脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2004/12/30
またまた緊急事態です・・・。

PC初期化は無事完了したのですが、バックアップした(つもりの)データの9割がすでにウイルスに冒された破損データだったようで、二度とPCの方に戻せない状態になってしました。えぇもうPC初期化と同時にほぼ全てのデータを損失です。今のところ【RS】関連で一番の損失は500000ヒット記念のアンケート結果のデータでしょうか。というわけで、

新年早々、もう一回アンケートを実施します。

以前回答くださった皆様、本当に申し訳ありません。
またご参加いただければ幸いです。

そしてブックマークしてたサイト様のデータも全て消えてしまったので、またイチからお気に入りサイト様を探索しなくては・・・死ぬ。もうこの際、今後はお気に入りサイト様のURLは全て紙に印刷して保存しておこうと思いました。アナログが一番確実だなんて、なんかものすごく皮肉だ。

んでもって、溜まりに溜まってしまっていた質問も、全て損失してしまいました。というか、メール・フォーム系のデータは全滅です。ついでにアドレス帳も。もうPCは正常に起動してますので、ご自分が以前に送った質問内容を覚えてる方はもう一度送ってくださると有難いです。あぁもうホントにごめんなさいすみません申し訳ない許してくれとは言わないがそんなに俺が悪いのかララバイララバイ・・・・・・・・取り乱しました。

なんだかなぁ、いや、かなり高い確率でこうなる気はしてたんですよ・・・。
あぁウイルスが憎い。いや、むしろ自分が憎い。

鈴木、年末年始はしばし放心状態に陥るかと思います(凹)。

 

スポンサーサイト
2004/12/30 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/29
新曲O.A.は見事に聴き逃しました。

昨日は前の職場(眼科)の人達との忘年会で、久しぶりに大酒かっ食らってきました。まずは飲み屋でオイル満タンにしてから二次会のカラオケへ。当たり前の如く周りの皆さんが『女性らしい曲』を歌うので、鈴木も数少ない女の子曲を歌っていたんですが、場所を変えての三次会から様相が一変。突如室内に響く「ラルク!ラルク!」のコール。

何故か周りがラルクを歌わせたがるんだ!

いや、嬉しいけど、なんていうかこういう普通のメンツの前でラルクを歌ったことが無い鈴木には、十分動揺を誘う事態だったわけで。しかもリクエストが「なんでキミらそんな曲知ってんのよ?」っていうような濃い曲ばっかなんですよ・・・。
そんなわけで、あの『イッちゃってる』事で有名なPVが流れる中、熱唱しましたよ。

よりにもよって【虹】を。

でもまぁハイディのモノマネとかしてたら異様に盛り上がったので良かったです。過去日記の通り、鈴木の『ラルク狂』っぷりが知れ渡ってた職場でしたが、「♪何も見たくないよ~ 何も!何も!何もぉぉ!」の所とか、一緒に大合唱してたあたり、周りも「なんだよ、お前ら十分知ってんじゃねぇかよ!」みたいな職場だったようです。辞めなきゃ良かったな。メンツの中には結構お水とかの経験を経てる人も数人いて、ああいう場の盛り上げ方がもうプロなんですよホントに(笑)。
【虹】があんなに『盛り上がる曲』だという事を初めて知りました。

そんな感じで朝まで飲んだ暮れ歌いまくり、最後は皆で【flower】で締め。
もちろん「♪ラぁ~イク フラワぁ~!」は全員で大絶叫ですよ。
いやー、飲めや歌えやの非常に楽しい忘年会でした。

さて、明日いよいよPC初期化する予定です。
直したらバリバリ更新しますよ~。質問も溜まりに溜まってます。

 

2004/12/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/27
昨日の日記で語りきれなかった【天嘉?】について、もうちょっと詳しく書いておこうと思います。
さすがに全部は無理なので、とりあえずラルクさんメンバーのソロだけ。
セットリストとか出演順とかは コチラ のオフィ参照。

まずはSOAPさん。
正直【high】【Moving on】の連続スタートはキツかった・・・。
なんたって鈴木、【high】は知らねーわ【Moving on】は好きじゃねーわで、しょっぱなからノリたくてもノれない状況に陥りましたよ(笑)。まぁ【high】はライブでもうすでに3~4回は聴いてるんで、粗方覚えてきたんでまだ良かったんですが、いかんせん【Moving on】が・・・。曲はさて置き、アインのボーカルがどうにも好きになれないらしい。いや、アインは好きなんですよ。で、ようやく【Paradise】の「♪セイ!イェー!」でノッてきたかな~っていう感じでした。
んで、後半はずっとアンプラグドなアレンジだったんですけど、オフィのセットリストには載ってないけど、一瞬【PRIVATE RELIGION】のイントロ演奏してましたよね!?ホントにイントロだけやって、すぐ「次!次、行こ!」とか言って【GRACE】を演っちゃいましたけど。もう鈴木はいつかの日記でも言いましたけど、この【PRIVATE RELIGION】がえらい好きで。なんでSOAPさんはいーっつもライブでこの曲を演らないのかね?確かケンちゃん曰く「あの曲疲れるからイヤ」らしいですけど、んなこと言ったって鈴木は好きなんだよ!大好きなんだYO!チクショー。そしてあろうことか【gimme A guitar】も演らなかった!!
鈴木の中で、SOAPさんの好き曲ワンツーフィニッシュを決めてるこの2曲がどちらも演奏されなかった落胆は、かなりデカイ。【PRIVATE RELIGION】はイントロが聴けただけでも奇跡だけど(普段ホントやんねーんだもんな)、まさか【gimme A guitar】がセットリストから外されるとは思わなかった・・・。

お次はゴッド率いるacid androidさん。
この日、鈴木は例の超高性能双眼鏡(野鳥観察用)を持参してたので、ホントにかなり細部まで見えてたんですが、ユキヒロさんが登場した瞬間、2階スタンドの中で多分誰よりも真っ先に「スーツだよ!?ネクタイまでしてるよ!?」と叫んでいたと思う。もう袖から姿を現した瞬間、気付いたら叫んでた。ハイディにだってそんなに素早い反応しねぇよ、ってくらいの反応でした。ユキヒロマジック恐るべし(笑)。
そして何より特筆すべきは3曲目の【untitled】でしょう。
acidの曲は本当に『タイトルなし』っていう意味なのか、それとも『untitled』こそがタイトル名なのか、判断がつかないんですけどその辺どうなんでしょうか(笑)。で、この曲こそがラルクさんの【REVELATION】の原型でした。もうほとんどそのまんまでしたね。若干アレンジが違ったのかな?じゃあ何がアシッドなのかって、そりゃ歌メロと歌詞だ。ユキヒロさんバージョンの歌メロは、本人が雑誌とかで「ハイド君のメロディのつけ方が僕と全然違っててビックリした」みたいなこと言ってましたけど、本当に違う!全ッ然違う!鈴木も以前【MUSICtext】内の『起動音はスマイル合図』のレビューで言いましたが、同じ曲なのに人が違うだけでこうも違う歌メロが出来上がるモンなのか!?と驚愕です。でもそのユキヒロさん考案の歌メロを聴いて、改めて思いました。

やっぱりハイディの音楽センスは変!だ。

ユキヒロさんバージョンの歌メロの方が、流れ的にはよっぽど自然だったと思う。
「そうだよねそうだよね、普通そこはあんな風にいきなり上がったりしないよね」みたいな、ユキヒロさんver.の方こそ初聴きのメロディなのに、全く違和感がなくて妙に納得しながら聴いてしまった(笑)。聴きやすいのはユキヒロさんver.の方だけど、印象的なのはハイディver.の方だな。そんな感じ。
そして相変わらずパフォーマンスがゴッドでした。むしろ進化してました。
ライブハウスで観た時よりも数段激しくなってたよ・・・。

最後はTETSU69さん。
んもーすごいネ!キラキラしてた(笑)!アイドル★キングだあの人は。
なんだろうな~、あのーテッちゃんファンの気持ちがすごく分かった。
テッちゃんファンていうか、テツの事を「カワイイー!」って言う人の気持ちがすごく分かった(笑)。あの人はスゴイよ。憎たらしいくらい可愛いと思う。あぁ・・・これ言うとすごいテツファンの人を敵に回しそうなんだけど、怒らないで下さいね、決して悪意があるわけじゃないんですよ。ただ・・・

あの可愛さは120%計算だ!!

と、思うんだよ(笑)。
いやホントに、「思う」じゃなくて「絶対」だ。確信犯だ。
アタマがよろしくないハイディには真似出来ない芸当だぞ。
いや、あの、お願いだからウイルスは送ってこないで下さいね。

・・・あ、そういやもう感染してるんだった!マイッタナ!

まぁそんなわけで、最後にP'UNK~EN~CIELとしてハイディも出て来たわけですが、んまー改めて見ると見事にカラーの違う4人だなオイ!acidとTETSU69の流れを実際体感すると、アレのどこをどうしたら『同じバンドやってる人』と認識できましょう?みたいな。正反対のステージでしたよ。
一昨日の天嘉におけるラルクさんのメンバーカラーはこれだ。

 ・ やんちゃなヤングマン
 ・ 不機嫌ゴッド
 ・ キラキラアイドル
 ・ ニワトリくさいUMA

どれが誰でSHOW?
ちょっとした出来心で、上記のキャラを絵にしてみた。



こんなのラルクじゃないッ!!

