脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2005/7/31
案の定、めんどくさくなってきたぞ。
なんか送られてくる批判の論点もだんだんズレてきてるし、明らかに挑発目的なモノもあるし、「レポ希望!」のお声は尽きないし・・・やっぱりちょっとコメントし過ぎたのが間違いだったな。

「都合のいい解釈と自己弁護もここまでくると見事ですね」

どうも有難うございます。鈴木も所詮人間ですので。

レポに関してはご希望される方が予想をはるかに超えて多かったのでアップしました。
【MUSICtext】内からどうぞ。相当【AWAKE】ツアーのネタバレ要素が多いのでご注意ください。
それと、見たら余計腹が立ちそうな人は見ないでください。多分はらわた煮えくり返りますから。

そんな事より、昨日のMBSアニメフェスでハイディが「錬成!」をやったそうで・・・
もうこれってハイド&ロイファンの人には失神モノの光景なんじゃないかしら(笑)。

 

スポンサーサイト
2005/07/31 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/30
どうしよう・・・泣きそう。

昨日の日記で「レポはしません」と表記した事で、その前に鈴木がオークションチケに手を出した事への賛否両論反応の3倍のご意見を頂きました。そしてその全てがとても温かいお言葉で・・・本当になんて言うか・・・

ハイディじゃないけど、最近涙もろくてダメだ。感激し過ぎる。

「レポ希望!」のお声と共に様々なご意見を下さいました皆さん、本当に有難うございました。
別にご意見を下さった皆さんがオークション転売を肯定してるわけではありません。ていうか、肯定してる人なんて居ません。ただ、「今回のは状況が状況でしたから・・・」、「大きなサイトを運営していて正直な方ほど叩かれる現状こそおかしい」等々・・・皆さんなりの理解を示してくださっただけです。

それと、昨日鈴木がオクチケで参戦した事について、「私から見れば今回の鈴木さんの行動はハガレン前夜祭第二部で前に走っていった人たちと大差ないレベルの行動だと思います」という意見を述べてた方も居たんですが、何も考えずに身体が動いてしまった衝動的な行動と、正当な努力が水の泡と化し多額の出費のリスクと規律の板挟みで悩んで悩んで悩み抜いて取った行動が同じに見られるとは・・・・・それはさすがにショックだな。もちろんそう見られる事に反論はしませんが、思わず「えぇ~そんなぁ~・・・」と呟きたくはなる。

そんなわけで、もう少し他のサイトさんの様子なんかも見てレポをUPするかどうか考えます。

 

2005/07/30 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/29
今日、会社で【RS】のアクセス解析見てたら見事に2ちゃんに貼られてる事が判明(しかも複数板)。

さて、昨日のぶっちゃけで予想通りの反応が返ってきました。
皆さんの意見は見事に2つに分かれてましたね。当然「オークションで買うなんてサイテー」派と、理由は微妙にみなさん色々違いますが「鈴木さんを責めようとは思いません」とおっしゃってくださる派。本当に半々くらいでした。

うーん、ここで色々言うとまた色々返ってきて多分面倒くさい事になるので、
とりあえず鈴木が言いたい事をひとつだけ。

絶対に業者(ダフ屋)は居なくならないし、業者から泣く泣くチケを買うファンも居なくならないし、ライブ主催側も絶対に業者が介入できないようなシステムを構築することは出来ない。「買う人が居なければ業者は居なくなる」という考えは至極当然で、これまで本当に何年もの間先人達(昔、または昔からのファン)が業者からのチケ非買活動を起こしてきたけど、結果本当に人気が高く大事なライブのチケットの半分を業者に掻っ攫われました。約8年間のファンの努力もこういう結果になってしまう現状。

そんな中で、鈴木はオークションに断固手を出さない人は潔いと思います。

けど、結論としてやっぱり今回はローソンチケを採用したLE-CIELの完全な失態だと思う。
「鈴木さん言ってる事とやってる事が違うじゃん」というような意見も当然きましたけど、申し訳ないですが『チケの半分が業者に流出』という前代未聞の事態になった今回に限り鈴木自身はあまりその認識は無いです。努力すれば手に入るチケ(FC先行があって一般があって、入手機会が複数回ある通常のチケ販売体制の事)を努力せずに金で解決しようって話なら「はぁ?」ですが、発売わずか15分で半分が業者に流出した事が公になってるようなチケットを死に物狂いで手に入れようとする事が、メンバー曰く「オークションで買うなバカ!」に相当するとは思わない。ていうか、思いたくない。ラルクさんもそこまで世間知らずじゃないだろう。あれがもし観客が半分しか入ってなくて、メンバーが事実(チケ流出)を知った時のショックの方が酷いモンだと思う。なんせ、すげーイイライブだったんで。てか、メンバーも今回の事は知ってると思うんだけど、知った上でのあのライブだとしたら、やっぱり鈴木は行って良かったと思う。ま、今回のこの騒動をきっかけにメンバーからLE-CIEL側にもっと働きかけてくれればいいんですが。

こんな事なら、いっそのことLE-CIELが主催してLE-CIELのサイト内でチケをオークション販売すりゃ良かったのに。そしたら業者は絶対手が出せないし、LE-CIEL・・・しいてはラルクさんがガッポガッポ稼げたのにね。

・・・全然言いたい事、ひとつじゃなくなってしまったな。

そんなわけで、レポを書くのはやめました。不満がある人をさらに煽ってしまいそうなので。

 

2005/07/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/28
とりあえず感想を。

ふんっげー楽しかった!

凄まじいハコの小ささに凄まじい近さに凄まじいセットリストに凄まじいハイディハイドさんでした。
詳しいレポは後日。

その前にひとつ質問がきたので回答を。

Q. 「鈴木さんはAWAKE前夜祭に行かれるようですが、それはオークションで取った
   チケットで行かれるのでしょうか?何となく文字が隠し気味だったので、そうなのかなぁ、
   と思ったのですが…自力で取ったチケットで行かれるのなら、失礼極まりない質問で
   ごめんなさい。」


出来ることならスルーしたいけど、それはそれでなんかアレなので回答します。
鈴木は当然のごとく電話で撃沈してオークションに回りました。
あーなんか色々言われそうだけど、買って行って楽しんでしまったものはしょうがない。
別にこの場で「自力で取りましたよ」とウソをつく事も可能なわけですが、今回は鈴木も色々と思うところがあったので正直に回答してみました。どんな反応がくるのか気になるところです。

それにしても・・・しつこいくらい言ってますけど、時代は繰り返すんですね。

 

2005/07/28 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/27
ちょっと昨日今日と激多忙で死にそうです・・・とりあえず寝かせて(笑)。

いやいやいや、スゴイね(笑)!ラルクファンってホント大変だ。
詳細は後日アップしますけど、ここ2日間のウチの会社はミラクルが起きまくってましたよ。偶然同じ会社に同等レベルの超コア(「キチ○イ」とも言う)なラルクファンが複数居たりすると、そりゃーもう大変な事になります(笑)。会社巻き込んで大騒動。鈴木、かつてこれほどファンでもない一般の方々の前で大声で堂々と「ラルク」の名を口にしたことはありません。

あと、LE-CIEL批判が相次いでるようで(笑)。
聞いた話では確かに酷い対応ですねー。デストのスタッフはあんなに有能なのに。
そもそも明日のアレはLE-CIEL的な主張としては「『FC限定イベント』ではない」、だそうで。
ただFC会員に優先的に告知しただけで、参戦は一般の人でもオッケーとかなんとか。
それなら会員番号入力が無かったのも頷ける。しかしやっぱりチケットの大半を業者に掻っ攫われた事実はLE-CIELさんの今後の課題だと思っていいんじゃないかな。まぁイタチごっこだけど。

しかしLE-CIELのダメダメ体質はそれこそ本当に昔から言われていた事であって、やっぱりいつぞやかの「時代は繰り返すんだなぁ~」という印象が拭えないね、最近。ラルクさんの実質的な売り上げはかつての全盛期(98~99年頃)とは比較にならない現状なのに、こういう全盛期に勃発しまくってたトラブルだけが繰り返され始めてるのは何なんだろうなぁ?

そんなわけで、明日は燃え尽きてきます。

 

2005/07/27 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/23
真夜中の奇跡が起こりました。

ご存知の通り『フジテレビ好きー(*´∀`*)』な鈴木は昨日は8時からずーっと25時間テレビを見てたんですが、深夜1時24分頃、何故か特に意識もせず勝手に手がリモコンに伸び、何故か指が『6』のボタンをプッシュ。そして何故かそこに映ったもの、それは・・・


「こんばんわ、ラルクアンシエルでぇ~す」


あ?(゜▽゜)何故?

