脱穀日記 ~日々剥ける殻~
管理人
Name : 鈴木@ストライカー

本宅【REAL STRIKER】

↑こちらが本宅の音楽テキストサイト。
自他共に認めるラルクファンであり
どーしよもないほどのハイドマニア。
都内某広告会社に勤めるこんな大人
カレンダー
01 | 2004/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 - - - - - -
特選カテゴリー
普通の日記 (913)
スペシャル企画 (1)
ブログバトン系 (5)
オーウェン君日誌 (6)
BGMレビュー (57)
ライブ・イベント感想 (91)

※BGMレビュー・ライブレポ等の音楽
系テキストは全て本宅の方に加筆修正
された完全版として掲載しています。
一言フォーム
月間過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
AMONES 2
07/06/13 L'Arc-en-Ceilまたハートに火をつけろ!ツアー@郡山文化センター (06/17)
変温ジューシーフルーツ
隣の鈴木さん。 (02/02)
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/--
2004/2/29
何故かモティさんに妙なストーキング行為を受けているピンク白衣の鈴木です。
あいつはヘンタイだ。ピンク白衣に萌え萌えしやがるヘンタイだ。
そして本日、当院史上始まって以来の最高来院患者数を記録。死んだー。

いや~ラルクさん続々とメディア登場情報!
喜びと恐怖が共に半々・・・という感じですが、マシュー南が仕切る某番組にラルク(hyde&ken)
出演!という事態に、いよいよ怪現象(=腹黒い罠)の匂いがぷんぷんしてきましたね。
行き着く先は何なんだ一体ッ!?

そして今日は朝っぱらから出勤途中に、渋谷ハチ公前交差点の巨大スクリーンにてSSTVの音楽番組が流れてまして、ちょうどその信号待ち中に5位にランクインしてた【READY STEADY GO】PVのハイディ顔面どアップに遭遇。そういや先週はもっと順位が上だったから、青信号を2~3回見送りつつハイディが映るの待ってたら見事に遅刻したんだっけ。

・・・もうマトモに道すら歩けてません。

 

スポンサーサイト
2004/02/29 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/27
ソープ嬢の皆さんはデストの皆さんと比べると平均身長が高い気がする。
170cmクラスがわんさか居た気がする。

直前まですっかり忘れてしまっていた、昨日26日の冬将軍・川崎チッタ。
行って来ましたよ~。久しぶりのソプライブ。
しかし例に漏れずまたもや鈴木は【high】を買っておらず、もっさんの家でクリパの時に一回
聴いただけだったので、正直「ついて行けんのか自分・・・」みたいな心境でした。で、結果。

あんまりついて行けなかった(笑)。

確か、しょっぱなの2曲が立て続けに【high】の曲だったんですよ。
もう「あちゃー」みたいな。ちなみに鈴木はそんなテンションだったんで、昨日は入り口付近(いわゆる超後ろ)にあるゴミ箱の上にずーっと座ってました。なかなかそのゴミ箱の上ってのが良いポジションでして、フツーに座れるし、そこに座ると立った姿勢よりも目線が少し高くなって見やすいし。
でも、恒例の抽選会が終わった後から怒涛の連続ツボ曲【GRACE】【gimmi A guitar】で、
ここら辺はさすがに座ってられずに立ってノッてましたが。

んで、また昨日はその抽選会がショボくてな~(笑)。
まず最初に当たった人が番号を呼んでも出てこなくて。
だからケンちゃん達が「もしかしてこの番号いない?」みたいなこと言ったら、スタッフから
「居るはずです」って返されたらしいんですけど、最後まで名乗りを上げませんでしたね。勿体無い。
で、もう一回抽選することになって、ようやく当選者が名乗りを上げたんですが・・・。

