくらいで十分だと思います。

それと諸事情により掲載は省略しましたが、モノラルさんのPV情報を送ってくださった某Sさん!
これすっごい見たかったんですよ~。有難うございました!で、んもんもんも超カッケェかった!
足を開いた時の足の長さに「うへ!」ってなって、腕を横に伸ばした(開いた)時の長さに「わひゃ!ってなって、しまいにゃ内股で腰を横振りしだしたアニたんにノックアウト☆ 本当に身体のラインがキレイな人だなぁ。アニたんを見てると内面(変人)&外見(長身で手足長い)とも「パリジェンヌ」というのにすごい納得(笑)。他にも色々あるようなので、これからじっくり見たいと思います。(法律云々は・・・あのサイトが海外サイトである時点でどうにもならない気がします。あっちは無法地帯)

 

2006/02/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2006/2/2
ハイディのツアータイトルが決定したそうで。

HYDE TOUR 2006 FAITH

ほぇ~・・・なんかちょっと意外。どんなライブ内容になるのか今の段階では全く想像できないね。鈴木は単純にハイディが以前言ってた「【666 パート?】みたいなツアーをやりたい」という言葉を信じてたんだけど、この単語からは悪魔だのなんだのってのはちょっと連想できないよ。むしろ鈴木はこの単語を見ると【ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE】を連想してしまう(笑)。てか、その前にアルバムは出ないの?てっきり鈴木はまた【666】の時のようにアルバムが出て、それを引っさげてのツアーになるんだと思ってたんだけどな。ま、まさか【FAITH】なんつータイトルのアルバムじゃ・・・ないよね?

で、FC限定チッタ川崎ライブの当落結果発表!
鈴木は願い通り無事4月1日の初日が当選しました~(*´∀`*)
3日がウーバーちゃんライブなので、2日の方の当選だとキツイなぁと思ってたので良かった(笑)。

これでやっと今ツアーの参戦ライブ回数は2公演・・・しっかし少ねーなぁオイッ!
せめて横浜か熊谷か水戸か山梨のどれかは当たって欲しかったよ・・・あんなに応募したのに。

では質問回答~。

Q. 「ラルクさんの例のBOX…アレを購入しようか迷ってます。。。
   そこで、質問なのですが、情報として出ていたソニー系列の雑誌に鈴木さん的に、または
   一般的に、hydeさんの特に色っぽいショットはありますか?
   (例えば『パンチラ』『縛りで上目遣い』とか。これらは他社さんだと聞きましたが)」
Q. 「ラルクの15周年記念のBOXが発売されますが、買いたいんですが高いので悩んでます。
   鈴木さんは買いますか?ラルク最盛期の時子供だったので全く知らないので、ワッツインとか
   パチパチとか昔のを知らないので、どんなもんなのか知りたいんですよ。
   買ったほうがいいですかね?」

→鈴木は恐らくあのBOXは買わないと思うんですよね・・・。
  ソニー系列の雑誌はめぼしいところはほとんど持っているのと、鈴木が持ってないモノで
  猛烈に欲しいと思ってる雑誌が含まれてない(他社出版なので)のが最大の理由ですね。
  そん次にやっぱり「ちょっと高いよ」ということで(笑)。
  で、「目線が色っぽいのが気になるタチ」とのことで、う~ん・・・オススメはなんだろう?鈴木が
  好きなのは【R&R NewsMaker】2000年10月号が大好きです。あれは色っぽいとかを通り
  越してなんかもう「エロエロ」ですが。SMクラブでのショットとかタキシードとかパンチラとか、
  やっぱり趣向を凝らした撮影をしていたかつての【RRN】が一番好きなんですよね~。
  でも昔から記事が一番オイシイ(面白い)のはPATIPATIだと思います(笑)。
  ていうか、版権とかどーにかこーにかして、あの豪華BOXの中に【hyde's self portrait】を
  入れることは出来なかったのかね!?もしあれが入ってたら迷わず買ってるっつの!