ななななんだこれーーーー!?え?は?CDTV出演?知らないよ?オフィ発表あった?
(大至急オフィチェックしたら一番最近情報更新されたばっかな感じだった・・・知らねーよ)
ていうかなんだこのドンピシャなタイミングは。あと5分早ければまたすぐチャンネルをフジに戻してただろうし、あと5分遅ければ完全に逃してたよ。神業だ。てゆーか神パワーか。

自分、本当に変な力があるんじゃないかなとか思った。

おかげで捕獲(録画)はテツさんの「~ングル『LINK』が発売になりましたぁ」からになってしまいました。しかし本当に今の短髪ハイディはナイスだ!ホンットにイイね!CDTVの仕上がりはもしかしたらPJを上回ってるかもしれない、鈴木的に。なんか恐ろしい可愛さだった。個人的にはあと2cm伸びたあたりが短髪ヘアの中では一番好きだけど、今のもすっげキャワイイ。そしてやっぱり「あ、頬袋・・・」とか思ってしまった。昨日はちょっとヒマワリの種が少なめだったなぁ。

んで、最近なんか忘れてんなーと思ったら、そういやまだ【LINK】買ってなかったんだ。
明日出勤ついでに渋谷HMVで買って来よう。
初回版まだある・・・よ、ね?あのDVDが付いてない方(笑)。

色んなサイトさんを見てて、先日のハガレンイベントの2回目は・・・まぁなんちゅーか・・・

ホント酷かったのね

としか言い様が無い。
タイムリーな質問をいただいたので、まずはこちらを回答。ちょっと長いですが省略無しで。

Q. 「ハガレン2部とも参加した者です。1部は終了した時に『ハイディ可愛い~(*´∀`*)』と
   思えましたが(上映中に抜けてラルク出る直前に帰ってくる奴等が非常に頭にきましたが)
   2部は呆れてものも言えないというか…多分、1部も参加した人たちがラルクが出てくるのを
   分かってきたからだと思うのですが、エンディングロールが終わり、幕が上がった瞬間に
   1階席の前列あたりの人達がステージ前に押し寄せて行ったんです。
   それにつられて多くの人が前に押し寄せてハコライヴ状態でした。
   私は1階44列目にいたのですがそのあたりからでも前にダッシュしていく人が
   結構いらっしゃいました。あまりの状況に思わずひいてしまいましたよ。
   柵なんて無いので触り放題。それでハイディは股間をガードしてました(笑)。
   なんつーか、ラルクファンの愚かな一面を垣間見た感じです。
   メンバーの機嫌が良かったことがせめてもの救いというか。ぶっちゃけ2部でラルクは
   あまり楽しめなかったです、騒ぎに混ざれない冷めた人間には(笑)。
   こんなラルクファン、鈴木さんはどう思われますか??」


【MUSICtext】内のレポ『奇跡のスペイン坂』と『不思議の国の鈴木』をご覧になってもらえればお分かりいただけるかと思いますが、鈴木もマナーを無視した「熱狂」とかってダメな人間なんですよね。周りが熱くなってればなってるほど冷めてしまうタチです。なので、多分その光景を生で目撃してたら鈴木も同じように『ラルクを楽しめない』状況に陥ってたと思います(笑)。初回で良かった・・・。

※以下、結構キツイこと言ってるので『続きを読む』で隠します。興味ない人はスルーしてね。

 

[ 続きを読む ]

2005/07/23 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/22
行ってきましたハガレンイベント in 東京国際フォーラム。
国際フォーラムがある有楽町という所は、渋谷に次いで鈴木の『第二のホームグラウンド』なので、そういう馴染んだ土地で開催されるイベントって必要以上に萌え・・・違う、燃えますよね(笑)!

さて、そんな開演前から盛り上がりまくってしまっていたハガレンイベントの感想をば。
鈴木は初回の参加だったんで前情報は皆無なわけで、もう全てが「うっひゃー!」でした。
まず映画にちょこっと触れておきましょう。あれはね、あー・・・・・・

絶対事前知識がなきゃ無理だ。ついて行けん。

鈴木はほんのちょこっとだけ勉強して行ったので、さすがにアモさんのように「錬金術ってナニ?」とは言いませんでしたが(笑)、でもやっぱり登場人物によく分からない人が居た・・・。誰だったんだ?でもアモさんと言ってたんですけど、これ事前知識がしっかりあれば面白いのかも。てゆーか、ハガレンっていう漫画自体が結構面白いのかも。とりあえず人間(しかも結構主要人物っぽい)がブチッグチャッドビャ~ッと潰れて死んでしまったり、旧東ドイツ(ベルリンとナチス政権とかあの辺)が舞台だったりするあたり、どう見積もっても子供向きアニメではねーな。鈴木の2列前に5歳児くらいの男の子がいたんですけど、途中ソワソワしだして下向いちゃってましたからね。あれ、鈴木が幼少の頃に半ば理解もせずにホラー映画を見て以来、ホラーが大の苦手になってしまったようなトラウマにならなきゃいいけどな(笑)。小さい子供に大人の都合であんまりエグい話見せちゃダメだよ。

んで、お待ちかね!映画のエンドロール後についにラルクさん登場!
ギャァァァァァ~よよよよ四ヶ月ぶりのなななななな生だよよよよよ!!

つーか、短髪ハイディの生は初だよッ!!

というわけで、他のメンバーの記憶が一切ないくらい視覚はハイディハイドにロック★オンされてしまい、もう何度「キャワヒィィィィ~」という奇声を上げたか知れません。服装は黒のパンツ(なんか柔らかい生地でダボっとしてるようでシルエットはすとーんとスリムな感じ)に、白の胸元に何やら英語が書いてあるノースリに、黒のノースリで膝丈くらいあって襟があって・・・なんつーんだあれは、カーディガン(笑)?とても説明しずらいので、久しぶりに絵で作りました。

  

こんな感じ。超キャワイイ。鈴木的に『ハイディ×ロング(膝丈)の上着』は最強コンボだ。それとイラストでは省略しましたが、最近恒例の腰チェーンをはじめシルバーアクセをジャラジャラ着けてましたね。

んで、かーなり(触れるくらい)客席の近くまで来たりしてて、最前列に居てアレを間近で食らった人は例え純粋なハガレンファンであれ、その瞬間からハイドファンになっていたと思う。マジでマジで。あの女の子っぽい『膝を開かないウ○コ座り』で目の前で「フンフン♪」揺れながら歌ってんだぜ!?

嗚呼・・・キャワイ過ぎるってハイたん・・・

そして会場が一瞬にしてイッてしまったのはラストでした。
歌が終る寸前からゆっくり幕が下り始めたんですよ。(ちなみに演奏曲は【LINK】一曲のみでした)
それに気付いて下りてくる幕を見上げながら歌うハイディ。もうこの時点ですでに可愛い。

だがしかし。

どんどんその幕が下りてきて、いよいよ自分の姿が隠れだしたらハイディがそれに合わせて・・・

ひとりマトリックスですよ。

分かりますかね?あの超有名なキアヌのワイヤー特撮弾避けシーン。
上体を後ろにそらしながら膝の支えだけで後ろに倒れそうで倒れないあの体勢。
普通に前かがみでどんどんしゃがんでいけばいいのに、ハイディハイドさんはまるでリンボーダンスを踊ってるかのように何故か上体を後ろにそらしながら膝を曲げてって頑張って幕に隠れないようにしてる!!んで、案の定最後は膝が支えきれなくなり・・・

背中から後ろにべちゃっと倒れちゃってました。

ワイヤー無しじゃ無理だよハイたん!
典型的な『リンボーダンスの失敗体勢』。倒れたというより崩れた感じ。
なんちゅーんだ、半後転?両足上げて背中から転がってましたね(笑)。
そしてハイディハイドさんが転がったまま一番下まで幕が下り、ついにステージ終了・・・。

映画の余韻もヘッタクレもあったもんじゃねぇよ!
最強だよ!オイシイとこ取り大魔王だよ!


あの直後、幕の後ろでは『笑いながら上機嫌に起き上がるハイディと、それを生ぬるい目で見守るメンバーの図』が容易に想像できました。特にケンちゃんの目の前で転がりましたからねぇ、ケンちゃんは相当微笑ましい目で見てたと思いますよ(笑)。やっぱりハイディがえらくご機嫌でしたねー。あのまま普通に幕が下りて終るのが通常のテンションだったと思うんですけど、ひとり垂れ幕に食らいついて最後まで顔を出そうと頑張ってました。

総括。

「可愛い人がカワイイ事をすると、とんでもなくキャワイイ結果になる」

大好きだ。ここまでくると大好き過ぎて困ってくる。

イベント後にまた仲間内でご飯を食べに行ったんですけど、某Yと ポチさん が居てくれて良かった~。2人とも多分自他共に認める血中ハイド濃度が激高な人達ですから、鈴木が幾度となく「ハイたん可愛いハイたん可愛い」を呪文のように呟いてても屁でもない感じで(笑)。居酒屋さんでは大層盛り上がってしまい(あれはまた場所が良かったよなー。周りにラルクファン&若い人皆無なオッサン飲み屋だったから、どんだけデカイ声で「ハイたんがさぁー」とか言っても全く恥ずかしくないの/笑)、3人で色んなハイド談義を繰り広げてしまい、鈴木とは対称角の席に居あのアモさんに何度も「お前らイテェな~」というような目で見られてしまった・・・

すげぇ屈辱ッ!!