ごめんなさいホントにごめんなさい石投げないで。
鈴木は誓って善良なラルクファンです。そしてハイドファンです。

 

2004/12/27 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/26
気付けばお久しぶりの日記更新。
一昨日、昨日とラルクラルクな生活をしてました鈴木です。

まずは一昨日、クリスマスイブの24日。
前回の日記で『Mステ、まさかの全滅』と言ってた鈴木ですが、世の中には神様のような方がいるもので、「余りハガキが一枚ありますのでよろしければ・・・」と奇跡の言葉をかけていただきまして、行って参りました埼玉SPアリーナ!ミラクル大逆転です。そして約半年ぶりに生で見たハイディ・・・もとい、ラルクさん。テレビをご覧になった方は分かるかと思いますが、オープニングで出てきた時と演奏で再登場した時のハイディの変化ぶりに、出てきてもしばらくアレがラルクだと気付きませんでした(笑)。

ていうかもう・・・ハイディの髪型が・・・神だよ・・・

アレがラルクだと認識した瞬間、私達壊れてしまいましたね。
隣のオレンジレンジファンに軽く引かれるくらいのリアクションをしてしまいました。
いやだってホラもうハイディが・・・あの髪型が・・・(以下エンドレス)。人様からいただいたチケットでしたが座席も悪くなく、久しぶりの生ハイディもとい、生ラルクを堪能しました。
一曲だけの演奏だったんであっという間でしたけど、やっぱり生はイイよな~。

そして、その興奮冷めやらぬ昨日、メリークリスマスな25日。
一年の締めくくりとも言うべき、天嘉?参戦。
前日のハイディがまさかの髪型だったおかげで、この日の鈴木達は余計に興奮しちゃってて(笑)。あの髪型+前髪(がある方が鈴木は好き)+眼帯という『黄金のスリーアイテム』を装備したハイディだったら、「見た瞬間マジもう心臓止まると思う、メデューサだよ、ゴーゴンだよ」とか言ってたわけですが。

やっぱり軽くメデューサでした。ゴーゴンでした。

昨日も前髪は上げてたんですけど、前髪の代わりにとんでもない黄金アイテムが入ってた
おかげで、もうホントにアレでしたよ、興奮し過ぎて心臓が痛かったんだよ(笑)。
その昨日の『黄金のスリーアイテム』はこれ。

あの髪型+眼帯+もんのすごいアイメイク

メイクがね!完璧だったんだよね!
P'UNKん時は眼帯だから片目しか見えてないわけだが、もう片目だけで分かるくらい
ムンムンムラムラな目をしてました。まさしくメデューサですよ。ゴーゴn(以下略)。
で、【milky way】と【Round and Round 2005】の2曲を演奏したんですけど、やっぱりP'UNKのハイディは可愛いな~。あの髪型で「オイオイ大丈夫か?」って勢いでヘドバンしてるのがたまりません。
しかも昨日の髪型は一昨日のあれプラス、ちょっと毛先をワッフルっぽいのかけてフワフワさせてましたね。兎にも角にも可愛い。

で、P'UNKによるトークなんてのもありまして。
あのね~昨日はユキヒロ様がacidの時からすでにそうだったんですが、

大層、炸裂なさってまして。

P'UNKの一曲目の【milky way】でベースの調子がすこぶる悪かったらしく、演奏直後にベースを地面に叩き付けて、一回ステージ袖にはけてしまうハプニングなんぞがありました。その予想外のユキヒロ様のご様子に、素でオロオロしてたフロントマン・テツP'UNKが面白かった(笑)。しきりに後ろのケンちゃんに助けを求めてましたね。ハイディはユキヒロさんから一番遠くのポジションなので、気付いてなかったんだか単なる無関心なんだか・・・っていう感じでしたか。P'UNKのハイディは『俺フロントじゃねぇもん』的な態度がアリアリと出てて、ある意味見てて面白いほどの淡白さです(笑)。で、数分後ようよう出てきてすぐのトークでユキヒロ様が「今日は正直僕は・・・機嫌が悪いでぇ~す」みたいな事をおっしゃりまして、もう「ひぃぃぃ~!!」みたいなね。スタッフが悪い、みたいな事を言って、「だから今日はちょっと・・・反抗的に・・・なっちゃおうかな~」ともおっしゃってまして、もう「ひぃぃぃぃぃ~かかか勘弁してくださいぃぃぃ~!!」みたいなね(笑)!あの方を『ゴッド』と呼ばずして、ナニを神と呼ぶ!みたいなオーラでした。

その次がケンちゃんのトークで、どんなこと喋ってったっけ?
あ、占いの話してましたね。ケンちゃんは動物占いが『コアラ』だそうですよ。で、天使占いとかいうのもやったらしいんですけど、ケンちゃん自分の結果を忘れてるくせに「ハイドが確かミカエルだったよね」というのは覚えてたようです。ハイド=ミカエルの話に、客席からは例に漏れず歓声が上がってました。出来杉クン。

んで、最後がハイディのトークでしたが、やっぱ覚えてないな(笑)。
なんか「オレも幸せ、みんなも幸せ」とか言った後に、「この幸せを機嫌の悪いユッキーにも分けてあげたいと思います」みたいな事を言って、ユキヒロ様が深々とお辞儀してたのが印象的でした。
「ゴッドがあんなに腰を深く折っていらっしゃる!!」みたいな。
やっぱりハイディは神すらも超越してると思いました。(←病気です)

そしてテツのトークと共に、最後にお楽しみの青木P'UNK登場!
可愛い衣装着てましたよ~。赤と白の水玉のフレアのドレスみたいの。上手く説明出来ないけど。そして登場して観客の視線が集中する中、観客に向かってお約束の「どぉこ見てんのよぉぉぉ!!」が出ました(笑)。心配してたブーイングとかもなく(あったとしても聞こえない程度)、いい感じに盛り上がってたと思います。

で、テツと青木さやかが2人で仲良く(←ウソ)トークしてる最中に、あのバカ(=ハイディ)が何度もカメラにどアップで変顔を晒してフザケまくったおかげで、その度にトークの流れに関係なく客席から歓声が上がっちゃって、テツと青木さやかがちょっと「ん?」って感じになってたのが面白かった(笑)。ステージにいる2人には、スクリーンに映し出される変顔のハイディどアップは見えないですからねぇ・・・。それにしても、あの変顔はオイシイよ!面白かったよ!キモ可愛かったよ!!最初は気の抜けた腑抜けた顔なだけだったんですけど、何度も繰り返して歓声が上がるたびにあのバカ(=ハイディ)が悪ノリしだして、最後は白目剥いてましたからね(笑)!白目萌えの極地ですよ。おかげでテツ&青木のトークは見事に潰されていたという話。

肝心の青木P'UNKフィーチャリングの【Round and Round 2005】ですが、

正直、あんまり音の記憶がナイ・・・。

ところどころ「あーなんか青木が喋ってるな~」とか、「あーなんか青木が踊ってるな~」とか、
「あーなんかハイディに無視されてビビッてんな~」とかは思いましたが、すでに鈴木の頭と視界の8割方はハイディに向いてしまっていたので、気の利いた感想が出て来ない(笑)。
まぁ【milky~】よりも比較的原曲に忠実だなー、くらいですかね。
あとやっぱりあのアレンジはかなり鈴木の好みでした。

んで、P'UNKはこの2曲で終了。
その後は予想通り、お待ちかねのラルクさんによる新曲披露。

ラルクで再登場したハイディはもちろん眼帯をしてないわけで、あのメデューサですゴーゴンですのアイメイクが両目バッチリ見えるわけで、やっぱり鈴木の心臓が止まりかけました。

さて、新曲の感想ですが。

やっぱり、あんまり音の記憶がナイ・・・。

ただ『ダークではない』というのは確かなようでした。
むしろ明るいよ。【自由への招待】に近いところがあるくらいだよ。
サビのキーがまた高かった気がするあたり、【自由への招待】を髣髴させますね。まぁ実際にちゃんとした音源を聴いてみないとなんとも言えないですけど、鈴木的【Killing Me】の感想は、

「これじゃないな」

でした。まだ足りない。全然足りない。
とりあえず、明日のラジオの初O.A.はチェックしておこう。

あ、そうそう、天嘉の最後の「以上をもちまして本日の公演は終了致しました」云々みたいなアナウンスを青木さやかが言ってまして(声がキレイだよねあの人)、それを淀みなく言いながら最後にまた青木さやかだけがステージに出てきたんですけど(あれはちょっとスゴイと思った)、その時に客席から「青木!青木!」っていう青木コールが起こってたのがなんかちょっと嬉しかったです。なんで鈴木が嬉しいんだろうな(笑)。青木さやかがそれに喜んで、最後に「最高~!!」みたいな事を叫びながらステージに沈んで(リフト)いったのが印象的でした。もう鈴木の青木さやか好感度がさらに倍増しましたよ。

そんな感じの2日間、色々な方とお会い出来たり出来なかったりで目まぐるしいラルクdaysを過ごしておりました。おかげ様で見事に大事な年末風邪っぴきです。年内にパソコン修復が出来るのか心配です(笑)。

 

2004/12/26 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/22
なにも・・・こんなPC非常事態中に【WEBカメラ】とかいかにもオイシそうなモンを開通しなくても
いいじゃないか・・・そんなに鈴木に覗き見されたくないか・・・?鈴木がキチ○イサンだからか?
そうなのか?

