脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
03 | 2004/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2004/4/30
ここ3日、【RS】で公開してるメールアドレスのメールチェックを怠ってたんですが、
昨日の深夜チェックしたらもんのすごーく受信に時間がかかってて、「なんだ?」と思ったら
全部バカデカイ容量のウイルスメールだったわけで。

その数ざっと100通は越えていたかと。

皆さん、マジで一度ウイルスチェックしてくださーい。
送り主のメアドのアカウントのほとんどにはラルクやハイド関連の言葉が入ってたんで(一番すごかったのが『hyde_my_eternal_lover@』っていうアカウント。モロ過ぎ)、ウイルス感染者(ウイルスメール送信者)は恐らく【RS】のお客様である方々がほとんどなのでしょう。自身で気づいてなくても感染してるってケースはありますので、是非一度ウイルスチェックお願いします。

 

スポンサーサイト
2004/04/30 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/29
2004/4/29

【CASSHERN】が見たくてしょうがない。
派手映像好きにはたまらないSFCG満載。
しかし世間が大型連休だなんだと騒いでる中、GWはひたすら連勤の鈴木には
当面ムリな話なんだな。CMの宮迫の演技がスゲェと思った。

えーと昨日はayayaちゃんとラルカラ★オールナイトに行って来ました。
で、ayayaちゃんとは【SMILE】リリース後初のラルカラでして、昨日は久しぶりの『くじカラ』だったん
ですよ。なので「【SMILE】曲引いたらアタリだよね~」とか言ってたんですけど・・・
引けども引けども出てこない。

○以下、昨日の制覇曲区分図(赤 : ayaya / 青 : 鈴木)

DUNETierraheavenly
Taste of love
Entichers
Dune

Be destined>
追憶の情景

As if in a dream
All Dead
Blame

Blurry Eyes
Inner Core
風の行方

White Feathers
Still I'm With You
Vivid Colors
and She Said
ガラス玉
Secret Signs
夏の憂鬱
Cuerless
TrueHEARTark
''good-morning Hide''
Lise and Truth>
風にきえないで

Dearest Love
LORELEY
winter fall

Singin' in the Rain
Shout at the Deavil

Promised land
milky way
forbidden lover
HEAVEN'S DRIVE

HONEY
DIVE TO BLUE
真実と幻想と

Pieces
rayREALSMILE
Sell my Soul
snow drop
花葬

浸食 ~lose control~
いばらの涙
THE NEPENTHES
finale
ROUTE666
TIME SLIP
ALL YEAR AROUND
FALLING IN LOVE
Lover Boy
Time goes on

REVELATION
Spirit dreams inside
C/W その他ROENTGEN666
Brilliant Years
あなたのために
metropolis
Anemone
ever green
SHALLOW SLEEP
THE CAPE OF STORMS
SWEET VANILLA
PRAYER
MIDNIGHT CELEBRATION
SHINING OVER YOU
FRUITS OF CHAOS
HYDE C/WS.O.A.P.TETSU69
THE OTHER SIDEGRACE
Every Second,
I'm In ROMANCE
I love you, I need you,
I fuck you

gimme A guitar
罪の眺め
フィフティーン1/2

なんなんだ、この偏りっぷりは。
【heavenly】なんてほぼ鈴木コンプリートだし、【ROENTGEN】に至っちゃ完全コンプリートだ。
SOAPさんは鈴木が「歌いてぇ歌いてぇ」言ってたにも関わらず、次から次へとayayaちゃんに歌われてしまうし・・・。っつーか、基本的に昔の曲が出過ぎね。もう懐メロ大会になってましたもん。
【風の行方】とか、鈴木歌うの1年以上ぶりくらいでしたよ。で、あまりにもくじ運がないもんで、
最後の1時間はもうそれぞれ歌いたい曲を構わず歌ってました。ayayaちゃんは【Coming Closer】と
【Feeling Fine】と【瞳の住人】を、鈴木は【永遠】と【接吻】とSOAP曲を鬼のように。

そんなわけで、いや~久々のくじカラはなんだか拷問大会さながらでした。
合言葉は「好きだけどっ!!」みたいな。ラルクさんの昔の曲をひく度に
「好きだけど!好きなんだけど・・・これ違う!!」とか言いながら(笑)。
なかなか歌いたい曲に限ってくじは引けないもんです。あぁまるで人生。

 