しょうがないじゃないか!扉が開かれちゃったんだもん!もうひとつの世界にイッちゃったんだもん!

今なら自分も錬金術が使える気がする・・・ッ、みたいなネ!

・・・そんな感じで、隊員として念願の ツーさん(隊長) にも無事ご挨拶を済ますことができ(キレイな方でビックリした!「この方があの○態っていうか変○丸出しな隊長かぁぁ!!」と)、とーっても楽しい一日でした。そうそう、最後帰る時に有楽町駅前でグダグダ喋ってたらサラリーマン2人組みに声掛けられたんですけど、あんな「イカくせぇ!」とか微妙過ぎる奇声ばっかあげてた集団をよくぞまぁナンパする気になれるもんだ(笑)。丁重にお断りしたら「この(声を掛けた)勇気だけは受け取ってください!」みたいな事言われたけど、いやホントその勇気と軟派根性は賞賛するよ(笑)。
あなた達はバトラーだ。ナンパ戦士だ。

2回目の方ではまた違ったハプニングがあってハイディが必死に股間を死守してたそうですが、
どなたか詳細なレポをお願いします(笑)。

 

2005/07/22 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/20
どうにも最近のハイドさんには『頬袋』があると思うんだ。
絶対ヒマワリの種が入ってんべ?

えー・・・・・・では質問回答~(笑)。

Q. 「先日TVで音楽戦士やってましたよね(^-^ もし見てたなら良ければ教えてください。
   コーナ内にラルクのツアーグッズで、ラルクアンスリッパ(歩くとhydeの声がきこえるという)と
   いうのが出ましたよね。もし、それがかなり高くても買いますか?
   という変な質問ですいません・・・(^-^;」

→はい~見ましたよー。
  ラルクアンスリッパ・・・要らない・・・ものすごく要らない(笑)。
  300円くらいなら買ってもいい、というぐらいです。
  もともとグッズ系には興味が無い方なので、よっぽどビジュアルセンスに優れてるか、
  機能性に優れてない限りは、まー買うこたぁないですね。なので買うのは毎回タオルのみです。

Q. 「ランちゃん!!!すみません、秒速で理解しました(竜之介ネタ)。」
Q. 「すみません!思わず反応してしまいます!うる星やつらですよね?
   今でも海の家というとあの親子を思い出します(笑)。」

→ス、スゴイなオイ(笑)!!
  7月3日の日記で書いた「脇をしめて、食うべし!食うべし!」が秒殺で分かった方が2名・・・
  なんてマニアなの。しかもお2人とも「ランちゃん」と「海の家」というこれまたマニアな
  言葉を(笑)。ちなみに鈴木家には『うる星ヤツら』と『らんま1/2』が全巻揃ってます。
  ルーミックワールド(高橋留美子の漫画世界の俗称)は結構癒されますよ。

Q. 「日記の方でhydeさんの髪の毛に対して「予想してたほど短くなかった」と
   仰っていましたがそれはモヒカンの長さでしょうか??
   そうなのであればhydeさんあれよりもう少し短いかと。。。最近のラジオに出ているhydeさんは
   結構短くなってらっしゃっいました。(私はPCの中継で一瞬見たのですが・・)
   どれくらいかは一応伏せておきます~。(こんなこと言ってモヒカンと変わらなかったら
   すみません;;でもだ~いぶ短いように見えましたので・・)
   最後にhydeの髪形で鈴木さんの「寝込まない長さ」のボーダーラインってどこなんでしょう?笑
   かなり気になります!やはりREALIVE頃の長さくらいはないとダメですか??」

→えーとですね、以前日記で「予想してたほど短くなかった」と言った時に見たのは、
  その・・・愛知ラジオだっけ?どこか関西のラジオ公録ん時の画像がニュースサイトにアップ
  されててそれを見て言ったんだったと思います。一見【虹】ん時のハイディかと見間違う
  あの画像。今はまたさらにちょっと短くしたのかな?あれは。どうだろう。
  で、「寝込まない長さ」のボーダーラインは・・・うーん、難しいなぁ(笑)。
  とりあえず今のすっげ可愛いアレは全然オッケーですね。超キャワイイ。
  そして間違いなく「寝込むわコリャ」なのが、渋谷7daysツアーの時のハイディ。
  ゴメン・・・あれはホントさすがに寝込むよ。
  短髪がダメっちゅーか、基本的に『ツンツンヘアー』が好きじゃないんだと思います。

Q. 「(前略) このラジオに出たときには既にPVは撮影し終わってたと思いますし、
   また髪の毛切っちゃったんですかね?襟足がよく見えなかったのですが、襟足が長かったら
   今の私にとってはそれで充分なのですが…。もしまた髪の毛を切ったのであればショックです。
   鈴木さんと一緒に寝込みたいです。質問ではないのですが、ご報告的なものとして鈴木さんに
   お知らせしなければ!と思いメールしました。」

→あ、やっぱり愛知のラジオであってましたか(笑)。
 「襟足が長かったらそれで充分」ということで、いやー良かったですね!
  今の「どうすんだこれもうヤダなぁ(*´∀`*)」ってキャワイさのハイディの決め手に
  なってるのはあの襟足部分の無造作ヘアが絶大な効果を生んでると思います。

Q. 「ね・・・眠れないんですけどー!!!!安らかに眠るには、どうしたらいいですか?」
→知らん(笑)。身体動かしまくってヘトヘトになりゃいいんじゃないの?
  つーか、ラーメンいつ行くんだよ?早く食べたいー。

Q. 「私はSMILEDVDのButterfly's Sleepになにかとてもクるものを感じてしまうのですよ。
   凄みっていうか・・・。主にhyde特にhyde。そんなライブ映像ありますか?」

→あぁ~とにかく『凄み』を感じるのは、しつこいくらい言ってますけど【REAL2000東京ドーム】の
  最終日WOWOW中継映像ですね。何故にあの映像が中継だけでリリースされなかったのかが
  謎でしょうがない。特にすごいのは・・・どれだろう。【fate】とか【finale】とか【a silent letter】とか
  【真実と幻想と】とかは、もうあれ、連続して長時間神が降臨してますよ。
  【HEAVEN'S DRIVE】は魔王が降臨してるし(笑)。あの頃は【HEAVEN'S DRIVE】が明るくて
  ノリノリの曲っつーイメージは無かったんですよね。
  とにかくハイディ&観客があらゆる意味でテンションブチ切れになってしまう曲、という。

  とにかく、どえりゃ~エロかった。

  「♪レンズ越しの蛇に遊ばれて」のところで、身体(主に下半身)に蛇が這うような仕草をしてた
  ハイディの事を鈴木は素で「歩く18禁」と呼んでました。だってホントにすごかったんだもん・・・。

う~ん、いまだに【REAL2000東京ドーム】の映像については、触れていいのか判断が出来ない。
全く関係ないけど、そういや今年はロックオデッセイは無いんですかね?

 

2005/07/20 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/18
昨日は松本さんと久々にカラオケオーナイロー。
次の日仕事だってのに調子こいて行って来ました。おかげで今日の仕事は完徹に。
んで、初めて【AWAKE】曲を歌ったんですけど、いやーイイねぇ。
特に【星空】ね。鈴木が特別好きってのもあるけど、あれ実際に自分で歌ってみるとよく分かる。

チョー気持ちいい。

ホントに。あれ、2オクターブ近くあんのかな?出だしの低音とサビの高音MAX部分の差がすごいんですけど、さすがヴォーカリスト自ら作曲しただけある。だんだん音が高くなる&声量をあげていく加減がものすごく歌ってて気持ちいいです。こりゃライブで歌ったらヤバイわ。ていうか、鈴木はサビの・・・

最高音部分、出ませんでしたけどね。

ハイディ、ちゃんと歌えんのかな(笑)。
いや、でもあの人ライブではどういうわけかミラクル起こして超高音曲も捻じ伏せるからなー。なんちゅーか、ラルクのライブって特にヴォーカルのハイディはもはやアレ、アスリートですよね。好きなお酒も絶って、十分な睡眠をとって、コンティションを万全にして・・・完全なアスリートじゃないか。普通のライブって演奏者と観客が一体となって音やグルーブを楽しむもんだと思うんですけど、ラルクさんのライブってなんか『エンターテイメントのプロフェッショナル・ショー』って感じ。
だから『本番に強いハイディ』=『プロのアスリート』みたいな。