つーかどうでもいいけど、見てぇよハイディ。

そしてMステ、まさかの全滅。

ここで何通出したか言うのもバカらしいくらい出してたのに、全滅とかいってホント有り得ない。知り合いのアユ枠で応募してた男や、ジャニーズ枠で応募した山下君ファンの名古屋女も全滅だったらしい。本当に知り合いの応募数を合計したら100通は出してるよな、ってくらい皆応募してたのに、文字通り全滅しました。埼玉SPアリーナでしょ!?席数だって例年のNKホールに比べたら格段に増えてるハズなのに、この外れようは何?そんなに去年たった一通の応募で当たった鈴木はミラクルだったのか?

なんかこれだけツイてない時は何をやっても確実に失敗しそうなので、PCを早く初期化しようにもなかなか踏ん切りがつかない。天嘉でテンション上がったらPC直します・・・。天嘉でお会いする予定の皆様、どうか鈴木のテンションと運気を上げてやってください(笑)。特に「いま最高にノリにノッてるぜ!」って方、一度握手させてください。ていうか、運を吸い取らせてください。(怖ッ)

そしてハガレンのイベントね・・・最初のあの出演アーティストのメンツのショボさを見て、多分誰かしら大物が一組シークレットで出てくる予感はしてたけど、7割方ポルノグラフィティだと信じて疑いませんでしたよ。それかアジカンか。まさかそんな・・・ラルクなどという大穴がオタコンに続いてこっちにまで出てくるとは露ほどにも思ってませんでしたよ。これで代々木の時に期待して行って、東京公演はポルノとかだったらラルクファンはマジで凹むね(笑)。ちなみに鈴木はハガレンを見たこともない人なので、さすがにこのイベントは行かないと思います。その他のアーティストも特に興味無いし。これが冨樫漫画とかだったらまた話は別なんだけどな。ヲタクはヲタクで間違いないんだが、鈴木のヲタクぶりはものすごく独断と偏見に満ちた『狭く深く』なタイプなので、どうにもハガレンには食指が動かない。

そうそう、ちょっと前に爆笑問題司会の深夜番組で『中野』(鈴木の居住区)の特集をやってまして、それがすんごく面白かった。中野は自他共に認めるいわゆる『オタクの街』でして、実際に来た事ある人は否応無くその事実を目の当たりにしたと思うんですが、しかし中野のオタクは単なるオタクではないらしい。いわゆる「貧乳美少女萌え~」とか言ってるようなタイプを『アキバ系』と呼ぶなら、中野のオタクは『中野系』と称すべきらしい。アキバ系とは一線を画すそうだ。中野や、その隣街の高円寺とかってのは、昔から売れない作家とかミュージシャンとか三流芸人とかが何故か集う街で、もちろん最先端のオシャレ街ではないし、かといって人情溢れる下町というわけでもない。ある種『退廃的』とも言える独特な街なのである。そしてそんな街の表層に数年前から顔を出し始めた人種が『中野系』と称されるオタクなのだが、このオタク達はその番組に出てた解説者が言うに「サブカル(※1)的なプライドを持ったオタク」らしい。アキバ系のオタクは、常に新しい最先端電化製品が並んでいる秋葉原という街が象徴するように、傾向として新しいモノ好きなのだそうだ。いわゆる『萌えキャラ』を語らせてみても、そこに出てくる名前は最近のキャラばかりだとか。しかし中野系はそうではないらしい。中野系オタクの基本スピリッツは「本当に良いモノは古くなっても良い」というものらしく、フィギアショップとかでも最前に並んでたりするのは昔のアニメ(鉄人28号とか)キャラだったりする。そして客層もなんかオシャレなのが中野系の特徴だそうだ。それは多分隣街の高円寺(古着屋のメッカ)あたりの影響もあると思うが、最新のファッションというわけじゃないが、やっぱりアキバ系の「もうちょっと己のファッションくらい気に掛けろよ・・・」的なそれとは全く異なるとか。確かに中野は服飾関係の学校も多いせいか、『流行』とはちょっと違う『個性的』なオシャレさんが多いと思う。

うん、話が逸れまくったが、何が言いたかったのかというと、最新のアニメとか漫画とかには疎いくせに、ルパンと大友作品と冨樫作品を心から愛し、【サザエさん】文庫本全45巻とか【ナウシカ】原作本全7巻とかを持ってる鈴木は、

多分、典型的中野系オタクだな。

という事。本当にメジャーな流行には興味を持たない、あくまでもサブカルを愛するちょっと
退廃的なヲタクだと思う。

例の深夜番組では『中野系』オタクを褒め称えるような内容だったけど、言ってしまえば中野系
オタクってのは偏屈で頑固なんだと思う。アキバ系は素直で柔軟なんだよきっと。その差だ。

以上、本日のヲタク談義でした。

(※1) サブカル : 「sub culture」の略。「副次文化」の意。
           流行に乗っ取った象徴的な文化とは相反する、
           裏の文化って言うんですかね?とにかく流行に
           左右されない独自の文化、みたいなの。

 

2004/12/22 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/20
大変な事が起こってしまいました。緊急事態です。
昨日、日記をUPした後からあれよあれよという間にパソコンがイカレ始め(いや、思えば数週間前からなんかオカシかった)、夜通しカスタマーセンターのお兄さんと電話しながら色々と復旧を試みた
結果、一時的になんとか使えるまでには持ち直しましたが(最初は起動すらしなかった)、
またイカレるのも時間の問題だという結論に至りました。ていうか、


ウイルス感染しました。


幸いにもこのページを見てる人にまで感染する、とかそういうのではないらしいんですが、前回のウイルスもタチが悪かったが(ウイルス感染堂々3回目)、今回のはもっとタチ悪い気がする!タチ悪いウイルスによくある、ファイルを勝手にリネーム(名前を付け変える)しやがるヤツなんですが・・・最初は主要システム(いわゆるCドライブ内のあらゆるファイル)をほぼ全滅させられてたんですよ。
【RS】のデータは別のハードに入ってるので、サイトのデータに関しては問題ないんですが、肝心のサイトや画像を作るアプリケーションが全てイカレてるのでどうにもならない。
タグを全部手打ちでやるか?・・・いや、無理無理。あぁもうホントメンドくさいな!!

そんなわけで多分しばらくはPC復旧に勤しみますので、いつも以上にサイトを放置するやもしれません。それに伴いまして、何の告知もなしに突然ですが500000ヒット記念企画のアンケートも打ち切りました。すみません。PCを初期化するにあたって、日々新しいメールなりフォームなりを受信していると、いつまで経ってもバックアップが終わらなくて初期化できないのですよ。同様に【質問】も、折角送って頂いてもバックアップし漏れてしまって「え?ありましたっけ?」という事態に陥りかねませんので、しばらくはストップしていただけると有り難い。

ただ、鈴木自身がネット落ちするわけじゃないので(他にもPCはある)、ゲスブの閲覧や日記の更新くらいはそっちのPCからやりたいと思ってます。もし何かありましたらゲスブの方にご連絡ください。ただなぁ~・・・そのPCってのが、リビングという名の家族勢ぞろいの部屋にあるってのが非常にネックだ。あの部屋、禁煙だしなぁ・・・。

 

2004/12/20 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/19
おかげ様でチケが売れたようです。

昨日は久しぶり(ん?そうでもないか)に松本さんとカラオケ行って来ました。タイトルしりとりで歌ってきたんですが、案外イケるもんですよ。相当ネタ曲てんこ盛りでしたが。まさかこの時代に
【時の扉】(WANDS)や【ナウロマンティック】(KOJI1200)を歌う日が来ようとは・・・
正気に戻ると有り得なく恥ずかしい。

ちょっと遅れ気味な話題ですが、先週の【音楽戦士】。
あのー【ROUND AND ROUND 2005】ですか?

サウンドがめちゃツボっぽいんですよ。

思わず「P'UNKでアルバム一枚作ってくれ!」とか思っちゃうくらいヤバイ。
あれでもうちょっとテツさんの声に厚みが出れば言う事ナシ。
D'ARKの時は「てっつぁんもなかなかクレイジーな声してんな~」と思ったけど、P'UNKはD'ARKよりも丁寧に歌おうとしてるせいか、なんていうかクレイジーさが足りない気がする。
そんなキレイな声出さなくていいから!みたいな。もっとクレイジーに行こうぜてっつぁん。

そして【音楽戦士】を見る度に、鈴木的青木さやかの高感度がグングン上がっている(笑)。
「トイレ行゛って来゛まぁぁすッ!」って言ってケンちゃんに「黙って行ってよ」とか言われちゃうあたり、いいキャラしてるよな~。ハイドさんも早くキャラを掴んであげてください。ハイディは勝手にキレられて(トロいから)、勝手にジェラシー燃やされて(セクシー対決)、勝手に可愛がられてれば(永遠の不思議小動物)いいと思うよ。