他の会場では一緒に歌ったり、ドラム演奏した人も居たってのを聞いてたから、
このコーナーをすごく楽しみにしてたんですよ。なんですが、昨日の特典は・・・

Tシャツプレゼント&一曲リクエスト

なんじゃそりゃ、フツー過ぎだろそれ!
で、なにがショボかったって、その名乗りを上げた人がリクエストをしなかった事。
何か言ってたのかもしれないですけど、ステージのケンちゃん達までそれが全く伝わらなくて、
勝手にケンちゃんに「はいっ、リクエスト無しね!」とか言われちゃってました。あぁ勿体無い。

まぁ、最後はそのツボ曲連打にヒットされて、なかなか楽しんで帰って来たわけなんですが、鈴木は最後まで【PRIVATE RELIGION】が演奏されなかったことにブー垂れてました。大好きなのにー。
でもライブ的にはすんげぇ盛り上がってましたね。やっぱりライブ数こなしてるせいか、
HYDEバンドと比べると起爆剤ソングが多い。

ちなみにこの日のケンちゃんは「コンビニでも行くのか?」ってくらいラフというか普通というか・・・な服装で(笑)、足元までは見えなかったんですけど、あの格好なら足元はサンダル(しかもつっかけ系)だろ?みたいな。フツーの服もケンちゃんが着ると何故にあんなに見栄えが良いのか・・・ナイススタイルだ。サクラは黒シャツの下に灰色っぽいインナー?シャツの前をガーッと開けてました。
髪もひとつに結わいてました。てか、剛毛であるはずのサクラの髪が、あまりにサラッサラのストレートに大変身してたので、ひとり心の中で『きっとハイディと一緒にマイナスイオン★マジックを浴びたに違いない』と読んでます。どうでしょうか。あとアインはなんだろう、ジーパンだったのは覚えてる。
帽子をかぶってたのも覚えてる。しかしその他を全て忘れた(笑)。青っぽいような紫色も
混じったような白い部分もあったようなパーカーみたいの(曖昧過ぎ)着てましたかねぇ?

しかし、帰って来て早々

ハイディのライブでは客が渡した【黒ひげ危機一髪】をやってハイディがこてんぱに負けて罰ゲームが『1日オネェ言葉を喋ること』でMCで
「そうねぇ~困っちゃうわぁ~」とか言わされてた


ってのを聞いて、心底「そっちに行きたかったぁーーーッ!!!」と思ってしまった鈴木は
改めて言うまでもなくハイディファンなんだな、と思いました。

・・・ってか、地方ライブはホントにオイシイですね。

 

2004/02/27 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/22
いや~、とうとう二桁の大台に乗ってしまいました。

鈴木の愛チャリ10回目の撤去

・・・・・・・・・・・もうなんなのなんなのなんなのよ?
本当にシャレでも冗談でもなく、半年に1回ペースの年間恒例行事じゃないか!(過去ログ参照)

鈴木が「集中攻撃じゃないか?」と被害妄想に陥るのも仕方のない話だと思う。
ちょっと前までは平日のみの撤去だったのが、いつ頃からか役所がお休みの土曜日まで撤去しやがるようになり、そして本日。いよいよ日曜日まで放置自転車撤去隊(おじいちゃん集団)が出てくるようになったらしい。日曜日だからって思いっきり油断してたよ・・・いや、油断っていうか・・・
だって今まで日曜日まではさすがにやってなかったじゃん・・・。

一時はヤケクソに開き直ってましたが、やっぱりすんげーヘコむ。チャリ撤去って。

はぁ~【ロキオン】でも読み返して心和まそう。

・・・ん?アレじゃいまいち和まんか(笑)。
さすが今まで警戒されてフラれ続けてた【ROCKIN' ON JAPAN】だけあって、なんちゅーか・・・
内容が微妙にシリアスですよね。確かにヘタな時期にラルクさんがこの雑誌の表紙を飾ってなくてよかったな、と。今この時期にインタビュー受けて、まぁ正解だったよな、と。
もし休止前の『投げやりラルクさん達』がインタビューを受けてたら、多分そうとう散々な記事を書かれてたと思う。そういうトコ(どういうトコだよ)が【ROCKIN' ON JAPAN】って他の雑誌に比べて
容赦ないよな。遠慮がないっていうか。

