脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
10 | 2004/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2004/11/30
今回は結構的を得た社会的音楽市場推察になってると思う。

前回の日記で『鈴木のツボ』=『売れない路線』って話をしましたが、あの後とあるリップサイトを見てその理由が判明しました。ラルクさんでいう【SMILE】はその名の通り、血が通った温かいアルバムだったり、リップさんでいう【MASTERPIECE】も手作り感とかを大事にした、やっぱり温かいアルバムらしい。で、リップさん達本人がすごく解りやすい風に言っていた。

「【TIME TO GO】はコンクリート製で、【MASTERPIECE】は木製」

そう言われてみると、ラルクさんのアルバム前回作【REAL】も、すごくハードで現代的な金属無機質みたいな感じのアルバムだったかもしれない。多分そうだ、鈴木はそういう『温かさ』とは真逆にあるような感触のアルバムが好きなんだ。そして今の市場ではどうもそういう音は受けない、と。
確かに「戦争だ!震災だ!政権交替だ!」な今のご時世には、社会的にも不向きな音楽なのかもしれない。来年はそういう『冷たい音』が受けるような、明るく平和な温かい年になるといいですね。

さて、質問回答ー。

Q. 「アモさんって日記再開しとるとですか!?」
Q. 「アモさんと最近どうですか?彼女の日記の行方がきになります。」
→アモさん関連のご質問を複数いただきました。
  回答をアモさんに仰いだところ、このような返答が。
  『知りたい人はアモ宛てにメールくださいって言っといてくれ』
  というわけで、旧アモさんの新サイトを知りたい方は→ amo@zr.main.jp 宛てに
  メール送ってください。ただし、「超ムックサイトだからラルク目当てだとキツイって
  書いといてくれこれ大事マジで」とのことです。
  ホントにムックサイトですよ。キ○ガイユッケサイトですよ。

Q. 「新しいアー写見て来たんだけど、うっかりテツ様にハァハァして
   ハイド見るの忘れた(つかテツ以外見てないや)
   つーかさ、テツ様はさ、最近ボーダー柄よく着るんだけど、素敵よねぇ・・・(*´3`*)
   フレディの次くらいにボーダーが似合うと思いませんか?鈴木さん!
   (これ質問だよ答えろ。ウソ恥ずかしいし痛いからスルーして)」

→あまりに恥ずかしくて痛いから晒し上げだアモリン(*´∀`*)
  つーか、ハイたん見ろよッ!!
  ん?ボーダーテツ様?ごめん、見てねぇや。
  てかさ、フレディの次くらいにボーダーが似合うって・・・お前誉めてねぇべ、それ(笑)。

Q. 「「Anemone」のコード進行の鈴木さんの解説、なるほど!!と思いました。
   確かにユッキーなんかも「hyde君の符割りは不思議で面白い。
   ヘブドラのコード進行なんかも、自分なら絶対思いつかない」と言ってましたし。。。
   因みに私的「コード進行が変!!」曲1位は「and She Said」がダントツなのですが、
   鈴木さんはどうですか??あれはサビメロがまるでハモリメロみたいですよね。。。
   (注:あの曲が嫌いという訳では無いですよ)」

→うんうん、そうですね~。
  あぁー【and She Said】もかなりの「変!」曲だと思います(笑)。
  しばらくサビメロが掴めませんでしたよ、鈴木も。 あの曲はコードは割りとシンプル
  なんですけど、その分確かにサビメロが突飛ですよね。不思議曲。

Q. 「鈴木さんがハイディ以外のメンバーを褒めちぎってるのを見たいです!!!笑
   でもちゃんと好きなんですよね??笑」

→やだなー、他のメンバーももちろん好きですよ(笑)!
  え・・・褒めるんですか?いや~褒めるの苦手なんだよなー。
  ていうか、ハイディも滅多に褒めないし。『可愛い』とか『ハイディ大好きだ!』とは言うけど、
  それって褒め言葉?みたいな感じですし(笑)。

Q. 「NHKのトップランナー、今日のゲストはRIPでしたね。
   ご覧になりましたか?鈴木さんの感想聞きたいです(^^)」

先日の日記 の通りです・・・(笑)。
  本当にナイス座席采配で、前列のあの飼い犬&ライオンコンビも良かった!
  フミヤがなんだか普段以上に陰に篭りがちだったのがさらに面白かったです。(そこかよ)

Q. 「ラルクまったく関係なくて申し訳ないんですが、リップのライブ行くべきですか?
   ちょっとした用事があってチケット取らなかったんですが、
   友人に誘われて激しく心が揺れています。」

→行けるなら行くべきだと思いますよ!

Q. 「RIPSLYMEのMASTERPIECEツアーはご参加されないのですか?」
→・・・多分参加しないと思います(笑)。ゴメンよペス君。

普段は質問を受けた順に回答してるんですけど、今回の質問は内容によりいくつか繰り上げて回答してます。飛ばしてしまった質問も後日回答しますので、どうか忘れずに待っててやって下さい。
今のところ質問→回答までのタイムラグは平均4~5日くらいです。
即答を希望の方は『即答カモン!』とご記入ください。

 

スポンサーサイト
2004/11/30 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/28
ようやくリップのアルバム【MASTERPIECE】を入手。
一通り聴いた感想なんですけど・・・

【TIME TO GO】の方が好きだな…ボソ

どうもこう・・・グッとくる曲が無かったんだよなぁ。
アルバム【TIME TO GO】は初聴きの時に問答無用で【HOTTER THAN JULY】と
【チェッカーフラッグ】と【TIME TO GO】にグッときたんですけど・・・う~ん。
とりあえず好きだったのは【朝焼けサラウンド】。あれは【黄昏サラウンド】より断然好きだった!
あとは【STRANGE】と【Get Busy】がちょっと気になったかな?
まぁ多分アルバム聴き込んだらまた感触が変わってくると思いますが。

なんだろうな~この感覚、すごいラルクの時と似てる。

ラルクの【SMILE】を初聴きした時も日記でズッパリ「【REAL】の方が好きッス」って言いましたが、そんな感じだな。悪くは無いんだけど、前作の方が鈴木の好みなんだよなーっていう。ただ、ラルクの場合は【SMILE】リリース時にその場で「次回作は【SMILE】とは正反対のモノが出来ると思う」って言ってたから純粋に次回作に期待できるんですけど、リップの場合はちょっと違うんですよね。
「【FIVE】~【TIME TO GO】までがリップ第一期で、【MASTERPIECE】からリップ第二期が始まる」
みたいに言ってるんだよな。ということは、だ。極論で言うと、

第二期全てが好みじゃない音になる可能性もあるのか?

みたいな。【MASTERPIECE】一枚だけじゃなくて、今後もこういう音の路線でいくよ~って話だったら正直ちょっとイヤンな感じだよなぁ、と。

つーか、最近お気に入りのアーティストさん達が『新しい音源』として世に放つ音がことごとく揃いも揃って鈴木のツボとズレてるのは何でだろう。自分のツボの幅ってのが割りに狭くて、しかも妙なクセっ気がある自覚はあるんだけど、特に最近市場に出回ってる音楽とのズレを感じる。
なんだろう、『鈴木のツボ』の音が今の世の中じゃよっぽど『売れない路線』に走ってるのかしら。

・・・ん?え?あれ?もしかして、

今年になってハマったアーティストがことごとく
解散してしまったのがその証拠って話ですか?


いよいよ『鈴木のツボ』=『売れない音』説が濃厚になってきた。ショック。
今後鈴木に好かれたアーティストは注意した方がいいですYO!

そのままじゃ売れない可能性大だ!

自分で言っといて、自分の言葉に果てしない矛盾と落胆を感じる(凹)。
ちなみにアルバムにおける鈴木のツボを一言で言うと『濃厚』です。
「もうお腹いっぱいだよ~」って感じのアルバムが好き。
旅番組にありがちな料理の誉め言葉「後味がサッパリしてますね~、全然脂っこくなくて」っていうのじゃダメ。「・・・うっ、こ、これはすごい・・・の、濃厚なお味ですね」っていう(苦し紛れの)誉め言葉が出るくらいのやつ希望。しかしこうして改めて文字にして書くと、確かにいかにも好き嫌い分かれそうな音なんだなっていうのがよく分かった(笑)。

では、質問回答~。

Q. 「ハイディの手型と足型、どちらが欲しいですか?」
→うわっちゃー、これ究極の選択シリーズですか(笑)?う~ん・・・・・足、かな。
うん、足ですね。手型を見てもあんまり想像の予知がないけど、足型は「どんな体勢で
取ったのかしら・・・ハァハァ」的な想像(妄想とも言う)の予知があって、楽しめそう。

Q. 「(日記の)最後の「ハイディライブ」にいきたい。が「ハイディラブ」にいきたい。にみえて、
鈴木さんどこいくんじゃー!!と一抹の不安げほげほry 「ハイディ・ラブ」ってなんか
ラブホテルみたいですね。そんな名のホテルがあったらいきますか?
「ハイディ・ハイド」とか「ハイド」(まんまやん)とかハイディラブ国家をつくってください。
あと、長くて申し訳ないんですが、いつも「バイト」が「ハイド」にみえます、みえますよね?」

→そんな名前のホテルには間違っても行きたくないです(笑)。
なんかあらゆる意味で恥ずかしい。濃過ぎる。
鈴木はよく『ランク』が『ラルク』に見えてしょーがないです。

Q. 「そのお気に入りのサイトさんリンクフリーなら鈴木さんのサイトにリンク貼って
全然問題ないと思いますよ!リンクフリーなんですから!」

→フリーはフリーなんですけど・・・
やっぱりウチからリンクは貼れないと判断しました。ごめんなさい。

Q. 「好きな芸人さんはいますか。
てつ氏が好きだというドランクドラゴンのことはどう思われますか?」

→芸人好きですよ~。 アンジャッシュ が好きです。
最初は渡部が好きだったんですけど、激痩せした児嶋を見て思わずクラッときてしまいました。
今じゃ2人とも好きです。ていうか最近アンタッチャブルの山崎を見てると、笑ってしまう
自分に異様に腹が立ちます。B型の典型男だよなアイツ!あぁムカツク(笑)!!
B型男にはロクな思い出がありません。ドランクドラゴンの鈴木を見てると
「頼むから一発殴らせてくれ」と思います。

Q. 「いつも楽しく拝見させて頂いてます。ラルクでH×Hの配役お見事でした。
ではリップではどうでしょうか?(こういうのダメですか?)」

→ダメではないですよ。ただ出来るかどうかは別ですが(笑)。
ハイディ → PES (鈴木的『可愛い法則』により)
テツ → RYO-Z (グループの外交担当)
ケン → SU (どこまでも自由人)
ユキヒロ → FUMIYA (音楽バカ一代みたいな)
でもって、ラルクはイルマリみたいな『天然オレイズム万歳』の性質が全員の根底に
流れてる感じ。こんな感じでどうでしょう?