さて、質問回答。
今日の質問は早急に対応すべく内容だったので、順番通りではないです。
皆さんも是非とも一読ください。

Q. 「質問で無くてとても申し訳ないのですが、ジャンヌダルクのLove is Hereに関する
   クエスチョンを日記で最近回答されてますよね。質問された方のメッセージがどうしても、
   ジャンヌがラルクをパクっている、というように取れてしまうのです。
   確かにとても似ていますし、実際パクっているのかも知れませんが、鈴木さんが日記で
   とりあげることによって先入観?のようなものを持ってしまうかもしれないんです。
   鈴木さんはとても影響力のある方です。
   「ああ、これがラルクをパクったCDか」そうやって人の耳に入ってしまうと、
   正直腑に落ちませんし、ジャンヌ叩きも起こりうると思います。実際にラルクファンの
   ジャンヌ叩きが一部で起こっています。別にパクりを見逃せ!とかいう訳でも無いですし、
   ジャンヌがパクりなんて!という訳でもありません。
   ただ、鈴木さんが日記で言われたことによって何かがあって欲しくないのです。」

→正直、鈴木は今の【RS】や自分の発言による影響力というのをあまり把握してない(出来ない)
  ところがあります。なので、こういう第三者的なご意見というのは本当に有り難いものでして、
  やっぱり傍目から見て「これはマズイだろ」というようなご指摘は真摯に受け止めたいと
  思います。ジャンヌの類似ネタに関しては、鈴木含め恐らく質問を送って下さった方も、
  悪意あってのものではないと思いますので(同時に「でも良い曲です」ともおっしゃってますし)、
  今から削除する、という事はしない方向で考えていますが、今後同様の質問があった場合には
  掲載に関しては慎重に検討したいと思います。

  上記のご意見を送ってくださいました方(匿名希望)、恐らくこういう類のご意見を送るのは
  それなりに勇気の要った事だったかと思いますが、鈴木にとって【RS】について把握し直す
  良い機会になりました事、心から感謝いたします。本当に有難うございました!

他の質問はまた後日。(最近また溜まってきてしまった・・・)
500000HITの有り難味と共に、重みを感じる今日この頃です。

 

2004/12/19 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/17
とあるライブイベントのチケットが一枚余ってます。
是非ともコンテンツの【チケット譲渡】をポチっとな。

それと、あれま。新曲のリリース日が変更になったそうで。
前回の日記で鈴木も「SMAPが~」って言いましたが、別にこのリリース前倒しはSMAPを避けるのが理由じゃないでしょう。キューン側は「生産上の都合」って言ってるそうですが、まぁその通りなんじゃないですかね。あの3年7ヶ月ぶりのリリースで「復活作!」と叫ばれていたアルバム【SMILE】を、思いっきり宇多田ヒカルのベストアルバムとカブってリリースした人達が、たかだか半年ぶりのシングル一枚にそんなに慎重になるわけがないじゃないか・・・と、思うんだけど。

それと、ちょっと堅苦しい話。

【RS】へのリンクについて、【LINK】のページでサイトジャンルの表記は『適当で結構です』と言ってる手前、あまり強くは言えないのですが、それでも音楽・アーティスト・曲の『批評サイト』という書き方だけはして欲しくないな、というのがありまして。【RS】は左にあるタイトルの下に『CONSIDERATION WEB SITE』とあるように、『CONSIDERATION』=『考察』サイトとしてやってます。
【ABOUT】のページにも『特定のアーティスト・音楽業界について考察し、書き上げたあらゆる音楽ネタテキスト』と表記してますが、音楽を批評するのが目的ではなくて、音楽や業界について考える事・考えてもらう事が目的なので。どうにも『批評』という言葉には自分的に抵抗があるんですよね、
なんか『批評』=『良し悪しを判断する』みたいな感じがしてしまう。

“文字”の威力をナメちゃいけない。

では、質問回答~。

Q. 「日記にジャンヌネタがあったのでおもわず・・・ジャンヌの「月光花」聞いたことありますか?
   歌詞に「風は奏でて 想いあふれる」ってあるんですよvvちょっと似すぎですよね;;
   私もジャンヌファンの友達と大爆笑でした★でもいい曲なので是非是非聞いてみて下さい♪」

→・・・いいのか、そこまで似てて(笑)。
  でも似てれば似てるほど、ヤスの想いが伝わってくる気がします(笑)。
  ん?ジャンヌの作詞ってヤスがやってるのか?

Q. 「質問ではないのですが、ジャンヌダルクの「Love is here」について、私もずっと思ってました☆
   特に一番頭の、本メロディーに入る前の数フレーズ(ってわかります??)の構成が
   ほんと似てて。ぜひぜひ聴いてみてほしいです。」

→・・・そんなに似てるのか。こりゃ聴いてみねば。

Q. 「質問でもなんでもないんですが、鈴木さんがラルクのシークレットサインを遠回しに
   こきおろしているという夢を見ました。なんでこんな夢を見てしまったんでしょうか…」

→なんでそんな夢を見たのか、こっちが訊きたいですよ(笑)!
  ちなみに【Secret Signs】は大好きですよ~。ギターが好き。

Q. 「hydeist Times見ましたか?なんかマネキンにキスしてるはいどがとってもかわいいですよね。
   あと、最後のムービーの素っぷりがとてもツボです。鈴木さんもやられましたよね?
   あと、このhydeist timesのことが、YAHOOニュースに載ってましたよ。すごいですね~」

Q. 「デストの新聞のハイさん、すごいっすね。髪伸びてますね。鈴木さんはもう見ましたか?」
→見ましたよ!てか、むしろ毎日見てますよ!(←病気)
  あのマネキンにまたがってる映像のところ、あそこを開く仕組みに最初全っ然気付いて
  なくて(笑)、先日友達に教えられてようやく見ました。そして見た瞬間、タバコの煙を
  「ブハッ」っと噴出してゲホゲホしてしまいました。最後のムービーがイイですね。
  テンションMAXに喋りまくってる人の隣で、ひたすら物を食いまくるハイディが
  なんて言うかもう・・・はぁ。(←病気)
  そしてすでに【REAL】の頃を越えてると思われるあの髪の長さは、
  もはや「兵器」と呼んで差し支えないかと思います。

Q. 「ペスレビューなんてどうですか?」
→やろうと思えば出来ると思いますが、それをやろうと思う前にラルクさんの【虹】を
  やれよ、って話。

Q. 「もしかしたらもう誰かが質問してるかもしれませんが
鈴木さんは声は高いですか?」

→え?いや全然。ビックリするくらい低い方だと思います。
寝起きの声は驚きを通り越して、多分怖いと思います。

Q. 「もし、ベストライブDVDなる物を作れるとしたら鈴木さんならどのライブのどの曲をどんな風に
選曲しますか?できればテレビで流れた、もしくはDVDになって発売されてる物からの
チョイスでお願いします。(行ったライブからとかだとわからないので・・・)」

→えぇ!?ベストライブDVDですか!?
いやー、やっぱライブDVDはひとつのライブを初めから終わりまでブッ通しで見たいので、
別のライブのそれぞれオイシイ曲だけを組み合わせ♪とかはあまり望んでないですね。
しいて言うなら、【SMILE】初回特典DVDに収録されてる渋谷7daysの映像を【7】にまとめて
一枚のDVDにしてくれ!ってのはあります。あの分け方は商売上手過ぎだよソニーさん・・・。

では最後にアンケートでリクエストがあったので、久しぶりに鈴木家お猫様のチィさん登場。

 

鈴木の前では野獣なチィさんも、母の膝の上では可愛いネコチャンです。
その読んで字の如く『猫かぶり』なチィさんが、時々本気で恐くなります。

 

2004/12/17 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/15
ラルクさんの新曲発売日(1月19日)に、かの国民的アイドルグループであるSMAPも曲を出すらしい。そのSMAPの曲ってのがまたとんでもなくて、エリック・クラプトン作詞作曲で、日本語歌詞を竹内まりあが、アレンジを小林武史が担当するとかなんとか。あまりに豪華過ぎて眩暈がしそうな著名人ラインナップの曲に、早くもラルクさんのオリコン1位への道は途絶えたな、と思った(笑)。

いや、そんな事がどーでもよくなるようなネタを昨日ゆ。ちゃんから聞いたんですけど、
マジですか?

MAJIでホントの5秒前ですか?

本っ当にハイディ作詞作曲なの!?

本当だったら嬉し過ぎて死んじゃうわこりゃ。
過剰な期待をし過ぎてハズした時に死んでしまわないように、今まで「ケンちゃん作曲でハイディ作詞だったらイイな~」といささか自分の期待を自分で抑制してた鈴木ですが、もし真実叶うのであればそりゃハイディの作詞作曲を希望する。【いばらの涙】級の『ラルクアンシエル』の真骨頂である、ダークでハードなロックナンバー熱望!!熱望っつーか、切望!!

そして毎日にように【LIVE IN USA】のDVDとデストの【Hydeist Times】を見てしまうんですが、
最初は「あは~うわ~いや~参ったなぁこりゃ!ひぇっへっへ」っていう感じで見てたんですけど、
ずっと見てたらなんだかだんだん変な気持ちになってきた。なんかさ、アレらを見てると・・・

自分がまるで女の子にハァハァしてる錯覚に陥る。

このヤバイ違和感を克服するにはどうすればいいんでしょう?