うん、ホントに【ROCKIN' ON JAPAN】って好き嫌いが分かれる雑誌だと思う。

あ、鈴木は好きですよ【ロキオン】。でもやっぱり各社ラルクさん担当のインタビュアーで一番のリスペクトは東條さんであって、しいてはその東條さんを抱える【RRN】贔屓になっちゃうんだけど。
鹿野さんは・・・如何なる時も独的過ぎる(笑)。それがロキオン編集者のイロなんだろうけどなぁ。
同じ個性派インタビュアーでも、イトウアキさんの場合は、アレはアレで独的で好きです。

 

2004/02/22 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/20
まただよ・・・なんでだよ・・・嫌がらせかよ・・・

昨日、またもや鈴木の職場に芸能人ご来院。
そしてお約束のように、昨日はまたもや鈴木はお休み(公休日)。
もうホントに悔しいったらない。前回のヨッスィー (過去ログ参照) なんかとは
比べものにならないくらい悔しい。

なんたって、今回はあの ケミストリーの堂珍君 ですよ。

うがぁー!生で見たかった!喋りたかった!触りたかった!
ちなみに担当した同僚曰く・・・

「すんごい礼儀正しい人でファンになりそうだった」

新患の方は最初に色々な機械で目の基礎データってのを測定するんですけど、
その度に「これで何が分かるんですか?」「へぇ~」「そうなんですかー」というように、
有名人にしては珍しいくらい話し掛けてきたそうです。なんかすんげーイイ人だ(笑)。
極め付けが、ちゃんと帰り際には会釈をして出て行ったらしい・・・素晴らしいぞ堂珍君。

以上、いよいよ音楽業界の人間もチラホラ来始めた渋谷内某眼科医院に勤務する鈴木がお送りしました。テキトーに選んだ職場がこうもマイ趣味にヒットするとは・・・世の中、行き当たりバッタリの人生もそう捨てたモンじゃありません。

 

2004/02/20 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/19
おぉ!?気付けばずいぶん日記が飛んでる!?
いやーここ数日は申し訳ないくらい遊び狂っておりました。

さてさて、昨日ラジアンDXにて初解禁されたニューシングル【瞳の住人】。
【READY STEADY GO】に続いて、三月上旬はまたラルクさんのメディア登場ラッシュだわ~♪
なんて思ってたんですが、昨日曲を聴いて「こりゃあんまり出ないかもなぁ・・・」と思いました。
理由はハイディ、なんつったってハイディ。

キー高過ぎやしませんか?

もう一番高音のところなんか超音波みたいになってる(笑)。
いや~しかしホンットに久しぶりに聴いたハイディの高音ヴォイスですが、やっぱりイイなー。
キレイだなー。鈴木はハイディ自身ご推奨の中低音ヴォイスよりも、やっぱりハイディの高音ヴォイスが好きだなぁ(←声の高い男フェチ)。そして肝心の曲のほうですが、「とにかくイイ曲!Piecesよりイイかも」とか言われたりして、ファンの方々にはめちゃくちゃ評判良いですね~。
これ作曲って誰でしたっけ?鈴木もえらいツボな感じなんですが。最後のストリングスだけになるところなんか、まるで映画のサントラさながらの情緒的で荘厳な音色。前奏とかはどことなく80年代歌謡曲(聖子ちゃんとか)を髣髴させるメロラインだなーとか思ってて、正直最後にあんな隠し玉があるとは思わずにビックリしました。

で、昨日その【瞳の住人】を聴いて改めて思ったこと。

「ハイディって本当に中性的だなぁ」

たとえ歌詞中で『僕』という言葉が出てこようと、どうしてか“ラルクのhyde”が歌うとユニセックスな感じになる。単純にハイディの風貌が『男くさい』というのもから程遠い容姿をしてるせいか、それとも声質がクリアでバカ高いせいか・・・いや、それだけじゃないんだよな。なーんでか、【Anemone】しかり
【瞳の住人】もそうですが、どうにも曲の印象が『女性的』というイメージがある。その9割方が
ヴォーカルであるハイディによって印象付けられてる感じがあるんですよね。なんだろう?