Q. 「私も、冨樫さんの書かれたL'Arcを見てみたいのですが、
鈴木さんはいつ頃、どちらで見られたんですか??」

→あー実物はかなり昔のジャンプ本誌に掲載されてるんですよ。鈴木は当時のそのジャンプ
と、最近友達から画像を送ってもらって改めて見ました。ジャンプ捨てちゃったんで(笑)。

Q. 「L'Arcさん新曲発表しましたね!そこで鈴木さんの反応を一言!
あとオフィのアー写についても!!」

→「待ってましたーーーッ!!」みたいな。アー写はねぇ・・・ホントにもうハイディが
可愛くて可愛くて(病)。相変わらず4人揃うと豪華な集団だなぁ、と思いました(笑)。

明日は一日新宿を徘徊します。

 

2004/11/28 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/27
今とある漫画にハマっている。
(のっけから漫画ネタ満載のヲタク日記です)

これ読むと無性にポテチのコンソメが食べたくなる。ていうか食べた。
でもどうも噂を聞くに最近本誌連載中のストーリーの路線が妙な方向に走ってるとか、
迷走し始めてるとか。掲載雑誌はジャ○プなんですけど、こりゃーマズイよねぇ~。
多分どの編集部もそうなんだろうけど、ジ○ンプは特に『新人作家潰し』の異名を持つ悪名高い編集部なわけで、連載中に人気が出たらその作家に当初の設定ストーリーを捻じ曲げさせてでも話を長引かせて連載を続けて儲けようっつー姿勢がアリアリなわけで、その途中で強制迷走の末に潰れた新人作家がごまんと居るわけで、だからドラ○ンボールや幽○白書みたいに「人間界の最強の次は魔界かよ!宇宙かよ!」みたいな次から次へと強いヤツが出てくるような底無し泥沼ストーリーくらいしか生き残れないわけで・・・・・えぇい負けるな大場!負けるなデスノ!(あ、言っちゃった)
でもマジメな話、デスノみたいに対決相手がもう最初から最後まで決まってるような話は長引かせようが無いからマジで心配です。頼むから潰されてくれるなよ、と。ていうかLがイイね。キモカワイイ。

【多重人格探偵サ○コ】の意味プー展開についていけなくなって購読脱落した鈴木のような人にホントお勧めです【DEATH NOTE】。もっと明快かつスピーディーな頭脳戦展開が面白い。ただし上記の理由から今後に一抹の不安が。これこそ完結してから買うべき漫画だったかもしれない・・・。
現在単行本4巻まで絶賛発売中!!

・・・と、ここまで宣伝しておけば上記の記載もジャ○プ編集部に名誉棄損で
訴えられるこたぁ無いだろう(笑)。

さて、久々に質問回答ー。

Q. 「夏休み最終日=8月31日が誕生日なんですか!
   学生時代、ちゃんと宿題を終わらせるタイプでしたか?」

→終わらせるタイプでしたね。でもギリギリ最終日徹夜組です。
  なのでホント自分の誕生日を平穏に迎えた記憶がありません。

Q. 「私もレべレーションのサビの最後のWoa~ah~っていうところ好きです!
   頭から離れません!あの曲はライブで聴くとほんとにカッコいいですね!
   他にも好きなライブアレンジって有りますか?」

→基本的にライブアレンジの方が断然好きですね。そうだなー、特に好きだったのが
  【真実と幻想と】の間奏前の「血が枯れ果てるまで~ぇ~ぇ~ぇえっ!」ってやつかなー。
  アレはハイディのそん時のアクションがまた良かった(笑)。

Q. 「鈴木さん…あの…ハイディがしずかちゃんということはもしかして、
   ハイディの入浴シーンやパンチラが見れちゃうんでしょうか…?」

→あーこれはもう明らかに変態さんからの質問ですね(笑)。
  表記にはない「ハァハァ」という音が聞こえてきそうだ。ていうかハイディの入浴シーンやら
  パンチラを見てハァハァするなって方が無理だね。
  そうです、ドラえもんならそんなハイディが見れちゃうんです多分。

Q. 「鈴木さんの奴隷希望者ですがこんなやつでもいいですか?多分私Mです!」
→いやそれがよくよく検討した結果、やっぱり鈴木も「Mなのか?説」が浮上しまして(笑)。
  愛情のないM。う~ん・・・やっぱりいまいちピンとこないなぁ。
  ていうか鈴木の奴隷になったらものすごく不幸になりますよ絶対。

Q. 「evergreenのPVを見て思ったんですけど実はハイディって歯並び悪いんですかね?
   鈴木さんはどう思われますか?」

→ハイディは歯並び悪いですよ、基本的に。下の歯なんて特にガッタガタですし(笑)。
  それなのに一見キレイに見えるから不思議なんですよね~。
  そんなところにすらメロメロになってしまう自分はやっぱりアレだな、と思います。

Q. 「(前略)つことで、質問。
   ・・・・・・・・・・・・。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
   ど、どどど、どぅッ・・・どうしましょう!?あー、うー、あーあー・・・あ、あ、じゃあ、
   ハイドを好きってゆー新しい単位を定めてください。
   (ハイディ/ハイド/ハイ 等の単語は使用不可)」

→あれー、考えてたのに忘れちゃったよまとぅもとぅーさん(笑)。じゃ、『ぺんぺん』で。
  いやこれはハイディの新しい呼び名だったんだけど(ゆ。ちゃん談)、単位でもいいや。
  ※由来…ペンギンの格好をして静止し、喧嘩するスタッフの心をなだめて
        場を和ませたハイディに果てしない愛情を感じたことから。
  ※用例…癒し系&頑張るハイディに愛情を感じた時に使います。
   ・ 「マシューハイディって12,000ペンペンだよね~」
   ・ 「ステージをよじ登るハイディに8,000ペンペン」

Q. 「私はLaputaのSilent on-lookerという曲名をサイレントロッカーとか読んで友達に
   滅茶苦茶笑われました。(正しくはロッカーではなくルッカー)
   鈴木さんはそんな間違いした事ありますか?過去に歌詞の聞き取り違いは
   ちらちらと聞きましたが過去最高に「これおかしいだろ」的な間違いは何ですか?
   音楽関係でもそれ以外でも構いません~。」

→最高に「これおかしいだろ」的ではないんですが、最高に「それ頭ヤバイだろ」的だったのは
  ハイディの【HELLO】。結構長いこと【ヒーロー(英雄)】だと思ってそう発音してた(笑)。
  己の英単語力とハイディへの愛情に疑問を抱いた瞬間でした。

Q. 「今年のクリスマスは天嘉がありますね☆
   私は参戦予定なのですが、鈴木さんは行かれますか??」

→ガッツリ参戦組です!今年は本気で年末いっぱい・・・いや、年明けまで自由人なので、
  ライブその他行きたい放題です。

Q. 「インディーズ(ヴィジュアル系)とか聴きますか?聴くとしたら誰が好きですか?」
→う~ん、これは鈴木が「Laputa好き」と言ったことによる質問なのでしょうか。
  それが身近な友人はよく知ってますが、鈴木ってこれまでの成長過程において、
  いわゆるビジュアル系ってほとんど通ってない人なんですよ。
  あえて言うならラルクくらいかな?で、ようやくこの歳になってラピュさんにハマっただけ
  でして、ましてインディーズなんて全く聴かないですね。

以前短期間某サイトに掲載してたことがありますが、一応【RS】こそが音楽サイトなので、
鈴木のこれまでの音楽遍歴を語っておきます。ただ、これをするとモロに歳がバレる可能性が
無きにしも非ず。まぁそんなに隠してもないので、興味ある方は推察してみてください。
間違っても「○○歳ですよね?」とか質問は送ってこないように。
分かっても胸のうちにそっと秘めておいてくださいね。

● 小学生低学年
 ・姉兄の影響により無意識に嫌でも耳に入っていた音楽。
  ├ THE BLUE HEARTS
  ├ 爆風スランプ
  ├ 相当初期のB'z
  ├ 竹内まりあ
  └ DREAMS COMES TRUE

● 小学生高学年
 ・兄の影響が強いものの、比較的自発的に聴いていた音楽。
  ├ B'z
  ├ WANDS(←↑この辺は一心同体な感アリ)
  ├ CHAGE&ASKA
  ├ 米米クラブ
  └ TMネットワーク

● 中学一年生
 ・ようやく姉兄の呪縛から解放された時代。
  ├ B'z
  ├ 小沢健二
  ├ スチャダラパー
  ├ ユニコーン
  ├ TMネットワーク
  └ 久石譲の音楽

● 中学二年生
 ・同級生は空前のジャニーズブーム。もちろん鈴木はTOKIO派。
  ├ B'z
  ├ 小沢健二
  ├ ユニコーン
  ├ 小室哲也及び小室ファミリー色々
  └ 黒夢

● 中学三年生。
 ・運命の年でした。この年は結構ヴィジュアル系ブーム?
  周りは黒夢・LUNA SEA・GLAY等のファンが多かった。 
  そんな中で鈴木はわき目も触れずラルク一直線に。 
  ├ L'Arc-en-Ciel
  └ globe