  『覚醒の時 発情づいた人類よ その春を謳歌せよ!』 by hyde's self portrait No.31

Q. 「『SEASON'S CALL』を聴けました!聴いたカンジ、お友達と「ラルクっぽい…てか
   kenちゃん作曲っぽいね」というお話になったのですが鈴木さんはどう思われましたか?」

→う~ん、生ライブで聴いたのであんまり覚えてないんですけど(笑)、
  確かに今までの流れの『ソロっぽい感じ』とはちょっと違ったような気がしましたね~。
  なんつったって高音。サビからその後までずーっと高音だったと思う。ソロ特有の荒っぽい
  「がなる」ような出し方ではなくて、キレイな高音の出し方で歌ってた気がするし。
  あれを聴いた直後から脳内でずーっとラルクさんの【さようなら】が流れてたのは
  なんでしょう・・・、鈴木的にどこか近いところがあると思ったのかな(笑)。

Q. 「・・・もしや。シザーハイドと共演してた方々ですかね?笑
   オリコンスタイルの2ショットはごらんになりましたか?」

→これはウーバーちゃん達の事をまだ『気になるバンド君』といって名前を伏せていた時に
  いただいた質問ですね(笑)。オリコンは見てましたよ~!2人ともなんかちょっといつもと
  違う感じで(ハイディはメイクの影響だけど)面白かったです(笑)。
  タクヤもあれすげー緊張した顔してたしな~。

Q. 「やっと分った!!UVERworldっすね?
   あのウーバーちゃんは気になって、タワレコで試聴して手に持つまではしました。
   買わなかったけども~。ところであのウーバーちゃんはクマなの?ア「クマ」なの??」

→ウーバーっす(笑)。あの『ウーバーちゃん』はなんなんでしょうかねぇ?
  鈴木もよく分からないんですけど、どうやら一応『モンスター』の括りらしいですよ(笑)。

Q. 「すっすっすっ鈴木さあああん!新曲のジャケでハイディがまた若返りました!!
   そろそろ某J事務所から御声がかかってしまうかもしれませんよー!!!」

→みっみっみっ見ましたよーーー!!THE ビッグ・バン!
  あれはハイディというよりも、「生まれたてのフェアリー」なんですよ、きっと。(←大真面目)
  某J事務所というより、そろそろ天界から「帰っておいで~」という声が降ってこないか心配です。

Q. 「大地くんは復帰してから本名の三浦"大知"で活動してますよ~。
   というか、まさかここで大知くんの名前をみるとは!と驚いております(笑)。」

→あ、そうなんですか!いやいや、鈴木もFolder5時代は「なんじゃこのガキは」と思ってたん
  ですけど、あの子『天才』な上にものすごく努力家だそうで。やっぱり歌唱力は並々ならぬ
  モノがあるなぁ、と。そんな子のプロデューサーにあの千恵子さんが加わったという事で、
  鈴木もある意味すごく衝撃を受けてたんですよね(笑)。基本的に『踊る』系のアーティスト
  には興味ないんですが、実力があるミュージシャンには是非とも活躍してもらって、
  Jミュージック界自体のレベルを高めて欲しいなぁと思います。

Q. 「私は最近北村一輝さん(大奥の柳澤様)がはいどさんにみえてしかたありません。
   並べてみるとぜんぜん似てないのに。まつげの密度でしょうか。彫りの深さでしょうか。
   鈴木さんはどう思われますか?」

→睫毛の密度と彫りの深さだと思います(笑)。あと、顔の作りも系統的には近いんじゃない
  かな?北村一輝さんは鈴木にはちょっと濃過ぎるんですが、でもなんとなく「似てる」という
  のは分かります(笑)。でもやっぱり「似てる」度でいったら板尾さんには敵わないよなぁ。
  あの2人は「親戚です」って言われた方がよほど納得できる。

Q. 「私は今度ライブに行くのですが、一緒にライブに行く人がいないので、一人で行きます。
   実は私は一人でライブに行くのが初めてなので、少々心細いです・・・。
   そこで質問なのですが、鈴木さんは一人でライブを見に行った事はありますか?
   また、一人だと心細かったりはしますか?」

→いや、それがですね、鈴木も一人では行ったこと無いんですよね(笑)。
  一人で行かなきゃならんのならそのライブを諦めてしまいますね・・・鈴木の場合。
  実際ライブハウスでのライブなんかは中に入ってしまえば友達とは離れ離れになってしまう
  のがほとんどだし、騒いでる時はたいがい周りなんぞ気にしちゃいないんですが、どうにも
  ライブ後とかがあまりに寂しくて(笑)。「超楽しかったね!!(*´∀`*)」って言い合える相手
  が見付からない場合はライブ参戦を見送るのがほとんどです。だから・・・うーん、ライブ中は
  一人でも平気だと思うんですけど、開演前とか開演後とかはなるべく近くの人と仲良くなって
  おくのがいいんじゃないでしょうか。