う~ん、早くこの曲の生演奏が見たーい。

 

2004/02/19 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/15
持病の発作が起きました。(過去ログ参照)
これが今回の残骸↓



多分チッタ川崎にて遭遇した『ゴッド』のあのハイパーヘアーに、深層心理で何かしらかの
影響を受けたんだろうな。影響っていうかショックっていうか・・・いわゆる羨望。

それにしても、【AX Music Factory】のハイディはヤバかったなー。
なんであんなに可愛いかったのか、約30回ほどリピートして検討した結果、
何がいつもと違ったのか分かりました。ズバリ・・・

だな。

この日のハイディ、演奏中やったらめったらキョロキョロしてるんですよ。
振り返ってみればハイディの演奏パフォーマンスって、特に『めちゃくちゃカメラ目線!』ってわけでもないけど、あんまりよそ見ってのもしてない気がする。それに比べて先日の【AX】は・・・異常なくらい目線があちゃこちゃ行ってるんだよな(笑)。目自体もさることながら黒目もデカイもんだから、
ちょっと視線が動いた(ズレた)だけですぐに分かる。これはもう『白目萌え』という新たなジャンルの確立だ!

 

2004/02/15 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/12
最近ハイディハイドのカキコ(inデスト)を見ると、無性に心が和んでしまうのは何故なんでしょう。
しかしあのBBSっつーかカキコは危険だ。デンジャーだ。『ネット』って顔が見えないだけに、
普通の人がちょっとした特技とか要領とかでいわゆる『有名人』みたいになれたりする安易で曖昧な空間だと思うわけですが、ハイディハイドを見てると「逆もあるんだなぁ・・・」と思う。
あの人のカキコって、どうにも『シロートくささ』というか・・・『ごく普通のお兄さん』みたいな
雰囲気があるんだよな(笑)。実物はあんなにも『普通』とはかけ離れた存在だっつーのに。
気を抜くと「なんかフツーに隣の家とかに住んでるんじゃねぇか?」とか、あらぬ勘違いを
してしまいそうでホントにデンジャラスだ。

そんなことはさておき。

いやー、ホントに昨日は良かったですね~。
鈴木は昨日が今回のツアーの初参戦だったわけですが、FC限定・チッタ初日と行った人が言うに、
ライブのノリは昨日が一番良かったそうです。鈴木はどっちかってーと昨日のライブでも
「なんか割りと大人しい・・?」とか思ったんですけど、前2日はもっと大人しかったそうな。
そりゃハイディも「ぜんぜん足りなーい!!」って言うわな、みたいな(笑)。

※以下、ネタバレにならない程度に書くつもりですが保障は出来ませんので、
これからライブに参戦予定の方は自己判断で読み進めて下さい。

んで、ライブ的【666】の話。
やっぱり【MIDNIGHT CELEBRATION】が盛り上がるなー。
前奏の時にハイディがギター掻き鳴らしながら「飛べぇぇぇーーー!!」って叫んだんですよ。
それからフロアはもうみんな飛ぶ飛ぶ(笑)。『SOAPとHYDE 夢の対バン』っていうあの春のバブフェスの異常なノリ(あのツアーはホントにどこの会場も異常だったと思う)を髣髴とさせる、最前ブロック入り乱れバトルが展開されてましたね。鈴木が居たポジションは一応その最前ブロックの中だったんですけど、そんなにキツキツでもなくて、イイ感じにジャンピングヘドバンしてました。