● 高校生
 ・もうほぼラルクさん独走状態でどっぷりです。
  ├ L'Arc-en-Ciel
  ├ Cocco
  └ SOPHIA

● その後
 ・お馴染みメンツ揃い踏み。
  ├ L'Arc-en-Ciel
  ├ TRICERATOPS
  └ RIP SLYME

 ・そして最近新たに。
  ├ Laputa
  └ SUCK DOWN

こんな感じです。
実を言うとラルクの前に黒夢というワンクッションがあるので、夏のバブフェスで清春が【少年】を
やった時にあんなにもリアクションがデカかったわけです (過去ログ参照)
ちなみにこの黒夢にハマってた時も、もう黒夢が『脱ビジュアル』状態だったというか・・・あんま化粧してたイメージは無いです。清春はモード系スーツか裸か、みたいな(笑)。で、上記の表は相当大まかでして、中学一年生の欄にある『久石譲の音楽』なんてのはいまだに継続して大好きですし、
なんとなくglobeも好きですし、もちろんSADSに興味持ってた時期もありますし、やたらRIZEばっか聴いてた時もありますし、学校ぐるみでGLAYに洗脳されそうになった事もあります(給食中のお昼の放送では毎日【グロリアス】がかかっていた)。

だがしかし多分一番のぶっちゃけは、今までの鈴木の人生の中で最も傾倒していた時期が長いのがB'zだということじゃないでしょうか。まぁそのうちラルクが抜いてしまうでしょうが、すんげぇ聴いてましたね~。一緒にカラオケ行ったことある人は知ってますが、鈴木はカラオケで結構B'zも歌います。【RUN】とか【Wonderful Opportunity】とか【太陽のKomachi Angel】とか【BLOWIN'】【もう一度キスしたかった】とか【LOVE PHANTOM】とか【YOU&I】とか・・・ていうか、古ければ古いほど歌える(笑)。

さて、これから飲み会に行って来ます。

 

2004/11/27 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/26
昨日、本放送を見逃したリップスライムの【トップランナー】再放送拡大版を見ました。
もうこれだけは言わせて欲しい・・・

ナイス座席采配・・ッ!!

スーさんとペスを隣同士でしかも後列に座らせるあたり最高です。
鈴木はもうホントにスーさん&ペス君コンビが大好きで。
あの2人、絶対『お互いを理解し合っていながらも自分とは異質なモノだと思ってる』に違いない。
お互いに対する好奇心(またの名を「構いた病」とも言う)がスゴイんだもん(笑)。
気付くとどっちかがどっちかに手ぇ出してる。とりあえず昨日はペスの頭を撫でるスーさんに激しく悶え、スーさんを「シーラカンス」呼ばわりした挙句、「アレは保護した方がいいです」と言ったペスにこれまた激しく悶えました。そして先日Mステに出演して【Rock it!】を演奏した時の回の日記でも言いましたが、あの2人はお互い目が合う回数がやたらと多くて、さらに一度目が合うとどういうわけかしばらく見詰め合う。多分あれは「コイツ何かするんじゃないか?何かするんじゃないか?」っていう好奇心からお互いを見合うんだと思うんだな(笑)。だってホントに一番何しでかすか分からん2人だからな。なのにスーさん恒例の意味プー発言(※例 : 【TR】における「将来の夢は?」の問いに対する「イチローになりたい」発言)をいち早く理解し、通訳という名のフォロー(※例 : 「スーさんイチローと同じ歳だからね」)を入れるのは毎度ペス君だったりするあたり、やっぱりこの2人はお互いを凡人には測りきれない感じに理解し合っているように思う。

この『友情』とも呼びがたい不思議な距離感が好きだ。最後のペス君のメンバーをそれぞれ動物に喩える問いの答えがすごくその関係を象徴してると思った。

SU → シーラカンス
PES → 野良猫

魚であるシーラカンスは猫の捕食対象生物なので、いざ捕まえてみたら自分よりすんげぇ身体がデカくて鱗硬くて「食えねぇじゃん!ナニこの生き物!?」とうろたえるペス君に対して、「どもーこんちわ。絶滅種の太古の魚・シーラカンスです」と暢気に挨拶するスーさん。
「絶滅してんじゃん!アンタなんで居んの!?」と驚愕のペス君に対して、「いや~それがオレ長いこと地底で寝ててサー、起きたら周りみんな絶滅しちゃってんのヨー」と早速トワイライトゾーン発言のスーさん。
なんじゃそりゃと思いながらも、「どうでもイイけど、アンタ魚?食えんの?」と今日のご飯がかかってる必至なペス君。「あ~魚っちゃー魚だけど、猫に食えんのかな~分っかんねぇなぁ~」と恐ろしくテキトーに余裕をかますスーさん。
「じゃぁとりあえず一緒に住もう。いつか食えるかもしれない」と提案するペス君。「そうねー、そろそろ海も飽きたしぃ~」となんとビックリ陸上生活すら可能なスーさん。
「アンタほんとに魚か?」と疑心暗鬼なペス君に対して、「サカナサカナ、多分サカナよオレ」とどこまでも正体不明なスーさん。
心の中で密かに(「いつか絶対食ってやる」)と本能故の執着心を見せるペス君に対して、
(「猫って面白ぇ~」)と今後の人生の楽しみを見出すスーさん。

そんな種族間を越えた友情(違)を育む2人を温かく見守る飼い犬RYO-Z(唯一の良識&胃痛持ち)とライオンILMARI(百獣の王オレイズム万歳)とパンダFUMIYA(その外見を裏切る目付きの鋭さ)が『RIP SLYME』というおウチで仲良く暮らしてるんですよ。

・・・なんだかパラレルワールドに突入してるなオイ。
これ見てリップスライムに興味を持った人がいたら、是非ともCD買いなさい。

そして本日、年末最後のラルクさんTV出演情報!
例年通り場所がNKホールならラルクが出ようが出まいが問答無用で「行く!」と言っていた鈴木ですが、どうも今年は埼玉SPアリーナらしいってな話を聞いて「じゃ、いっか」と思った矢先のこのお知らせ。鈴木は応募が当たれば100%行きます。ていうか頼むから当たってくれ!

 

2004/11/26 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/24
うわー・・・、またまたお久しぶりです。
実は数日前に6~7年ぶりくらいにこの鈴木が珍しくマジギレする事がありまして、
しばらく夜の街を徘徊して遊び狂ってみたり、挙句旅に出てみたりしておりました。
普段温和な人間ほどキレるとヤバイみたいですよマジで。他人事みたいに言ってますけど、
完全に自我が吹っ飛んでしまってて、半分記憶喪失状態なもんだからしょうがない(笑)。
もうそんなわけで、パソコン自体触るの久しぶり~ってな感じです。

ここ数日そんな感じでとてもここに書けるような内容ではない生活をしていたので、
一応その旅の時に撮った写真でも載せておきます。


旅写真その? 湖がホント綺麗でねぇ。


旅写真その? 今年残り僅かな紅葉がホント綺麗でねぇ。


旅写真その? 分かりずらいけど、コレ鍾乳洞の中です。
『日本の鍾乳洞七選』に選ばれてるトコらしい。確かに広かった。
そして『三途の川』という名が付いた箇所で一人うずくまってた鈴木の姿はさぞ恐怖だった
ことだろう。いや、水の流れる音を聴いてただけなんですよ奥さん!

はぁ~、そんな感じで質問回答はまた後日。疲れたー。


[ ※以下私信 ]
松本さん
色々メールくれてありがとねー。
ろくに返せなかったが、見ての通りだ。
ブクロじゃ足りなくて、とりあえず関東から出たくて結構いきつくトコまでイッちゃってた(笑)。
ていうか今会ったらこの前以上にヤバイくらい荒れたトークになるぞ。
自然見てもね~なかなか完全には収まらんわけよ、この腸の煮えくり返り具合は。
てなわけで、今の鈴木はかなり危険人物なので多分会わん方が良い。

 

2004/11/24 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/20
さて、今日はのんびりお気に入りサイト様巡り~♪というわけで、リンクも貼らせていただいている
【41歳以上に贈るラルクアンシエル】様 を訪問。相変わらず密なテキスト群を舐めるように読み
漁るのももう度目か。そして、レコメンド・【Pieces】の『ストーリーテラーに挑戦』を読んでいて、
そこから久しぶりにソニーの オフィシャルPiecesサイト に飛んでみた。当時から何故に
この楽曲一曲だけの特設サイトが設けられていたのか不思議に思っていたのだが、
数年ぶりに飛んでみて改めてその不可思議さに首を傾げることになった。何故なら・・・

リ、リニューアルされてんじゃん!?