『ハイドさんにムサくなってもらう』(=女の子に見えなくなる)ってのが一番手っ取り早い話なわけだが、さすがに鈴木も無理にハイディにムサくなって欲しくはない。髪を切られた日にゃ、ショックで寝込むよマジで。しかし女の子に見えるままでは『異常な鈴木サン』がますます異常になっていく一方だし、『冷静な鈴木サン』がそれにますます危機感を覚えてアワアワしてしまう一方なので、やっぱり困る。最初は「わー、最近のハイディはどんどん鈴木好みのhydeになっていくなぁ」なんて悠長に構えてたら、気付いたらいつの間にか限界値を越えていたようで・・・。

というわけで、ほんの少しでいい。ほんの少しだけでいいんだ!
ほんの少しだけ『鈴木の好み』から外れてくれ!

とりあえずもうエステには行くなッ!

それ以上磨かなくていいよマジで。
じゃないと本当に鈴木のアレっぷりが取り返しのつかないトコまでイッてしまいそうで、そろそろ本気でヤバイんだよ!もう勘弁して!来年から社会復帰する予定が、いつまでも予定のままで終わってしまうじゃないか!!

・・・もう放っといてください病気なんです。

では、質問回答~。

Q. 「ハイディの爪が好きなんです。爪、けっこう短いんですよね。
   鈴木さんはどう思われますか?」

→いっつもキレイに切りそろえてんなーと思います。
  そして黒いマニュキアを塗ってた時はかなり胸キュン(ん?)でした。

Q. 「Killing Meは、「仕事などで死ぬほど疲れた私」と訳せそうですが、
   (作詞がhydeだとして)自虐的な新曲のことをどう思いますか?
   他曲の歌詞の中でも、切羽詰り的な歌詞を見ると切なくなるんですが、どうでしょう。」

→えーと、自虐的かどうかはまだ分からないですからねぇ、なんとも言えないのですが・・・
  う~ん。鈴木は今までの中でハイドさんの究極の切羽詰り的歌詞はやっぱり
  『肌を刻んで詩人は血で語る』だと思ってるんで、
  『Killing Me』はまだそこまでではないかな、という判断で(笑)。

Q. 「鈴木さんもハウルを見られましたか!!私はハウルにメロメロになりました(笑)
   宮崎アニメでは初(?)のキスシーンでしたね。あの三拍子の音楽と内容がとても
   合っていたように思います(^^)鈴木さん的、ベストキャラorシーンはありましたか?
   私は、さりげなく、のちの荒地の魔女が好きです(笑)あと、『待たれよ。』ですかね(^^)
   あと、やっぱり半ケツ・ハウルらへんも萌e…(強制終了)」

→そうか、そういや初のキスシーンだったんですね~。
  鈴木的ベストキャラorシーンは・・・そうですね~・・・ハウルが凹んでデロンデロンに
  溶けちゃってるのを風呂場に引き摺っていくソフィーのシーン?
  あのデロンデロンな感じのハウルが好き・・・って、多分このシーンのハウルが好き!
  とか言ってるのって鈴木くらいなんだろうな(笑)。
  後はなんたってカブの呪いが解けた後のね!大泉サイコー!

Q. 「私もラルク(特にハイド)とリップ(特にペス)とトライセラ好きです!
   あと、グレイプバインとおぎやはぎが好きなんですが鈴木さんはどうですか?」

→うーん・・・バイン&おぎやはぎにはそれほど興味が無いです・・・申し訳ない。
  最近新たに興味が沸いているのはますだおかだ(笑)。
  おかだのミラクルオーバーリアクションはブレーク後の三村(さまぁーず)に
  通じるモノがあると思う。

Q. 「Feeling FineのOKサインは、カンペ(歌詞)を書いてきてくれていた日本のファンの子への
   サインらしいですよ。ど真ん中に模造紙が・・・はいどちらちら見てましたよね。(超かわいい)
   ラルク側のスタッフもオタコン側のスタッフも、それ見て笑ってたらしいです。
   以上友達からの情報でした。このエピソードすごいかわいくないですか?」

Q. 「質問じゃないですがfeeling FineでhydeさんがOKサインをしたのは日本から来た最前列の
   女の子2人組み(通称カンペガールズ)に対してですよ☆☆なんでもhydeのために
   Feeling Fineのカンペを作って行ったらしいです♪(それでも間違ってますけど;)」

→らしいですね!そういやオタコン開催当時、その事実がネット上でなにかと物議を醸してた
  のを思い出しました。当時は「カンペ持つなんてラルク(ハイド)を侮辱する行為だ!
  同じファンとして許せない!」的な意見の人もいたようですが、 実際あの映像見たら
  「よくぞカンペ作ってくれました!」としか言い様がないですね(笑)。ハイディもすんげぇ必死で
  カンペ見てんじゃん!ファンの親心とハイディの成長の無さぶりが涙を誘うエピソードですな。
  そしてそれを笑ってたスタッフ・・・あぁもうハイディが情けなくてどんくさくて可愛い(笑)。

最近ウイルスが多くてヤだわー。

 

2004/12/15 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/13
アンケートの集計、やってもやっても追いつかない・・・。
もうすでに【RS】はこういうレスポンスの企画が容易に実行できる規模ではない気がする。
嬉しい悲鳴だ。キャー。

それと、【QUESTION】の方に今回のアンケートに関する内容のものを多数いただいてます。
まず誤送信に関してのご連絡を下さった方々、前回の日記でも言いましたが、再度回答していただいて大丈夫です。それと、前回の日記で『あまりにラルクや鈴木に優しくない回答をされる方々』と言った事について、お詫びのメッセージを下さった方々!

全然大丈夫ですから(笑)!

そんなホントに気にしないで下さい。

はい、では質問回答ー。

Q. 「鈴木さんの好みの芸能人を見て自分と同じすぎてどうしようかと思いました。
   沢村一樹がいっきだと言うことを知ってる人は周りにいません。自分はあと岡田君が
   ラブですv さて、新曲題名いいっすねぇ>▽< 鈴木さんは誰曲だと思いますか??
   マシューのエンディングというコトでまさかまた出ないかなぁ(鼻血)なカンジでした。」

Q. 「ニューシングルのタイトルを見て、私もときめき死にしそうになりました。
   鈴木さんは誰曲だと予想しますか?私はハイドだと思います。
   でもゆきーろさんのような気もします。」

→沢村一樹、格好良いですよね!?でも、鈴木も最初の頃は『イッキ』なのか『カズキ』なのか
  分かりませんでした(笑)。新曲・・・噂でテツさん作曲&作詞曲という噂を聞いたんですが、
  ここはあえて希望を込めてケンちゃん曲&ハイド作詞プリーズ。

Q. 「kenちゃんとNBAの田臥選手が似ていると思ったのは私だけでしょうか?!」
→に、似てる・・・(笑)。ケンちゃんから渋さとオッサンくささを取って、
  ちょっと爽やかな風を送り込んだら田臥君になると思います。

Q. 「鈴木さん的に、音楽を聴きながら勉強なり仕事なりするとき一番はかどるアルバムって
   ありますか?私は今のところREALなんですが、試験期間には決まってこれが稼動してる
   ので、そろそろ勘弁してやってもいいかと考えている所です。」

→基本的に何事においてもBGMがあるとダメなタイプでして・・・。
  集中力が一方向にしか向かないらしく、音楽かけながら何かをしてると、
  気付いたらいつの間にかアルバムが一周終わってます。頭使わない事務作業的な仕事を
  してる時なんかは良いんですが。なので、『一番はかどる』のは『無音』ですね(笑)。

Q. 「勉強不足ですみません。ラルクってスカパラとフューチャリングしたことありましたか?」
→アルバム【True】収録の【the Fourth Avenue Cafe】がそうですよ~。

Q. 「鈴木さんは「Killing Me」が「キリン組」に聞こえませんか?」
→聞こえる・・・というか、音的に「きりんぐみ」で間違いないという話。
  空耳アワーに投稿するにはパンチが足りない(笑)。

あぁ・・・腰がヤバイくらい痛いな。
仕事辞めて動かなくなって、腰周りの筋肉が衰えてるのが原因か。

 

2004/12/13 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/11
500000ヒッツアンケート、続々ご回答いただいてます。
それにしても【RS】のお客様は「ファン」を名乗りながらも、あまりにラルクや鈴木に優しくない回答をされる方ばかりなのは何故だろう。『テツさんに行かせたい場所』とか、それ普通にイジメですよ的な場所のオンパレードなんですが(笑)。挙句、鈴木を喩えた動物なんぞ『微生物』呼ばわりだしな!
まぁいいです、その方が面白いから(笑)。

それと、どうも誤送信が多いようですが、ミスって途中で「送信しちまった~!」って方は再度トライしていただいて構いませんよ~。同じ名前でまた送信してもらえれば、こちらで回答を繋げますんで。ただ、エクセル使って簡易集計シートなるものまで組んでやってるのに、これ思いの外集計に時間が掛かる・・・というわけで、しばらくBBSをゲスブに切り替えました。今回の切り替えは、『レス機能』はそのまま残して、名目上のみゲスブということにします。今回を期にカキコして下さった初めましての方などもいらっしゃって非常に心苦しいのですが、ホントすみません。