あと忘れちゃならないのが、【666】の中で何故か鈴木イチオシの【PRAYER】。
あの曲、結構ミドルテンポなうえにマイナー曲なのに、すげぇライブ映えする曲だった!
てか、昨日はハイディハイドの喉の調子がすごく良くて、あの曲の特徴でもある『ロングシャウト(主にサビ)』がどこもかしこもキレイに出てるのが良かった。ハイディのロングシャウトは聴いててゾクゾクきます。そんなわけで、【PRAYER】の前リフが「♪ジャーッ」って鳴った瞬間、鈴木ひとりでスパークしてましたよ。興奮のあまり思わず前に居たもっさんの肩をバンバン叩き、「キターッ!!」と満面の笑みで叫んだら、「は?え?」みたいな顔されちゃいましたが、ノンノン気にしない気にしない。
鈴木、【PRAYER】演奏中、あのフロアの客の中で一番ノッてた自信があります(笑)。

あと、レポってほどじゃないですけど、ハイディ関連の話をいくつか。

まずMC。
一番覚えてるのが、ハイディが後ろの方に向かって「見えてるー?」って言ったら、
「見えなーい」という声が返ってきたのに対して・・・

「見えない人は俺の両親を恨んでくれ」

って言ったトコ(笑)。
これには申し訳ないが、この日一番の笑いが起きていた。・・・もうね、可愛いったらないね。

それともういっちょ。
前日、前々日と「相変わらず下ネタの嵐だよ」と聞いてた鈴木は、
この日はあんまり言わねぇな~と思ってたら・・・

「レコーディングではKAZにしごかれ、ステージでは千恵子にしごかれ、
俺のチ○ポは自分でしごいて・・・

あー言っちゃったー、みたいな(笑)。その直後に・・・

「・・・ってまたこんなこと言ってるオレ・・・」

って俯きながら自分にツッコミを入れつつ、軽く凹んでたハイディ。

そんなアナタが好きなのよ。

あと、この日はなんかやたらと客と会話してましたね。
最前あたりに居た人から「脱いでー!」と言われれば「そっちが脱いでよ」とか、
とにかくなんか掛け声かかったら律儀に返事してたのが印象的でした。

「人に脱げって言う時は、自分から脱ぐのが礼儀ってもんでしょ」

みたいなコト言ってた時のハイディの口調が妙にエロく感じたのは鈴木だけか?

それと、ライブ日記恒例の『スーさんのファッションチェック』。

もうね、髪!とにかく髪!髪なんですよッ!!
人間誰にもある(無い人もいるけど)髪ですが、自分に生えてるのと同じだと思ったら大間違いだコノヤロ。ラッ○ス使ったってあんなシルクみたいに髪にはならないと思う・・・ってくらいすごかった。サラサラキラキラハイパーマイナスイオンストレートですよ。今って割と明るい茶髪なのかな?照明が当たると色によっては本当に金髪に見えました。
で、トップスはツアーグッズの黒パーカー(フード付)の両腕を切り落として、ノースリーブにしたやつだそうです。ファッションブランドに関して何も知らない鈴木は、モティさんに「ハイドが着てるアレもアルゴンキン?」とかアホゥな事をぬかしてしまい軽く恥じかきました。
下半身は彼のご両親のおかげで全くもって見えなかったんですが、ライブ後メシをご一緒した某Oさん曰く『ストライプの入った細身の黒パンツ』だったそうです。 腕には通称『デストバンド』と、今回のこれまたツアーグッズのリストバンドを同じ左腕(多分)に2つ続けてはめてたそうです(これも某Oさん談)。

最後に締め。
約半年振りにHYDEバンドの生演奏を見たんですけど、バンドとしての実力が上がったのか、
単に曲のプレイに慣れてきたのか、とにかくかなり上手くなってました。
【Lucy in the Sky with Diamonds】なんか、半年前には演奏中に曲が崩れて演奏ストップになってしまったとは思えない演奏ぶりで(笑)。

あとひとつ思ったのが、今回なんか『照明』がイイ。上手い。
照明のことまではさすがに詳しくは分からないですけど、オーディエンスとして見た時になんとなく
『テンションが上がる構成』っていう気がした。効果的っていうか・・・。
今までのHYDEバンドのライブと違って、こっちも曲を全部知ってるっていう余裕があったせいか、
なんか昨日は曲演奏以外のこと(例えば照明とか)に結構気がつきましたね。

うはー、こりゃ俄然武道館が楽しみですな!