すでに楽曲リリースから5年。有り得ないでしょう、これ。
少し前まではサイト自体は健在だったけど、画像部分とかはもう全てデッドリンクになってて、
そりゃーもうヒドイ有り様だったのにな。近いうちに消滅すると信じて疑わなかったのに、
まさかそれがリニューアルの為の移行期間による一時的な崩れだったとは。
しかもフラッシュ多用で以前よりもさらにグレードアップして存続してるじゃありませんか。
この力の入れ様、どういうこっちゃこれ。メンバー知ってんのか?いや知ってるわけがないだろう。

アルバムならまだなんとか無理矢理にでも納得するとして、たかがシングルですよ。
しかも付け加えて言うなれば、この曲はあの破天荒・二枚同時アルバムリリース【ark】【ray】っていうモンスターダブルボックスの先行シングルだったわけだから。『大事の前の小事』じゃないけど、
ダブルアルバム発売の前の何てこたぁないシングルですよ。ついでに言えば、
その『大事』に当たる【ark】【ray】リリース記念の特設サイト『arkray.com』はキッチリ期間限定で
カウントダウンまでされて終わったのに。

ちなみに今現在『www.arkray.com』にアクセスすると面白いことになります。
え?天下のソニーさんがアカウントそのままでサーバー使い回し?みたいな(笑)。
そんなんするならわざわざ2ヶ月(だっけ?)で閉鎖せんでも、こっちも続行してればいいのに。
もう一回ハイディのパラパラ漫画【VAMP】が見たいよ。

いや~、驚き桃の木二十世紀な一日でした。

あ、それと一時は「やっぱりデマだったのか?」と思われたニューシングル、ようやくマトモな形で発表になりましたね。新しいアー写、ハイディが可愛い・・・。いや、至って普通なんだろうけど、もうなんだ。ズバ抜けて可愛く見えるのは鈴木の目がズバ抜けて腐ってきた証拠なのか?そうなのか?
ていうかまた痩せたねハイディ。そしてちょっと髪切ったなコンニャロ。あぁ黒髪ロンゲサイコー。

ハァハァしてきてしまったので、さっさと質問回答~。

Q. 「11月9日の日記を始め色んなところでAnemoneが変!とおっしゃっていますが、
   私にはどこがおかしいのかさっぱり分かりません。この、音楽的知識が全く無い私に、
   Anemoneを始めとするハイド曲のどこが変なのか、ぜひ教えて下さい。」

→「どこ」と言われるとものすごく困るんですが(笑)。
  抽象的というか、感覚的な表現でしかご説明出来ないんですよ、この「変!」さは。
  ていうか、それがもうすでに「変!」なんですが。
  無数にある音楽の中で、音の並びっていうのがある程度確立されてるんですね。
  それが明確な形になってるのがいわゆる『コード進行』ってやつでして。その基本となる
  進行ってのは、人間の五感にとって心地良く感じる旋律というか、ハマる音の運びなわけです。
  どういうわけか、並べると不協和音に感じる音の相性ってのがあるんですよ。
  まぁその基本的なコード進行に全て従って曲作ってるアーティストの方が少ないでしょうが、
  その逸脱振り(冒険振り)がハイドさんの場合は並みじゃない。いや、崩れ方がデカイって
  ことじゃなくて、崩れる路線?進行方向?が突拍子もない向きに進むっていうか。
  崩れ方がデカイと不協和音と呼ばれるような旋律になって、中にはわざとそれをして印象的な
  音を作って売りにしてるアーティストもいますが、ハイドさんの場合は基本から逸脱した
  「変!」な音なのに決して不協和音にはならないからスゴイわけで。
  音楽的知識が無い方に実際にそれを音で体験してもらうとすれば、【Anemone】の場合、
  Aメロの最後「気持ちは冬を 越えてゆく 」という部分、この「越えてゆく」から間奏への音の
  運びは不協和音一歩手前ってとこまできてる。それをカバーしてるのがハイドさんの歌メロと、
  多彩な音を細かく怒涛のアルペジオで繋ぎまくったケンちゃんのギターだ。
  この曲のカラオケver.(歌ナシ)があったらもっと分かりやすいと思うんですが。
  それからハイドソロの【HELLO】。
  これはハイドさん本人も「有り得ない音の運びをやっちゃってる」と言ってる通り、
  前奏があって出だしでいきなり「目 覚 めた」の「覚めた」で有り得ない音の運びによる
  “強引プレイ”で転調してますからね。前奏ってのは歌の入りまでを勢いづける前フリなわけで
  その自分が作った前フリを蹴り飛ばして「ヤッホーこんちわ!」と歌メロが顔を出してくる
  その神経回路は、やっぱりスゴイ。「変!」だ。以前、氣志団のセロニアス翔さんの
  オールナイトニッポンに出た時、「コードを知らないで曲作ってる」つーて団長と意気投合
  してたけど、知らないからこそ出来る破天荒な「変!」さだと思う。

つか、長ッ!!
そんなわけで本日はこれまで。
何度も言うようですが、鈴木がハイディの音楽センスによく言う「変!」は、『異質で特異な類稀なる変幻自在唯一無二のセンス』というような意味合いの略であって、最上級の賛美のひとつです。
貶しての言葉と誤解されぬようお願いしたい。

とゆーか。
人が「デストでも『hyde's Diary』みたいのやんねぇかなー。てゆーかLE-CIELに入らずデストオンリーに会費投げ打ってる身としてはそれこそデストでやれよ!って話なんだけどな~」と言った次の日に『Hydeist Times』発行の告知とはこれいかに?予知能力ですか?そんな鈴木は先日とうとう結婚相手が夢に出てきてしまった。それが全く知らない名前&顔の男の人だったくせにやけにリアルだから恐い。知人・友人・芸能人・その他著名人においても、記憶にない名前なんですよね。

白○ 慎一朗って、誰?みたいな。

このね~、名字の二文字目だけが不思議と記憶にない。
白井?白瀬?白木?なんかそんな感じ。その他の記憶は鮮明なのに、これだけ曖昧。ちなみに
身長が190cm近くありました。夢の中でも「ほんとデカイなーこの人」と思ってたのを覚えてる。
というわけで、身長190cmくらいで真っ青なYシャツをよく着ていて、
いわゆる『先生』と呼ばれるようなお仕事(詳細不明)についてる34歳・未婚の白○慎一朗さん。

アナタが鈴木の結婚相手かもしれません。

だからなんなんだ、この恐いくらいリアルな非現実感は。
もしこれが夢にありがちな『自分の理想が具現化された像』だとしたら、
まず身長190cmは有り得ないだろう(←小さい人好き)。

 

2004/11/20 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/18
お、お久しぶりな鈴木です。

昨日は松本さんとラーメン食べにブクロに行って来ました。
先日はアモさんとサシでひたすら気持ち悪い話をした鈴木ですが、昨日の松本さんとは深夜に近付くにつれどんどん恐い話をしてました。なんていうか、「まぁミッドナイトだし?己の欲望を曝け出してみようかい」というわけで、それはもうディープで犯罪的な会話だったかと(笑)。
もし鈴木がある日突然姿を消したら、まず一週間以内に松本さんのマンションを捜索して
みてください。多分居ます。飼われてます。

そんで昨日はマシューの名場面&未公開映像特集。
未公開特集を期待してたのに、なんだよハイディのカラオケ名場面かよ・・・。
マシューじゃんけんのハイディが見たかったのに(凹)。
それにしてもマシューのハイディは可愛いなぁ。ホントに可愛いなぁ。

さて、溜まりまくってしまった質問回答~。

Q. 「今まで、テストで取った最低点数は何点ですか?(笑顔)
   また、中学五教科の平均点を教えられる範囲で教えてください(笑)。」

→最低点数は多分『5点』かなー。
  中学五教科の平均点っすか!?もう10年前の話なんで覚えてないな(笑)。
  でも中学生まではいわゆる赤点ってのは取ったことなかった気がする。
  落ちたのは高校s・・・ゲフンゲフン。

Q. 「その鈴木さんイチオシのサイトさん、是非知りたいですっ。」
→教えて差し上げたいんですけどね~、それが出来れば苦労しないわけで(悩)。
  どうも『ひっそり』やるのが管理人さんの求めるところのようなので、
  メールアドレスでも送ってもらえればこっそりお教えしますよ。あくまでもこっそり。

Q. 「素敵な絵描きさんって尚月地さんですか?
   違ったらすみません。尚月地さんは素晴らしい方です^^」

→う~ん、その方ではないですね~。お名前検索して絵を拝見しましたが、
  確かにスゴイ!キレイ!細かい!が、しかし。鈴木が好む主体は主に男性体なんです(笑)。

Q. 「鈴木さんが「レントゲンストーリーズ」を見ていてで最も人ではなくなったのはどのPV、
   シーンですか?教えてください。」

→やっぱり鈴木も【SECRET LETTERS】ですね。棺桶ハイディ。

Q. 「リップのマスターピースはもうお聴きになりましたか??今回一番オススメな曲は?」
→ヤベ、まだ入手してないです(笑)。今週末あたりに入手予定。
  聴いた暁には、漏れなく日記で感想を綴ることになるかと・・・。

Q. 「H×Hの配役、お見事でした!特にテツ→シャルとガクト→ヒソカ(笑)
   そういえば、冨樫先生が描かれたラルクさんの似顔絵はご覧になったことありますか?
   あれのハイドはまんまクロロです(笑)」

→見たことありますよ~。なんせラルクファンの冨樫マニアですから。
  確かにまんまクロロだな(笑)。鈴木はあのイラスト見てハイディの『左瞼変化症候群』まで
  しっかり描かれてたのが感動的でした。そこまで見てるのか冨樫さんよ・・・、と。

Q. 「普段見えない部分が見えるとすごくときめきますよね。鈴木さんははいどの素足には
   ときめきませんか?意外と足の指長いですよね。手の指は短いのに(愛)」

→ガンッガンときめきましたYO!で、漏れなく「こんなトコ(足先)まで可愛いのか!」と
  思ったとか思わなかったとか。キレイな形の足してますよね。

Q. 「「SECRET LETTERS」の白ロンゲハイディのお帽子を取ったら、
   触覚が生えている(妖精さんだから)と信じて疑わないのは私だけですか?」

→大丈夫、鈴木もです。触覚と光の輪が同時に存在してると信じて疑いません。

Q. 「鈴木さんのカラオケで歌う曲ベスト&ワーストは何ですか?」
→うわーなんだろう!ワーストは罰ゲームで度々歌わされる玉置成美の【Believe】か
  Do As Infinityの【冒険者たち】あたりですかね。ちょうど出しずらい音域が延々続く(笑)。
  ベストはなんだろう・・・ハイディの【Lucy~】はかーなり歌いやすくて好きだな。

Q. 「パパラッチの横にゴロンしてる写真を見て「ウファッ!」とか叫びました。
   (ウフフとかウワッとかが混同したっぽい)
   あのスケたタンクに興奮し、「その無防備な脇腹つかみたい・・。」と思いましたが。
   鈴木さんはどうでしたか??きっと私よりもスゴイのだろうかと・・(笑)
   カリスマの反応が気になる次第です。」

→「んがっぐっぐ」。
  サザエさんの最後の豆を飲み込み損ねたようなあの擬音。息を飲みそうになりながら
  次から次へと出てくる素敵ショットに呼吸が追いつかずに出ちゃった音、みたいな(笑)。
  しかし白目萌え第一人者としては、やっぱりあの椅子に座った白タンクトップ姿の
  口元になんか当ててるショットに参りました。