2004/04/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/24
ようやく鬼門【Time goes on】を成敗し、残り5曲。
【Coming Closer】は案外早くやっつけられると思います。
・・・って、決して『やっつけ仕事』ではないですよ。

つーか、んなことよりも6/2リリースの新曲【自由への招待】のカップリングが【milky way】ってナニ!?昨日鈴木が【Time goes on】のレビューをコテンパに書き下ろしたのがテツ様の逆鱗に触れたのか!?・・・いや、ウソ、冗談よ。てか、マジ【mliky way】ってあの星降っちゃう夜のミルキーウェイ?4曲目は『TETSU P'UNKless version』って事でカップリング恒例のリミックスだとしても、
3曲目は普通に【milky way】ってなってるんですけどー・・・幻覚?

そんなわけで、久しぶりに鈴木家3代目お猫様のチイさん三連発。

○魂を吸い取られようとしてるチイさん


○魂を吸い取られたチイさん


○化け猫になってしまったチイさん(なんか怖ぇ)


何故こんなに影を背負った顔をしてるんだチイさん・・・怖いよ。

 

2004/04/24 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/22
あらら・・・随分と日記が飛んでしまったな。
では、少しずつここ数日を振り返ってみましょう。

まず19日の月曜日はもっさんが鈴木の職場にコンタクトレンズの処方に来まして、ヤツの目の検査やら何やらをしました。で、そのまま昼休憩に入って一緒にメシを食い、何故か夜また再び会うことに。昼も休憩中に一緒にメシを食い、夜も一緒にメシを食うなんざ新婚カップルでもやんねぇよ、みたいなちょっとキモい事態になりましたが、いや~なんか酒飲んでテンション上がりましたねー。
あまりに上がってしまって、そのまま鈴木は次の日も仕事だってのにカラオケオールに付き合ってしまいました。そしてカラオケの前に時間潰し&雨宿りで入ったゲーセンで一人で脱衣麻雀をし、女の子を次から次へと脱がせてました。ちなみに二人目の挑戦者の女の子に関しちゃ、一発満貫でハコテンにしてやりました。そんな鈴木が麻雀をしてる姿を初めてもっさんに見られたわけですが、麻雀をしてる鈴木は人格が代わるという事がお解りいただけたかと(笑)。いやー久しぶりにやった麻雀はやっぱり楽スィ~。で、ついに麻雀がゲームオーバーになったところでいざカラオケへ!
ここではもう鈴木のテンションが麻雀やってたせいか上がっちゃって上がっちゃって。
普段ではまず見られない『アクティブ鈴木』が出現してましたね。しかしその途中、何故かCoccoと
ムックの応酬タイムがありまして、あの1時間は相当病んだ室内になっていたかと思います。

で、そのまま朝の6時くらいまでカラオケをし、早朝電車で帰宅。
もう完徹で出勤しようと思ってたんですが、微妙に時間が余ってて。
で、「1時間だけ・・・」なんて甘い気持ちでつい寝てしまったのが裏目に出て、結局そのまま3時間近く寝てしまって案の定仕事は遅刻に。結局1時間の遅刻したせいで昼休憩を天引きされ、グロッキーになりながら7時間連続勤務をこなしました。多分最後の方なんか目が半開きだったんじゃないでしょうかね。いや、むしろ白目になってたかも(←怖い)。

そして昨日21日は、ついにお部屋大改造計画発動日でした。
丸1日パソコンも接続切って廊下に放置してあった為、日記が更新できなくてすみません。
おかげ様ですんご~いお部屋が広くなりました。で、以前もっさんに手伝ってもらって鉄柱を切ったりしたパソコンラック (過去ログ参照) を処分し、新しいデスクを買ったんですけど、
これがまたある意味破格の値段でねぇ・・・

40,000円

ですって。まったくバカじゃないの?みたいな値段ですけどね(笑)。
どうもパソコン関連のモノに関しては鈴木の金銭感覚ってどこかタガが外れてしまうみたいで、
通称・社長椅子の2万円に続いて、またもや相場の倍以上の値段のモノを買ってしまった・・・。
これでパソコン周辺を全て合計してみると・・・

約350,000円の大台突破!