アンケートは締め切りは今のところ未定。
「もう回答する人もいないかなー」って状況になるか、今年いっぱいくらいを一応目安にしてます。

では、質問回答~。

Q. 「ジャンヌダルクの「Love is here」を聞いた事ありますか?
   サビのとこのメロディ&歌詞が「Lise and Truth」にめちゃ似てます。
   ジャンヌダルクのファンの妹と大笑いしました(笑)」

→いや~聴いたことないですね。そんなに似てるんですか?
  憧れが嵩じて・・・ってやつでしょうか(笑)。今度是非とも聴いてみます。

Q. 「冨樫がラルクさん描いたのはマガジンですよ。
   2000年の2月2日号 No.8、表紙もラルクさんです。
   私はマガジンごと保管してあったので間違いないです(笑)
   しかしこれ冨樫が描いてたんですね。実は初めて気付きました。
   冨樫好きとしては気付くところだろうよ自分・・・・。」

Q. 「冨樫さんイラストはマガジンでした。'00.2/2号で表紙になってます。
   漢字で冨樫ではなく、YOSHIHIRO TOGASHIになってますが。マガジンだからでしょーか?
   他の方からも書き込みありそうですが、ここを逃さず!(笑)と書き込みさせて頂きました。」

Q. 「例の雑誌はマガジンですよ~、表紙ごと保存してるので間違いないです★」
Q. 「冨樫先生の似顔絵の件ですけど、マガジンではないでしょうか。
   たぶん鈴木さんが持っておられるページだと想うんですけど、
   左下の「応募方法」の欄に、あて先少年マガジンの文字が見えるかと…」

Q. 「LIVE IN U.S.A.を見て「hydeさんの超サラツヤな髪の毛が羨ましい」と思った
   yukihiroファンの者です。質問ではないですが、冨樫氏が描かれたラルクが載っているのは、
   少年マガジン2000年2/2号ですヨ。」

→・・・と、情報を呼び掛けましたところ、たくさんの方からご連絡をいただけました!
  ありがとうございます!というわけで、冨樫氏のラルクイラストが掲載されているのは
  『マガジン 00年2/2月号』で間違い無さそうです。気になる方は探してみてはいかがでしょうか。

Q. 「質問じゃないような気もしてしまうのですが(スイマセン)ヤフーミュージックのリップ
   御覧になられましたか!インタビューが最高にリップしてますが、かがでしょう?」

→見ました&聞きましたよ~!「インタビューが最高にリップしてる」に激しく同意(笑)。
  ペスの自分による『可愛い担当』発言がなんていうかもう・・・。

最近持病のヘルニアが悪化してるようで、長時間PCの前に座れないのがツライ。

 

2004/12/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/10
うわー・・・色んなサイト様見て知ったんですけど、青木さやかのCD参加ってファンの間では
評判悪いんですね。他人の評価なんぞ鈴木にとっちゃどうでも良い話なんですが、
天嘉でブーイングとかイベントがシラけるような事だけはマジでやめて欲しいです。

さて、ではお約束の【LIVE in USA】DVD感想。

萌えた・・・。

鈴木、普段あんまり『萌え』って使わないんですけど(ヲタクのくせに悪足掻き)、もうこれはその表現がやっぱり一番しっくりくるね(笑)。諸々の事情が重なってなんだか妙なテンションになってしまい、次々溢れてくる感想という名の『萌えポイント』が収拾つかなくなりまして、
挙句「もう面倒くせぇ!一曲ずつ感想つけてやる!」という結論に落ち着いたので、
これから全曲分の『ハイディ萌え感想』を書いてやるさコンチクSHOW!


※追記 : 05/1/1
あまりにも内容が(気持ち悪い感じに)濃く、やたらと長~くなってしまったので、
さらにパワーアップ編集して【MUSICtext】内のレポ関連の場所に移動しました。



ていうか、ハハハイディストがぁッ!!

そろそろ本気で萌え死んでしまう・・・心臓がい、痛い。

 

2004/12/10 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/9
昨日はようやく映画【ハウルの動く城】を観て来ました。
連れ(ハリウッド映画好き)がどうも乗り気じゃなくて、「アニメぇ~?」みたいなテンションだったので、前日「こりゃ明日は是が非でも自分が引きずって行かねば!」と意気込んでおきながら、当日は鈴木がお約束のように寝坊したおかげで、見事にその連れにマジで引きずられながら映画館にダッシュしてました。あのままドサクサに紛れて【スカイ・キャプテン】の発券窓口に引きずられてなくて良かったなぁ。

実は鈴木は【ナウシカ】原作本を全巻揃えちゃってるくらい宮崎アニメファンです。いやホントにあの原作はすごいですよ。よっぽど精神衛生状態の良い時じゃないと読めないよ、ってくらい長い&重い&グロイ&難解。映画になってたのは原作のホント冒頭部分だけでして、あの物語自体は全くもって子供に見せるモンじゃないと思う。感触的には大友克洋作品に近いんじゃないかね。とにかく不気味でグロくて怖いっていう。

・・・おっと、話が逸れたな。
えーと最新作【ハウルの動く城】の感想でした。


※以下、幾分ネタバレ的内容を含みますので注意。


で、観終った直後の連れとの会話はこんな感じ。

鈴木 : 「いや~予想外に面白かったね!」
連れ : 「やっぱ女はああいうのが好きなんだなー」
鈴木 : 「『ああいうの』って?」
連れ : 「いわゆる・・・シンデレラストーリーっての?」
鈴木 : 「まぁ女の子はそういうの好きだろうけどさ、鈴木はその辺は
     別にどうでもよくて、面白かったのはこれまでのジブリ作品には
     他に類を見ないユーモラス加減と、久しぶりのSFチックな
     戦闘シーンが良かったわけよ。ハウルもキレイな子だったし」
連れ : 「・・・・・・宮崎アニメを語る資格ねぇよ、お前」
鈴木 : 「・・・・・・そうかね?」

宮崎作品にSFギャグアクションを求める鈴木は何か間違ってましたでしょうか。まぁそんな感じで、これからあれを観に行く予定の女性の方は、女性と一緒に行くことをお勧めします。男相手だと観賞後の語り合いが見事に噛み合わない可能性大だ(笑)。それと、大泉洋が今回はどの役なのか全く予備知識ナシで行ったんですけど、なんか「ヤラレタ~」って感じでした。
「お、お前だったのかよ!?」みたいな。大好きだー大泉ー!

で、声優といえば鈴木と相性が良いらしいキムタコね (過去ログ参照) 。どうも鈴木はこの人が苦手でして、最初このキャスティング知った時も「うえぇぇ~!?」って感じだったんですけど、なんつーかもうこの人は本当に何事もソツ無くこなすよね。やっぱり最後まで『キムタク』だったんですけど、声優的には松田洋治さん(【ナウシカ】のアスベル役&【もののけ姫】のアシタカ役)よりもよっぽど上手いんじゃないかと思いました。う~ん、ハウルってのがハマり役だったのか?ハイディで言う『アダム現象』というか、もともとセリフも少なめで、キャラ的に喋っても一言一言が短い&どこかキザなので、多少浮いてても気にならない。いや、むしろ「なんか上手いような気がする」みたいな錯覚にさえ陥ってしまう、という(笑)。

宮崎アニメが好きな方は是非。
鈴木的には【千と千尋の~】より断然面白いと思う。

では、質問回答にいきましょー。

Q. 「メントレGという番組ご存知でしょうか?
   もしご存知でしたら、ハイディの心理キーワードはどんなものになると思われますか?
   ちなみに私は、ありきたりながら『天然癒し系おじいちゃん』です(^^*)」

→やっぱり『癒し系』の言葉は外せないですよね(笑)。
  そうだなー、『癒し系新生物』とかどうでしょうか。

Q. 「変な事言ってすみません・・・はいどさんの匂いについての質問に答えてる鈴木さんが、
   初めて遠くに感じられました。それまでははいどへの想いに共感してたんですが...
   敗北です_| ̄|○」

→勝ってしまった・・・_| ̄|○
  もう病気なんでホントそっとしといてやってください(笑)。

Q. 「鈴木さんはラジアンは聞かれてましたか。
   鈴木さんのつぼだったhydeさんのトークは何ですか。あと山ちゃんの事は、好きですか。」

→ハイディのツボトークか~、もうハイディが出てくる回は全てがツボだった印象が(笑)。
  やっぱり【ニューキッズ~】がひたすらハイディが壊れてて面白かったな。ちなみに
  山ちゃんも大好きですよ。隣で一緒にハイディのラジオ公録を見物した仲ですし(笑)。

Q. 「天嘉パンク出ますねぇ^^今のお気持ちはズバリ??」
→待ってましたッ!!眼帯ハイディ、カム!!

では、これから予想よりも一日早く到着した噂の【ラルク in USA】を見てきます。感想はまた明日。

 

2004/12/09 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/7
昨日の【RS】へのアクセス数がスゴかったです(笑)。
まぁ、さすがにちょっとなんて言うか、昨日のアレは興奮し過ぎましたね。

ついでになんとなく今の自分はノリに乗っているというか、ぶっちゃけイケてる気がしたので、
今日は日本一『当たる』事で有名な宝くじ売り場【西銀座チャンスセンター(もちろん1番窓口)】に年末ジャンボ宝くじを買いに行ってきました。なんせ今日は大安吉日だ。できれば朝イチで発売したてホヤホヤの【ラルク in USA】のDVDを見てテンションMAXに上げてから行きたかったんですけど(もはや何が目的の願掛けなのかよく分からないね)、なんせ鈴木はまた例によってネット通販で購入してしまったので、実際DVDが手元に届くのは10日くらいだと思われる。クソッ。

目指せ3億円!当たり前に前後賞も含めて狙いますよ!!