そもそも「昔からミュージシャンになるのが夢でした!」って人達じゃないじゃないですか。
ハイディは「これしか出来るもんが無かった」だし、テツさんは「音楽で食ってくつもりはなかった」だし、ケンちゃんは言わずもがなのエリート街道いってた人だし、ユキヒロさんは・・・あの人は音楽をやるべくしてやってるのかな(笑)。鈴木はぶっちゃけあまりユキヒロさんの過去を知らなかったりする。ごめん。まぁ、そんな人達が10年以上も成功し続けてるってのは、やっぱりそこに確かな『プロ意識』みたいなのがあるんじゃないんですかね。中には「音楽はソウルだ!魂だ!テンションだ!」みたいに捉える人も居て、上手さとか演奏の正確さとか規模とか段取りとか、そういった事はとりあえず度外視してその場を楽しむアーティストもいっぱいいます。それもそれで確かに『プロ意識』のひとつだと思います。どっちが正しいとか間違ってるとかじゃなくて、『プロ』にも色んな形があるってことで。

ただ、そんな中でラルクさん達みたいなタイプは鈴木的に『アスリート』に近いように思う、と。
自分の中で目標のラインってのが明確にあって、ライブではそれを達成するように各々が努める。
で、観客はそんな姿を見て「すげー!」とか「頑張れー!」とか「もっと行けー!」とか思うわけで。何故かラルクさんのライブって、終った時に観客から「ありがとう~!」って言葉が上がるんですよね。99年G×CのWOWOWライブ中継映像では、その声がものすごく印象的に聞こえてきます。特大花火と相まって、あのライブ映像は何度見てもイイねぇ~。・・・おっと、話が逸れたな(笑)。とにかく、観客からの「ありがとう」には「良いモン観させてもらって、良い時間を過ごさせてもらってありがとう」という意味合いが大きいと思うんだけど、その感覚ってホントにスポーツ観戦となんら変わらんのよね。

だからなのかな?
鈴木がこんなにもラルクさんのライブが好きなのは。(←自他共に認める無類のスポーツ観戦好き)

さて、そんなアスリート繋がりで。

女子バレーの世界大会が終ってしまった。
無類のスポーツ観戦好きである鈴木はもちろん予選から鼻息荒くして観てたんですけど、アテネ五輪の時からそうなんだけど、見る度に(高橋)みゆきさんファンになってしまう(笑)。余裕な表情して得点ラインキング1位とか、かっこ良過ぎる。前にバレー評論家が言ってたんですけど、みゆきさんって今まで(アテネの時とか)はどうも『サボり癖』があったらしい(笑)。何故か試合中に手を抜いてしまうんだと。そういうエピソードとか、もう大好きですね。
『見るからに頑張ってる優等生』より、『デキる不良』の方がカッコ良く見えるのは何なんだろうなぁ。

デキる不良・・・・・・・・・え、ラルクさん(笑)?

 

2005/07/18 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/16
よかったねぇ・・・素晴らしかったねぇ・・・。
何人もの方から「鈴木さん生きてますか?」という質問をいただきましたが(笑)、
かろうじて生きてます。やっぱり昨晩はちょっと・・・いや、かなり壊れちゃってたけど。
お友達の某Yにメールで「先生!鈴木さんが暴走してます!」とか言われました。
噂に違わぬ(いやむしろ噂以上)素晴らしさで、なんか色々と感極まって泣いてしまいそうでした。

あまりの可愛さに。

そんな感じで、質問回答~。今日は頑張るぞ。

Q. 「(前略) 私が聴いていて、「これ鈴木さん好きそうだなぁ」と思ったものがあったので、
   質問させて頂きます。それは、7曲目の「My Dear」と11曲目の「星空」です。
   7曲目は着メロでお聞きになった時に「好きだ!」と仰っていたと思いますので、そのまま
   好きな曲だろうな、と思いましたが、「星空」も私的に鈴木さん好みなのではないかと
   感じました。・・・私としてはHEARTには勝てないかな、という感じですが、最高です!」

→いや~すごいなぁ。見事に鈴木の嗜好を把握してらっしゃる(笑)。
  【My Dear】に関しては、もちろん好きは好きですが多分人並みに「大好き!」ですね。
  でも【星空】に関しては、恐らく人並み外れて「大好き!」だと思います。なんちゅーか、鈴木の
  中にある『普通の感性』とは違う部分が思いっきり反応してるっぽいです。だから、一般的には
  あんまりこの【星空】は人気無いかもしれない。「イイ曲!」とか「印象的な曲!」とか、
  そういう表現しやすい感性(感覚)とは違うところが反応してるので「なんか分からないけど
  異常に好き」みたいな(笑)。多分、いわゆる『普通の感性』ってのが五感全てをフルに
  働かせて感じる感覚だとすれば、この『普通とは違う部分』ってのは、第六感だけが働いてる 
  感じ。初聴きん時に直感でキた。鈴木の中ではかなり特殊というか、特別な曲ですね。あと、 
  たとえ今後発売されるどんなアルバムも、【HEART】と比べることは出来ないっすよ(笑)。
  あれこそ特殊中の特殊なアルバムですよね。もう一回あれ相当のモノを作るとしたら、もう
  一度彼らに『突如降りかかったバンド解散の危機と未来の見えない自分達』という状況を
  セッティングする必要があるでしょうなぁ。
  そしてそれは99%の確率でもう起こりえないという話。 

Q. 「鈴木さんのお友達の松本さんはお元気でしょうか?最近すごく気になってます。」
→あぁ、フツーに元気ですよ(笑)。
  この間・・・えーと一昨日かな?松本さんとアモさんと3人でメシ食いに行きました。
  そしてやっぱりこの3人が揃うとロクな話題にならないという。下ネタオンリーっつーの(笑)? 
  とりあえず松本さんがなんか異常にくだらん事で心を病んでいるというのがすでに面白いです。

Q. 「(前略) さて、昨日買った週間ザ・テレビジョンでtetsuの最近気になる番組で
   「リチャード・ホール」の下衆が好きだっていってたのに最初衝撃を受けました。
   私は下衆の存在しか知らず良く見たこと無いんですが、鈴木さんはリチャード・ホールの
   下衆は好きですか? ちなみにkenチャンが気になってるのはレイザーラモンですが
   私も結構気になってます。 レイザーラモンもついでにどう思いますか?」

→うわー、【リチャード・ホール】の下衆とやらもレイザーラモンとやらも、
  どっちも知らないんですけど(笑)。何ですかそれは? 

Q. 「(前略) 「ハイドさんが(ソフト)モヒカンにしたらしい」と、もっぱらの噂ですが
   鈴木さん的にはいかがですか?落ち込み期間は長くなりそうでしょうか?」

→またこれ、時期が外れてしまった・・・すみません。
  それにしても、モヒの寿命は短かったですね~ていうか、あのPVでしかモヒやってないんじゃ
  ないか?まさかプライベートであんな頭にしてたわけは無いだろうし(笑)。とにかく今の
  短髪はオッケーです。「オッケー」っていうかむしろ「イェッス!」な感じです(*´∀`*)

Q. 「もう6月もそろそろおわりにさしかかってますがここで
   「鈴木さん的2005年上半期ベストオブはいでぃハイディ」を決定しちゃいませんか?(笑)
   や、1つにしぼれなかったらそれでもいいんでw6月終わるまでにお考えください。」

→これもまた期限が過ぎてしまった・・・ごめんなさい。
  ちょっと下半期に突入しちゃいましたが、『鈴木的2005年上半期ベスト・オブ・ハイディ』は・・・

  【New World】PVのハイディ & 昨日のPJハイディ

  イイ感じなバランスで、ロンゲと短髪バージョンがひとつずつ。うーん、たまらんねぇ。 

Q. 「今回のロキオン読まれましたか?
   てっちゃんの件について鈴木さんはどんなことを感じられましたか?」

→これについてはとある方と質問やメールで何度かお話をしたりして、その時に鈴木が思う事の
  全てをお話したりしたんですけど・・・『鈴木が感じたこと、考えてること』をここでもう一度
  書くのは無理だな~。果てしなく長くなってしまうので。そもそも鈴木が『ラルクアンシエル』と
  いうバンドをどのように捉えてるかっちゅーとこから話が始まりますから(笑)。
  結論だけを言ってしまえば「鈴木はテツさんを責める気も支持する気もない」という事かな。
  ファンとして、ただ彼の行動をありのままに受け取るだけですね。それについて批判する権利
  は無いし、言ってしまえば根本がハイドマニアな人間なので、特別支持する意思も無いです。
  う~ん、こうやって端的に結論だけを言うと絶対反論(?)みたいな意見がきそうだから
  嫌なんですけど、本当に鈴木がこう考えるに至る経緯は果てしなく長いので(笑)、もし興味が
  おありの方がいましたら個人的にメールなりでご自分の考えを添えてご連絡ください。
  鈴木がこう考えるに至った経緯も知らずに、ただ「全てを肯定する盲目ファンは間違ってる」的
  な反論めいたご連絡がきた場合は申し訳ないですがスルーします。めんどくさい。 