ホント、バカみたいに金注ぎ込み過ぎだわー。
こんだけ金あったらラルクさんのライブに何回行ける事やら!
・・・いや待て、真っ先にそんな換算をする鈴木もどうかと思うんだが。

○本日の格言 『 金は使う為にある! 』

こんな鈴木は多分一生『大富豪』にはなれないのだと思う。

さて、それと。
長らくお待たせしてしまっている【SMILE】レビュー。
4曲終了いたしまして、ただいま【Time goes on】執筆中。
なんちゅーか・・・とうとう壁にブチ当たった感じ。
何を隠そう、鈴木が【SMILE】の中で最も聴いていない曲と言えるだろう(オイ)。
これさえ過ぎれば、後はトントン拍子にいくと思うんだけどな。

 

2004/04/22 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/17
いや~前回のカラオケの成果だかなんだか、いきなりサクサクレビューが書けるようになって
きまして、只今4曲目【Feeling Fine】を書き途中です。もうしばしお待ちを。

あーライブに行きてぇ~。

 

2004/04/17 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/15
昨日はオトモダチの通称『村田(陰毛)』とラルカラしてきました。
【SMILE】曲初歌いのだったんですが、【永遠】は歌ってて気持ちイイなぁ。
あと、やっぱり予想通り【Coming Closer】は鈴木にゃ高かったです・・・。
しかし村田は逆に声が高いので、村田の本気【Coming Closer】は上手かった。
でもって、レビューするにはとりあえず一度歌ってみるのが良い手段だということに昨日初めて
気付きました。なんつーか、一度自分で歌うとより身近に入ってくる感じ?

そんでラルカラの後はメシを食いながらひたすらダベりましたね。
果ては村田は『陰毛』、鈴木は『ハゲ』という、お互い20代の女とは思えぬキャラに落ち着き、
次回は『1時間耐久★全曲ユキヒロver.カラオケ』をしよう!と意気込んで終わりました。
【あなた】とかをあのユキヒロさんver.の歌い方で歌ったらどうなっちゃうんだろう(笑)。

んじゃ、とりあえずレビュー頑張りま~す。

 

2004/04/15 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/12
皆さん、昨日のViewsic【セルフライナーノーツ】見ました?
ゲストが『L'Arc-en-Ciel』っつーからてっきりメンバー総出演かと思ったら、なんのこたぁない、
ケンちゃんのソロ出演でしたね。だがしかし、やっぱりケンちゃんのインタビューって面白い。
発言内容に関しちゃファンの贔屓目(ハイド贔屓)で見てみても、やっぱりケンちゃんが一番面白い
よな~。なんていうか、深い。奥が深い。それでいて意味不明じゃなくて、実に真実味があるのが
流石だ。ハイディの場合、面白いんだけど意味不明なところ多数だから・・・(笑)。

で、そんな番組の中で一番興味を引かれたのが『チャートの的』話。
ラルクはその時代その時代で流行りモノが横行するチャートの中から的を絞って、
セールス的に少なくともソレより上にはいくように狙ってリリースを出してた時もあった・・・
というような内容でした(ちなみに今のチャートはその『的=流行りモノ』がよく分からないらしい)。
そして以前、いわゆる『小室ファミリー』全盛期だった時代に、やっぱりラルクは彼らを意識していたことがあったとかなかったとか。

ここで【MUSICtext】内の独善レビュー2002年6月分【NEO UNIVERSE】を見返してもらえると有り
難い。見事にシンクロしたネタがあります。テキストサイトの醍醐味はこういうところだな。面白い。

さて、明後日・明々後日と仕事が休みで、ようやく何の予定もない連休到来!
スマレビューがどこまで書き進められるか・・・己の精神力にかかっている、と。

 

2004/04/12 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/11
4月こそは暇かと踏んでたら、むしろ4月こそが忙しかったこの現状。
そんなわけで、スマレビューに甚大な遅れが生じております。
ようやく【接吻】のレビューが書き上がったトコなんですが・・・まだ1曲目かよ。

まぁ、その話は置いといて。

期待してた【アリゾナの魔法】。
ゆ。ちゃんからのメールにも書いてありましたが、アレって・・・

ラルクで居る意味、あんの?