あー、ハイディライブに行きたい。

 

2004/11/18 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/14
どうも、ロックでドMで只今ご主人様募集中のミラクル鈴木です。
14日のまだ早朝ですが、日記UPしちゃいます。
本当は13日の日記とひと続きだったんですけど、諸事情により分けました。

さて。

昨日は久しぶりにアモさんと2人でメシ食いにブクロ行って来ました。
普段あんまり2人きりで会う事ってないんですけど、なんか年に一回くらい気付くと2人でメシ食ったりしてます。なんだろうな、恒例行事か(笑)。そしていつも思うんだが、2人で会う時ってほぼ100%下ネタトークじゃないか?え?いいの?そんなわけで、昨日は本気で終始気持ち悪い話をしてました。 ホンットに気持ち悪い話ばっかりしてました。 覚えてるのは、お互いのキチガイぶりとSMとウ○コの話ぐらいだ(うわ最低)。内容はそんなんですが、久しぶりに涙が出るくらい笑いましたね~。
喋れないくらい笑いが込み上げてきたのは久しぶりです。軽く呼吸困難じゃん、みたいな。
いやーしかしあの会話を録音してなかったのが悔やまれるなぁ。多分売れたよアレ(笑)。
ていうかアモさん、「ネタにしていい?」って言われて「いいよ」とは言ったけど、
ホントにそのまんま日記に書くとは思わなかったよよよ・・・(⊃_<)

さて、話は変わりまして。

いよいよ500000hit企画の準備に取り掛かったんですが、

今回はマジで頑張ってますYO!

ちなみに企画内容は以前日記 (過去ログ参照) で公言していた通り、キリ番リクエストではなく一斉アンケートです。で、何を頑張ってるって、以前散々悩んでた『お礼の品』ってやつですね。いよいよ決定したそのお礼の品とは・・・・・イラストです。イラストですよ。

イラストですが、なにか?

ポエムよりはいいだろ。
本来テキストサイトのはずなのに、ここ一番!って時には何故か毎度イラストで勝負する【RS】ですが、細かいことは気にしないでください。 過去の日記を溯れば分かりますが、以前は一応ギャラリーのコンテンツもあった時期もあるんですヨ。
んで、そのイラストを頑張ってるわけなんですが、何が大変って・・・ふふふふふ、普通の単なるイラストじゃないんですよ。今までのラルクサイトさんがまずやったことねぇだろ!っていう形態のイラストです。まず異常なのがその数だ。とある計画上、最低5枚は描かなきゃならないんスよ。
理想を言えば36枚描くと完璧なんですけどね。

・・・え、36枚?

あぁバカだよコノ人!なんでこんなの思いついちゃってんの!?
いくら面白そうだからって普通ホントにやるか!?バカじゃないの!?
みたいなね、もしかしたら肝心の500000hitに間に合わねぇんじゃねーか?的な問題もありつつ、
しばらくヒッキーになって頑張ります。いつか自分のこのエンターティナー精神を呪う日が
くることだろう・・・。

○てなわけで、オマケ↓



36枚(予定)のウチの1枚の一部(細かッ!)、ハイディ~ンです。
(バックの文字は実際のものとは異なります。単なる鈴木のぼやきです。)
恐らくドット絵以外初めて鈴木のイラストってモンをご覧になる方も多いかと思いますんで、
一応こんな感じです。この絵の感じが嫌いな人には何の魅力も無い企画だな(シャレにならん)。
あ、ちなみに場合によっては36パターンオールハイディということも有り得ます。
ていうかむしろその可能性大です(←基本的にハイディしか描けない人)。
ひたすらハイディが36パターン・・・いくらファンとはいえ、さすがにそんなに色んなパターンの
ハイディが思いつくんだろうか自分・・・はぁ(悩)。

じゃ、ちょこっと質問回答ー。

Q. 「『目の前に、それはそれは美しいハイディがいます。
   お持ち帰りする事は可能ですが、その為には次の3つの条件の内のどれかを
   選ばなくてはなりません。鈴木さんならどれを選びますか?』
   1.体毛がメチャメチャ濃くなる
   2.顔がメチャクチャ濃くなる
   3.アモさんより濃いキャラになる
   ・・・さあ、鈴木さんの回答や如何に!?」

→えーと、3番で。天才★アモさんを超えてしまったら果たしてどうなってしまうのか、身をもって
  体験してみたいです。ていうか、『それはそれは美しいハイディ』とやらを前にしたら、今の鈴木
  のままでもアモさんに負けねぇくらいのヤバキャラになることは目に見えてるんですが(笑)。

Q. 「akiさんの声が離れないのですがどうしたらいいでしょうか?
   ちなみに流れているのは「Round Round a Round.....」とか言ってる大好きなあの曲です(爆)」

→あぁ~そりゃ【ナイフ】だね(笑)。いいじゃん、そのままakiさんの事も大好きになっちゃったら
  いいんじゃないか?結構幸せになれるよ。

Q. 「このあいだ痴漢にあいました。有名な話ですが、昔、ハイドさんも痴漢にあったそうですね!
   ハイドさんを女性とまちがえたのでしょうか?それとも…鈴木さんはどうおもいますか!?」

→え、どうって・・・女と間違えたんじゃないですか?当時のあの髪型であの身長なら、
  むしろ通りすがりに『男だと思え!』って方が無理な話だと思う(笑)。

Q. 「ルパンの配役、ツボりました!!では、「ドラえもん」ではどうですか??
   (ゲゲゲの鬼太郎でも可です)鈴木さんのナイス回答を期待してます!!」

→ドラえもん!?よりにもよってドラえもんかよ(笑)!!
  あーそうですね~、まずのび太はテツさんにしましょうか。んでジャイアンがケンちゃんで、
  スネオがサクラかな。ユキヒロさんが出来杉君で、ハイディがシズカちゃんでいいだろ。
  ・・・え?ドラえもんは?あ、じゃ大石社長で(笑)。
  ていうか明らかに無理!

Q. 「他のサイトさんで、今年のハイディ発言から流行語大賞を選ぼう!
   みたいな企画をしてたのですが、鈴木さん的今年のハイディ's流行語は何ですか?」

→「いくわよ」
  実はこの言葉、結構デカイ場面で2~3回言ってる。
  世間で流行っていうか、ハイディの中で流行語なんじゃなかろうか。

ちょこっととか言いながら、結構回答してるなー。

 

2004/11/14 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/13
ようやく動きましたね、ラルクさん。

2005年1月ニューシングルリリース決定!

デマ?とか思ってたけど、どうやら一応公式発表(ラルコムで見れます)となったようなので確定ですかね。やっぱりちょっと怪しいけど。しかしシングルかぁ~・・・でもごめん!メチャクチャアルバム
希望なんだよNE!ま、そのシングルで次のアルバムの片鱗が見えてくるのかと思うと、
ヤバイくらい楽しみだ。

ていうか、そうなると俄然年末恒例のMステSPライブが気になるな。

さて、突然ですが。
CD等をネット(HMV派)で購入するようになって早1年半。
昨日ようやく【ラルク in USA】のDVDを予約したついでに現在までの購入履歴を見たら、購入品数14点で、支払い総額は6万円を越えていた。1年半でこの金額を多いと見るか少ないと見るかは、己の『音楽』に対する愛情に問うべきだという話。そんな鈴木は最近またネットオークションに手を出し始めようかと思っている。もちろんもうあまり欲しい物は無いので、今度は売り側として。
ちなみに過去鈴木が出品し、最も高い利益率を出したのがユキヒロさんソロ表紙のRRN。
3400円くらいという、元値の5倍くらいの値段で売れてしまいました。
ていうか、なんでアレを売ってしまったのか当時の自分に問いたいところです。

質問はまた明日。

 

2004/11/13 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/11
オデッセイの【REVELATION】で、毎度ハイディがサビの最後を「ぅあん~わん~ぅえぃ~」って
アレンジして歌うのが好きな鈴木ですこんばんわ。しかし、実際はあんなにカッケェのに、文字で表現するとなんでこんなアヤシイ&ショボくなるなるんだろう。あの発音は活字じゃ表現し切れないわ。

ハイ、質問回答~。

Q. 「私もSECRET LETTERSのハイディは「人間じゃない!!」と思いました(笑)
   ほんと鈴木さんの仰るように、想像上の生き物だとか、「何これ人形!?え!?妖精!?」て
   思いました(笑) でもあのPVのハイディは何だかツリ目に見える気がしません?
   そこがまた冷たそうで良いんですけど(笑)」

→あ~確かにツリ目っぽく見えますね。いや、なんだろう・・・もう普段のハイディとは
  別人にしか見えないっていうか(笑)。妖精さんなんですよ。

Q. 「ではでは、ハンターハンターで配役するとすればどうなりますか??」
Q. 「ワンピースだめですか、残念です。
   では、ハンターハンターで!クロロはやっぱハイドですか?」

→お二人の方からリクエストがきましたH×H(笑)。
  う~ん、まずは皆さまのご期待に添いまして、クロロはハイディで。つーか、登場人物多過ぎて
  どこらへんのキャラまで使っていいのか判断が難しいな・・・。全員旅団にするか(笑)。
  じゃ、テツはシャルナークで、ノブナガがサクラで、ユキヒロさんがフェイタンで、
  ケンちゃんが・・・ウヴォーキン?うわ!自分で言っててコリャ微妙だ!
  ちなみにヒソカはガクトで間違いないと思う。うん。

Q. 「SECRET LETTERSのPVのハイドさん、結構簡単に捕まってましたね。
   あんな簡単につかまるなら・・・もちろん捕まえに行きますよね?
   (見つけるのと捕獲後の飼育が大変そうですが)」

→当たり前!逃げ回るハイディに網投げたいですよ!
  ・・・え?これ、なんかの新しいプレイですか(笑)?