Q. 「シングル「Link」のカップリング、パンクアンシエルの今度の曲は「promised land」だそうで、
   ふと、「あの出だしのセリフはどうするのかな~」と思い、「そういえばアレなんて言ってるんだ
   ろう??」と気になってしまい、検索したところ、あったにはあったのですが・・・それがコレです↓
   「Ladies and gentleman!
   Let me tell you my story.
   What I've seen According to the talked to my soul.
   And now we must reach out to the promised land!」
   らしいのですが、どうも私には何度聞いても上のようには聞こえないのです。
   特に「According to~」からがどうしても違う気がします。
   う~ん?と悩んでいた所、「あ!鈴木さんなら知ってるかも知れない!」と思いこちらに
   質問させて頂きました。 ご存知ないor「それは知らなくても良いのよv」という事でしたら
   お答え頂かなくても結構ですので・・・。もしご存知でしたら・・・。 」

→もうすぐ発売ですね~!パンクは【Promised land】!ヤター大好き!
  うん、大好きなんですけどあの冒頭のセリフはよく分からないなー(笑)。
  前にどっかで見たことがありましたが、多分↑の文章と同じかな? 
  話が逸れますが、【REAL2000】の時はこのセリフのラストが「Welcome to REAL!」
  だったのがものすごーく好きでした(笑)。あの「リア~ル」部分のドスの利かし方が。 

Q. 「鈴木さんが勤めてる会社って、もしかして『ハイランド』ですか?同人ですか??
   ・・・違ってたらすみません。」

→ブッ!!違います(笑)!同人じゃないですよ。ついでに『ハイランド』という名前でもないです。
  う~ん・・・でも、人によっては「同人会社の方がマシなんじゃねぇの?」と結構な確率で言われ
  かねない、またしてもややアングラな会社であることは否定しません(笑)。
  なんていうか・・・どうしてこうも鈴木は行く先々でヤ○ザとご縁があるんだろう、みたいなネ!
  しょーがないじゃん、鈴木はアングラの方が居心地が良いんだもんよ。 
  一般的に避けられる業界ほど、色々と待遇が良いんです。これだからやめられない。

Q. 「以前日記でハイディーのディストの書き込みは心が和むとおっしゃっていましたが私も
   そう思ういちディストです。私、最近ではめっきりハイディーの書く文字に萌えを感じてしまう
   程ですが鈴木さんもハイディーの書き込み文字(文章)に萌えというもの迄感じますか?
   特に誤字がそのまま敢えて使われてるところとかどう思われますか?(ex.最近=細菌)」

→えぇ、毎度漏れなく萌えてますが何か(笑)?
  「萌えを感じてしまう程」というか、「萌えしか感じられない程」イッてしまってます。
  誤字脱字大好き。やたら「。」「、」が多いあの独特過ぎる間合い大好き。
  突然出てきて「萌え」と「引き」を同時に感じる顔文字大好き。まさかハイディが顔文字なんて!
  ・・・いや、でも「(><)」って可愛いなぁオイ・・・と、すげー複雑な心理に陥りますよアレ(笑)。 

Q. 「なんだか雑誌でハイディが「新しい楽器に挑戦するかもしれない・・・」みたいなことを述べて
   らっしゃいましたが、鈴木さん的に何の楽器だと思いますか?&何の楽器をやってほしい
   ですか?私は動き回るハイディが見たいのでせいぜいマラカスとかでいいんですが・・・」

→うん、鈴木もボーカルの飛び道具はホイッスルかタンバリンかマラカス程度でいいと思う(笑)。
  ただでさえギター持つ回数が増えてきてるのに、これ以上なにをやる気だ?
  サックス以外でボーカルが出来そうな楽器ってなんだろう・・・全然おもいつかないなぁ。
  ハープとか弾き出した日にゃ、そのままなんか天に召されてしまいそうだよハイドさん。
  ハープの音色は大好きだけど、ハイディハイドがやったらシャレにならなそうなので即却下。 

Q. 「(前略) アダムラングとは「下弦の月」の原作でのアダムの本名です。ラングは苗字ですね。
   原作は読んでいらっしゃらないようなので念のため。
   というわけで、一番ヒットした見間違いなどはありますか??」

→へぇ~、アダムはアダムラングっちゅーんですか。うん、原作読んでないんで知りません
  でした(笑)。見間違い・・・ヒット・・・いやー特に無いかなぁ。あったとしても思い出せない。
  言い間違いなら、よく「アナグラム」と「ラグナロク」が上手く言い分けられなかったりしますね。
  どうしても「アグナロム」とか言ってしまう(笑)。いや、そもそもよっぽど暗号とか神学に興味が
  なきゃ「アナグラム」も「ラグナロク」も普段口にする言葉じゃないけど。でも好きな言葉です。 

Q. 「昨日、ようやく入りたかったハイディストに入ったのですが、既にBBSのテンションに
   ついていけません…(苦笑) 後、サイトデザインは好みなのですが、どうも分かりにくい、
   というか見難いと感じてしまいます。鈴木さんはハイディストをどう思われますでしょうか?
   後、ハイディストのサイトのデザインを頼まれたら、どのようなデザインにしますか?」

→あぁ~・・・まぁ、あのBBSはある種独特な空気がありますからね~。サイトデザインは
  鈴木は悪くないと思いますよー。見づらい点も含めて、いかにも『HYDE』っぽくていいじゃ
  ないですか。もうあのサイトは『ハイディ王が納めるハイディが法律の仮想世界』なので、
  見やすさとか情報の更新速度とか、そういうのは度外視して楽しんだ方がいいと思う(笑)。 
  チャットとかウェブカメラとか大富豪とか、「ありえねぇだろ~」的なコンテンツこそが売りだと
  思うんで、しばらくサイトの見づらさは我慢してハイディ遭遇の為に通ってみたらどうでしょう。
  あと、鈴木がデザインを頼まれたら・・・うーん・・・断る(笑)。どう考えても鈴木の
  デザインセンス(シンプル好き)とハイディのセンス(ゴシック好き)は逆方向を向いてると
  思うんで、ハイディが気に入る空間を作ってあげることは出来なそうだ。『HYDE』が 
  コンセプトのサイトである以上、ハイディの『色』を無視して作ってもしょうがないしね。

ふぅ~、これで6月にいただいてた質問は全て消化しました。
あと、奈那子さん から今流行のミュージックバトンを受け取ってるんですが、やろうやろうと思いながらなかなかUP出来ずにごめんなさい・・・。(奈那子さんマジごめん!)
近いうちに必ずや回答させていただきます。

 

2005/07/16 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/14

ひいぃぃぃいいいいぃぃぃ!!!


なななななななななななんつーワワワワワワワワワンダホーな年なの2005年!!こうも次々に長年の夢が実現してくれると、ホントに長年夢見てたことなのか自分で分からなくなるよ・・・。

ラルクさんっちゅーか、正確にはハイディ&ケンちゃんのバラエティ担当コンビですか?8月9日にとうとう鈴木がかねてから出演希望していたテレビ番組【ぷっすま】に出演だそうで!?しかも絵心クイズですか!いや、ビビリ王でもギリギリマスターでも宝探しでもココ1当てまSHOWでも、もう【ぷっすま】というあの独特な空気の番組に出てくれれば何でもいいYO!!
鈴木の一週間の中でオアシス的役割を担う存在のこの番組。ホンットに大好きなんだ!

そして実はハイディの事も大好きなんだ!

あ、知ってるか。
いや~こうも好きなモン同士がね!くっ付いたらね!どうなるんだかね!分からんよね!番組の性質上マシューTVほどの派手な笑いは無いだろうけど、ひたすらツボにくる笑いのオンパレードでしょうか。しかし絵心クイズとなると、一抹の不安はハイディのズバ抜けてしまってる画力だよな~。

・・・いや、待て。

絵が上手い=当然1位通過=・・・・・・・!?


あの寂し過ぎる独り司会進行をやるのか!?


これまで数々のタレントの意外なユニークぶりが浮き彫りになってきたこの独り司会。勝者なのに、誰も話を聞いてくれずに全く勝った気がしない罰ゲームもどきのこの独り司会。80年代ハイテンション番組スタイルから、ひたすら独り言スタイルから、果ては堅実な役者がいきなり一発芸をかまし出してイメージをブッ壊してしまったり・・・数々の伝説を生んできたあのポジション・・・

みみみみみみみみみ見たい!見た過ぎるよ!