っていう内容でしたね(笑)。すんげ面白くてハイディ可愛かったけど。
ゲストがラルクっていうかむしろハイドオンリーだろう、みたいなね。
それにしても、最近のハイディがますます鈴木好みでウハる。
(ハイディに限り)ロンゲ派の鈴木としては、もうたまらん域に入ってきましたよ。

さて今晩はこれから【セルフライナーノーツ】(Viewsic)ですか?
もうホント過密スケジュールだな~オイ。

 

2004/04/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/8
今日渋谷のハンズに買い物に行ったら、途中のセンター街にあるゲーセンから、行きは【Vivid Colors】が、帰りは【賽は投げられた】が聴こえてきた・・・。行きに【Vivid Colors】が聴こえた時は
「【heavenly】流してるのか!珍しい~」とか思ったんですけど、【Vivid Colors】と【賽は投げられた】が同時に収録されてるCDって無いよな。ベスト盤でも無いよな。ってことは、どう考えても明らかに
そのゲーセンの店員さんオリジナル編集っていう事になるよな。最近ラルクさんがアツイね。

さて、ここ数日を振り返りましょうか。

えーと、おとといだっけ?
仕事後にアモ・ゆ・ayaya・鈴木のいつものメンバーで夜桜花見しました。
もうこのメンツが揃ったらそりゃー桜そっちのけでハイディ談義になるわけですが、毎度の事ながら アモさんのテツ話はことごとく潰されてました。で、夜の野外(何故かNHKホールの横)なもんでね、有り得ないくらい寒かったんですが、途中からayayaちゃん持参の最新会報見てたらなんだか熱くなってきちゃって(笑)。いや~ハイディって防寒具にもなるんだな、と。
スノボの写真がふんごい可愛かったです(何を隠そう鈴木は【LE-CIEL】非会員だ)。

んで、そのままその夜はayayaちゃんが鈴木家にお泊り。これまた毎度の事ながら、ひたすら
テレビにはラルク映像が常に流され、延々ダラダラとハイディトークで盛り上がりました。
ちなみにこの晩の鈴木は意外なほど静かだったそうです(←ザ★イビキング)。

そして翌日、ayayaちゃんと噂の中野インテリアパーク【Shimachu】にて、例のナイスソファーで2人揃ってレディステPV観賞(笑)。もうホントに気持ちいいソファーなんですよ!リクライニング付きで。
なんせ家具屋のソファー売り場とかによくある『長時間の休憩はご遠慮下さい』みたいな断りも
一切無いから、何時間居ても、たとえ店員さんに周囲をウロウロされても追い出されることはありません(客として最低だな)。中野近辺にお越しの方は是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。

さて、明日は新番組【アリゾナの魔法】の放送日ですね。楽しみー。

それと、ただいま【SMILE】全曲レビューに向けて精神統一中(誇大)の為、
BBSのレスはもうしばらくお待ちください・・・。

 

2004/04/08 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/5
ヤバイヤバイ!
聴けば聴くほどラストの【Spirit dreams inside】がますます良くなってくる。
曲の良さっちゅーか、【Spirit~】までの曲の流れ?がすんげぇイイ。
イントロのドラムが聴こえた瞬間、とんでもなく心が浮き立つのはなんでだ?
そんな異常なテンションに見舞われてる鈴木です、こんばんわ。

いや~ここ2日全くPC触ってなくて、昨日久しぶりに触って日記更新して、
ついでに色々なサイトさんを回って気付いたんですが、昨日の鈴木の日記・・・

あまりにも酷過ぎましたね。

しょっぱなから身も蓋もないコト言い出してるし、お気に入りのたった2曲の感想しか書いてねぇし、
挙句には途中から【REAL】の感想になってるし・・・うわーどうなの(笑)。

というわけでこれから鬼のように聴きまくってですね、近々レビューをやります。

10日連続【SMILE】全曲コンプリート★レビュー

コレでどうでしょうか?
3年半ぶりのアルバムリリース祝いに相応しく、少々派手に銘打ってみました。
もう少しよく聴き込んで、来週くらいからスタート出来ればなぁ~と思ってます。
【接吻】と【Coming Closer】に関しては、昨日の感想とちょっと被るとこがあると思いますが、
その辺は見て見ぬフリをしてくださいな。

さぁ、そんじゃとりあえず昨日予告しましたDVD感想(9割ハイディ)。

○【Spirit dreams inside】 in 東京国際フォーラム
これは以前民放のFF映画特番でチラッと見たことのある映像でしたね。
今見るとなんとも懐かしいハイディの金髪。
確かあの映像を初めてテレビで見た時、軽いショックに見舞われたのを覚えてます。
どうにもハイディのあの帽子が・・・納得いかなかった(笑)。デストグッズでしたっけ?とにかく、
ハイディにあのタイプの帽子はどうかと思う。演奏に関しては場所がしっかりとしたホールだけに、
音がえらいクリアで若干ハイディの歌声の粗がよく聴こえるけど、当時会場にいたファンにとっちゃ
そんな些細な粗なんざ関係無かったんだろうな。行きたかったイベントのうちの一つです。