Q. 「ラルクもしくはhydeistでこんなグッズがあったら間違いなく、むしろいくら高かろうが
   GETするのにー!ってものありますか?後今まで購入して満足だったものはなんですか?
   私はSSDの虹色ストラップです。」

→鈴木ってとにかくグッズって買わない人なんですよね(笑)。
  う~んそうだなぁ・・・『ラルクの歴代全ツアータオル詰め合わせ』があったら欲しいかも。
  実際にあったかどうか分からないんですけど、【BIG CITY NIGHTS ROUND AROUND '96】の
  骸骨タオルが欲しい。グッズの中でかろうじて買うのが毎度タオルだけってのもな(凹)。
  今まで買ったグッズで満足してるのは・・・タ、タオル?
  あ、あと顔缶かな。見て楽しんで飲んで満足。

Q. 「鈴木さんが投網でhydeさんを捕獲!レントゲンストーリーズでならどのhydeさんを
   捕獲しますか?レントゲン~以外でならやはり黒髪ロングさんを捕獲ですか?」

→【ROENTGEN STORIES】の中だったらシャロスリかなー。
  それ以外ならもちろん【REAL東京ドーム最終日】のハイディだ!ていうか、あのとんでもない
  衣装のハイディに網って・・・いよいよアヤシイプレイらしくなってきてしまった(笑)。

最近DVDが増え過ぎて整理が大変になってきました。
DVDマンセー!(*´∀`*)アハハウフフ

 

2004/11/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/9
鈴木が超もんのすごくズバ抜けてミラクル級に敬愛してるイラストサイト様がありまして、
そちらの管理人さんが数少ない鈴木的『天才だな~この人』の称号を持つ方なんですが、
もう是非とも皆さんにも見ていただきたいんですけど、なんせ全くラルクとは無縁の別ジャンル・・・
ていうかオリジナルイラストサイト様なので、いくら『リンクフリー』となってても、果たしてリンクを貼ってよいものかと思ってるわけです(長ッ)。多分【RS】に来てくださる皆さまの中であのサイト様をご存知の方って皆無に等しいと思うんですが(そんくらい無縁)、そういうサイト様をご紹介したい時って
どうすればいいんだろうなぁ。

てゆーか、とにかくスゴイ方なんですよ。上手いとかキレイとかそういうレベルではなくて、
「どうしたらこんな絵が描けるんだ?」みたいな。絵というよりあれはもう写真に近い。
なんだろう、レイアウト?デッサン?空気感?人にしても物にしても配置や色付けやぼかしが
正確なんですよ。それでいて一枚の絵全体にはパーフェクトな一体感があって、随所に作者様の
カラーが見られて。あの主体から背景から小物等まで全てを緻密に描き上げる腕前は
『ゴッドハンド』だな。そしてあんなフィクション設定が描ける頭は『ゴッドブレイン』だ。
ヒントは『深森』。鈴木が一番好きなシリーズです。

はぁー、心から敬愛してる方を誉めるのって気持ちいいな。

さて、では昨日予告してましたオデッセイ拡大版の感想。

「なっちょらんわ○ジテレビ!」

ホントになってない。ダメダメだ。
どうしてあの伝説のMC「いくわよぉぉぉ」を入れなんだか!?
やたらハイディがギター持って演奏される曲ばっかチョイスされてたのも、『ロックイベント』を強く意識したフ○テレビさんの意図工作なんだか!?なんだかあまりにも『いつものラルクさん』が削ぎ落とされてて、放送局側の作為が感じられる構成でガックリでした。まぁその作為ってのも、
放送曲側からしてみれば「ラルクを思ってこそ」の善意からくるものだったのかもしれませんが、
それにしてもファンには物足りな過ぎる内容だったなぁ。
ハイディは両手がフリーになってこそのフロントマンなんだよ!ギター持ってない方が良いパフォーマンスするんだよ!「よこはまー」連呼のMCなんかそれこそ要らないんだよ!

と、最初にダメ出ししたところで。

いやーでも思いの外、追加放送された曲数が多くて良かったね。
鈴木なんか「せいぜい増えても5曲くらいじゃね?」とか思ってたんで、7曲も放送してくれただけ
マシでした。まぁ実際演奏された曲の半数しかないわけですが。でもって「ヨシ!」と思ったのが
【REVELATION】が放送されたこと。実際会場で聴いてても、あの曲が一番盛り上がってた気がする。え?鈴木だけか(笑)?後はもう終始ハイディのキューティクルヘアが素晴らしくて可愛くて結構声もイイ感じに出てて乳首も透けてて良かったな、と。

さて、ザクザク質問回答~。

Q. 「お腹が空いたので、何か作りに来て下さい。ラーメン食べたいラーメン。
   オススメのラーメン屋さんはドコですか?
   連れてってください。質問も、ネタが尽きて来たー!」

→ネタに困ってこの質問かよ・・・修行して来いマツモン。
  オススメのラーメン屋さんは所沢にある『バンキ』(漢字忘れた)。
  鈴木が月イチで埼玉に行く理由のひとつでもあるお店だ。
  車運転してくれるならナビして連れてってやるよ。

Q. 「鈴木さんが今までのハイディの格好(衣装)でツボった(ストライク!な)ものは何ですか?」
→ん~大概もうハイディ&センス自体がストライクなので、ハイディの格好で「うへっ」って
  思ったモノの方が少ないな。ここ最近でストライクど真ん中だったのは、
  【アリゾナの魔法】のスタジオでの衣装&スタイリング。丈の長いコートに弱いんです(笑)。

Q. 「最近、藤井フミヤの髪型&メガネ姿を見ていると、顔がハイディに変わって見えてくるの
   ですが、病的なところまで逝っちゃってる証拠でしょうか・・。」

→おぉ~それはまた新しい病状ですね(笑)!いや、てゆーか間違いなく病気でしょうソレ。

Q. 「デストのムービーとDVDの捕獲シーンの二連打でめまいと共にああ~~~っと声を上げ
   ながら床に倒れこんでしまったのですが、鈴木さんはもうご覧になられましたか?
   見たあとの「Top of アレ」であろう鈴木さんの容態が心配です。生きてますか?(笑)」

→一瞬意識がキレイな小川が流れるお花畑に飛んだ事は確かですが、
  か、かろうじて生きてます。ヒトとしてまっとうに生きれてるかは不明ですが(笑)。

Q. 「最近私はAnemoneに嵌りまくってエンリピ中ですが、
   鈴木さんはAnemoneについてどう思われますか?」

→どう思う・・・どう思うんだろうなぁ。とにかく「変!」曲ナンバーワンだと思います(笑)。
  それと同時に、『ハイディにしか作れない、ラルクでしか出来ない曲』だとも思う。
  よく懐かしい音楽を聴くと、その曲を聴いてた当時の自分の思い出や光景が蘇ったりする・・・
  て言うじゃないですか?【Anemone】に関してはそういうのが無い気がする。
  もうこの曲を聴くと、この曲が持つノスタルジックな世界観だけに否応無く引き摺り込まれる、
  というか。他の自分の思い出なんか思い出してる場合じゃないよ!みたいな(笑)。
  とにかく複雑で大きくて深い曲だと思います。鈴木も大好きですよ。

Q. 「鈴木さんはもうシークレットレターズのHYDEダンスをマスターされましたか?」
→え、いや、全然(笑)。果たしてあれを『ダンス』と呼んでいいのか。
  ああいう動きを見ると、昔のハイディを思い出しますね。やっぱり根本的には何一つ
  変わってないんだな~と、妙に安堵した踊りでした。しかし不思議な動きだな。

Q. 「ごめんよ~ジュエル~♪トライセラの新曲結構好きなんですが、
   鈴木さん的には如何でしょう??」

→鈴木も好きっぽいですよ!「ぽい」ってのはまだちゃんと聴いてないからなんですが
  (これから入手予定)、前にテレビでチラッと聴いた時にピーンときました。
  以前のトライセラ・・・原点?に戻った感じじゃないですか?

Q. 「「ゾフィー」じゃなくて、「ルフィ」だよこんにゃろ!ウルトラマンかっつーの!
   あ、あとジョンよりイワンだべ<遅ッ!!」

→あ~そうだったそうだった!こっそり直しとくサー。いや~見てないのモロバレだな(笑)!
  てか、ウルトラマン・・・(凹)。えぇぇ!?ミラクル★アモがイワン派ッ!?<ホント遅いよ
  だってあんた妻夫木好きじゃん!なんでだよ!?

アモさんでキレイにオチがついたところで本日はここまで。
今日こそは【ぷっすま】を見なくては!(絵心クイズ大好き)

 

2004/11/09 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/8
やっとこお忙し週間終了!しばらくの~んびりします。

て、い・う・か。
ようやく【ROENTGEN STORIES】見ました。

見てしまいました。

多分見てはいけないモノを見たんだと思います。

しばらく人間でいる事を放棄しようと思いました。

あれを見た時の鈴木は・・・

「んぶぁ!ぅがっ!ぉひゃー!いやいやいやいや、待て待て待て、
 ちょっとちょっと、いやーちょっと何だよこれ、
 ちょっと待っ・・・あぁぁぁ!いやもうこりゃスゲェな!あぁぁ~
 オイオイオイ!もうホンットごめんなさい!許してチョンマゲ!」


丸っきりアハハイヒヒウフフエヘヘオホホの世界ですよ。
自分で「なにこんな一人でつぶやいてんだろうな」と思いながら上記のような事を延々延々つぶやきながら見てました。なんだろうね、黙って見てられないんだよね(笑)。とにかく素晴らし過ぎますハイドさん。【SECRET LETTERS】ですか、ありゃーなんちゅーかもーあのー・・・

ヒトじゃないな。

自分と同じ人間ではない。
未確認生物とか、想像上の生き物とか、そんな感じでレベル的には『ツチノコ』に匹敵する存在じゃないでしょうか。そのうち過疎な村とかで村おこしに『ハイディ捕獲大会』とか開かれるんだよ。
ハイディを捕まえた人は幸せになるんだよきっと。でも参加者は「捕まえてはいけないモノ」みたいな不思議な感覚があるんだよ。このまま『未知の生物であるべき』みたいな、大会の主旨とは全く反した想いに囚われて、毎度捕獲者ゼロで大会が終わるんだよ。それでそのまま何十年も
『果たしてあれは実在の生物かそれとも想像上の生物か』なんて議論が延々繰り返されるんだよ。