あぁもうダメ・・・2005年8月は毎日がお祭なんでしょうか。
つか、なんだ?関係者ないしはご本人が【RS】を見てるとしか思えないね(笑)。よし!じゃ、次は事あるごとに「食わず嫌いに出演希望!」と言っておこう。フジ○レビさんお願いします。

でもって、今回のこの【ぷっすま】出演情報を教えてくださいました皆様!有難うございまっす!
何名かの方がそれに伴った質問をされてたので、急遽繰り上げ回答。

Q. 「(前略) 遂にぷっすまに出るなんて…!楽しみですねぇ。
   私は絶賛ライブ中ですが鈴木さんは名古屋は参戦しないんですよね?」

→ハイ、今回のアウェイクツアーで唯一参戦しないのが名古屋です(笑)。
  いや~そりゃもうバッチリリアルタイムで見ますYO!

Q. 「(前略) 鈴木さんがお望みのビビリ王ではありませんが、いかがですか?」
→いやいやいや、もう【ぷっすま】ならどの企画でもいいんですマジで(笑)。あえて言えば
  『絵心クイズ』か『ココ1当てまSHOW』が面白いんじゃねぇかなーと思ってたんで、
  もうなんちゅーか・・・ホント言うことナシっすよ・・・視聴率ランキングでテレ朝が1位に
  なる日もそう遠くはないんじゃないか、と(笑)。

Q. 「(前略) あーもうどうしましょう?(笑)」
→ホントどうしましょう(笑)。
  マシューん時の翌日の日記もえらいことになってましたが(「むっはーむっはー」言ってた)、
  多分鈴木は【ぷっすま】の方が「むっはーむっはー」なるだろうなぁ。

Q. 「予言者鈴木さーん!「ぷっすま」kenhy出ますね!」
→預言者というか、祈祷師の方が近いんじゃないかな(笑)。
  祈れば通じる!目指せ【食わず嫌い】!!

Q. 「(前略) とってつけたような質問となりますが、鈴木さんは観ますか?(笑) 」
→別にラルクが出なくても毎週見れなそうな時はビデオにまで録って見てる人なんで、
  見ないわけがありません(笑)。なぎスケとケンハイ・・・見事なコラボレーションだ。

 

2005/07/14 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/12

大 激 震 !


なんだろうねぇ・・・もうそろそろ本気で鈴木は『ハイド魔王説』を唱えたいですよ。
昨日の深夜に yumikoさん から「オイオイ勘弁してくれよ~も~(泣)」な画像が送られてきました。

超最新のハイディ

参った。これホント参った。今週末には皆さんも見れるモノですが、たまんねぇってマジでこれ。
鈴木はネット中継してたラジオとかも見てないんで、モヒまでしか知らなかったんですよ。
そんな鈴木にとっては衝撃以外のナニモンでもなかった・・・。
散々「ロンゲサイコー!ロンゲサイコー!」言ってた鈴木が一瞬にして撃沈しましたからね。
予想以上に短髪だったけど、そんな予想以上に・・・

最強に最凶な可愛さだった・・・

なに?アウェイクツアーは「地獄みたいな感じ」にするつもりだから?
だからそんな自然界の法則をブチ破ったような異次元人になっちゃってるわけか?
つーかどうして髪を切るだけで20歳も若返るのかな?
その姿であのオールナイトニッポンをやってたとなると、もはや完全なる確信犯だよな?

結論。

「神は髪を切って魔王へと覚醒された模様です」

恐ろしい子・・・ッ!!

あ、それと【AWAKE】リリース記念企画結果発表しました~。

 

2005/07/12 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/11
無事、精神修行の旅から帰還しました鈴木ですこんばんわ。
しかし本当にツラかった・・・一言で言えば『果ての無い自己分析』を強要されるような時間を過ごすハメになったんですが、『自己分析』も度を越すとだんだん『自己暗示』になってくるんですね。「自分はこうだからこういう考え方をしてるんだな」と思ったら、以後絶対その理念で考えなきゃならないような気がしてきてしまうという。人間なんて矛盾があって当然の生き物なのに、その矛盾が許されないっちゅーか、ヘタな事を言えないっちゅーか、自分が発する言葉の全てに全神経を注いで注意深く会話しなきゃならないっちゅーか・・・。はぁ~、久々に『精神が疲弊する』という感覚を味わいました。

皆さんもIQ200を超える脳を持つ人間と接触する時は十分注意した方がいいですよ(笑)。
安易に近付くと人格破壊されかねないよマジで。天才と狂人は紙一重ではなく、そこはイコールでいいと思う。何故にそんなアブナイ人間ばかりに気に入られるんだろうか自分は・・・。

そんなわけで、先週のラルクさん出演系は録画・録音をしてたんですが、いや~

オールナイトニッポン最高ね(笑)!

もう今後ラルクさんはテレビなりラジオなり出る時は毎度お酒を飲んでから出ればいいんじゃないかしら。明らかに酔っ払ってるくさいハイテンション・ハイディの司会進行は面白過ぎでした。いつもより舌ったらず&トロい口調も5割増し!くはぁー可愛い!すっげ可愛い!なんじゃこりゃ可愛い!なんつーか、久々に転がり悶えましたね。疲れていた鈴木の精神が一瞬にしてAWAKEされました(笑)。
これは鈴木的『ラルク音源殿堂入り』を果たしそうです。あ~も一回聞こう。

そしてもう一つ、ようやく情報解禁されたので言います。

ハガレン映画の前夜祭イベントに行って来るぜ!ヒャホーイ!

およそ4ヶ月ぶり(多分)の生ラルク!生ハイディ!なんか分からんけど滾るな!滾りまくりだYO!
東京国際フォーラムと言えばFF映画を思い出さないわけにはいきませんが、
やっぱり・・・ライブやってくれる・・・んだよな?ワキワキ。

それと、最近メールを非常に多くの方から頂いております。有難うございます!
可能な限り返信出来るものは返信しますので、どうか気長に待ってやってください・・・へへへ。

 

2005/07/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/9
今週末は本当に忙しいもんで、しばらくサイトに手が付けられません・・・。
いや、ホントにちょっと大変なんだこれが。

というわけで、置き土産に質問回答~。

Q. 「今回の「音楽戦士」は、演奏曲は「AS ONE」ですよ。確かに「ザ・テレビジョン」に書いて
   ありました。でも6/24と7/1の2週連続で出るんですよね。前にTETSU69が「REVERSE」で
   出たときは1週目がトーク、2週目が歌という出方をしましたが、今回6/24に「AS ONE」を演奏
   ということは、2週目はどうなると思いますか?やっぱり1週目が歌で2週目はトークってのが
   濃厚だと思いますが、他のアルバム曲もやってくれるのならテレビで見たいなとも思います。」

→これは・・・回答の時期を外し過ぎてどうにもこうにもな感じになってしまいました・・・
  すみません。しかし今回の【音楽戦士】は良かったですねー。
  演奏もトークも、そして梶原も(笑)。 

Q. 「ラルクメンバーをお弁当の具にたとえてみて下さい!」
→ハイディ…ミートボール/ケンちゃん…鮭/テツさん…卵焼き
  ユキヒロさん…本日のスペシャル

Q. 「(前略)私はスターウォーズまったく興味ないんですが、鈴木さんは見てますか?
   なんだかいろいろシリーズあるみたいで、今更見る気が起こりません。
   ハイドさんが見てるものは一応見てみるのですが、スターウォーズだけは・・・。鈴木さんも、
   ハイドさんが興味あるものに興味ありますか??また影響されたものってありますか??」

→う~ん、基本的に鈴木の好みはゴシックとかホラーとか焼酎等のハイディが好むところとは
  対極にあるモノが多いので、なかなか共通した『興味』を見付けるってのは難しいなぁ(笑)。
  なんだろう・・・ごめんなさい、うわーホンットに思いつかない!