○【Shibuya Seven Days 0day】 in 赤坂ブリッツ
これもまたなんとしてでも行きたかったイベントのうちの一つ。行けなかったけど。
ハイディこんな衣装だったんですかー。もろソロの感じのまんまね。
しかしなんだろうな?曲は【Promised land】っていうラルクど真ん中な曲で、メンバーも正真正銘のラルクのメンバーなのに、どこか初々しさっていうか、やっぱぎこちなさがある(笑)。
いやでもこのハイディがすんごく可愛くてイイです。ソロでは滅多に見られない『ナヨナヨ』した動きに鼻息が荒くなる!やっぱギターを持ってないハイディは、動きが変幻自在で見応えがあるな~。
フロントマンとして最高の逸材でしょう。

○【Shibuya Seven Days 7day】 in 代々木第一体育館
・【fate】
DVD【7】に収録されてなかった事に一番憤慨した曲ですが、まさかこういう形でリリースするとはねぇ~。この曲はライブでこそ聴きたい曲ですよ。ってか、この曲を歌うハイディがたまらんのですな。
こういうミディアムテンポのマイナー曲ほどハイディが丁寧に歌ってくれるので、歌い尻までしっかりと声響かせてくれるからハイディの歌声を心行くまで堪能したい人にはもってこい。
サビん所で左手を空にかざして、上を仰いで歌うハイディのスタイルはもはや伝説。
ラルクさんの曲はお決まりの『振り付け』ってのが滅多にないから、ハイディが毎度ちゃんと
同じ振りをしてくれる曲は胸キュンです(意味不明)。

・【花葬】
この怒涛のマイナー曲の流れの中でアクセント的な役割をしていた【花葬】ですが、
改めてこうしてライブで歌ってるのを聴くと、やっぱこの曲はラルクでしか出来ない曲だな~と
思いますね。例によって細部まで丁寧に歌い込むハイディが・・・・・・たまらん。
ただ、さすがに最終日でさぞかしツラかったんだろう、伝説の「ナッハァ~ン」が「ナ・・ッ!、ぁ~ん」になってのが痛い(笑)。そのまま咳き込むかと思ったよ。それにしても、改めてステージ上の4人が映るシーンなんかを見ると、【0days】の映像ん時のぎこちなさがウソのように、どっからどう見ても
『ラルクのステージ』なのがスゲェ。

・【forbidden lover】
あ~そうそう、この曲の前にこういう前フリSEがあったあった!と懐かしくなりました。なんの曲が始まるのか、最初はドキドキワクワクしましたねー。改めて聴くと、すんごい良いメロディだなー。
つーか、やっぱこれぞラルクの本領発揮!って感じ。どうしてもこういうダークで重厚な雰囲気の曲のほうがラルクの色が濃く出ますね。ここまで怒涛のミディアムテンポ・マイナー曲を続けて聴くと、ますます【SMILE】から遠ざかってしまいそうになる自分に叱咤(笑)。この曲の映像に関しては、
もう「ハイディお疲れ様・・・」の一言に尽きる。

・【Shout at the Devil】
ラルコムの特設ページにてチラッと映像が流れてたのを見た時から、
この曲の映像を「見てぇ見てぇ」と言ってた鈴木ですが、もうなんつーか・・・・・・

昇天

ウザイですよ。ウザイですけどね、言っちゃいますよ。
もう全ての動きがイイ。全ての振りがツボ。あの存在自体に参った。
歩くだけで何かが放出されてる。腕を振り上げれば妖気のこもった光線発射。

演奏後のテッちゃんの挙動不審ぶりには首を傾げてしまいましたが。

・【HONEY】
なんだかラルクで『ギターを持つハイド』を見ると、ちょっと損した気分になるのはマズイ事でしょうかね。ギターなんぞ投げ出してもっと変幻自在に動けよ!と言いたくなる(笑)。
ま、そう言いながら間奏でテッちゃんと楽器突き合せて演奏してる姿見ると「あはぁ~(*´∀`*)」
てなるんだけどね(喜んでんじゃん)。

○【SMILE レコーディング】
・・・・・・・ハイディの映像が少ない。
これまでのライブ映像がやったらめったらハイディ贔屓だな~と思ったらそういう事だったのね、と。時たま画面の端の方にチラッと映るハイディを見付けるのが、ある意味『楽しみ』になってくる(笑)。ん?髭ハイド?