・・・あれ、何の話してたか分かんなくなってきたな。
ちなみに鈴木はツチノコは想像上の生き物だと思っている。

えーとなんだっけ、あっそうそう【ROENTGEN STORIES】ね。
そうだった。やっぱりDVDってイイね。すんごい映像がキレイだ!
今まで【evergreen】のPVって人様からダビってもらったのしか持ってなかったんですけど、なんせダビだから画質がちょっと潰れちゃってて、今回初めて周りの壁面に柄があるのを知りましたよ。
ずっと真っ白い壁なのかと思ってた。
それと最後にまた【evergreen】に戻ってエンドロールが終わるラストで、画面がモノトーンになって静止してフィルタがかかって終わるじゃないですか?あの加工が好きだ!掘りの深いハイディの目周りが真っ黒になっちゃう感じがイイ。ていうか、是非とももうちょっと頑張ってもらって全編1時間半くらいにまでして欲しかったな~。

いやーそれにしても可愛いな。可愛いよ。可愛いぞハイディ。

あ~もう食っちゃいたいな。

これが本音です。
カリバニズムじゃないですが、バリバリムシャムシャハムハムしたい。

そんな感じで質問回答ー。

Q. 「ルパンの配役お見事でした。ぜひ、ワンピースの配役もやってみてください。」
→いや~、それが鈴木ワンピース見てないんですよ。
  見てたのはジャンプ本誌連載で、ルフィが捕まってるゾロを助けて仲間にするってあたり
  までで、本当に最初の頃しか知らんのです。よく名前を聞くサンジとかマジで知らない。
  ハ、ハンターハンターなら分かるんですけどね(笑)!

Q. 「もしも、手のひらサイズのリトルなハイディをお持ち帰りでき、
   尚且つそのまま家で飼えるとしたらどうしますか?」

→あんなことやこんなことします。とてもこんな公共電波で開けっぴろげに
  言えることじゃないのは確かです(笑)。ちなみに質問が「どうしますか?」ではなく
  「どうなりますか?」だったら「ヒキコモリになる」と即答するところですね。

Q. 「成宮君との記事のH、私はまだ立ち読みしかしてないんですが(爆)、
   hydeさんとシーツという組み合わせにエロスを感じてしまいました(笑)
   いや、なんかhydeさんの顔&雰囲気ってエロスをかもし出しているナァ~…
   なんて思ったんですが、鈴木さんはどう思いましたか?」

→エロスか・・・確かに年季入った気だるい玄人なエロスを感じますね(笑)。
  決してフレッシュで衝動的な素人のエロスではなくて、完全計算型のゴージャスエロス。
  とか仰々しく言ってみたけど、要はハイディの顔&雰囲気はエロい!という話。
  なんか濃いんだよな。

Q. 「昨日の質問のハイドが編集長に可愛いといわれてるのは、どこにあるのですか?」
Q. 「2日にアップされていた質問で、アモさんからの質問にあった編集長のコメントって、
   何の雑誌に書かれているんですか?ハイディにハァハァしてる人見るの大好きなんで(笑)
   ぜひ教えて下さい(><)」

Q. 「質問に質問なんですが、どこの編集長に「可愛ええのぅ」といわれたんですか?」
Q. 「編集長にまで「可愛いのぉ」とか言われちゃっていた雑誌ってなんですか!?」
→・・・と、なんと4名の方から同一内容の質問をいただき、波紋を呼んだらしい某雑誌編集長
  「可愛いのぉ」発言(笑)。雑誌は【B-PASS】(2004年1月号HYDE表紙)です。
  その撮影取材ウラ話がオフィサイトに載っていて、例の記事ページが コチラ
  記事担当の『(浩)』ってのはB-PASS編集長・田中浩一氏と思われる。
  てゆか、ホントにこの編集長が書いた記事のハイディ可愛いよ。
  さすがにハイディとは一番お付き合いの古い雑誌だけある。

Q. 「リニューアルしてABOUTにhyde依存症候群の質問が増えましたが、
   読んでいて鈴木さんって彼氏がいるのか?とふと思ったのですがどうなんでしょうか?」

→一応いますが、普通のカップルとはちょっと違う感じです。でもお互いを最も理解し合い、
  最も近い人間だと思ってます。あんまりにも自分に似てる異性の人って、
  一緒にいるのはホント楽だけど、その感情を恋愛に持っていくのは至極難しい。

Q. 「いきなりですが、鈴木さんとお友達になるにはなんか条件があるんですか?笑」
→いや、特にないと思いますが(笑)。
  鈴木は誰とでも友達になれるタイプの人間ですが、親友は極めて少ないタイプの人間です。
  条件は無いんですが、ある種『コツ』のようなモノが必要かもしれません。
  そのあたりは鈴木本人よりも松本さんとか周りの人の方がよく分かってるんじゃないでしょうか。

Q. 「ROENTGEN STORIESのロン毛ハイディは鈴木さん的に如何でしたか??」
→黒髪ロンゲ大好きっ子としましては、同じロンゲでも金髪となるといささか魅力減なんです
  よね~。感想は「おぉぉ~」って感じ。なんか初めて見た姿に、素直に驚いた感じです。
  あんまり興奮はしなかったなー。金髪なら短めの方が好みかも。
  シャロスリからエバグリあたりが範囲内かな。

ふえー、だいぶ質問消化できました。
本当はオデッセイ拡大版の感想も書きたかったんですけど、それはまた後日。

 

2004/11/08 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/5
今週はホンットにお忙し週間。予定が無い日がない。
中には午前中は映画、午後は買い物、夜は飲み会(全て別のお相手)という、約束を2~3ハシゴ
する日もあったり。なんなんだ、どういうことなんだコレは。そんなわけで鈴木はまだ
【ROENTGEN STORIES】を見れてません。えぇいクソ!

さて質問回答。最近溜まりに溜まってます。

Q. 「私はラルクさんの曲の中で「Driver's High」が一番好きなんですが、(中略)鈴木さんは
   この曲の世界に対し、どのような考えをお持ちですか。是非聴かせて下さい。」

→ん~、まぁ解釈は各々自由でいいと思うんですけど、一応鈴木の独善的解釈としましては、
  『人間不信の男の孤独な自殺』ですかね。誰かとの心中ではなくて、たった一人の人間の
  死です。何故なら、この曲の歌詞にはハイドさんには珍しく二人称の『君』や『あなた』という
  歌詞が一切出て来ないから。でも確かに言葉の端々から『僕』とは別の“もう一人の存在”って
  のも感じるんですけど、鈴木的ソレの解釈は『僕』が今乗っている『愛車』です。
  人間ではなくて、車。人間全てに絶望した男が共にこの世を去る相棒として選んだのは、
  やはり人間ではなく無機物だった、という方が、“この世”に対する男の絶望ぶりがより
  顕著かな、と。もし誰か一緒に心中してくれるような相手(人間)がいるなら、
  この男の人生はそれほど絶望的なモノじゃなかっただろうし。
  人間を『自殺』という愚かで絶望的な行為に走らせる最たる要因は、やはり『孤独感』という
  独りではどうしようもない感情だと思うんですよね。
  その解釈をより強固なものにしてくれるのが「♪僕の方がオーバーヒートしそう」という歌詞。
  流れからして『僕の方が』という部分は、歌詞中に密かに存在する『“もう一人の存在”よりも』
  という意味なのだろうが、オーバーヒートしてる存在を考えると、やっぱりそれは
  “人間である誰か”よりも“今スピードをブッ飛ばして乗ってる車”のほうがしっくりくる。
  ・・・てな感じですが、鈴木はKさんの解釈も好きです。
  鈴木の解釈よりもよっぽど前向きで救いがありますもん(笑)。

Q. 「鈴木さんは+actご覧になりましたか?もし鈴木さんがあの身長差に仕上がるように
   写真を撮る側の人だったらどんな風に指示を出されますか?」

Q. 「プラスアクトはお買いになられましたか?」
→お二人の方から同内容の質問を戴いたんですが、いや~それが見てないんですよね。
  買いに行ったら前回号(夏)のしか置いてなくて。
  てか、そんなに身長差に疑惑のある写真なんですか(笑)?

Q. 「『hydeQ100』のなかで、「ヤフオクで10万円単位の荒買いをした過去がある」とあったの
   ですが、どんなものを買われたのですか?差し支えなければ教えて下さい~!!」

→色々ですよ、ホンットに色々。
  とりあえず値段が高かった記憶があるのは、やっぱり昔のツアーパンフとかですかね。
  今では売ってないモノ系。どのツアーのものかは伏せますが、中には一冊2万円くらいで
  買ったものもあります。後悔は・・・・・してない、と、思う。多分。

Q. 「質問とは違うかもしれないのですが、友人が眼科のクリニックで働き始めました。
   全くの初心者な友人にアドバイスをください。」

→あ、そうなんですか(笑)。てか、お久しぶりです!
  アドバイスね~、んーとにかく「恐がるな」ってトコでしょうか。やっぱり最初は他人の目ン玉
  触るのは恐いですけど、ハッキリ言ってすぐ慣れます。そんくらいかなー。
  天嘉-参-、是非ともお会いしましょう♪

Q. 「私も下弦、アダムがネックレスをあげるシーンを見て鼻血を吹きかけました。
   もうかっこよすぎでvv鈴木さんの日記見たとき同意見で嬉しかったです。」

→あー、お仲間発見(笑)。今後ともどうぞヨロシク。

Q. 「髪型がhydeに似てたばっかりに友達に男装させられそうになるんですが
   どうしたらいいでしょう?」

→どうしましょう(笑)。とりあえずお友達の気の済むまで男装させてあげたらいかがでしょうか。
  新たな自分が発見出来るかもしれませんヨ。てか、ハイディに似てる髪形ってどんなだ?