Q. 「ロッキンオンジャパンにテツさんのインタビューが掲載されませんでしたが、
   みなさんがわりと『以前からラルクとロッキンオンジャパンは・・・』と不仲説を語って
   おられるんですが、そういうことって何かありましたっけ?音人の金○さんとテツさんは
   以前ちょっとアレなインタビューになってましたが。どうも覚えがないので鈴木さんなら
   ご存知かと思い質問しました。」

→過去のロキオンで、実際に『我々はラルクに警戒されている』というような事情をロキオン側が
  再三に渡り記事中に述べていたので、それが少々湾曲されて『不仲説』にまで至ったんじゃ
  ないでしょうかね(笑)。鈴木は『警戒』と『不仲』は別物だと思ってます。
  とは言え、まぁ警戒されるにはそれなりの理由があるとは思いますが。 

とりあえずこんなもんで。
しばらく精神修行の旅に出てまいります・・・出たくねぇのに(笑)。

 

2005/07/09 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/5
今週末辺りに【AWAKE】リリース記念企画の投票を打ち切る予定です。

さて、ハイディハイドが 映画のテーマソングを担当 だそうで。デストも更新されてます。
SF映画好きのくせして何故か前3部作を含め、全編通して全く興味が無かった【スターウォーズ・エピソード?】を、このニュースひとつで観に行こうとしてる自分が「健気やなぁ」と思う(笑)。健気というかアホだ。それにしても、ハイディハイドが『大空を超音速で疾走するステルス戦闘機』なんてイメージして曲作ったらえらいモンが出来てそうだね。ハイディハイドは作曲において『スピード』を操るスペシャリストだと思う。

7月も続々テレビ出演情報が解禁されてウハウハです。
前回が前回だっただけに、【うたばん】には是非とも贔屓していただきたい。

では、質問回答ー。

Q. 「あのー、何が何だかわからないのですが、無性に鈴木さんに会いたいのですが、
   大阪には来られますか?」

→あっはっは、なんじゃこりゃ(笑)。大阪行きますよー。結局8月17日・18日の
  【AWAKE】ツアー大阪ライブに参戦して、一応19日までは大阪に滞在予定です。 

Q. 「12日の日記、楽しく読ませていただきました。
   私はラルクと同時にミスチルファンもやってまして、最近気付いたんですが、年齢的に
   ミスチルの方がラルクさんよりも1個下に当たるんですよね。ミスチルのメンバーは去年
   あたりしきりに「年とるのが楽しい」「オヤジになりたい」と言ってた記憶があるんですが、
   一方のラルクさんはどうなんでしょう?青春ソングからがらりと転換したミスチルに対し、
   徐々に年輪を広げてるラルクとの違いがあの貫禄かな?と私は勝手に思ってます。
   その違いが双方の魅力なんですけどね!」

→ミスチルの方が下なんだ!?うっひゃーもうそれこそビックリ(笑)!!
  なんなんだろう、ラルクさんのポジションがもうよく分からないな~。一応年齢非公開だから
  昔から「遅咲きバンド」と言われたことは無いし、実際に別段遅咲きでもないんだろうけど、
  こういうふとした瞬間に他のバンドとの意外なギャップを感じたりすることがあるなぁ。
  ミスチルさんの「オヤジになりたい」発言に対して、すでに「歳っすかね~もうオヤジっすから
  ね~」を連発するラルク・・・そうですね、この違いが双方の魅力なんじゃないでしょうか(笑)。 

Q. 「AWAKEが段々ラルコムで視聴できるようになり、オフィもリニュされ、メンバーからの
   コメントも届きましたが、AWAKEの発売日が近づくにつれ、鈴木サンの嫌な予感が的中
   しそうで怖いです笑。鈴木サンはぶっちゃけツアー終了後のラルクの活動はどうなると
   思いますか??」

→これは【AWAKE】リリース前にいただいてた質問ですね。えらいタイムラグが生じてしまって
  すみません。さて、ツアー終了後のラルクさん予想ということですが、これはもう方々で
  噂なり実際にオフィ発表なりされてる通り、またソロ活動がちょっと盛んになるんじゃ
  ないでしょうかね?鈴木は前にも言った通り、通常はソロ活動で年に一回派手なお祭感覚で
  『ラルクアンシエル』として4人が集結して音を出せばいいんじゃないかしら、とも思ってるん
  ですよね。そうやって集結する度に毎度進化してたらスゲェな~と。
  まぁ、あくまでも『ラルク』が主であって欲しいっちゅーのはありますが。

Q. 「アジアライブで今回東京に行くのですが困ったことに地理が全く理解できません!(死亡)
   どこにドームがあるのかとか電車の乗り方とか…。そこで、初歩的な質問なんですけど
   泊まるにはどこら辺が鈴木さん的にお勧めですか?ドームにも近くて遊べる場所があるぜ!
   みたいな所を希望してるんです。あと、お勧めのホテルがありましたら教えてください!」

→おぉー!是非ともおいでくださいまし!うーん、ドームがどこにあるのか・・・えーと・・・どこって
  言えばいいんだろう(笑)。とにかく東京駅から電車一本で真ーっ直ぐ(本当に線路も直線)
  来れるので、東京にあるライブ会場の中では一番アクセスが楽な会場だと思いますよ、
  東京ドームは。ちなみにご参考までに最寄り駅は『JR総武線』の『水道橋駅』です。
  ホテルとか宿泊施設に関しては、これはですね~多分東京の地元民より同じ遠征組みの方に
  聞いた方がいいと思いますよ。東京への遠征経験が豊富な方?地元民ってホレ、なんせ
  自宅からライブ会場に直行するわけで、会場周辺の宿泊施設とか必要ないんで知識が
  ゼロなんですよ(笑)。「会場に近くて遊べるぜ!」ってところに関しては、
  やっぱり新宿・渋谷あたりでしょうかね?なんせ「全てが『新宿』に集う」と言っても過言では
  ないくらい、東京の交通拠点は『新宿』にあるので、ホテルとかも新宿中心に検討するのが
  一番無難かと思いますよ~。鈴木在住の『中野』にもひと駅ですから(笑)。 

Q. 「今回の『CDでーた』も四者四用のライターさんだったと思うのですが、またしても
   てっちゃんには荒川れいこさんという大物が(98年ごろから雑誌を漁り始めたのでそのころの
   B-PASSの取材はほぼ荒川さんだったのでこのように解釈しています)つきました。わたしは
   荒川さんが東條さんの次にくるくらいリスペクトなんですが、鈴木様はいかがでしょうか?
   そして、またてっちゃんネタで申し訳ないんですが(笑)、今回のインタはどうでした?
   私見では、東條さん時と同じように牽制に牽制を重ねているなぁ…と思いました。
   ご多忙でしょうが、鈴木様の切り口、期待しています!」

→うひゃ~なんちゃってライター考察とかも確かにしてますが!がッ!そんな期待しないで
  ください(笑)。荒川さんもかーなり前からラルクさんと面識があるライターさんですよね。
  大御所というか・・・古株?しかしどうしても鈴木は『荒川れいこ』さんと『かこいゆみこ』
  (同じくラルクさんとは古い縁の音楽ライター)さんが混同してしまう(笑)。
  鈴木はホンット昔からRRNっ子なんですよね・・・申し訳ない。
  さて今回の【CDでーた】のインタビューについてですが、しょっぱな第一声で
  「正直『SMILE』は個人的にイマイチだったので」という発言にはビックリしましたね(笑)。
  多分これは荒川さん級(?)の縁の古い人だから言えた事だと思いますよ。
  しっかし、荒川さんは突っつきますね~。今回この質問をいただいて、過去のB-PASSを
  読み返したりしたんですけど、とにかく荒川さんは質問が多い!本当に多い!
  インタビュアーとしてはまっとうで優秀なのかもしれませんが、もう少し東條さんみたいに
  「おっとっと、つい君ら(バカノリラルクさん)のせいで話が脱線しちまったぜ★
  じゃ、話を戻しましょうか」的なノリがあった方が鈴木は好きだな~。
  東條さんの記事には常に『笑い』があるんですよね。実際ハイディもよく笑ってるし。
  んで、テッちゃんのインタビューに関しては、やっぱり東條さん以上にぶっちゃけられる
  ライターさんは居ないんじゃないかな~って感じですね。何故か東條さんが相手だと、
  1つ聞いたら5~6個答えてくれてるんですよね、テツさん(笑)。RRNが一時休巻した時の
  最終巻で、色々なアーティストが【RRN】に対してコメントを寄せてましたが、そこでも清春他、
  【東條姐さん】宛てにコメントを寄せていたアーティストが多数いたのを見て、
  「やっぱりこの人は信頼関係を築くのが上手いんだなー」と思いました。

あぁ~、ホントに東條さんの弟子になりたいよ・・・(笑)。

 

2005/07/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2005/7/3
ポケメロのCM見ました。
本当にモヒでビックリした!ビックリしたんだけど、思いの外可愛くてこれがまたビックリした(笑)。
松本さん曰く「らっきょう」らしいですが、らっきょうにしちゃーちょっと育ち過ぎですよアレ。
うん、予想してたほど短くなかったんで、これなら寝込まずに済みそうだ。

そして先週は【音楽戦士】&【J-CD】にラルクさんご出演。
いやー【音楽戦士】は面白かったですね~。まさかあのユキヒロさん祭をやってくれるとは(笑)。
多分一番いじり甲斐があって、かつ面白リアクションを返してくれるのはユキヒロさんだよな~。
そしてハイドマニアな鈴木は漏れなく辛味噌を舐めるハイディにK.O.されました・・・。
どうしてあんなに見事に「脇をしめて、食うべし!食うべし!」な姿で食うんだ!龍之介だって出来なかったんだぞ!(このネタ分かる人がいたらスゲェ)