Q. 「yasuのメールの話、私も聴きました。羨ましすぎる…しかもちゃんと返事貰ってるし!
   公式サイトでその時の聴けたと思います。2005年12月16日日分です。」

→あわせてその公式サイトのURLを教えていただきました~↓(コピペでどうぞ)
  http://fmosaka.net/buzz/janne_da_arc/archives/03podcast/index.html
  なんかこの放送で実際にyasuの口からその話聞いたらすげー可哀想になっちゃった(笑)。
  豚キムチって・・・そりゃハイディも「なんで?」って言うわな。それにしても話の中でyasuが
  「なんで豚キムチなの?」っていうハイディの言葉を再現した時、いきなり声変わったけど
  あれ少し真似して言ったんだよね?結構ハイディに似てると思った(笑)。

Q. 「今回の『SEASON'S CALL』のジャケ写、私も脳みそ揺さぶられる衝撃を受けました!
   何てべっぴんさんなんでしょう(笑 声とか歌とか言葉とか動きとかミニマム(!)なとことか、
   愛すべきところは山ほどあるんですが、顔面だけをピックアップして、「べっぴんの源」を
   定義するなら、鈴木さんのイチオシはどこですか??私はhyさんのべっぴんの源は
   「つり眉タレ目三白眼+目と眉の間隔が極狭」にあると確信してます!
   あの目はギリシャ神話のメデゥーサに匹敵すると思います(笑 」

→『べっぴんの源』の定義ですか(笑)!そりゃ難しいよ~!
  確かにあの「つり眉&タレ目&目と眉の間隔(彫りの深さ)」は特殊だと思います。
  鈴木はラルクさんを見るまでいわゆる『V系』の人というのには全く接触してこなかったので、
  あんなにキレイに整えられて弧を描いた男性のつり眉というモノ自体「初めて見た!」という
  状態で、その衝撃たるや凄まじいものがありましたが(笑)、なんだろ、やっぱりハイディの
  顔が「美形」とされる『べっぴんの源』は、「各パーツの絶妙な配置バランス」じゃないかな~。
  ピンポイントじゃなくてごめんなさい。いや!でも!あのバランスこそが奇跡なんだって!

Q. 「最近hydeist bbsは意見の飛び交う姿が激しく見えますがご存知でしょうか?私はつい
   最近入ったので昔からそうだったのかわかりませんがあのままでは新しく入ったdeistさんが
   挨拶も出来ない状態だと思います。あれはKINGが求めていたbbsなのでしょうか??」

→この投稿をいただいて久しぶりにBBSを覗きに行ったら、確かにまぁー大変なことになって
  ましたね。鈴木もBBSはほとんど見ない人なので(カキコしたことは一度もありません)、
  確かな事は言えませんがいつもああいう状態ではなかったと思いますよ。あれはたまたま
  我慢の限界にきてた人が爆発して、ちょっと周りが見えてなかった子達が謝罪したり反論
  したりしててんやわんやしちゃっただけだと思います。現に今はあの論争事態は終息してます
  よね。いつの時代もああいう『公共掲示板』はあの手の論争が起こっては収まり起こっては
  収まり・・・だと思いますよ(笑)。はるか以前のデスト(今の形になる前のプレサイト状態
  だった時)の掲示板に比べれば、だいぶ争いが少ない方だとは思います。
  あの時はオフィシャル側が掲示板を廃止してしまったくらい荒れてたので。ハイディも当然
  ああいった論争を望んではいないと思いますけど、だからといって本人が出てきて止める事も
  無いのも事実で。あの掲示板はかなり「ファン側のやり方」に任せてる部分が大きいんじゃ
  ないでしょうか。だから仕切りたがる人と、それに反発する人が出てきちゃうんだろうなぁ。

で、まだ見てないんですけど、RRN今月号が素晴らしいようで。
やっぱりハイド×ニューズメーカーの絡みに外れは無いなぁ。

 

2006/02/02 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。