それと、ニューシングルに関するモロモロの情報の真偽のほどですが、これはもう今週の【音楽戦士】を是が非でも見ねばなるまい。もし本当だったら、ラルクさんはスカパラに続いて二度目の『他人様』とのフューチャリングというかコラボレーションって事になるわけで、やっぱりものすごく珍事態なわけだ。思えば圧倒的な対バン的イベント出演回数の少なさ(最近になってようやく外に出だしたけど)に付け加えて、『ラルク』にこだわりまくった独特の音作り。こだわるって言うよりも、あの4人+岡野氏+富樫氏+ハタノ氏あたりが揃ってれば他の音楽技術者の手なんか一切必要が無いっていう話なわけですが、とにかくラルクは『他のアーティスト』との関わりが有り得ないくらい少ないバンドだ。ガクトのアルバムにハイディとのコラボ曲が収録されることはあっても、ラルクのアルバムにガクトとのコラボ曲が入ることは、天変地異が起こらない限り無い事だろうし、清春のアルバムにケンちゃんのギターがSpecial Thanxな形で収録されることがあっても、ラルクのアルバムに清春がSpecial Thanxで参加することは、やっぱり天変地異でも起こらない限り無い事だと思う。

そんな外界を遮断するかのような鉄壁の殻を築くラルクが好きなんですけど、それで実際長い時をかけて煮詰まってしまったのは周知の事実なわけで、ちょっと外に出て気の向くままに戯れてみたりするラルクも見てみたい気もする。この辺はファンならではの複雑な心理状況ですね。

さて、質問回答ー。

Q. 「お笑い番組で、時々女優さんなんかが出ているのを見ると、これがラルクだったらと
   考えずに入られません。鈴木さんはラルクに挑戦してほしい番組ってありますか?
   私は塚地さんのゴスロリママ(という名前かどうかはわかりません)にぜひ、
   パパ役としてハイドに出てもらいたいです。」

→アンジャッシュもお好きということで、鈴木も嬉しいです(笑)。
  さて今回も面白いご質問を有難うございます。
  う~んそうだな、【マシュー】出演の夢はすでに叶ってしまったので、次は【ぷっすま】に
  出て欲しいですね。で、『豪邸・宝捜しツアー』に参加してもらいたい(笑)。
  もしくは、『ココいち当てまSHOW』でひたすら物を食べさせられるのでも良いな!
  『絵心クイズ』じゃ圧倒的にハイディ強そうだしねぇ、天才・草薙画伯には勝てないし。

Q. 「リップの曲の感想というかレビューはしないんですか?
   ラルクのように日記に書いていた短い形式でも良いので是非とも見てみたいです。」

→あ~、いつかは言われるんじゃないかと思ってましたが、やっぱり言われてしまいました
  か(笑)。基本的にレビューはラルク以外は書かないですね。というか、多分書けない。
  なんだろう・・・見当違いも甚だしい内容でも、ラルクだとある程度自信持って公開出来るん
  ですけど、他のアーティストだとその勇気が無くなるんですよね(笑)。
  公開に際して勇気を必要としない文章=当り障りないつまらんレビュー、になりますし。
  特にリップは4MCがそれぞれリリックを書いてるわけで、少なくとも4人分の
  思考(嗜好)回路とかを理解してないと面白いモノは書けないと思います。
  鈴木が理解してるのはせいぜいペス君くらいなので(笑)。

Q. 「究極の選択です!鈴木さんは彼氏にするなら、
   A.後追い自殺までして自分の事を思ってくれるアダム(でも幽霊)
   B.女にも(できれば男にも)だらしないHYDE
   さぁ、どっち!?」

→Aの場合、後追い自殺は大いに結構なんですけど、実際生きてる時にはどのくらい
  ウザイ愛をぶつけられるのかが気になります(笑)。
  Bの場合は「お互い様」ということで、鈴木の方のだらしなさも容認してくれて、
  最終的にお互いの元に戻ってくるのであれば全く問題なさそうですね。
  というわけで、心理的疲労を考えるとBの方がベター(笑)。

Q. 「ハイディの唇が可愛すぎると思うのですが(特にEVERGREENのPV)、
   鈴木さんはどう思われますか?」

全くもって同感です。

Q. 「一日にこれだけはしておかないと気が済まない!ということはありますか?
   教えて下さい(*´∀`*) (タバコ・お酒はNOで!)」

→えーなんだろう・・・『何らかの形でハイディを見る』とか(笑)。
  最近は一日ひとつはDVD見てますね。昨日は【7】観てました。
  一昨日は【REALIVE -NO CUT-】観ましたね。

【ラルク in USA】が早く見たいYO!

 

2004/12/07 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/6
12月の目の眩むようなスケジュールに、脳内スケジュール管理機能がクラッシュしてしまった為、3年ぶりに手帳を購入。いやホントに暗記じゃもう無理ですよこれ・・・。

ていうか、鈴木・・・

こんなにスパークしたの久しぶりなんですけどッ!!

いやーついに来ましたね!ニューシングルの詳細情報!
鈴木は【SMILE】リリース当初から常々「次のアルバムが気になる」と言って来ましたが、もうホントにどこまでもこちらの期待を良い意味で裏切って更なるモノをブチかましてくれるラルクのファンで良かったよ・・・とか思わずホロリとしてしまいそうなくらい嬉しいニューシングル詳細情報!
なんたってそのタイトルだ。その名も・・・

【Killing Me】

あぁ・・・もうすでにツボを突・い・て・い・る!!(昇天)
新年が明けて「めでてぇな!」って時期にいきなりこんなタイトルの曲を持ってくるラルクさん達こそ、鈴木が愛してやまないラルクさんが『腹黒ラルクさん』たる由縁なわけで・・・あぁもう何言ってるんだか分からないよ自分。とにかくもう来年早々にリリースされるシングル、後発シングル、そしてそれらが収録されるであろうアルバムに至るまで、多分鈴木は長年やってきたラルクファン歴の中でも、他に類を見ない過剰な期待っぷりで日々悶々とリリースを待ち続けることになるかと思います。
【REAL】の時もかなり期待して待ってた記憶があるけど、【REAL】は全11曲中5曲がシングルで発表済みの曲だったこともあって、今回ほど「あぁ中身が全く読めねぇ!えぇい気になる!」とはならなかったので。少なくとも今のところ【自由への招待】と【Killing Me】というタイトルの曲が一枚のアルバムに収まるのを想像するだけで鳥肌モンなんですけど。もんのすごくツボっぽいんですけどッ!(大★興★奮)

で、鈴木の場合この情報は【LE-CIEL】携帯サイトからメールで届いたわけなんですが、それを受信したのがちょうど買い物行く途中の電車の中でして。速攻サイトにアクセスして詳細(曲タイトル名)を見た瞬間、もうホントに自分の中の何かが爆発したっていうか壊れちゃったのね、電車の中で。
さすがに「声を出しちゃマズイ」というのだけは頭の隅っこの方にあったんですけど、もうこの理性を凌駕する興奮を抑える術は無く、ひたすらニヤける顔と痙攣する腹筋とバタつく足と格闘してました。あの10分間は本当に拷問に値する時間だったと思う。何度途中下車しようと思ったことか。
で、そんな独り格闘真っ只中、宇宙人ことゆ。ちゃんから更なる爆笑アイタタメールが紛れ込んで届いて、もうお前はオレを殺す気かッ!!と。そんなに羞恥プレイ死にさせたいか!?と。あれだけの興奮と爆笑の中、かろうじて声だけは一声たりとも上げなかった自分を誉めてあげたいね。電車の中じゃなかったら、叫んで飛んで回って転がってどっかに頭ぶつけて逝ってましたよ多分。(危ない)

はぁ~・・・、MステSPライブがひたすら楽しみになってきました。

あ、それと【天嘉?】にP'UNK~EN~CIEL出演とか。
鈴木は上記の通りニューシングル情報の方ですでに狂い尽くしていたので、こっちの情報の方は「やっぱり出るのね~」くらいな感じなんですけど(元々 逝く 行く予定だし)、まぁ嬉しい事には変わり無い。鈴木の24・25日2daysは発狂しまくり逝きまくりなクリスマスになりそうな予感です。
・・・ん?彼氏?知らねー(笑)。

さて、質問回答~。

Q. 「今回のリップのアルバム、私も前作に比べて個人的に熱ちーぜ!って感じの曲があんまり
   無くて、少し物足りない気分でした。相変わらずのぺすぼいすは熱かったんですけれども。
   鈴木さんと同じラピュさんを初めとして、好きだったアーティストが4組も解散してしまって
   どうしようって感じです。私も「ツボ=売れない音説」に当てはまってしまったんでしょうか。
   切ないです。」

→おぉ!同志発見!!そうなんですよそうなんですよ、決して『ダメ』なわけではないんです
  けど、どうも「熱ちーぜ!」て感じの曲が無かったんですよね。うわー嬉しいな(笑)。
  ていうか、こういう所で解り合えてしまえばしまう程、私達の「ツボ=売れない音説」が
  有力になってしまうわけで、いやホントに笑えない話ですよ・・・(凹)。