全然オッケーですよ。

しかし時たま映るまるで少年のようなハイディにはキた。
毎度チラッとしか映らないだけに、希少価値みたいのを感じる(笑)。
たとえそれが『ヒゲの生えた少年』だとしても。

それと、2003.12.07の【REVELATION】のコーラスを歌うハイディの、もはやコメディの域に到達してる高音ヴォイスに心臓鷲掴みです。さらに2003.12.21の【REVELATION】の掛け声を4人揃って録ってるシーン、イイねぇ~。心が和むね~。ケンちゃん最高。やっぱラルクはこの人がいないと成り立たないな、と改めて思いました。

レコーディング風景をトータルで見ての感想。

「やっぱりハイディの髪の伸びるスピードは尋常じゃないんだな」

○【天嘉2】
これまた鈴木がなんとしてでも行きたかったイベントのうちの一つ。
当日は結局この【天嘉2】を蹴ってMステSPライブに行った人ですが、思い返すと鈴木が行きたかったけど行けなかったイベントばかりがふんだんに盛り込まれた素晴らしいDVDだな~オイ。
それにしても、この【READY STEADY GO】のハイディ・・・酷いな(笑)。「間違ったんだよ」とは聞いてましたが、ここまで歌えてなかったとは思わなかったぞ。Mステではよく歌い切ったもんだ。本番に強いタイプみたいですね。それと、本当にまた細かい話でマニアくさいですけど、あのトレンチコート。
Mステでは前をガァ~っと開けてましたが、ハイディのスタイルなら前をとめたほうがイイね。
もうどうしようかと思うくらい可愛いわー。

さて、では最後にDVDトータルの感想。

これが200円とは安過ぎでSHOW!!

DVDが付かない通常盤とは200円くらいの差なんですよね?
いや~コレは何が何でも初回盤を買うべきだ。
これなら鈴木は1500円くらい値段が違っても、断然こっちを買うな。

あららー、なんかDVDの感想だけですんげぇ長くなっちゃったんで、
歌詞カードについてはまた後日。

 

2004/04/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/4
やっとこさ【SMILE】到着!
結局到着したのは3日土曜日の5時過ぎですよ。リリースから3日後のしかも夕方ですよ。到着が
あと10分遅かったら、本気で佐川急便に抗議電話入れてるトコでした(本気と書いてマジと読む)。

さてさて、そんな【SMILE】の初聴き感想。
ここで一度断りを入れておきまが、

以下、あくまでも『初聴き』の感想です。

多分繰り返し聴いてるうちにまた印象が変わってくる予感はあるんですよ。
しかし、まだ通しで1回しか聴いてない今の感想は・・・

「次のアルバムに期待!」

って感じです(笑)。
誤解を招くような言い方ですが、【SMILE】がイマイチ・・とかいう意味ではなく、色々なメディアでのラルクさんの発言を見てて、「次のアルバムは【SMILE】とは真逆のモノが出てくると思う」みたいな事を言ってたなーという点で、恐らく鈴木はそっちの方が好みだろう・・・という意味ですね。
そう、もう単に好みの話なんですけど、鈴木が好きなラルクの音は恐らく次のアルバムの方に
目一杯収録されているんだろうと思う。

くそっ、まさか【SMILE】までもが怪現象のうちの一つだったとは・・・。

で、そんな鈴木的【SMILE】のお気に入り曲は、【接吻】と【Coming Closer】。
【接吻】に関してはラジオで初聴きした時から言ってますが、とにかくハマる。ハマりまくってる。
この不穏でアンバランスなメロディの中にある、ハイディが醸し出す特有の極上のヘヴンリー感が
とてつもなく良い。まさにツボにキた一曲。
そしてもう一曲キたのが【Coming Closer】。
この曲はファンの中でも人気ありますね~。皆さん「イイ!」とおしゃる。
今までに無かった雰囲気のメロディと歌詞。それだけなら【SMILE】の中に他にも入ってるけど、
一番の重要ポイントが『ラルクでしか出来ないであろう曲』という点。この点に関しては、
この【Coming Closer】が秀逸だと思う。