 

2004/02/12 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/11
とり急ぎ、本日の感想を。

ハァハァハァハァ・・・・・

なんなんだ、あの美人さんはッ!?

行って来ました、【1stツアー 666】inチッタ川崎。
あまりのハイパーサラサラキラキラストレートな髪に、鈴木のテンションもハイパーな感じになっちゃいました。てかホントに美人過ぎるんだよ・・・。そろそろ『可愛い』という表現が通用しない段階に再び突入してきましたね。鈴木達的に、【REAL】ん時の黒髪ロンゲのハイディは『ゴッド』と呼ばれていて、ある種の神憑り的な畏怖すら感じているわけですが、今のハイディはあの時の『ゴッド』に通じるモノがあるっていうか、日々着実に『ゴッド再来』に近付いてるっていうか・・・ヤバイね。

掲示板にて椿屋さんに「ツアーパンフは買うように」と言われていたので、
鈴木も半信半疑で買ってみたんですが・・・

皆さん、アレは買うように。

まるでソロ写真集【ROCK ROCK ROCK】のごとく、怒涛のハイディづくし(*´∀`*)

細かい感想はまた明日!えぇいコノヤロウ!

 

2004/02/11 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/10
鈴木、本日から3連休です。うへへ。

気付いたらもうHYDEツアー始まってんのね。
昨日の夜、色んな人から『某曲を演やったんだよ~!』っていうメールが立て続けに入りまくって、
ようやくツアーが始まってる事に気付いた鈴木です。イケてない。てか、自分も明日じゃん!?
みたいな。すげぇ焦りました。

いや~しかし某曲(ネタバレのため伏字)を演奏したのか・・・うふふふふふ。
ホントにハイディハイドはあの曲が好きやのぅ。

昨日はもう数年来のお友達である村田と遊びました。
ここのBBSにもちょくちょく顔を出しては不思議なカキコをしていく人ですが、本物のヤツはもっと
不思議な人です。んで、昨日は渋谷で散々飲んだくれた(ガッツリ日本酒白鶴)挙句、カラオケオール(ラルク、ハイドのオンパレードだ)をして、締めに原宿のジョ○サンにてひじきご飯とけんちん汁をすすって帰って来る(村田は朝6時という時間にホットケーキ三段重ねを食っていた猛者である)・・・という、鈴木にとってはまさに高校生以来ぶりくらいのゴールデンコースを堪能して参りました。

カラオケではなんでかマイナーな感じのメロウ曲ばっか歌ってましたね。
【ガラス玉】とか【Fare Well】とか【真実と幻想と】とか【Cradle】とか。
【666】の曲も数曲歌いまして、中でも【PRAYER】は好きってのもあるけど歌っててすげぇ気持ちイイな~アレ。あと、もう時間終了間際になって「あ!新曲歌ってねぇじゃん!?」って事に気付き、
大急ぎで【READY STEADY GO】を入力。最初は探り探りで歌ってましたが、最後はもう2人ノリノリで「♪ステぇディ~ゴぉーーー!!」と絶叫してました(笑)。アレも結構歌いやすいな。なんか全体的に低いから。また昨日は飲んだ後ってのもあってか、鈴木の低音ヴォイスの調子が良くて、
出るわ出るわの出血大サービスでしたよ。

わーい!明日は大好評絶賛開催中のハイド祭り(違)参戦!!
めいっぱい、思う存分、骨の髄まで貪り食ってきま~す♪

 

2004/02/10 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/8
ラルクさんテレビ出演ラッシュ!ラッシュ!ラーーッシュ!!だった先週。そして昨日はラルクさん
出演時に、意識がコリン星のはるか彼方に飛んでいた鈴木ですこんばんわ。
今年の風邪はタチが悪いようですよ。そんなわけで、録画したのを本日仕事を遅刻しつつ
朝っぱらからリピートリピートで見まくっておりました。

が。

・・・最近のラルクさんにある種『恐怖』すら感じているのは鈴木だけでしょうか?