とりあえず本日はここまで。
ドラハイの歌詞解釈は後日もう少し整備して【MUSICtext】のBGMレビューに追加するかもしれません。それにしても歌詞解釈って久しぶりにやったな。そんだけBGMレビューをやってないって事か!ダメじゃん(笑)。

 

2004/11/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/2
珍しくマジメな精神系の話。つまらんです。
あまりにもいつもと毛色が違うので、念のため反転にしてみました。

昨日、イラクの人質事件についてとある人と話してたらマジで喧嘩する5秒前になりました。
結果的に喧嘩にならなかったのは、それはひとえに鈴木の性格ゆえでしょう。
あんまりにも自分の主張を「これが正しい!」とばかりに押し付けてくる人と話してる時、
鈴木はブチ切れそうになる前にある呪文を唱えてみる。

「千差万別 十人十色 貴方は貴方 私は私」

話の通じない相手があくまでもそう思ってるなら、いつまでもそう思わせておけばいいじゃいか。別に自分までそう思わなきゃいけない義理はないし、相手に自分と同じ考えを強要する熱意もない。
意義のある討論ではなくて、不毛な主張のぶつけ合いになった瞬間、鈴木は身を引きます。
もうこれはクセみたいなもんですが。だから滅多に口論にはならない。
それでも場が収まらない時は、それはもう相手が喧嘩を売ってきてる以外の何モンでもないわけですから、売られた喧嘩は買いますが、自分からは滅多にフッ掛けません。

そんなわけでその場は回避されたんですが、冷静になったその人に言われた一言が。

「本当にお前ってムカツクくらい冷静だな」

熱くなってる時こそ人は引き際を見誤るもんだが、どうしてお前はそんなにアッサリ引けるんだ?と。
なるほど、己の主張を押し殺すことを『冷静』と言うのか。いやいや違うでしょ。

「冷静なんじゃなくて、諦めが良過ぎるだけだと思うよ」 と答えたら、
「そういう風に言うこと事態が冷静なんだよ!」 と言われましたが。

多分鈴木は何かに対する『執着』みたいなのが人より極端に薄い。
自分に対する執着もあんまりなくて、人に「プライドってもんは無いのか!?」って言われたら、平気で「ないよ」とか言ってしまう人間だ。現代人に多いらしい三大無(無気力・無関心・無表情)の象徴のような人なのかもしれません。うわー、すげぇヤな感じ(笑)。そして最後にその人に言われた衝撃的な一言。

「お前、何か『これだけは譲れない!』みたいなのは無いわけ?」
「ん~・・・・・・・・・・・・・・あ、ハイディ」
「じゃ、全部の執着がハイドに向かってんじゃねぇの?」

うわっ、恐ッ!!
これが『アレ』の正体なのか。
もし本当にそうだとしたら、確かに並の感情じゃないな。


さて、そんな感じで質問回答~。

Q. 「腹黒意識調査バナ―の横にあるリクエスト企画、色がついたところを1回ぐらいしか
   見たことがないんですが(笑)というかあんまり企画内容が分からないので教えて下さい!」

→その通り!一回しかまだ企画発動したことがありません。
  えーと、リニューアルに際してあのコンテンツの説明をなくしてしまったので、
  確かに最近来た方とかは分からないな。というわけで、【ABOUT】内の『コンテンツ説明』の
  ところに追加説明しましたので、どうぞそちらをご参照ください。

Q. 「そろそろ忘年会でも企画しませんか?」
→おっと、もうそんな時期かいな。
  そうだねぇ、いーっつも企画が遅過ぎて忘年会やんねぇもんな。気付くと新年会になってるから、
  今年こそやりましょう。んじゃ、松本さん幹事世露死苦(うわーぜってー無理だろお前)

Q. 「うちもリップ好きなんですが、鈴木さんはハルカリは好きですか?」
→んーそれがハルカリには興味ないんスよね。リップの中でもフミヤかリョージが好き!って
  人はハルカリもチェックするんでしょうが、なんせペス好きなもんで。

Q. 「質問じゃないんだけど(中略)編集長にまで「可愛いのぉ」とか言われてるんですけど!(笑)」
→見た見た!ってか、確かあれ雑誌の編集後記と同じだと思う。
  もうあれよ、『ハイド=可愛い』は一般世間の共通認識だな。
  ていうか名前が『アモ?』って疑問系はやめてください(笑)。

Q. 「こないだのリップ&東京事変出演のMステは見られましたか?」
→見ましたよ~。そしてリップの演奏が終わった瞬間アモさんから『イルマリのメガネが
  モサくてたまらん!ハァハァ』ってメールがきました。例によって鈴木もハァハァしました(笑)。
  でも一番キてしまったのは、トークん時のペス&スーさんが顔を見合わせてた瞬間。
  ペスがすげぇ可愛い顔してて参った!

最近リップネタの質問がチラホラきますね。
いよいよ明日は【ROENTGEN STORIES】&【MASTERPIECE】発売!
まぁどっちも明日には受け取れないんですけどね。楽しみです。

 

2004/11/02 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/11/1
こんだけ連日連夜遊び狂ってると、「もしかして鈴木トモダチ多くね?」的な錯覚に陥りそうになるんですが、それが錯覚だという自覚がある内は大丈夫だな。きっと数が多いんじゃなくて、周りの人間が揃いも揃ってヒマかつ不真面目かつフットワークが軽くてそこそこお金持ってる人達なだけなんだろうと思う。あぁ・・・恵まれてるナァ。

そんな感じで、華のお忙し生活はもうちょっと続きます。

さて、質問回答~。

Q. 「いつかそのうち本当にハイディを手に入れてしまいそうな鈴木さんですが、
   本気でハイドさんをお持ち帰りしたくなったことはありますか?」

→あのー・・・しょっちゅうです(笑)。
  初めて『お持ち帰りしたい!』と思ったのは果たしていつだったか?そんな事は遠い過去の
  記憶にすーっかり埋没してしまってるくらい今ではあまりに日常的な発想であり欲求です。

Q. 「職場にハイドに似ている人が居て、仕事が手につきません(;´д`)どうしましょう・・・?」
→ななななんて羨ましい職場なんだ!?
  ていうか、クビ切られないように頑張って仕事してください(笑)。

Q. 「失礼ながら、鈴木さんのこと、途中まで男性だと思ってました。
   本当の鈴木さんの外見はどんな感じですか?」

→いやー、その「男性だと思ってました」って結構言われるんですよ。
  なんでだ?こんだけハイディにハァハァしてるのに(笑)。外見は意外かもしれませんが
  結構フェミニンだと思います。最近はブーツにスカートとか履きますし。
  あ、でも友達の松本さんには「お前、ピンク似っ合わねぇなぁ~!!」って言われた事があるな。
  初対面の人からすると見た目と中身にギャップがあるようです。
  実際中身は何より『ジャージ』が似合うような人間なので。

Q. 「声優に挑戦した事もあるハイディですが、
   鈴木さん的に是非ともやってもらいたいキャラクターは何ですか?」

→これは現存のキャラクターってことですかね?
  ん~・・・難しいな、すごい二面性のあるやつがいいかなー。
  声だけなら相当な演技が出来ると思うんですよね(笑)。
  あ!アレがいい!『ギンコ』。【蟲師】って漫画の主人公!
  落ち着いた口調とか、低めの声とか、結構イメージですね。
  ご存知ない場合はちょっと調べてみてください。面白いです。

Q. 「昔はアムラーがたくさんいましたが、私はスズキャーかもしれません。
   いつまでもカリスマ的ハイドファンでいて下さい!」

す、す、スズキャーぁ!?
  なんなんだそのあまりに美しくない言葉の響きは(笑)。
  「なに?怪獣?」みたいな。いやいやウソウソ、冗談です。
  カリスマ・・・なのかどうかは分かりませんが、きっと一生涯に近い時間、
  自分は変わらずハイディファンなんだろうなぁ、という予感はあります。
  ご安心下さい・・・って言い方ヘンか(笑)。

Q. 「そういえば、ムンチャ感想を公開終了後に書くと去年の日記にあった気がするのですが…
   UP予定はないのでしょうか?鈴木さんの愛あるツッコミが是非読みたいです!!(笑)」

→え?マジで?そんなコト言っちゃってました?
  あー・・・、一応もうUP予定は無いですね。すみません(土下座)。
  むしろ今やるなら【下弦の月】の方だろ!みたいな時期ですし。ただし今後、買っておいた
  ムンチャDVDを何かの拍子に観て、思わずムンムンして感想書いちゃう・・って事が
  あるかもしれません。そういや買ったはいいけど、一回も観てねぇな~DVD(笑)。

Q. 「私もデストに入ろうかと悩んでいるんですが、壁紙やスクリーンセーバーなどは
   昔のものもダウンロードできますか?またパパラッチも昔のものを見たりできますか?」

→えーとですね、デストって一回大幅なリニューアルをしたんですよ。一年ちょっと前くらいに。
  そのリニューアル以前のムービーとかスクリーンセーバーとかはもう見れません。
  ですが、それ以降のものなら今でも普通にDL出来るようになってますよ。
  パパラッチも今『Vol.11』まで公開されてますが、ちゃんと初回のも見れるようになってます。
  でも、デストの一番の醍醐味っていうか売り(?)は、なんつってもハイディとの直接チャット
  だと思う。こんだけ売れちゃってるアーティストがサイトでファンと直接チャット!
  とか、他にやってるアーティストっているか?みたいな。
  しかも結構な出現率だったりするところがスゴイ(笑)。

あら、なんか今日の質問回答はどれも長いな。

あ、それと先月末発売の雑誌【H】買いました。
もうあまりにアレなショットの連発で、見てるとニヤケが止まりません。
てか、成宮若いな~。さすが若さ溢れてるね。
それに比べてハイディのこの年季の入ったオーラは何だ(笑)?
爽やかの欠片もない濃厚なオーラ。対談記事でインタビュアーがハイディのオーラの事を
「ゴージャス」と言っていたが、まさにソレだ。華やかとか重厚とか濃密とか異質感とか、
なんか全てひっくるめてあのオーラは『ゴージャス』だと思う。スゴイね。

 

2004/11/01 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。