Q. 「kenちゃんの顔とILMARIの顔と和田唱の顔が同時に好きだと言ったら
   変人扱いされたんですが、鈴木さんはどう思われます?」

→とりあえずその3人に共通するモノが見当たりません(笑)。
  かろうじてイルとワダショーが『のぺっとした顔』で共通しそうです  が、そこにケンちゃんを
  加えるとやっぱり「ん?」だな。ちなみに鈴木はハイドと玉木宏と沢村一樹と榎木孝明の
  顔が好きだと言うと大体「あぁ~なるほどね」って言われます。

Q. 「鈴木さんはリップのラジオを聞いていますか?
   私は日曜の夜のスト3を聞いているんですが、1度聞くとはまります。ぺスに(笑)」

→すっごい聴きたいんですよ!!マジで!ホントに!
  ・・・なんですが、どうもラジオと相性が悪いらしく、 面白いくらい毎週聴き忘れます。
  そんなこんなで、ラジアンでさえ何度聴き逃してたことか・・・。

Q. 「富樫さんがラルク描いたのってマガジンじゃなかったですっけ?
   たしか2000年の2月号?に載ってたやつだったような・・・。
   当時は「出版社が違うのに大丈夫なのか富樫!」とか噂になったそうですが・・・
   それほどまでにラルクさんが好きなんですね。富樫さんは(笑」

Q. 「冨樫さんの書かれたラルクは、てっきり少年サンデー(だったかな?)の方で
   ネオユニ発売記念の時の分だと思ってました…ジャンプでも書かれてたんですね。」

→えーと、マガジン・サンデー・ジャンプと色々な説がありますが、正しくは何の雑誌だったか
  記憶に自信のある方のご一報をお待ちしております(笑)。
  ちなみに鈴木が持ってる切り抜きページには、
  『ラルク・アン・シエルからのスペシャルプレゼントは何と12月31日から1月1日にかけて
  行われたRESET>>LIVE000の(中略)レアグッズだ。』
  と書かれてるとこからして、時期は2000年の1or2月あたりで間違い無さそうです。

ちなみにトガシの『ト』は『冨』で、上に点が付かない字です。
うわーホントにヲタクくせぇこと言ってンな自分(笑)。

つか、どうでもいい事ですが改めまして、

鈴木はラルクが大好きだ!(*´∀`*)

「あぁ本当に今日はイイ日だったなぁ」とか思ってる自分はホントに幸せ者だと思う。

 

2004/12/06 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/3
しばらく意識してなかった間に、カウンターが「そろそろ500000hit記念企画のページ作成に取り掛からなきゃマズくない?」っていう数字でビックリしました。ヤベーヤベー。ただ、プライベート面でゴタゴタあったおかげで予定していたイラストが全く描けてません。てか、意欲が失せてしまった・・・。
せっかく面白い企画思いついたのに、脳内ひとり企画倒れです(凹)。まぁそれはまた次の御礼企画の時にでもとっておくとして、一応イラストは別の物を用意しました。
今回こそは以前の使いまわしとかではないです。そして例によってハイディオンリーです。

いや、ハイドっていうかありゃアダムだな。

ハイドマニアとしては、2004年の締めくくりに『衝撃の眼帯』か『魅惑のエクステ』は描いておきたいところ!というわけで、エクステハイディですね。前に【REAL2000】の東京ドーム最終日のイラストを描いた事がありまして、あの時は「二度と毛皮なんて描かねぇッ!!」と言ってましたが (過去ログ参照) 、今回は「二度とエクステなんて描かねぇッ!!」って思いました(笑)。
いやー疲れた疲れた。一体何本付けてんだねあの子は。

さて、サックリ質問回答ー。

Q. 「ごめん、「ペンペン」に爆笑した(笑) さすがゆ。は思考回路が違うな(笑)
   あいつこそ神だよ本当に(笑)あ、そうそう、嫌味な人っぽく指摘にきたのよ。中学2年の
   ところが「空前のジャーズブーム」になっての。何?ジャージブームなの?それとも私が
   昔組んでた幻のバンド「ジャージーズ」なの?(舞台衣装はもちろん学校指定ジャージ)」

→ゆ。は神っつーか宇宙人なんだよアイツは(笑)。
  てか、そうそう中2の時が空前の『ジャージブーム』でさぁ~ ・・・って、オイィィッ!!
  お前嫌味なヤツだなマジで!!え?アモさん『ジャージーズ』ってバンド組んでたの(笑)?
  やっぱアンタこそ神だよ・・・人生ネタ帳だよ・・・。
  というわけで、『ジャーズブーム』はコッソリ修正済み。

Q. 「どらえもんの中ならハイディの入浴シーンやパンチラが見れるんですか。
   そうですか。それは是非制作して欲しいですね。」

→ホントですね。入浴シーンではお約束の「のび太さんのエッチぃ~!」が
  聞けるんだと思います。

うわー、Mステに波田陽区が出てんじゃん!

 

2004/12/03 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/12/2
昨日1日中ひたすらコーヒーをガバ飲みし過ぎて全く眠れなくなってしまったので、
今日の明け方(てゆーか朝)に久しぶりに【REINCARNATION 1997】を見てました。
多分もう30回以上は見てる映像なんですけど、改めて・・・

「やっぱハイディ最高だなぁ~(*´∀`*)」

と思った朝でした。
このライブの時のハイディは20代後半くらいだったと思うんですけど、「若い」とかいう印象よりもむしろ「別人」的な印象を受けます。つーか、鈴木的にハイディはその年のツアーごとに全て別人な感覚だ。年を重ねてるんじゃなくて、人を重ねてるというか、『ハイド』という人がどんどん増えてるというか(笑)。色んなバージョンのハイディが出てくるYO!みたいな。やっぱり妖精さんなんでしょかね。

さて、質問回答~。

Q. 「質問なんですが、私ははいどさんが仲良くしているアーティストにもはまっちゃう癖?が
   あって、ムンチャの時ガクトさんにもはまりました。
   鈴木さんは、Gacktさんをどう思います?アウトですか?インですか?」

→そうですね、確かに『ハイディと仲良くしてる人』ってのは気になる存在ではありますね。
  あのハイディに気に入られるなんてどんな人間なんだ!?みたいな(笑)。
  ちなみにガクトはそうだな~、インかな。面白いからね。

Q. 「ん?なんか凄い事になってんのか?大丈夫?旅満喫した?
   つか、リップの事語ってるのさ、(諸事情により中略)私はどうしたらいいかな?(笑)」

→旅満喫したよー。いや~人生色々だよホントに(笑)。
  ていうか、リップ記事に関してアモのそれはなんていうか
  やっぱり腐ってんだよキミって人間は。残念!
  それと、鈴木も12月は恐ろしいライブラッシュになってるよ・・・。

Q. 「最近サイト巡りをしてて、中1などのとても若い管理人さんが目立ちます。
   年齢は全く関係ないと思うんですが、ラルクメンバーの本名(らしきもの)などを
   載せてたりするサイトが多いんですよ、若い管理人さんのサイトに。
   特に私は愛しハイディのことを書かれているのに腹が立ちます・・!
   最近は、また顔だけファンも増えてきているようで・・。
   鈴木さんは、この事態についてどう思われますか??」

→うわ、そうなんですか?鈴木はもうほぼ決まったサイト様しかまわらないので、
  あんまり新しいサイトさんとか知らないんですけど、それはちょっと問題ですよね。
  あまり安易に『サイト運営』に手を出すのは危険だと思いますが、
  でも同時に『サイト運営』ってのは実戦あるのみ、だとも思ってます。
  そういう問題行為をしてらっしゃるサイトさんは、いずれ必ず痛い目に遭うので、
  それを捻くれてとらえずに、素直に真摯な気持ちで受け止めて精神的にも成長してくれると
  いいんですけどね・・・。ただ、『知らなかった』で全てが許されるわけでもないとは思いますが、
  『若い・幼い』故の過ちもある程度は認めないとネットという年齢ボーダレスの虚像空間では
  どこまでもイタイ争いに発展してしまいますからね。
  ・・・と、いかにも模範的な回答になってしまいましたが(笑)、まぁ本音を言えば
  「サイト運営は『確固たる運営目的』を持ってやってくれ」ってところでしょうか。
  そういう非公開の情報とかを載せてるサイトさんには「やってる事間違ってますよ」と言う前に
  「このサイトは一体どういう目的で運営してるんですか?」と問うてみるのが良いと思います。

Q. 「いきなりですがhydeって…どんな匂いですか?鈴木さん的イメージや希望でいいので。」
→んもーとにかく イイ匂い(笑)!! これに限る。
  イメージ的には・・・うわ、結構言葉にするの難しいな。
  超自然的生理現象(つまりはデフォルト)で、『シャボン系』の意識しないと気付かないくらいの
  無臭に近いようなコロン的な匂いでお願いします。(意味不明・・・ていうか有り得ない)
  ちなみに前回の回答の『ミュータント』が出てくる映画は【X-MEN】ってやつです。

Q. 「DEATH NOTE!!誰ご贔屓?
   つかあれ本誌ではすでに文字多すぎてわけわかめ・・・」

→うん、すでにワケわかめらしいね~アイタタ。
  ちなみにご贔屓はLだね。最初見た時ビックリしたよあの顔キャラは(笑)。

日記を読み返すと、毎年「12月は忙しい~ッ」って言ってましたが、例に漏れず今年もやたらと忙しい12月になりそうな予感です。働いてねぇのになんでだろなぁ(不思議)。

 

2004/12/02 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。