そして【JAPAN COUNT DOWN】。
最近ラルクさん出演っていってもハイディ&ケンちゃんコンビ担当なんですかね、この番組は。
昔四人揃って出てた時の静かさは確かに首を傾げるモノがあったし、何故か2人コンビの方がよく喋る人達ではあるけど・・・まぁ、ハイドマニアはハイディが出てればそれでいっか(笑)。
それにしてもハイドさんが【J-CD】他、随所で発言してるあの「他のメンバーが上手くてオレ困っちゃう」という話、普通どうなの?そんなに同じバンドのメンバーを客観的に誉めたりするもんなの?
この辺りの意識は絶対ソロ活動をやって良かったんだと思いますよね。なぁなぁで一緒に居る感じじゃない、あえて言えば「一緒にやりたいから居る、一緒にやりたくなかったらとっくの昔に『ラルク』は居ないよ」的なシビアな関係を10年以上も保ち続けていられる彼らが鈴木は大好きです。

では、久しぶりに質問回答~。

Q. 「前回のツアーで鬼門だった「lover boy」と「feeling fine」は次のツアーで
   どうすると思いますか?
   ?セットリストに入れて意地になって歌詞を覚えて得意気に歌う。
   ?盛り上がる歌だし~ってことでセットリストに入れるも相変わらず歌詞ぼろぼろ・・・。
   ?もう歌詞を覚えられないと諦めてセットリストから外す。
   以上の三つ、もしくは他にあれば・・・。」

→うーん、AWAKEツアーに関してはこの二曲はまずセットリストには入らないと思いますね~。
  特に【Feeling Fine】。これはハイディが歌えないから、という理由ではなくて(笑)、
  明らかに【AWAKE】のテンションに馴染まない曲ですから。
  アンコールとかではあるかもしれんけど・・・いや~でもやっぱりこれはないな。ちゅーか、
  極端なこと言ったら意図的に【REVELATION】以外の【SMILE】曲は全曲外してきそう。 

Q. 「先日、私のクラスメイトがドラム&ベースに憧れているのを知り、ここぞとばかり
   「ユッキーの千手観音っぷり&てっちゃんの繊細ベースっぷりをみせてラルクにハメて
   やろう!」と思っている私なのですが、何分まだまだファン歴浅いのでラルクの曲を全ては
   知らないのです。そこで鈴木さんに質問です。リズム隊の凄さを改めて認識できる
   CD・アルバム曲&DVD・VTR映像はなんでしょうか?」

→おぉ~それは是非是非ハメてしまいましょう(笑)。
  リズム隊がスゴイDVDか~うわーどれだろう!?【REALIVE】か【7】かなぁ?
  一番のオススメを言ってしまえば、【REAL2000 東京ドーム】の個人チャンネルの
  ユキヒロ&テツを見せるのが一番良いと思うんですけど、アレは中継されただけで
  映像としては発売してないからな~。もしお近くのファンのお友達とかに録画映像を
  持ってるか聞いてみて、見付けたら是非それを。 
  アレのユキヒロさんはマジで腕が6本以上はあると思います(笑)。

Q. 「えー質問というほどではないのですが、discordと言うTFMのラジオ番組の
   6月17日(金)放送回に、ラルク アン シエルのhydeさん&kenちゃんがゲストで出演するん
   ですが、これ鹿野さんの番組なんです。鈴木さんは鹿野さんのことをあまり好きではない
   という事ですが、この番組面白いことになりそうだなと私は思っているんですね。
   鹿野さんと言うどことなく仕事しているだけーな文面をラルクさんに対して書いている
   ライターさんの代表格だとは思ってます。好きなもんと嫌いなもんがはっきりしていると
   言いますか。ラルク愛汁が溢れているライターさんもいいのですが、私は少々アンチ感のある
   ライターさんのインタビューや批評も楽しみで。まるで俺達はこんなもの認めないと、いやいや
   しながらしぶしぶ書いていると思うと私は勝ち誇った気になるんですよね。お門違いにも。
   それこそラルクを勝ち組とロキオンに言わさせたことでも言えるように、ラルクさんの実力の
   証だと思うからです。hydeさん&kenちゃんが出演する事体に価値はあるんですけど、特に
   鹿野さんということで、この番組は中々面白いことになりそうだと鈴木さんは思いませんか?
   付け足しで、ご存知かも知れませんが、鹿野さんはロキオンを退社して、自ら【FACT】と
   言う会社を興して勢力的に活動なさっているそうです。HPのBlogを読んでいると、
   鹿野さんの人柄がわかって面白いですよ。」

→いや~参ったな(笑)。本当は言うつもりは無かったんですけど、こういう質問をいただいて
  しまったのでこれは書かねばなるまい、な状況になってしまいました。 
  実は、この方もおっしゃってる先日ハイディ&ケンちゃんが出演したラジオ【discord】の
  パーソナリティーであり、数々の媒体に記事を掲載している音楽ライターの鹿野淳さんから
  メールをいただきまして。【RS】を閲覧してくださったようで、有難いことに「面白いですね」という
  感想をいただいたんですが、そんな直後にこういう質問を掲載することになろうとは(笑)。
  さてさて、では質問回答の方です。とは言っても、こちらは質問ではないので回答にはなり
  ませんが、鈴木は鹿野さんがアンチ感のあるライターさんだとは思ってませんよ~。
  これは以前HYDEがソロで ロキオンジャパンフェスに出演した時期、日記かコラムのどこか
  でも言いましたが、あのブッキングをしたのは鹿野さんで、かなり以前からHYDEに出演依頼
  の打診をしていたっていうエピソードを聞いて、「鹿野さんは本当にhydeを信頼できる
  アーティストだと思ってるんだな~」と。率直にそう思いました。実際にロキオンにHYDEとして
  ソロ出演した時の記事なんか読んでると本当にそう思いますよ。なら何故に鈴木が
  「鹿野さんの記事が好きじゃねぇ~」と言っていたかといえば、これは有難いことに
  機会に恵まれたので鹿野さんご本人にもお伝えしたんですが、要は・・・
  「『ラルク』ならびに『HYDE』というアーティストは、鹿野さんのインタビューペースについてこれる
  タイプのアーティストじゃないんで、その辺を汲んだインタビューをしてもらえませんかね?」
  ということです(笑)。鈴木は別にラルクを「誉めてほしい、愛でてほしい」と思ってるわけでは
  なくて、「アーティストに合ったペースでインタビューしてくれ~!でないとスローなラルクさん
  の言葉なんぞキレキレな鹿野さんのインタビューに埋もれてしまうんだよ~!」と、
  言いたいわけです。つか、実際鹿野さんにもそう言いました(笑)。読者が読みたいのは
  インタビュアーの見解ではなく、あくまでも出演アーティストの言葉なのだから、と。
  まぁ、鹿野さんに対してはそんな感じですが、雑誌【ロキオン】に対してはやっぱり昔から
  アンチ感を感じてはいたので、実際にかつて編集長の職にも就いていたライター・山崎氏が
  【ark】【ray】リリース時期にインタビューのオファーをして、実際にインタビューも行われたにも
  関わらず記事の掲載が実現しなかった事について、「それまで彼らを評価してこなかった
 我々は警戒されたのだろう」と語っていた件と、最新号でテツさんの記 事だけが掲載に
  至らなかった件等々を含め、まぁ良好な関係を築くのは難しいだろうなぁ、と思いますね。
  そんな関係でありながらラルクさんを『勝利者』と称したのには鈴木も同様に勝ち誇った
  気分になりますよ(笑)。やっぱりファンとしては「ザマァみさらせ!」と。

Q. 「日記で紹介されてたヤフーの紹介文のモトはListen JAPAN (http://www.listen.co.jp/
   だとおもいます。こちらはライターさんの名前がでてるのでそれで辿っていくとまた
   おもしろいです(笑」

→これ、時間が無くてまだ見てないんですけど面白そうですね~(笑)。
  是非とも時間がある時にじっくりまわってみたいと思います。情報ありがとうございまっす! 

Q. 「最近、わたしはハイディの「鼻」に違和感を感じているんですが、
   鈴木さんはそんなことはないですか?いやに「鼻」が気になって仕方がありません…。」

→昔は違和感を感じたことがありました。なんせ、最初は外人サンかハーフだと信じて
  疑わなかったので。でもそれにしては鼻だけがどうしても外人サンっぽくないよな~と。
  それが今ではあの鼻だからこそ絶妙なバランスであると思わずにはいられません(笑)。
  もし鼻がケンちゃんやテッつぁん並に筋の通った鼻してたら、
  多分なんかもう直視出来ないと思う。 

少しずつ夏が近付いてきてますね~♪

 

2005/07/03 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。