きっと誰しも、恐らく「デビュー前からファンだった!」というような人でさえも、今回のいわゆる
『復活劇』は本当に予想がつかなかった事でしょう。「この時期に一体どんな風に世に出てくるつもりなんだ奴らは?」と。ある意味、1997年の事件後活動休止よりも想像し難い現状。
そして蓋を開けてみれば思わず「ぅんっ!?」と漏らしたくなるような珍妙場面の連続、
不可思議な雰囲気。これはまさに鈴木が繰り返し繰り返し提唱している・・・

怪現象

に他ならないと思うわけですが。
そう、今まではことごとく『謎行動(怪現象)=腹黒い罠』だったわけで、鈴木は幾度となく度肝を抜かれてきたわけですが、今回はこの怪現象の行き着く先には一体何が待っているのか・・・。

あら、なんだか久しぶりにコラムっぽい!
いやだってこれはもう鈴木の独善コラムの材料としては超一級品レベルの事態ですよ。
面白過ぎです。さぁさぁ、次なるリリース予定シングル【瞳の住人】のプロモーションが今から
楽しみですね。だってすでにタイトルからしてオカシイもん(笑)。

付け加えて更なる怪現象・・・・・・噂の『テツ単行本』。
もぉー一体どうなっちゃってんのよー!?うぎゃー!!

 

2004/02/08 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/5
1日遅れで【READY STEADY GO】購入。
最初、仕事の昼休憩中に渋谷HMVに買いに行ったら、売り場中央に設けられたラルクスペースには『品切れ』の文字が。「マジで!?」みたいな。あらゆる意味で「マジかよ!?」みたいな。
んで、勇気を振り絞ってカウンターに「ラルクの新曲はいつ再入荷しますか?」と聞いたら、
「あぁ~スミマセン!あと2時間後くらいには入荷するんですけどー、もうあっという間にハケちゃってー」などと、ファンにとっちゃウハウハするような返答。ちなみにこの時、現品品切れ中のラルクスペースの視聴機(試聴曲【READY STEADY GO】・【666】)には推定50~60代の『おじいさん』の域に入ってもおかしくないような方がヘッドフォンを占領しておりました。
・・・ラルクさん、獲得支持年齢層広過ぎです。

そんなわけで、今日は体調不良もあって昼休みからキッチリ2時間後に仕事を早退して、帰り際に再び渋谷HMVへ寄ってようやくCDゲット。偶然にもさっき再入荷を確認した店員さんのレジで、鈴木の顔を覚えてたらしく(そりゃ白衣姿で「ラルク・・・」とか言ってたらインパクトは弱くはないわな)、
「再入荷して(まだ数分なのに)もうお客様で売れたの5枚目ですよー、すごいですね~ラルク」とか言われました。なんでしょう、この人はラルクファンを喜ばせるのが趣味なんだろうか?
鈴木ならあのお兄さんには顧客満足度は満点をつけます(笑)。

そして、さらに帰り際に本屋に寄ってラルクさん表紙の【CDでーた】を購入。
・・・中表紙のしゃがみ込んでるハイディハイドにメロった。
それにしても、相変わらずリーダーのインタビューにはドキドキハラハラさせられるな~。
ぶっちゃけてるよな~。てか、ケンちゃんのインタビュー中に『解散』の文字が出てくるのが、
他のどのメンバーよりも一番怖いのはなんでだろう。持ち応えてくれてホント良かった・・・。
それぞれ巻頭特集の割りに短いインタビューでしたが、なかなか読み応えがありますね。
ケンちゃんのインタビューがとにかく興味深い。なんつーか、今までにないすごい『客観的視点』で
『ラルク』をみてる、というか。これもソロの成果でしょうかね。