最後に【SMILE】全体的な感想をひとつ。

いや~もうあまりにポップでどうしようかと思いました(笑)。
そりゃハイディも『スマイル』って名付けたくなるわなー、みたいな。
全体的にテンションのラインが高いと思う。その中にも程好く落とす曲が盛り込まれてるんですけど、全体的にラインが高いおかげで、その『落とす曲』の落下幅がこれまで以上に大きな落下ぶりに感じられる。なんちゅーか・・・一枚のアルバムの中で、すんごい振り幅があるっつーの?スゴイね。

そこで思うのが、多分【REAL】にあんまりハマらなかった人は【SMILE】にハマるんではなかろうか?という事。【REAL】はもう全体的にテンションが重くて、一枚のアルバム通じて曲による振り幅があんまり無い。ちなみに鈴木はその逆の人で、【REAL】に有り得ないくらいハマった人なんで、
【SMILE】には今回そういう印象を持ちましたね。

雑誌【ロキオン】の独走ライター・鹿野氏が、

『僕は【REAL】というアルバムだけがちょっと戸惑いを感じるんですね。』

っつーて、どうもあの【REAL】制作時はバンド状態が最悪だったらしいんですが、そんな音が好きだっつー鈴木はどうなるんだ?と(笑)。確かにあのアルバムにはポップさは微塵も無いし、ラルクさんの発言集によく見られるバンドとしての『初期衝動』みたいのは全く感じられません。もう『リリースする為に作ってる』感っていうのは確かにすごくあるんですよ。でも、その分『作る為に作ってる』せいか、完成度はメチャ高いと思うわけだ。そんな一分の隙も無いような重苦しいアルバムが鈴木は好きです。決してBGMには向かないような、聴く時は全神経を注いでしまうようなアルバム。
聴き終わった瞬間、それまで止めていた息を吐き出す・・・、そんな疲れるくらい息苦しいアルバム。

だから鈴木は【ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE】が好きなんだと思う(リリース時からいまだにずーっと携帯の着メロです)。あのアルバムの最後に収録されてたおかげで、曲自体が持つモノ以上のもんのすごい『開放感』を感じるんですよね。

・・・あれ?なんか【SMILE】じゃなくて【REAL】のレビューになってる(笑)。

えーと、話を【SMILE】に戻しまして。

【SMILE】にて鈴木の夢が実現された事といえば、【Spirit dreams inside】がアルバムのラストナンバーに収録された事!というのも、鈴木は以前日記で こんな事を言ってた人 だからです。

いやー、もうこれはホントに念願叶ったり!ですよ。
【Spirit dreams inside】は一般的(ファン的)にあんまり人気ないみたいですけど、鈴木は大好きです。カラオケではほぼ100%歌うくらい好きです。リリース時からずーっと携帯のアラームで目覚ましに設定してるくらい好きです。

・・・なんだろう、鈴木はどうもラルクさんがスランプ中に出す曲ほどハマるみたいだな(笑)。
鈴木的にその理由を考えた結果、一つの仮説が浮かんだんですが・・・
あまりにも自分的に凹む説だったので、これはひとりコッソリ胸の内にしまっておきます(笑)。

さぁーて、【SMILE】聴きまくるぞー。

※初回特典DVD・歌詞カードの感想は明日の日記にて書き綴る予定です。

 

2004/04/04 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/4/2
お部屋改造計画発動中。

昨日発売の【ラルクぴあ】の有り得ないラルク雑誌ぶりにビックリしてる鈴木ですこんばんわ。
確かに値段の高さには驚いたけど、ファンならまぁ納得のお値段なんじゃないでしょうか。
ラルクをターゲットにするたぁ、まったく『ぴあ』さんは目の付け所が鋭いね。

そして本日は【ポップジャム】。ラルクSPだって。
ここんとこずっと連続して【PJ】公録に参戦してた鈴木ですが、さすがに先月3月はハイディライブや風邪等々で仕事を休みまくってしまっていた為、今回は参戦しませんでした。噂では【PJ】でも口パクだったらしいのですが、実際に【瞳の住人】を歌ってみて玉砕した鈴木としては
「いやいやしょうがないよ、うん。可愛いから許す許す」って感じだ(笑)。

んなことよりも、まだ【SMILE】が届かないんですけどー・・・。

 

2004/04/02 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。