あと、昨日の読売新聞全面広告。
新聞広告にはあんまり期待しないタチですが、あれは不意打ち食らいました。
なんつーか・・・4人ってイイよな~・・・。今回(【READY~】)のプロモーションでは、随所で今までとは違った4人のポジション(立ち位置)が見受けられるような気がしますが、今の立ち位置が妙に
好きだ。あえて「どれ」とは言わないけど、なんか好きだ(笑)。

全く話は変わりまして。

○鈴木のライブ参戦予定日↓

 【2004 FIRST TOUR 666】
 ・2/11(水)…クラブチッタ川崎
 ・3/16(火)…日本武道館
 ・3/17(水)…日本武道館

 【冬将軍2004】
 ・2/26(木)…クラブチッタ川崎
 ・3/8(月)…SHIBUYA-AX (これは微妙)

 【SMILE TOUR 2004】
 ・5/12(水)…横浜アリーナ
 ・6/23(水)…代々木第1体育館
 ・6/24(木)…代々木第1体育館

こんな感じです。
お会い出来そうな方がいらっしゃいましたら、是非ともお声をかけてくださいな。

 

2004/02/05 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/3
昨日の日記でもそれらしい事を言ってましたが。

今後の『鈴木的ラルクさんスケジュール』(いわゆる「忘れない為のメモ書き」)にて、
【RRN】のことをフツーに・・・

【R&R newspaper】

と書いてしまった鈴木は、相当この【新RRN】が気に食わないのだろうか。
オイオイ、新聞ってアンタ・・・みたいな。普通に間違えちゃったよ。
しかもしばらくの間、気付かねぇでやんの。いや、楽しみは楽しみなんだけどね。

あーようやく魔の連続出勤が終わったってのに、いきなり風邪ひいたくさい。
パブロンと気合とハイディ総動員で、頑張って明日中には治します。

 

2004/02/03 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
2004/2/2
テレビに雑誌にライブに慌しくなるラルクさんを追いかける、大忙しな鈴木ですこんばんわ。
「来月【RRN】の表紙がラルクだって!」と聞いても、以前ほど興奮を覚えない現状に一抹の寂しさを感じつつ、「PATIPATI表紙になんねぇかなー」と新たな雑誌に期待する鈴木ですが、
何はともあれラルクさんメディア大露出ヤッタネ!

今日テレビ見てたら、背の低い人が足の骨のうんたら手術ってのをして身長を伸ばしたっていうのを見た。それを見た鈴木の兄上が一言。

「確かに男で160cm代ってのはヤだろうなー」

え!?ヤなの!?ダメなの!?しかし、いやいや待て待て。
世の中にはその160cmにすら達してないのにも関わらず、『人間国宝』の名を欲しいままにしてる人だっているんだヨ、と。そのミニマムな妖精サイズこそが魅力の一端にもなってる人がいるんだヨ、
と。全てが全て、大は小を兼ねているワケじゃない。

そして兄上はこうも言っていた。

「けど、背が高いってだけでモテるのは中学生までだ」

そういう兄上は183cmという、男として一般的理想の身長保有者である。現実ってそんなモンよね。
ちなみにそろそろ還暦を迎えようかという鈴木の親父さんも、身長だけは177cmくらいある。
思い起こせば、鈴木一族の男は鈴木家のみならずみんなデカイ。鈴木の『小っこい男フェチ』は、
もしかしたらこの環境からきたものなのかもしれない。ナニこの生き物!珍しい!みたいな。

はぁ~・・・ハイディは可愛いなぁ。(関係ねぇー)

 

2004/02/02 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。